うつ病克服・ポジティブ思考のコツ

【あなたは目から鱗】不眠症改善をすることでうつ病克服にもなる。【新発見】

睡眠 中途覚醒 ポジティブ思考 うつ病克服
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょーです。

 

幸せアドバイザーのとりしょー
幸せアドバイザーのとりしょー

読者さん。とりしょーです。
冬至でも陽が短いのもあり、鬱々なかたも多いと思います。
そして、そのことにより、睡眠質のが低いとか・・途中で目が覚めるとか・・中途覚醒だとかが起きます。

そんな不眠症改善にも繋がる問題をってどう解決したいったらいいのか?

このような疑問にお答えします。
こちらでは、不眠症改善や睡眠について、スターシードや宇宙視点として活動中のわたしの見解で、あなたの疑問に寄り添ってお伝えしてきます。

 

 

【あなたは目から鱗】不眠症改善をすることでうつ病克服にもなる。【新発見】

不眠症改善 うつ病克服にも

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?
「最近、寝れない」、、「寝つけが悪くて、気づいたら朝で精神バランスが崩れてくる」、、「途中で目が覚めてしまう」など・・

その悩みを放置すると、こんな大変な事になってしまいますよ。

・うつ病になる
・メンタルが病みやすくなる
・人間関係に支障がおきる
・ネガティブ思考に陥る
・自信をなくして引きこもおり・無気力に陥る

そんなことになる前にあなた自身で考えて、ちょっとぐらいとは思わずに睡眠をおろそかにしてはいけません。
もっというと、睡眠は本当に大事でビジネスでも人間関係でもメンタルでもいろんな面で大事にするべきことです。

なので、睡眠についてもう少し考えてみてください。
まずはその悩みを解決するには、私の試してみてこの商品がオススメです。下記のリンクどうぞ!

 

わたしながらその証拠として、上記の商品によりポジティブ思考になれて、目標や悩んでいた打開策にひらめいたり・・と前に進むことができました。

この記事をたどり着いて読んでくれたってことなので、今回を機に睡眠改善について熟考してみてはいかがでしょうか。

今から三か月後、見据える結果が出ているのはずです。気が付いた今すぐにでも商品をお買い求めください。

実は、引きこもりってゲームとかはしていませんでしたが、わたしもずっと無気力で毎日がネガティブ思考で前向きにもなれずに悶々と悩んでいました。
寝る間も惜しんで、どうしたら前向きになれるか、どうしたら気分が良くなれるのかなど、どれだけ悩んでいても、なかなか解決できないままでした。
当然、無気力でネガティブ思考なかり。

人生をやめようと本気で悩んでいた時期だってあります。

しかし、あることに気がついてから、面白ようにポジティブ思考や前向きになれるようになりました。
どんないいやなことが来てもポジティブ思考に処理ができました。
ポジティブ思考になり前向きといったことです。
そんな一時は人生をやめようと思っていたわたしが
今では、前向きに社会に入って、こうやって情報発信をして、楽しい目標立てれて、ありがたいです。

この前向きになれる方法をを知りたくないですか?

どれだけ考えても、うつ病、うつ病傾向だったわたしを変えた方法を凝縮した記事です。
さらにはそのために必要な商品を紹介させていただいています。

今回は、この記事までたどり着いた縁なので、その方限定の人のみで
わたしの経験でお世話になっている商品情報をご提供いたします。

そして、このオススメした商品を使ってもらえば、半年後、いまとは全く違う結果になっているのです。
いますぐお申込みください。

 

【うつ病克服】不眠症を改善する。不眠症で悩まされているあなたへ。

 

睡眠改善 楽しく サプリメント

あなたは、「もし寝つけ悪い」とか・・「睡眠の質が悪くメンタルがおかしい」とかで悩んでいたら、
不眠症の可能性がおおいにあります。

そもそも、不眠症とはどんなことでしょうか。
それは、睡眠問題が1ヶ月以上続き、それによってさまざまな症状が引き起こされる状態のことを定義つけられていいます。

そもそも不眠症は、現在の社会では国民病ともいわれ、不眠症で通院をしている方の20人に1人が睡眠薬を服用されていると言われています。
しかし、その他の半数の人は、睡眠に対して気にしている芳賀、どんな対策も行っていないという結果も出ておるのが現状です。

