幸せをお届けするアドバイザー

フリー ランス と は どんな仕事のこと?

フリーランスとはどんな仕事?未来の日本
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょーです。

今回は、ビジネス系でのフリーランスというテーマで、未来予想兼ねての記事となっておりますので是非興味がある方はご覧ください。

今や日本全国だけではなく世界中で、コロナ問題としてリストラや失業や転職を考えている人だったりと副業を考えている人はいっぱいいると思います。

そこで、そんな情勢が悪く、不景気な日本でも、リモートワークが重視されて、自分で新しい仕事を作らないといけない時代にもっともっとなってきている時代と予想されます。

皆さんの中でも自分で新しい仕事なんてどうやったらいいのか~!って人は普通にいると思います。

そこで、自分で新しい仕事作った時の雇用形態は、フリーランスや委託だったり・・自営業が主流になると予想されています。

今回の記事を結論からいいいますと、
私が幸せアドバイザーということなので、情報提供として、
今後の世界中でもフリーランスの時代は来ると予想されるからこそ、常識としてフリーランスとは何か?の知識を入れることで、今後あなたの生活に役にたちますし、未来予測についても記載したので先手を打つという意味でも先に行動に移せるので今回の記事はメリットになります。

そんな記事と今回はなっていますのでご覧くださいね!

 

Sponsored Links

フリーランスの仕事

フリーランス時代 未来予想

フリーランスという働き方にはいろいろありますが、フリーランスといってもいろいろな働き方のケースがあります。

例えば下記のこんな感じです。

自由業系フリーワーカー・・複業のように、企業との雇用関係がない独立したフリーランス。最近話題のブロガーやユーチューバーがこれにあたります。

自営業系独立オーナー・・個人事業主または1人で法人経営をしているフリーランス。税理士や弁護士などの士業がこれにあたります。

複業系パラレルワーカー・・空き時間や休日に行う副業とは違い、プロフェッショナルとして、2社以上の企業と契約ベースで仕事をしているフリーランス。

副業系すきまワーカー
・・会社員としての給料を得ながら、空いた時間で副業をするフリーランス。副業であるため、ほとんどの人が10万円未満の年収。

※ちなみに最近では、会社を独立してプロフェッショナルとして働く、複業系パラレルワーカーの人口が増えていると言われいます。

そんな4つのフリーランスの働き方があります。

内容としては、特にエンジニアだったり、デザイナーなどのWeb関係の仕事に関わるフリーランスの需要が高まってきています。やはり、IT事業は強いでしょう。

また、クラウドソーシングやフリーランス専門エージェントを覗くと、募集されている案件の9割以上がWebのお仕事に関する案件だと言われています。

 

フリーランスとはどんな仕事?

リモートワーク フリーランス 

まずは、知らない人もいると思いますので、フリーランスについてをもう少し説明致しますね。

この記事を読んでいる方の大半が、おそらく『フリーランス』という言葉を既にに知っている方、どこかで聞いたことがある方のどちらかでしょう。

しかしながら皆様の中で同時に「では、フリーランスって具体的に何?」と聞かれると、うまく説明ができないのではないでしょうか。

そもそもフリーランスとは何ぞや?ってことですが、
組織や一つの会社のみに属さず、複数の会社・クライアントとの間で仕事を毎に契約を行って仕事をする働き方のことです。

 

だからな会社員のような月給制だったり、アルバイトのような時間単価制ではないんだよね!

そしたら、どうやって給料振込れるの?

 

一つのお仕事が完了する毎にお給料が入る報酬制であることから、働く時間帯や一日で働く量などの調整がしやすく、働いた分だけ報酬が入るという特徴があります。

例えば、フリーランスってこういったイメージがございませんでしょうか?
それは、従来として芸能やデザイン、作曲など、ある一定以上のスキルを持った人のための働き方という傾向がフリーランスのイメージには強くありました。

しかし、ここ近年では、PCやスマホ、ネット環境やサービス(クラウドソーシングなど)はどんどん発達して、すばらしい環境下であって、充実にも期待できる主婦やシニアなど自宅を離れられない事情のある人、仕事の少ない地方に住んでいる人などからも、フリーランスは、場所を選ばずに仕事ができる新しい働き方として注目を集めています。

また、コロナ問題もあって、リモートワークが推奨されていますが、そこでもフリーランスはばっちりコロナ問題対策での環境下にあります。例えば、WEB関係であったりとです。

またフリーランスの働き方は従来、専門性の高い業界などでよく見られた働き方です。
しかし、パソコンが広く普及して、インターネット通信Wi-Fiが高速化した現在の日本では、様々な分野でIT技術を利用した「在宅ワーク」が可能となったことにより再度注目されてきています!

