Sponsored Links
うつ病克服・ポジティブ思考のコツ

【新発見】あなたのワーキングメモリをチェックしよう!訓練方法は〇〇だ

Sponsored Links
マルチタスクの効果はデメリット メリットなし
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょーです。

 

あなたはワーキングメモリをいう言葉聞いたことがあります?
そんなワーキングメモリの強化を身に付けられる事で、脳機能を上げる立ったり・・物事ごとの生産性や効率化をあげることを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

また、その名のワーキングメモリという言葉を聞いた事はあっても、以下のような考えを持つ人もいるでしょう。

・仕事の効率化や人間関係の誤解

・学校の勉強だったり・・社会人であれば資格の勉強で結果を出したいひと。

・「会話、読み書き、計算など」 の日常のあらゆる判断や行動に関わっているため、機能が弱いと様々な困りごとが起きているので、ワーキングメモリで何とかならないのか

・さきほど言われたことを忘れてしまいやすい人

・一日の生産性を上げたひと

・効率的よく結果を出したい人

・短期記憶が弱くて自信がもてない

・「話を聞いていない」とか・・「他人に何回も聞く」などで人間関係がトラブル起きやすい

・やる気がないとか、話を聞いてないと言われたことがある人。

 

今回は、こういった疑問や悩みが解決したり、もやもやしてたことがわかってくる記事となるでしょう。

なぜなら、私もこのワーキングメモリが低いことで学習スピードが遅いだけじゃなく、人間関係でギクシャクが起きやすい経験をしているので、ワーキングメモリのことはもちろん、そこで得られる需要までハッキリと把握しているからです。

ですから、あなたにとって参考になること間違いないでしょう。

そういうわけで今回は、ワーキングメモリの概要から、ワーキングメモリが低いことで苦しむ現状、考察などの経験談を混ぜてに触れていきたいと思います。
当ページをご覧になって頂くことで、あなたは「ワーキングメモリを鍛えるべきかどうか」「悩みやモヤモヤ感」がハッキリしてくるかもしれません!

 

>参考:【実証】あなたのワーキングメモリはどう?生活に取り入れると記憶力にも!【前回の続きと並べて、今回の記事はワーキングメモリの鍛え方について記載します。】

Sponsored Links

【新発見】あなたのワーキングメモリをチェックしよう!訓練方法は〇〇だ

ワーキングメモリーが小さい 訓練方法 アプリを活用
先に結論から言うと、ワーキングメモリを上げれば(高くすれば)脳機能が上がるのであなたの人間関係だったり・・学習スピードに関係して結果を出てくるのでメンタル的にもいいので、ワーキングメモリを鍛えることはオススメ致します。
 
そもそもあなたにとって、ワーキングメモリーを鍛えるメリットはあると思いますか?
実は、仕事や勉強に励む人にはワーキングメモリという脳機能に関係することは、必要不可欠なのです。
なので、もっというとワーキングメモリをできるだけうまく働かせたいと思うのは当たり前のことですよね。

なので、あなたにとってワーキングメモリの働きが向上すればすれほど、仕事や勉強の影響だってくるのです。
ワーキングメモリを鍛えることで、もう少し何のメリットがあるかを申し上げます。
ワーキングメモリは、作業や動作に必要な情報を一時的に記憶・処理する能力のことです。

では、ワーキングメモリの具体的な役割、機能の調べ方や日常生活で生じる困りごとへの対処法はどうなると思いますか?
まずは、ワーキングメモリの役割についてですが、ワーキングメモリの役割では入ってきた情報を脳内にメモ書きし、どの情報に対応すればよいのか整理し、不要な情報は削除することです。ワーキングメモリの働きによって、瞬時に適切な判断を行うことができるのです。
具体的に例えば、私たちが会話できるのは、相手の話を一時的に覚えて(記憶)、話の内容から相手の意図をくみ取り(整理) 、話の展開に従って前の情報をどんどん忘れる(削除)という作業を無意識に行っています。
このような情報処理の流れは、「読み書き、運動、学習等、日常」における様々な活動に関わっています。

