ストレスの解消法のテクニック

人にすぐ嫉妬や焼きもちしない方法は?その打開策は?妬みや嫉みなど、、

愛着スタイルが不安型の特徴や打開策。
下記からフォローしてねー!

 

早速ですが、不本意や不公平や理不尽なんて人生でつきものですよね?

皆さんの中で、いろいろな状況で、「なんで私だけ」とか、、「私だけなんで不平等なんだ?」とか思ったことありませんか?そう思ったことある人は多いと思います。

もちろん私もあります。


そんな、嫉妬や焼きもちなどに対しての対処方法があります。
それは、考え方を変えることです。



★すぐ他人に嫉妬してしまう人の特徴は?

すぐ他人に嫉妬してしまう人の特徴は、恵まれない環境に育ったような人もしくは、逆に恵まれすぎた環境に育った人が嫉妬しやいようですね。

なぜなら、恵まれない環境で育ってしまうと、自分が虐げられて生きてきたために他人に対する嫉妬の念が自然と生まれるといわれています。こういう環境下では劣等感を植え付けら自分はこんな大変なのに、どうしてあの人は…と言うような感情が生まれるのです。

また、逆に恵まれすぎた環境に育った人、恵まれすぎると、わがままな性格になる確率が高くになるのです。
なんでも欲しいものは、手に入れることができただけに社会に出てしまうと、それができなくなると、すねてしまったり、ひねくれた態度をとってしまうことが少なからずあるそうです。(自己愛性のなります。)

また、自分に自信持てないかたも、他人に嫉妬してしまうことがあるようです。自分に自信があれば他人がどうしよ関係ないから嫉妬する必要もなく、どっしり構えてられるのです。また、幸せだったら意地悪しないっていいますよね、つまり自信がないと人に焦点がいき、人に意地悪しやすいのです。(日本は、競争社会なので結局、自分より、下を見つけて弱いものいじめをするのです。)

プライドが高いからこそ、、他人を見下してしまうってのもあるそうです。

そこで、プライドの高い人の嫌味はまた違った種類のものです。嫉妬から来る嫌味ではなく、自信過剰からくるもので、人を小馬鹿にするよな意味での嫌味です。どちらかというと、自分の才能をひけらかして、自慢するよなタイプです。他人を攻撃するより、自分を大きく見せて、それがひいて他人には嫌味にみえたり、聞こえたりするのです。

そこで、また違うパターンがあり、、他人にも完璧を求めてしまう人もいます。(完璧主義者にありがちなタイプ)

自分の完璧さを同じように人に求めるのです。相手からすると、求められても困る話ですが。そもそも完璧なこと自体、本当に求められているのかどうかが問題です。むしろ必要とされてないところまでやる人が圧倒的に多いと思います。

完璧主義者の特徴で、神経質な人がほとんどが完璧主義がおおくて、例えば、ちょっとしたことで自分のペースが崩れ、他人に八つ当たりするような人も多いのです。

また、嫉妬する人は、嫌みを言うので、嫌味を言う人は、当然嫌われますから交友関係が少なくなりがちです。
そもそも交友関係が多い人で、嫌味を言うような人はほとんどいません。嫌味をいうから人が離れていくのか。友人が少ないから嫌味を言うのかわかりません。もちろん定義はそれぞれですが、いずれにしても、この種の人には親しい間柄の人間が少ないのは確かです。独身で恋人がいなければ拍車がかかる。異性の友人がいればまだ良いのですが、嫌味を言う人には、異性どころか同性の友人さえなかなかできないことでしょう。

いろいろなテーマに共通することですが、嫉妬しやすい人の特徴があります。もちろん全員が全員とはいいませんが。
趣味がない人や、スポーツしてない人は、この種の人が多いと言われています。