テレビや宣伝の広告や新聞やネットニュースなどのメディアで目にする機会が増えたのもその影響ではないでしょうか。

魂的にフリーランスという働き方について

フリーランス 開業 自営業 起業

皆さんフリーランスとはどのような働き方なのか?ご理解できたでしょうか。

フリーランスとして働くことのメリットやデメリットなどは各個人でそれぞれあるでしょう。
好みだってあるでしょう。

なぜ、今フリーランスの時代なのか、そしてこれからのフリーランス市場・人口がどうなっていくのかなど、今の現状ではなかなかだれも簡単に答えはでないでしょう。

しかし、先ほども記載してたように、コロナ問題により、三密、自粛、ソーシャルディスタンス”なんて当たり前に聞く言葉ですよね。

そんな不況で、疫病などいつだれが感染してもおかしくなく、または今後見据えて新しい疫病だってありえる世の中だからこそ、私はリモートワークは重宝して、自らでも考えてみるべきだと思いますね。

そんな暗いネガティブの世界には、リモートワークが推奨されています。
そこでもフリーランスは、ばっちりコロナ問題対策での都合のいい環境下だって期待できます。(例えば、WEB関係の仕事であったり。。)

フリーランスの働き方は従来、専門性の高い業界などでよく見られた働き方です。
しかし、パソコンが広く普及して、インターネット通信Wi-Fiが高速化した現在の日本では、様々な分野でIT技術を利用した「在宅ワーク」が可能となったことにより再度注目となっております。

 

※ちなみに今のところ、もちろんフリーランスの全てが在宅ワークとは限りません。

このように在宅ワークが可能になり、働く時間や働く場所に囚われずに仕事ができるようになったことで、結婚を機に退職した女性だったり、子育て中で会社勤めが難しい人などがそれまで働くことを諦めざるを得なかった方々などが、フリーランスという働き方を選び始めているというわけも現在の世の中動きでもありますね。

フリーランスと比べて派遣やアルバイトはどうなのか?

未来の日本 リモートワーク フリーランス増加

改めて、フリーランスとはざっくり説明しますと、
独立をして、仕事を請け負う個人事業主のことで、プログラマ、カメラマンライターやデザイナーなどが該当します。そこで得意分野や知識・技術を活かして生業を得ることがフリーランスなのです。

一方、フリーターというのは、店舗や会社でアルバイトやパートとして働き、生計を立てている人を指します。

フリーランスもフリーターなど、正社員として会社と契約していない点では共通していて、そんな働き方には大きな違いがありますね。

フリーランスは成果報酬なので、自分の裁量で働く時間や場所を自由に決めることが可能です。

比べて、フリーターとは、アルバイト先で決められた仕事を行い、働いた時間に応じて給与を受け取ることになります。
なので、フリーターがどれほど頑張ってもあくまで収入は時間給で決まるのに対し、フリーランスは能力があれば働いた時間に関係なく収入をあげていくことができるのです。

一方フリーランスとフリーター比べてみて、
仕事でミスを犯したときに、フリーターなら上司に怒られる程度で済むかもしれませんが、フリーランスの場合は信用を失い業務の継続に支障を来すこともあります。
またフリーランスは、仕事の獲得を自分で行うため、安定した収入を得るには営業活動も必要になってくるでしょう。

このように自由に働ける反面、仕事に対するプロ意識や責任感がフリーター以上に求められているのです。

自分のスキルを最大限に活かして、やりたい仕事が選べることはフリーランスの最大メリットなのです。

それは、派遣と違って自分の労働の対価として支払われた報酬から経費などを差し引かれることもありません。

案件ごとに請負契約を結びますので、自分のスケジュールに合わせて仕事量や納期を設定したり、報酬を交渉することができます。
もちろん、希少価値の高い技術を持っていればサラリーマンを超える金額の収入を稼ぐことも可能です。