ちなみに、この情報処理の働きを学習机に例えていられてます。
それを具体的にいうと、ワーキングメモリを作業机で例えて、入ってくる情報を本だと例えます。(こういう過程で説明したほうがわかりやすいです)そしてから一旦、その机の上(ワーキングメモリ)に入ってきた本(情報)を並べて保存する例えになります。
そして、机の上で本(情報)を分かりやすく並べ変え、整理して必要かどうか判断します。
いらない本(情報)は、速やかに机の上(ワーキングメモリ)から捨て(削除)します。

長期記憶といって、もっというと整理した情報の中で、これからも必要なものは、長期記憶するために本棚へ移動させます。

他にも、ワーキングメモリは、脳の機能の一つで、情報を一時的に記憶・整理することで私たちの判断と行動に広く影響しています。
つまり、ここで何を言いたいかという!
この機能が弱いことで指示に従うことが苦手となって、会話がチグハグになって、不注意で場違いな行動を起こしまうといった困りごとが生じえるのです。

>>参考:【実証】あなたのワーキングメモリはどう?生活に取り入れると記憶力にも!【前回の続きと並べて、今回の記事はワーキングメモリの鍛え方について記載します。】

>>参考:【実証】簡単にワーキングメモリの鍛え方【まとめ】

【問題・支障が起きる】ワーキングメモリが低いことで起きる問題。

ワーキングメモリの問題 小さい

ではワーキングメモリが小さいことで起こり問題を紹介していこうと思います。
ワーキングメモリが低い(小さい)とどうなるかについてを記載していきます。

よく、ワーキングメモリが低いことでのデメリットとして問題が2つあります!

例えば、下記でしょう。

「頼んだことをすぐに忘れる」

「一度に2つ以上のことを処理するのが苦手…」

ってのがよく言われているということでしょう。
つまり、それはワーキングメモリの働きが弱いがゆえに起きる理由があります。

先ほど同様にワーキングメモリとは、作業や動作に必要な情報を一時的に記憶・処理する能力のことといいました。この機能は「会話、読み書き、計算など」 の日常のあらゆる判断や行動に関わっているため、機能が弱いと様々な困りごとが生じてしまいます(ワーキングメモリの具体的な役割や機能の日常生活で生じる困る)

わたしの経験としても、ワーキングメモリが小さい本人にとっては「どうしようもないことでもあって、できない」にも関わらず、周囲からの理解が得られずに苦しんでしまうことも普通にあるのです。
確かにワーキングメモリが小さくてもある程度は訓練で上げることはできますが、ワーキングメモリの機能自体を改善する方法は確かなものが曖昧なところで、周囲の関わり方や適切な環境作りによって、子どもの困り感を軽減することは可能となるのです。

なので、ワーキングメモリが小さいと思うなどとまずは、自分の短所や欠点の特性を理解することが大事です。
また、そういってワーキングメモリが小さいひとは、部屋の配置を自分にあった状況にしたり・・話す順番を工夫しましょう!ほかにもツールを活用するなど・・子どもに合った工夫で成長をサポートしていきましょうっていう声もあるのです。

作業記憶(ワーキングメモリー)とは、情報を一時的に保ち、それらを同時に処理する機能のことです。短期記憶障害ともいう人もいます。

短期記憶とは、ここで一時的に維持される記憶のことであり、たいていの場合は課題遂行後に数秒から数分で失われてしまう。

ワーキングメモリの低い人は、周囲からの理解が必要不可欠。
 

【記憶力なのか?】ワーキングメモリの問題点。

ワーキングメモリの低さと情報過多で苦労の連発

ワーキングメモリの問題点をもう少しだけ紹介させていただきます。
もともと容量がとても少ないワーキングメモリの問題点はあるのです。
容量がとても少ないワーキングメモリは、もしワーキングメモリの働きが低下することで何が起きてしまうのでしょうか?

