Sponsored Links
うつ病克服・ポジティブ思考のコツ

【新しい発見】あなたはHSP体質?or エンパス?【知らなきゃ損する】

Sponsored Links
HSPとエンパスの違い 特徴 仕事や恋愛は続かない
下記からフォローしてねー!
幸せアドバイザーのとりしょーをフォローする

こんにちわ。
とりしょーです。

 

あなたは職場や家庭内の人間関係において、こんなこと思っていませんか?

 

人の中にいると気苦労して、億劫になる

人間関係において、とにかく胸が苦しい

職場の電話で過呼吸になるぐらい辛い

会社の電話電話対応で回りの視線が針ように刺さる

騒がしい環境では全然集中できず気が散る。そのせいでミスが続く

現場での大きい音でストレスや頭痛が感じる

 

他にも、身の回りの音に過剰に反応をしてしまう。

など上記であげてことに当てはまったら、それはHSP体質もしくはエンパスかもしれないってことです。

先に、結論からいうと、「一人の時間がもっと欲しい」とか「ゆっくりいられる環境がほしい」などよく感じておるのなら、出来るならばその心に従っていくことがオススメです。
そして、あなたにこの記事を読むメリットがあります!それは、あなたがもしHSPやエンパスだったら、やっと自分のこと知り、余計な人間関係や動きがなくなって幸せに近づくからです。

そして、自分が”エンパス体質or HSP体質”かも?と思うならばこそ、
今回の記事をまったく聞いたことがない人でもわなるべくわかるように綴ってまとめた記事なので、最後までご愛読のほうよろしくお願いいたします。

ちなみに、テレビやYoutubeなどでこのひとはHSP体質という方がたくさんいらっしゃいます!
実際に、わたしもSNS上でHSPの方と実際にやり取りしてみて、思っている以上にわからないとこで苦労しているのが現実だと気がつかせていただきました。
 
それでは、エンパス・HSPの発揮できる能力の特徴はもちろん。初めて聞く人にもわかりやすいように説明させていただきます。それでは参考にどうぞ。
Sponsored Links

【新しい発見】あなたはHSP体質?or エンパス?【知らなきゃ損する】

HSPやエンパスの違い 人間関係 疲れやすい ストレス 悩み

あなたは、HSP体質?エンパス?ということで、気になるからこそ知らないと損する話をします。

先に申し上げますがわたしからすると、HSP体質とエンパスの方がこの世に存在するのは当たり前だと思います。

なので、HSP体質なんか根性ないとか・・ひ弱だとか言っている人がいたら新しい地球についていけなく、視野の狭いまんまの気の毒なわいそうな人だとみてやりましょう。

なぜなら、HSP体質は5人に1人いるという統計的データが既に科学的根拠で論文も出ているのです。なので、HSP体質にあーだこうどとステレオタイプで見ているならその人はついていけてない人でしょう。

もしくは、あなたがHSP体質をお持ちになっていなくても、あなたの身の回りや周囲にいるかもしれないです。
つまりあなたが色んな角度で理解することで、あなたとその人はとても良い距離感になって、信頼から円滑な関係だってなりえるのです。

周りにいなくても、5人に1人と言われるので、
あなたが
これからHSP体質のかたといつ出くわすかわからないからこそ、その人と調和のために、相手とのいい距離感を取ったり・・信頼を作るためにもこれから記載することを知っといてほしいのです。(わたしの願いも含む)

そして、少しでも気が付いてあげてください。
それは、HSP体質の方は、あなたが思っている以上に辛いのです(エネルギー不足状態で人の中にいることを・・)

なので、気がついた人から、HSP体質のサポートに立ったり・・気を利かせてあげてください!

【あなた知っとくべき話】エンパスとHSPでは似ている要素もあるが決定的な違いがあります 

HSP体質の苦労 抱えている悩み

HSP体質とエンパスの違いの決定的な違いを紹介していきます。

HSP体質とエンパスを同じ括りでいるひともいますが、
私の考察やネットの情報やそれに強い分野のひとからの情報かき集めてまとめたのでそれを紹介します。

そもそもHSPとエンパスでは意味が違ってきます。(理解してほしい事柄です)

HSP体質とは、一言で説明すると「敏感体質」のことを指します。
つまり、感受性豊かで繊細な意味があります。

では、エンパスとは?
エンパスとは「共感能力が高い性質を持っている人」のことを指しますね。
つまり、相手の気持ちをありとあらゆる受け取ってしまうので、それで苦労するのです。(有名人であれば、江原啓之さんとか典型的です。)

もっとわかりやすく説明するので、HSP体質のかたが生活で実際に起きている実例を紹介していきます。

 