このように、フリーランスはライフ・ワーク・バランスが取りやすく、自分らしく働くことができるスタイルです。

特にプログラマーやデザイナーなどの高度な能力や市場で求められるスキルをお持ちの方にはオススメです。

破綻と崩壊後のフリーランスは〇〇なる。フリーランスが向いている人の特徴

フリーランスになるために 知識や情報や知恵など学習しよう

フリーランスの仕事は成果主義といっても過言ではないでしょう。
例えば、やればやるほど稼ぎが出るなどです。

ある話は、フリーランスエンジニアは、年収800万以上稼げるといわれていれて、スキルも身につけるのに三年もかからないという仕事です。

もちろん膨大な勉強量もしないとならないし、営業力やセルフコントロールや人間性なども大事となると思います。

比べて、フリーランスは稼ぐことを重視ですが、サラリーマンやOLは会社の属せるので安定重視にはなります。

フリーランスの良さは、自分で仕事を選べて、例えば、週三回勤務とか。。エンジニアなら月収70万とかもありえるでしょう。

しかもこれからいろいろな違う業界も過疎化していくように今後の未来は目に見えます。

そのことから考えて、仕事に対するモチベーションがまず違い過ぎるのは大きいのです。
なぜなら、フリーランスは稼ぐことを重視です。
つまり、少ない時間で多く稼ぐメリットがあり、その方が楽しいに決まっていて、コストパフォーマンスだっていいのです。そんなメリットがフリーランスにはあるのです。

フリーランスエンジニアで事例を挙げてみると、
例えば、単価がいいがその日は仕事きついけども2日は確実に休めるみたいな。2日寝ずに頑張ったら3日休みたいなことだってできたりするのです。

更に会社に属するよりも、ちゃんとたくさんのお金になるので、全くモチベが違うし、仕事もはかどるし、やる気がやっぱり違ってきます。

フリーランスなるのは、そんな甘くない世界と思われますが、技術あればなんともなるというのもあるようです。

フリーランスが向いている人の特徴を挙げます。

フリーランスが向いている人の特徴。 

・そもそも雇われて時間奪われるや人間関係で束縛されて働くのが嫌だ。
例)

・日本をどうも信頼できない。
例)年金もらえないかもだから、貯蓄貯めるにはフリーランス最高。

・自分の得意分野だけを最大に活かして、それを生業にしたい。
例)〇〇という技術は出来るからそれに集中したくそれだけで生業にした。しかし窓口や電話応対はしたくないなど、、、
例)発達障害なのか、一つの専門分野ならだけに集中して、それだけをしたい。〇〇はやりたくないというか出来ない。

・イエスマンになれないや無駄な飲み会だったり、無駄な人間関係は目障り。

・自分のクリエイティブ性を仕事にしたい。

他にもありますが、ざっとですが、こんな感じです。

 

まとめ

新しい未来に向けて努力しましょう。
トヨタの社長が発表した、終身雇用の問題発表して、実力の時代が加速すると言っていっていて、世界中でも、日本でもサラリーマンの割合下がり、フリーランスの割合が増えています。
また、アメリカの経済情勢をみてると、日本経済情勢がみえてくる法則があります。
フリーランスはアメリカがスタートして、それを後になって日本ではフリーランスという形をとってやっているかたがチラホラといるのです。

フリーランスとして、仕事を出来るぐらいの技術を身につけたらある意味勝ちです!
人間をみてくれない技術が最優先となるでしょう。(また人間を見るのはAIがやっているという説もあるのでSNSなどの言動をつつみましょう。)

フリーランスという仕事貴重価値もどんどん出るでしょう。
会社経営をしている人なんてのは、不況がくると経費を削って、会社の利益を出すには一番かかる人件費があるからリストラ始まるのです。
たくさん利益を生み出すためにたくさん雇ってるような例えば大手の会社なんての経営は厳しくなるでしょう。
しかも、会社としては、仮に1人につき1億円の利益を出す計算で雇っているのに、その中で仕事をさぼるためやパワハラやモラハラをして自分の仕事を人になすりつけるようにやらしたりして、会社の利益を奪いとったあげくに、それをあたかも自分が利益にした前提で、上の物にとりつくってサボる奴や中間管理職だったりそんな上司はいると思います。

