ダイエットや筋トレ関連

幸せになるにはダイエットか!お腹の脂肪を落とすトレーニングが効果的。ストレス社会において痩せる方法はありますか?

脳科学 マルチタスクよりシングルタスク
下記からフォローしてねー!

こんにちわ!どうお過ごしでしょうか??

タイトル通り、ストレス社会において、まず痩せれるか否かについては、
    答えは、痩せれます。

確かに、遺伝的に痩せずらい人と痩せにくい人の2通りがあります。
皆さんは、そもそも運動をしています?
例えば、歩いたり、走ったり、筋トレしたりなど、何かやられているでしょうか?中には趣味で運動やスポーツサークルなどやらている方はいるでしょう。

余談ですが私は、筋トレと脳の活性化のために有酸素をしています。おかげで、お腹の脂肪を落とすことできました。結果として、体重は10キロマイナスまで痩せました。
ちなみに、脳の活性化のために有酸素は効果的でいいですよ!!
頭の中がクリアになり、すっきりしますよ!!ただ有酸素運動のし過ぎだけは気を付けましょう!

カタボリックになり、筋肉が分解され基礎代謝が下がり、脂肪が落ちにくくなります、、、、、そう悪循環が生まれるのです!

そこで、これからトレーニングこと筋トレでお腹の脂肪の落とし方について記事を記載していこうと思います!

前提知識として、ダイエットの時に、お腹の脂肪だけを落とすような、部分痩せはまず出来ません!なので、まずは全体を痩せていく必要があり、そうしていくうちに徐々にお腹の脂肪をそぎ落とされる流れになっていきますね!

では、どうやって体の脂肪を落とすといいのかについては、
まず食事制限をするのです。そして、筋肉トレーニングをしていくのが痩せる秘訣です。
トレーニングをすると筋肉に負荷がかかり、筋肉がつくと基礎代謝が上がる仕組みに体はなっているのでこれは痩せるには、やらなくてはならないぐらいのかなり必要なことです。

トレーニングをして、基礎代謝を上げて、脂肪を落としいくやり方ですね。
筋肉の関係上で、基礎代謝を上げると、
それに比例して寝ているときなどの何もしていない時でも基礎代謝により、エネルギーが消費されます。考え方次第では、何もしていないで代謝により痩せていくの楽じゃないですか?

その基礎代謝を上げるには、先ほどのトレーニング。つまり、筋トレやワークアウトっていうので、筋肉をつけるのがもっとも効果的で確実な方法です。(トレーニングとワークアウトの違いは別の機会に記載します。)

なぜ筋肉をつけるのがいいのかというと、基礎代謝の40パーセントが筋肉で消費されているからです。基礎代謝は、1日に消費する全エネルギーの70パーセントを占めている。(その40パーセントが筋肉で消費されるのです)

そもそも、筋肉でなぜ痩せれるのか?については?
それは、筋トレにより、筋肉が大きくなることで基礎代謝が底上げされるからです。では、なぜ筋肉に注目するのかについては、基礎代謝が40パーセント程度が筋肉で消費されいて、
筋肉をつけることでエネルギーの消費に大きく貢献するからなのです!

それでは、どういったエネルギーが消費されるのかについては?
それは、筋肉が基礎代謝で消費するエネルギーの大半は脂肪であるからなのです!
筋肉を増やして、基礎代謝を高めていけば、同じ生活をしていた場合でも、筋肉量が増えた分より、エネルギーが消費されることになるので、とても痩せるには短期的に効果が出て結果は出ますね。

結果、筋肉が増加共に脂肪の燃える量が増えるので、太りにくい体になりますし、だから体重が安定していた人は理論上は痩せることになるのです。それでは、どのくらい脂肪が燃えるかといいますと、、、
前提知識として、脂肪を10グラム減らすには、約7キロカロリーが必要とも言われています。筋肉が消費するエネルギーは、筋肉1キログラムにつき、1日約30キロカロリーと言われいます。

個人差があるので、目安での理論値ではあります。
だがあくまで一般的な数値で計算しています。これを、一ヶ月の計算ですると例えば、900キロカロリーで、一年で1080キロカロリーの計算なのです。わかりやすく筋肉を1キログラム増やせば、一年で10800キロカロリーなのです。

このご時世ストレス社会とか、言われたいますがなかなかしんてんしません。
つまり、メンタル面などからくる不摂生やついつい暴飲暴食なりやすいとこから、太りやすい環境だからこその一理あるのです。

ということで、今日はストレス社会だからこそ太ってしまい、
その太ってしまったお腹の脂肪を落とすにはどうしたらいいのか??やダイエット方法について編として記載しました。

皆さんも、もし痩せたいからダイエット始めたい!と思っている方や、自分の体の気になる脂肪があれば、今日記載したことを活かすのはどうでしょうか??

トレーニングやワークアウトして痩せていくのどうでしょうか?
さっぱりするし、おすすめです!
是非、参考にしてみてください!

また、くれぐれも、誰かが言っているからというだけで、自分の頭を使わずに鵜呑みにしていては、いい評価が出るにも出ないのも運任せになってしまいますので、自分で調べたりやってみたりして、ロジックで解釈して納得しながら挑戦してみてくださいね。

それでは、今日はここまで!また、次回よろしく。

コメント

  1. 匿名 より:

    確かに!

タイトルとURLをコピーしました