HSPさんは、職場や私生活で起きる一つの事例です。
HSPさんの周りで、職場や家庭内などで人間関係の衝突があり、周りで怒号飛びあうような口論で争っています。

そこにいたHSPさんには全く関係ないことなのに、その口論の争った原因がHSPさんが真っ先と自分が原因だと思ったりします。

スピリチュアル的にいうと、その怒号という闘争心の攻撃的な負のエネルギーを必要以上に受け取りしまって、周りからすると勝手に疲弊しているそんなHSPさんには特徴があるのです。(アンテナが敏感で、感知しやすいとか、バリアがあってそこから神経が出ているの感受性が豊かから必要以上に受けてしまうのです。)

ちなみにHSP体質のひとはそれでいて、その争った原因が内に入るかたもおられます。
例えば、「わたしが原因あるのかなぁ」と内省したり・・勝手に責任を追っちゃうといったように自分のせいに思えてきて、必要以上にビクビクして胸が苦しくなったり、なかには過呼吸がおきたりと、その場にいられなくなるのがHSPさんの特徴です。

 

上記で氷山の一角程度の参考例題でしたが、とにかくあなたが思っている以上に周りの喜怒哀楽のエネルギーに感知しやすいとか、バリアから神経がでていてアンテナが必要以上に敏感がゆえに繊細がおきるといったことがHSP体質にはおこるのです。

だから、HSP=敏感でセンサー付き体質とよく言われているのです。

冒頭で申し上げたように、HSPさんはあなたの周りにいる可能性だって無きにしも非ずだからこそ、前述のことがあるのを理解してほしいのです。(できたらサポートしてほしい)

HSP体質さんの実態として、HSPをもってしまった本人だって辛いですし、この世は鈍感の人でイエスマンの振りをできて、空洞化人間のようなひとが生きやすいと言われています。

その中でHSP体質の人は、”鈍感になれ”ってのはだいぶん無理がありますし、その鈍感を鈍感だと気が付かない人のなかに入れられるのは無理があるでしょう。

だからこそ、身の回りの気づきやサポートが必要なのです。
「HSP体質とはどんな感じなのか?」でいいので少しでも理解してあげましょうよ。

あなたの視野が広がったと思って、少しでも理解してあげるとHSP体質の彼ら彼女らは生きやすくなるでしょう。

HSP体質だけじゃなく、この世にはいろいろな体質を持って生れてくる方がいますし、それが論文なりで出ています。

HSP体質のかたは、他人の怒りに感知してしまい負のエネルギーや他人の緊張感からのエネルギー、殺伐とした職場環境で、必要以上にエネルギーを受けて、HSP体質の方が委縮したり・・疲弊してしまうタイプです。
そして自分がHSP体質だと思うならば、安心安全でいられる環境作りから始めてみてはいかがでしょうか。
自分がHSP体質だと受け入れると楽になれますよ。あとは、それに合った行動を知ればいいのですから。

【共感能力が高いひとについて】エンパスの特徴や具体的な話。【エンパスとHSP体質の共通点】

エンパス体質 苦労 気持ちがわかってしまう

前述でHSPについてをざっと説明しましたね。次はエンパスの特徴を紹介します。
エンパスとHSPで「ほぼ同じ定義で、意味は変わらないという方」いらっしゃいます。

しかし、私エンパス体質とHSP体質には異なる点があると思うので、ネット上でかき集めた情報を含めて紹介させていただきます。

では、エンパスとHSP」の何が違ってくるのかを紹介させていただきます。
先に結論から一言でいうと、エンパスとは共感能力が高く相手の気持ちがありあらゆるとわかる人を指します。(次の章でもエンパス体質について記載しております。)

ですが、HSPとエンパスには共通点があります。
それは、「周りの人から出る気持ち、心情など影響が受けやすい」といった体質がエンパスもHSPも基本的には変わらないと言われています。

ですが、「エンパス体質よりかはHSP体質の方がメンタルの病気だったり・・精神疾患になりやすい」と考察しています。
なぜなら、うつ病になりやすいと言われるHSPの本音が関係しているからと言われているからです。
HSPさんの特徴では、繊細が故に人や社会から常にハラスメント受けてる感じ並みのダメージがあるというのがあります。
だからこそ、HSPさんは”メンタルが弱い”とか”やる気がない”ではなく、エネルギーが受けやすいからこそのこういった特徴があるのです。(エンパスにはここがない)

前述で記載しましたが、ここで読者に知ってほしいことがあります。
それは、正常バイアス・世間体のバイアスでHSP体質さんや繊細さのひとを責めたり、からかったり攻撃しないでくださいね!(本人は、エネルギー不足でガス欠状態といっても過言ではないです)

では次の章で、エンパスとHSPについての具体的な特徴や違いを紹介させていただきます!