そういう意味含めてでも大勢の会社だと厳しくなるとも思います。

また、フリーランスのメリットの話になりますが、
フリーランスだと、つまり自力本願となるためにこれはやらないと食っていけないというようにその何でも自力本願っていうリスクが勝手に行動力に繋がるというある意味ポジティブなパターンがあります。そこはフリーランスのポジティブに捉えたらメリットになるかなとも思います。

先ほども、記載をしまたが今の日本では、フリーランスとしてやっていける環境下がスピード化で進んでいるのが現状です。
となると、逆にサラリーマンは少子化で人手不足になります。なので破綻と崩壊にも繋がるともいえます。しかも人材確保によって、どの業界もフリーランスが必要なニーズでもあると私は考察していて思います。

アメリカでは10年で10倍フリーランスが増えている
例えば、フリーのアナウンサーは知ってると思いますが、フリーの医者だったり、フリー美容師とかが増えてくると思います。
美容師や看護師さんなどの難しい資格を取らないいけない仕事こそ人材不足となるのも懸念されます。そうなると企業と企業が人材の取り合いになってきますし、私の会社に来てくれと言わんばかりフリーランスを求めることだってあるのです。
その「来てくれ」となると職場環境は良いってのも条件になってくることもあるだろうし、社長さんからしたらせっかくの人員を手放したくないからなおさら大事にされます。

今後の未来は、フリーランスで埋め合わせた企業は残るようになると予測されます。
反面サラリーマンは不足状態が続きます。

しかも、サラリーマンみたいな保証を求めるとどんどん稼げなくなる時代がくると言われいます。
例えば、年金がいつもらえるかわからなし、そもそも麻生さんは、普通の生活で生きて来た人を基準にした見解なのか、老後二千万の貯蓄いるという問題だって今後あります。

だからこそ、今や自ら仕事作っていくべきと言われています。

他にも、ベーシックインカム制度の導入だって十分ありえます。
消費税は上がる一方、消費税が高くても食べていかないといけない時代だからこそ、ベーシックインカムは実現可能となります。
もしくはコロナ問題によって、生活保護の申請者が増えつつある現在ではやはりベーシックインカムというような形で進めていくのではないでしょうか。

ベーシックインカム制度について
例えば、ひとりの日本人に必ず10万円入ると仮定します。しかし今までような年金はなくなり、消費税は20パーセントで赤字をまかなう仕組みになる。
つまり、その10万円は、国から消費税の20パーセントから出す仕組み。

こうなってくると、余計にフリーランスで稼げる人が得するので、どの業界でもフリーランスが出てくるのでフリーランスになるのは今後見据えてメリットはあります。

トップYoutuberは、一千万の再生数とかで登録チャンネルが100万人を超えてる人はだいたいやっているそうですが、それもフリーランスは、会社に出向いて仕事とってくる時代になってくると想定します。

例えば、美容師や保育士や医者でもフリーランスという形で動いてくると思われます。
美容師はあれば、疫病対策でフェイスガードを付け、消毒完全にして、免疫力が高く、感染していない証明をもっていることが条件で自分からお客さんのとこへ出向いて髪を切ったり・・。

医者の外科手術であれば、デジタルに使いこなせる医者が遠隔操作で治療をして、患者の方はわざわざ病院に来なくても、田舎でも患者にあった近くの病院などで治療ができる時代とも今後予測されます。

とにかく、誰かに雇われてなんとかしてもらえる時代ではなく、自分で仕事生みだし、自主独立の時代に変わってくると未来は予想されます。

そうなると、働いていて役職がある人が偉いとかではなく、今後は自分のアイディアで仕事を作れて続けられた人が重宝され貴重な存在になるでしょう。

以上、フリーランスについてと今後のフリーランスが活躍する未来予想の記事でした。

タイトルとURLをコピーしました