それはこんな事例があります。
何かを取りに来たはずだが、何が目的だったか忘れてしまった」という経験はございませんか?
これは、“典型的な“ワーキングメモリがうまく働いていない状態”とも言われています。
なので、似たようなことは仕事中にも起こりえるのです。

・例えば、あなたが資料を作成している時に、参考資料Aを見て、気になったことを参考資料Bで調べているうちに、もともとの参考資料Aの何を気にしていたAのことを忘れてしまいます。これって参考資料Aを最初から読み直しているような状態とも言えますよね。

・あるいは例えば、長い英文を読んでいるときの例題です。分からない英単語を調べているうちに、調べていた単語が文中のどこにあったのか忘れてしまい、英文を最初から読み直しているような状態。

 

なので、ワーキングメモリの働きが低下することで、「目的を達成するため保持していた複数の情報のうち、最初に保持していた情報」から失われやすくなるのです。(私も、最初の保持していた記憶が失われて苦労なんて日常茶飯事なのでわかります)

わたしなら、学校の授業の前半戦の内容を抜き打ちミニテストされたときなんて、わたしだったオワタってなります!

「電話番号を忘れる」程度なら問題ないかもしれませんが、仕事の処理スピードが落ちたり、ケアレスミスが頻発したり、何度も同じ作業を繰り返してしまったり、また覚えておきたかったことをすぐに忘れてしまったりしたらどうんなことになるでしょうか。そうなると、仕事や勉強の効率に悪影響が出るのは過言ではありません。

 

ワーキングメモリの働きをよくするアプローチとして挙げられるのは次の2つと言われています。

・「ワーキングメモリを鍛えること」

・「ワーキングメモリを解放すること」

の二つです。

もし、前述記載通りに思い当たる節があるかたは、ワーキングメモリが低いのかプチテスト感覚で次の章から記載していきますので、参考にどうぞ!

【ワーキングメモリの訓練】ワーキングメモリ低い人かテスト【抜き打ち①】

ワーキングメモリが小さいと起きること

ワーキングメモリの具体的な訓練方法にもなるので紹介しよう!
まずは簡単なワーキングメモリ低い人の抜き打ちプチテスト感覚でこの章をみてください!

ワーキングメモリが高いか小さいかを判断する時は、数字を使って確かめることがあります。
そもそも、一般的に人間の脳は数字や単語を記憶する場合、「7±2個のブロック」で覚えると記憶しやすいと言われています。

そこで、自分のワーキングメモリーを確かめるために抜き打ちをしましょう。
参考文献と似たようになるかもしれませんが、7つの単純な数字を使って簡単なワーキングメモリの程度確認しましょう!下記を参考にどうぞ!

①、「7,5 3 2 1 1 0」の、この数字を、口の中で何度も何度もか反復してみてください。

②、次に目を瞑り、瞼の下に7つの数字を思い浮かべてみよう。

③、これらの数字のうち、あなたは後ろから5番目の並びにある数字をぱっと言ってみてください

 

このように、課題遂行のために入力された情報を、短期間だけ脳内に留めておく“メモ帳”のような脳の機能が短期記憶であり、ワーキングメモリであるのです。
上記を使うと、「7 5 3 2 1 1 0」の後ろから5番目の数字は「3」だと突き止めるまでに、7つの数字を覚えていられれば、あなたのワーキングメモリはきちんと機能しているといえるとのことです。

ですが、仮にこの作業に手間取ってしまった方でも、心配には及ばないので大丈夫です。

ワーキングメモリは、一定間隔の電気刺激によって改善できると言われています。訓練方法は下記となっております。

【ワーキングメモリの訓練】ワーキングメモリ低い人かテスト【抜き打ち②】

ワーキングメモリの低さと情報過多で苦労の連発

前述記載通り、第二弾としてワーキングメモリ低い人の抜き打ちプチテスト感覚でこの章をみてください!
ここでも、ワーキングメモリが低いのか否かなのかの抜き打ちになるとも思います。

ワーキングメモリとは何なのか、もっとイメージ抱きやすように具体的にどのようなものかを例題を使って説明していきましょう。
例えば、こんな感じでしょう。それはあなたが電話をかけるために電話番号を記憶する場面を想像してみてください。その時、電話番号を見て番号を「サッと」覚え、電話を手に取り、プッシュをするまでの数秒間は電話番号を記憶することができますでしょうか。ですが、大半のひとは電話を終えた途端あるいは少したったら(もしくはあるいは電話番号をプッシュし終えた途端に)、「そのかけたばかりの電話番号をすっかり忘れてしまう」というのはよくあるでしょう。