趣味やスポーツに没頭する時間を持っている人は、余程のことがない限り、わざわざ他人に嫌味を言うことなどない。わざわざ人の粗さがしをするとかしません。


それでは、やきもちを焼かないための方法やノウハウをご紹介いたします。

Sponsored Links

■やきもちを焼くことのデメリットを知る


やきもちを焼くというのは、つまり嫉妬をするということを意味します。
ここでは、この嫉妬の定義は、心理学上では、”怒りと恐れの感情”との密接があり、自分は嫉妬という不快な感情を感じているということを相手にアピールして、相手を責めるというアクションに結びつきがちなのです。
場合によっては、嫉妬心を抱いたのは相手のせいだとか思いどおりにコントロールしようとすることもあるのです。
そんな焼きもちやきなんかに、相手は魅力を感じなくなっていくことでしょう。

当然、嫉妬心を抱いた自分自身にも罪悪感を覚えてしまうため、やきもちを焼くのはお互いにとって、いいことなくマイナスなことでしかない、このことをまず覚えておきましょう。

Sponsored Links

■自分自身と身近な異性とを比べない


比べることをやめることでしょう。
自分と誰かを比べることから解放されれば、焼きもちを焼くことは自然となくなっていくのです。
そもそほ、なぜ、何を見て人と自分を比べてしまうのでしょうか?
心理学者が、ライバルへの嫉妬心を測るための調査を行ったところ、相手の社会的地位や才能に激しく嫉妬するという結果が出されました。

外見的な面に関しては、そこまでの嫉妬心は高まりませんが、相手の学歴や権威といった地位的な面で比較すると、非常に高い嫉妬の感情が芽生えるのです。その点が多くの人の中で、重要視されるポイントだと認識されているからなのでしょう。

自分を誰かと比較するのは、避けるようにしましょう。

Sponsored Links

■主語を自分に置き換えて「お願い」する


やきもちというのは、もっとあの人に自分のことを見てほしい、好きになってほしいという愛されたいという願望の裏返しなのです。
その主語は、あなたが私を見てくれないから、という相手のせいにするところから始まります。
しかし、主語をあなたではなく、私に変えてみましょう。これを心理学ではアイメッセージ(I message)と言います。例えば、私はあなたから好かれたくて焼きもちを焼いている、と表現するとどうでしょう。私という主語が明確になるため、発言の印象も雰囲気もぐっと柔らかいものになっていませんか。あなたのせいで!と言いたくなりそうになるのを、私の気持ちはと言い換えるだけで、自分自身も冷静になれる上に、相手も可愛いなと感じてくれるはずです。

 

Sponsored Links

■やきもちのエネルギーを昇華させる


やきもちを無理に抑える必要はありません、好きであればその感情は間違いではないはずです。
ただ、その感情を態度などで表面に出したり、その感情が芽生えた自分を責めることをしてはいけません。
そこで、嫉妬のエネルギーを自分を磨くエネルギーに昇華させるようにしましょう。

昇華というのは、心理学の防衛機制の一種で、欲求不満を社会的に認められる形で発散することを指します。

実は、感情を抑えるのは簡単なことではありませんが、まずは、自分の身なり、オシャレ、さり気ない優しさなどのその感情の方向性を変えてみてください。そうすれば、あなたの魅力は何割にも増すはずです。

それでは、恋愛面でも下記を参考にしてみてください。

自分に自信を持つ(彼に対して。)

自信を持ってみてください。
ヤキモチを妬いてしまうのは、彼が自分以外の他の異性(女性)に興味を示しているからです。
しかし、本当に彼氏が自分のことを好きだとわかっていれば、他の女性のことを多少は見ても、気にならなくなるでしょう。そのためには彼にとって、自分が一番だとまずは自信を持つことが重要なのです。
簡単ではないですが、自信のある女性はそれだけで魅力的なため、彼の浮気防止にも役立つのです。

彼が自分のモノではないと認識する(執着や依存は辞めましょう。)

ヤキモチを妬くのは、彼氏が自分のモノのように感じていて、支配欲というのか、それを独占したいのに独占できないからでもあります。でもよくよく冷静に俯瞰して、考えてみてください。
彼は、別に彼女のモノなわけではありませんよね?彼だってひとりの人間で、意思を持っていています。
そう思えば、別の人と多少遊んでいたって、それが普通だと思えるようになるのでは?