なので、自分で睡眠に対して改善したいと思っていても、解決策が分からないために、なかなか行動を起こせていない方が多数存在しているのです。

ちなみにそんな、睡眠時間の問題によってこんな調査結果があります。
それは、20代~50代の方のうち、半数以上が睡眠に何かしら不満を抱えており、9割の方々が睡眠の改善に意欲的であるということがあるという調査結果が出ています。

人間にとっての最適な睡眠時間としては、入眠してから7時間がいいと言われています。
そして、日本人の場合の平均として約7時間と言われていますが、適切な睡眠時間は個人差によってあって、これよりも少なくても十分活動できる方もいます。
もっというと、これよりも長い時間眠らなければ活動できない方もいます。

そのために冒頭で言っているように、睡眠は時間の長さではなく睡眠の質が重要であるとされております。

なので、覚えておいてください。
もしあなたが睡眠の時間をたっぷりとれていると思っていても、
「なかなか寝つけない・入眠困難」、「朝の目覚めが悪すぎる」、「夜中によく目が覚めてしまう」「睡眠の質が悪いのが続くので病的な感じがする」などといった症状がある方は、これらのさまざまな理由で質の高い睡眠がとれていないといえます。それにより日常生活に支障をきたしていれば不眠症であると言えるのです。

 

不眠症の種類は?それぞれ原因は違うの?

睡眠改善 楽しく サプリメント

それでは、前述でも不眠という言葉を何度も言いましたが、その不眠についてもう少しだけ掘り下げて紹介させていただきます。
実は、不眠にもいくつか種類があるのはご存じですか?

いわゆる睡眠の問題は、大きく3つになります。
①入眠障害、
②熟眠困難、
③中途覚醒

の3つに分類されます。

 

まずは、一つ目として入眠障害について紹介します。
そもそも入眠障害とは、寝つきが悪い状態のことを言います。これを経験したことがあるひとは少なからずいます。

その入眠障害ですが、およそ寝付くまでに2時間かかると入眠障害と言われています。(これは不眠症の中で最も多いタイプであり若い方にも多いタイプです。)

次に2つ目は、熟眠困難とついて。
熟眠困難とは、睡眠時間はある程度確保できているにもかかわらず、しっかりと眠れた感じがしないという方に当てはまります(こちらも若い方に多い傾向にあります。)
ちなみにこれは、パソコンやテレビや携帯からでるブルーライトに関係しているのはとも考察しています。

最後3つ目は、中途覚醒について。
中途覚醒とは、眠りについた後に夜中に何度も目が覚めてしまうタイプのことを言い、睡眠維持障害とも言います。これは、高齢者に多いといわれていますが、若い人にも一定数いらっしゃるタイプの不眠症です。
ちなみにこれは、お酒を飲む方や頻尿のかたなどが起きやすい傾向では?考察しています。また、職場などのストレスも関係あるでしょう。

ちなみに、不眠症の原因は共通する点もありますが、中には種類によって異なる場合もあります。

まずは入眠障害について。
入眠障害は、病気だけではなく、日ごろの生活・生活習慣も関係しているでしょう。
仕事の頑張りなどが原因で、うまく睡眠モードになれずになかなか寝付けなかったり・・夜眠る前までパソコンやテレビ、スマートフォンを操作しているという方は視覚から入る情報、ブルーライトによって脳が興奮してしまい寝付けないということがあります。(他にもコーヒーなどカフェインやたばこを嗜好品として愛用されている方は眠る前に摂取することで入眠障害を誘発することもあるといわれています。)

次は、熟眠困難について。
熟眠障害については、ストレスなどが原因で、睡眠の質が低くて、朝起きた時・朝疲れがとれていないことが原因と考えられます。
他にも、しっかりと脳が休むノンレム睡眠に移行できていないことが原因のため、睡眠時無呼吸症候群などが一因となることも考えられます。

 

最後、中途覚醒について。
中途覚醒については、寝汗や不安、交感神経の昂りなどの様々な原因で夜目が覚めていることが考えられます。
ほかにも、頻尿などの泌尿器系の疾患が関与しており、夜間の尿意によって睡眠が妨げられ、中途覚醒に至っている場合があります。これは、年配のかたが特に多いでしょう。
ちなみに、糖尿病の方も糖尿病の症状である多飲、多尿によって中途覚醒を引き起こすことがあります。

 

不眠症は、1種類のみの罹患、あるいは原因が1つだけということではないのです。
なので、さまざまな原因が複雑に絡み合い、なおかつ、複数の種類の不眠症になっていることがあり非常に複雑な病気であると言えます。メンタルケアだって必要となるでしょう。

前述通り、不眠症によって、中途覚醒で夜間の眠りが浅い、また睡眠時間が少ないことで昼間に眠気が出て、昼間に仮眠をとることでまた夜間眠れなくなるという悪循環が起こり、結果として症状を悪化させていくこともあります。

 

【健康】あなたの不眠症チェックしよう!アナタはいくつ当てはまる?