といったように今の電話番号の例題から分かるように、短期記憶とは「ごく短い間だけ情報を記憶する能力」と言われています。(そのなかで処理をしているとワーキングメモリとも言われています。)
なので「ワーキングメモリ」というより「短期記憶」は、新たな情報が入ってくることで、古い情報はどんどん消されていくのです。

そもそも、短期記憶に記憶しておける情報の数は「7±2」個や「4±1」個などといわれており、ワーキングメモリの容量は非常に少ないそうです。
なので、情報量がワーキングメモリの容量を超えることで、短期記憶に蓄えられた情報は次から次へと押し出されてしまうのです。

それでは、これからワーキングメモリを鍛える方法・解放する方法を解説していきます。

【価値あり】ワーキングメモリを鍛える方法は?

ワーキングメモリが低いことで起こる複雑な人間関係 ギクシャク

では、わたしはワーキングメモリが低いままで苦労して、誤解されたまま生きていくのか?
そう思う人も少なからずいるでしょう。

ですが、ワーキングメモリを鍛える方法はあります。
そのことについて記載していきます!

ワーキングメモリの容量は少なからず限界はありますが・・ワーキングメモリを鍛えて容量を増やせることが科学的根拠の実験の論文が出ているのです。
ということで、ワーキングメモリを鍛える方法をいくつかご紹介します。

ワーキングメモリの鍛え方の5つの方法。

1.楽しいことを考える。
ワーキングメモリを鍛えるためには、まずできるだけ楽しいことを考えながら日々を過ごすことでワーキングメモリの要領に鍛えができるのです。
脳は鍛えれば(特定の脳領域の体積)大きくなるので、楽しい記憶の想起や、明るい未来を想像するといった訓練により、持続的な幸福が増強する可能性が示されたといいます。すなわち、楽しいことを思い出したり想像したりすることで、脳の特定の領域が大きくなり、活性化する可能性があるということです。
そうなることで、ワーキングメモリの増強にもつながるのです。

2.イメージングをする。
実は日常的にワーキングメモリを鍛えるための生活に「イメージング」を取り入れるのが効果的と言われます。そもそもイメージングとは、やり方は「頭の中にイメージを思い浮かべるだけの訓練」です。
ある教授によれば、覚えるべき単語をイメージして絵にすると、脳内でACCが活動できて、ACCを活動が出来れば、ワーキングメモリを鍛えられる可能性があるとのことです。
なので、例えば、本を読んだり、ラジオ・ドラマや落語のCDを聴いたりして、情景をイメージするのもいいかもしれません。ほかにも複数の食材から作る料理をイメージするのも有効。(参考にどうぞ)

3.デュアルタスクを行なうこと。
ワーキングメモリを鍛えるには、「デュアルタスク」を実践するのもおすすめです。
デュアルタスクとは、運動と知的作業の2つを同時に行なうことをいいます。デュアルタスクをやると2つの作業を同時に行ない脳を混乱させることで、脳は混乱を整理しようと働くのです。
スポーツであれば、武道がいいとのことです。混乱を整理しようという働きが脳の活性化につながって、ワーキングメモリを強化にもなるのです。

ということで教授をはじめとする専門家らは、デュアルタスクによって脳を鍛えることをすすめています。そこで、デュアルタスクの例は次のとおりです。
いわゆる「脳トレ」のように、遊び感覚でワーキングメモリを鍛えてみてはいかがでしょうか?
例えば、、「ウォーキング」&「計算」:「100-8=92」「92-8=84」「84-8=76」……と同じ数を引き続ける単純な計算を、歩きながら行う。「シャンプー」&「昨日の食事を思い出す」つまり手を動かしてシャンプーしながら、昨日の3食の食事内容を思い出すことです。