我慢しすぎない(忍耐や我慢はしない。)

彼に普段から「こうして欲しい」という願望を適度に伝えているならな、焼きもちを妬く可能性は低くなってきます。
それはなぜなら、それを聞いた彼も多少は気を付けてくれるであろうからです。

「自分はデートを我慢しているのに関わらず、別の女友達がいる飲み会には行くんだ……」などと考えてしまうと、ヤキモチを妬いてしまいますよね。普段から自分の欲求を抑え込みすぎると危険ですよ。

ヤキモチを妬いた相手を紹介してもらう

ヤキモチには、たいてい対象となる人がいます。
例えば、彼が男友達とばかり遊んでいて、私とのデートの時間を作ってくれないのなら、その男友達にヤキモチを妬いていることにはなるでしょう。その時は、その男友達に会わせてもらうのも効果的です。人は見たことがないものや、知らない人に対して恐怖心を抱きます。それがヤキモチにつながる場合もあります。逆に、直接相手を知っているなら不安も減ります。彼が友達を一度紹介してくれたならば、どんな人と遊んでいるのか想像できるのことなので、焼きもちは少なくなります。

彼以外のものにも熱中する

趣味や何か没頭するものを見つけてください。
普段からいつもヤキモチを妬いてしまうという人は、裏を返すと、それだけ相手のことが好きってことです。
なので、もっと言えば「自分の時間はすべて彼にあげてもいい。」と考えてしまうくらいの愛情深い人なのでしょう。とも言えます。

それは良いことですが、彼のことばかりを考えていると、世界観も狭くなり、嫉妬の感情で心が辛くなってしまうことなのです。

なので、そうならないためには、まずは彼との距離を適度に保って、自分の楽しみの時間を作ることも重要です。
例えば、ひとりで好きなことをしてもいいですし、女友達と遊びに行ってもいいでしょう。

とにかく、彼のことばかりで頭をいっぱいにしないことが大切です。

最後に、浮気をする人は病気です。浮気病といいますが、それならそんな浮気をする彼をそれでも付き合っていいって思えるぐらいならそのまま付き合ってもいいですし、別れても自由です。

 

ふと思った感想。

当たり前ですが、でもいっても不本意や不公平や理不尽はいやですよね。

「なんで私だけ」とか、、「私だけなんで不平等なんだ?」とかそう思ったことがある人は多いと思います。

不公平・不平等が多くなればなるほど、ついつい天に向かって、神様に言ってしまうほどのものです。

例えば、私なんかは、神社に行って、神様にお願いして、なんとかしてもらおうとかしたことがありました。

ここで話はそれますが、余談で、ある情報から、神様ってブラックホールみたいな大きな光であって、ただ見守ってるかというより、ただそこにいる感じ存在なのです。

つまり、今まで何かにむかついたり、途方に暮れたら、自分で考えて、自分で進めってことだと思います。

幸せになるには自分でなんとかしろって意味で、この地球は魂を磨く修行の場に過ぎないようです。



話は逸れましたが、他人に嫉妬ややきもちについて、ヤキモチとは、嫉妬することを“焼く”ということから、餅を添えていった語。なので、嫉妬とヤキモチはかなり似たところにある言葉です。

違いを考えると、“異性に対する嫉妬”のことをヤキモチということが多いよう。


※ 嫉妬、、自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。「他人の出世を嫉妬する」
※ 自分の愛する者の愛情が、ほか人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。というのです。

 

きょうは、焼きもちや嫉妬やについてでした。

タイトルとURLをコピーしました