睡眠 中途覚醒 ポジティブ思考 うつ病克服

それでは最後の章となりますが、
そもそも自分は不眠症なのか?
今回この記事で、自分が不眠なのか気になるとこ。

だって方向けに見てくれたかたへのサービスとして、下記にかんたんなチェックリスト作ったので紹介します。

※以下の質問に当てはまる数が多ければ多いほど不眠症の可能性が考えられます。
過去1ヶ月間に、少なくとも週3回以上経験したものについてチェックをしてみてください。

 

チェックリスト

・あなたが布団に入ってから、眠るまでに要する時間が普段よりかかる(orまたは眠れない)

・あなたが夜間、睡眠途中に目が覚めることがあって困っているorまたは眠れない

・あなたが希望する起床時間より早く目覚め、それ以上眠れない

・あなたが睡眠総時間がかなり足りないorは全く足りない

・あなたが日中の気分がかなりもしくは非常に滅入ってしまう

・あなたが日中の活動が以前に比べてかなり低下している

・あなたが日中に激しいもしくはかなり重度な眠気がある

 

7つの項目でチェックが多ければ多いほど不眠症な確率は極めて高いでしょう。

もし該当する数が多かったという方は、セルフケアではなく医療機関へ相談したほうが良いでしょう。そしたら、不眠症を改善することができる可能性があります。
 

まとめ

睡眠改善 睡眠困難 交感神経優位から副交感神経優位

最後まとめに入ります。
今回のテーマは、【あなたは目から鱗】不眠症改善をすることでうつ病克服にもなる。【新発見】です。

なので、あなたにとって、何かしらの不眠症改善の方法やアドバイスとして受け取ってくれたら幸いです。

わたしながらですが、もともとうつ的傾向・ネガティブ思考、無気力・ヒッキー気味で社会活動に参加してない時期ありましたが、そんなわたしはうつ病克服を自力でしました。

そのうつ病克服でも人生においても、経験上としても睡眠の質というのは、重宝すべきもので、各それぞれの体調や環境に合わせつつもで貴重として重んじるべきと考察しています。

睡眠の質を高めるべきです。
睡眠の質は、朝、起きる時刻を決めて(遅くても朝の9時ぐらいには)、たとえ眠くても必ず寝床から出るようにしましょう。
なぜなら、朝の太陽の光こそを浴びると、体内時計はリセットするとされています。
そして、太陽の光がセロトニン分泌に必要不可欠なのです。

光を浴びる時間を一定にして体内時計を安定化させると、やがて入眠時刻も安定してくるのです。
ただし、目覚めが早すぎるときには、早朝から太陽の光を長時間浴びるのは避けましょう。(なぜなら早朝覚醒が悪化してしまうか)

初めのうちは、同じ時刻に寝床から離れ、室内で過ごす程度で十分なのです。そのあと外に出て、光にあたっている時間を増やしましょう(公園で陽に当たりながらベンチに座っているだけもいいです)

そしてから、朝の30分ぐらいの散歩をオススメします。
>>参考:リーンゲインズ断食についての記事はこちらをクリック【簡単ダイエット】はこちらから~
>>参考:【実証】セロトニン増やすためのおすすめサプリメントは?【脳科学】はこちらから~
>>参考:【必見】あなたのストレスチェック!長時間デスクワーク・運転するかたは危険?【スタンディングデスク】はこちらから~

ちなみに昼寝は、夜の睡眠に影響を与えるので、30分以内に起きるようにしましょう。

夜、寝床につく時間と、朝起きる時間の2つの時刻を守りながら3~4週間ほど繰り返していくと、自分にとって本当に必要な睡眠時間がわかってきます。自然と眠くなる時間に寝床に入るようになり、自ら睡眠をコントロールしているという自信がつけば、気持ちも少しずつ楽になり、不眠も解消されるでしょう。
 

タイトルとURLをコピーしました