4.普通の生活を健全に送るワーキングメモリは、日常生活を送るだけでも鍛錬することができるのです。
ワーキングメモリは、会話や料理や買い物などで使われているので、健全に日常生活を送っていれば十分に鍛えられるとのことです。
つまり健康にも適度に体を動かしつつ、プラスαで料理をしたり、掃除をしたり、人と楽しく話したりするといいでしょう。
ほかにも食事の際に、かむ回数を多めにするのも効果的と言われています。日常生活を健全に送るくらいごく当たり前に出来ていると思うかもしれませんが、仕事などでいろいろと忙しいあまりに日々の生活がおろそかになっているので貴重価値見出してください。

5.前頭前野を活性化させることです。
ワーキングメモリを鍛えるために、前頭前野の活性化という方法があります。
なぜなら、ワーキングメモリを担っている前頭前野は、論理的・合理的に考えたり、記憶したり、感情をコントロールしたり、判断したりする働きをします。前頭前野がしっかり働くことは、ビジネスパーソンにとって非常に重要なのです。

 

※仕事に打ち込んでばかりでは、ワーキングメモリは育たないのです。仕事力アップのために、日常生活を大事にするという視点も持ってみてください!

【ワーキングメモリの訓練方法】ワーキングメモリの鍛えかた

ワーキングメモリが低いことで起こる複雑な人間関係 ギクシャクワーキングメモリの鍛え方前述記載通りで紹介しました。
もっとワーキングメモリの鍛え方を紹介します。
なのでワーキングメモリ鍛えるためには、まず前頭前野を刺激・活性化させ、ワーキングメモリの向上を図りましょう。

これは神経内科医の米山公啓氏が提唱する方法での、ワーキングメモリを鍛えるための7つの方法です。

ワーキングメモリを鍛えるための7つの方法

1.新聞を読解し、印象に残った単語を4つあげる。
2.電車の吊り広告を見て覚え、単語を思い出す。(駅の地名を逆に読む。例えば、し・ぶ・や→や・ぶ・しみたく…)
3.会話中の内容を記憶するように聞く。
4.新曲を覚えカラオケで歌詞を見ずに歌う。
5.読書や音楽鑑賞の際に、頭のなかでイメージをつくり出す。
6.いずれも出来事すべてではなく、3つだけを記憶する。
7.いずれも記憶する際、楽しく記憶しドーパミンを出して脳を元気にする

 

他にもこんな感じなのがありましたので、参考にどうぞ!

 

・それはワーキングメモリを解放する方法があります。
なぜこれが言いたいかというと、ワーキングメモリを向上させるためのアプローチとして、ワーキングメモリそのものを鍛えることだけではなく、ワーキングメモリを解放してあげることも有効だからです。
つまり、もともと容量が少ないワーキングメモリに、次から次へと情報が送り込まれると、先に入った情報からどんどん出ていってしまいます。
なので、ワーキングメモリが圧迫されることで、大事な情報を思い出せなくなったり、ミスを犯してしまったりもしますので、言い換えれば、不要な情報を外へ出すことでワーキングメモリに空きを作れるということ。

 

ワーキングメモリをうまく解放すれば、記憶力や仕事の処理能力をアップが期待できるのも視野に入れといてください。詳しくは次の章で紹介します。

【ワーキングメモリの鍛え方】ワーキングメモリを解放する方法

ワーキングメモリの鍛え方 要領を空ける

ワーキングメモリをうまく解放すれば、記憶力や仕事の処理能力をアップが期待できるのも視野に入れといてくださいといいました。

まず、解放の仕方を紹介します!

一つ目は、メモを取ることです(これは私も個人的にやっている方法です)
ワーキングメモリを解放するには、メモを取ることが有効なのです。
なぜなら、人はメモを取った情報を忘れてしまうからです。
また、人は情報を得たとき、「気になるな、あとで調べてみよう」とか「役に立ちそうだからしっかり覚えておこう」などと考えることがありますよね。ここで、何が言いたいかというと!気になったことをメモせず、頭に残しておこうとするとワーキングメモリが圧迫されてしまうのです。
なので必要な情報は、できるだけこまめにメモするように心がけましょう。(情報を脳内からメモ帳に移せば、情報をワーキングメモリから追い出せ、空きを作ることが可能。)

また、そもそも、メモさえ取っておけば、忘れた情報は後で思い出すことが可能ですし。
私だったら手法として、「どんどんメモを取って、どんどん忘れてしまいましょう!」

この事例と似てますが、「仕事がうまくいくか不安だ」とか・・「人間関係で心配事がある」といったように悩みや不安を抱えている場合なら、ワーキングメモリは不安で満たされた状態となるのです。つまり、ワーキングメモリの容量が「不安でいっぱい」だとかで、目の前のことに仕事や勉強に集中することができないと思うので、
「不安は紙に書き出し、ワーキングメモリ」から追い出してしまいましょう!

2つ目は脳を休ませることです。
つまり、ワーキングメモリを解放するには、脳を休息させることが大事です。
ワーキングメモリ内の情報が過多となり、圧迫された脳は極めて疲れている状態となります。
つまり、脳の処理能力を超えるほどの情報が入っていては、脳の機能が低下し、集中力や仕事のスピードが低下したり、ミスをしやすくなったりしてしまいます。

頭の中は大事な情報でいっぱいですが、次から次に仕事をこなさなければならないのに、どうにも効率が上がらないって経験されたかたも多いでしょう。
それは、脳疲労を起こしているのかもしれませんよ。
脳を休ませるということは、つまり「仕事を早めに切り上げ十分な睡眠」をとることを優先してください。
他に有効な方法が瞑想、マインドフルネスだったりもしますので参考にどうぞ!

このマインドフルネスなのですが先ほどの不安に駆られる話と関係していますが、
脳に疲労が溜まってストレスが発散できないとき、休んでいるつもりなのに過去の失敗や余計な不安などが頭をよぎりませんか?それは、休憩中なでの嫌なことを考えてしまうときは、脳のデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という領域が過剰に活動していると言われています。(※DMNは、脳が使うエネルギーのうち60~80%も消費してしまうために、脳を休ませるにはDMNの活動を抑えることが不可欠)

それこそがDMNを抑制するのに役立つのが”マインドフルネス”なのです。
マインドフルネスには、このDMNの過剰な活動を抑え、脳を休めるのに有効であるといわれています。
頭に浮かんでくる雑念を取り払い、「今ここに」集中することで、無駄なエネルギーの消耗を抑え、ストレスを緩和することができると言われています。

以上がADHDにも効果が期待できて、改善にも役経つ方法なのです。(ちなみにランニングもADHD改善におすすめ)

※ワーキングメモリのある実験について。
心配事や感情的になった出来事は、被験者に数カ月間毎日書き出させた結果、不安が有意に減少したそうです。不安を紙に書き出してワーキングメモリから不安を取り除き、ワーキングメモリを解放してあげる要領が広くなります。

※集中力プチ知識。
椅子に座って何かをする時は、背筋を伸ばして下さい。なぜならば、猫背の時は集中力がかなり下がるからです。なのでまずは猫背を改善するといいみたいです。(ちなみに猫背は背筋を鍛えたら改善しますとのことです。)

まとめ

今回の記事はどうだったでしょうか。
私はワーキングメモリを鍛えることで、能力値があがったのか、処理スピードがだんだんあがって効果を実感しています。
 
そして、あなたに今回の記事にて、ワーキングメモリを鍛えるメリットたワーキングメモリを鍛えたり、ワーキングメモリを解放したりすることで、ワーキングメモリの働きを改善することで仕事や勉強のパフォーマンスが向上することを理解してほしいです。もっというと、ワーキングメモリを鍛えるスキルは、ビジネスパーソンにとって必須だといえるでしょう。

なのでもし、「能力・効率アップ」を目指すなら、ワーキングメモリを鍛えるスキルを身につけてみてはいかがでしょうか?

一応、ワーキングメモリについてもっと詳しく知りたいってかたは、下記に本のリンクを張っといたので参考にどうぞ!ちなみにわたしは、下記にURLの本を読んで、一番納得して、みんなにオススメできると思った本です。
読みやすいし、わかりやすく、発達障害を潜り抜けてきたひとが著者なのでほんとオススメです。

 

タイトルとURLをコピーしました