内向型にはないHSPの特徴として
「五感が鋭い(味・匂い・音など)」「ストレスが生じたとき。否定的な感情が残りやすい」「他人の感情や機嫌がわかってしまう」「自分は自分、人は人」と考えるのが難しい(共感脳能力が高い)」があります。

【無料診断の感覚でどうぞ】HSPとエンパスについての具体的な特徴・違いについて。

HSPの本音。うつ病。HSP特徴とエンパス特徴は違う どう違うのか?

エンパスとHSPの決定的な違いがあるといいましたね。
その具体的な違いを紹介させていただきます。

エンパスとは、協調性に関係しますが相手の気持ちがありあらゆるとわかる人だと前述でお伝えしました。
なのでエンパスは、共感能力が高いからこそ「相手を癒したり、ヒーリングを発揮できます

比べて共感能力が極めて低く攻撃性をもっているサイコパスはどうでしょうか。
結論からいうと、他人を癒すことは絶対出来ないでしょう。
なんなら、関わったひとは裏切られるだけじゃなく、その人を平気で駒にして糸も簡単に見捨てられでしょう。
この話の具体的な話は、後ほど少し記載していますが、サイコパスの特徴など長くなるので下記にリンクを貼っときます。
>>参考:サイコパスは脳の構造が違う【あなたを困らすひとの脳の構造】

 

HSPさんのある研究調査では、HSPは5人に1人の割合でいると言われています。(つまり意外に多い)
計算したら、100人いたら20人となります。

ですがその反面、HSPを発達障害だという医者もいます。
実はその根拠はなく、HSPさんは発達障害の方にも多いというよりかは
関連性が高いと言われています。
つまり今の精神医学じゃ、未だ不明な部分があるとのことです。

そんな鈍感な人向けで生きているHSPさんに起きている本音をネットの情報をかき集めたのでそれを紹介させていただきます。

HSP体質さんは鈍感向けの世界で、こんな本音を隠して我慢しているのです。
それは、「とにかく一人にしてほしい」、「エネルギーのチャージが足りないまま次日も次日も仕事・・。」
なかにはしまいにうつ病ぽくなった。ってかたも多いでしょう。

そんな辛い思いを周りに相談できずとも生きているHSP体質のかたが少なからず生きているのです。

その事例を下記に記載しておきます。

◆他にも、こんなHSPさんには、起きているあ事例があるので紹介させていただきます。

例えばHSPさんあるあるでは、原宿など人がとても多く並んでいて、そんな行列の人とすれ違う交差点内やビルにおいて、そのたくさんのすれ違ったひとから出るエネルギーをキャッチしてしまい、HSP体質のかたはすぐそこに影響をされてしまい、エネルギーの消耗が激しいといったことがあります。

つまりその交差点やビル内での多数の人と「すれ違った前とすれ違た後」ではHSP体質のかたは全然様子が違ってくるのです。

どういうことかというと、すれ違う前のHSPさんは元気で普通だったのに、すれ違った後のHSPさんは、別人かのようにエネルギーが消耗されて、疲れきったような状態になるのです。

あなたや国民が想像できる範囲の疲れるではないということです

なので、人混みにいると私・俺は「本当に疲れる!」っていうHSPさんにあるあるなのです。
非常に繊細なので相手の気持ちがわかってしまい、それによりエネルギー負けをするのが特徴のです。

もっというと、HSPさんは「エネルギーが過敏でむき出しになっている状態だっていう説明がされています。
先ほど同様に、HSPさんは普通の人と比べてバリアが薄くて、神経がバリアから出ててしまい電撃がビビってなるようなエネルギーを受け取ってしまう特徴があります。

だからこそ、先ほどの事例のように、
渋谷の交差点での、人のバリケードみたいなとこから通りすぎただけで、別人格かのように自分のエネルギーがすり減ってしまうのです。
つまり、人から出るエネルギーが出ていて、それを「感じれるひと」、「感じ取れないひと」っています。

また、HSPはエネルギーを奪いとられる感覚のひとだっていうかたもいます。

スピリチュアル的要素が入りますが、
HSPさんはエネルギー値が低くなり、霊をたくさんとくっつきぼんぼんのように、次から次へと霊をくっつけてしまう特徴があるのです。
つまり、霊を瞬間的にキャッチしてしまうことにより、別人格なってしまい、鬱ぽくなることがあるのがHSPの特徴があります。

だからこそわたしもあなたにも国民にも、少しでもHSPさんなりの本音があることを理解してあげてほしいのです。

また次の章で、HSP体質についてのわたしが読んだ本を紹介させていただきます。
なので、もし興味がある方は次の章もご確認お願い致します。

 

では最後になりましたが、あなたにもHSPのプチ診断になればと思い、事例をあげて紹介させていただきます。
実際にHSPさんから聞いた話をもとにまとめました。

下記のようなことがHSPさんにはあるので、あなたがいくつ当てはまりますか?

HSPの事例(無料プチ診断感覚でどうぞ)

・会社の電話電話対応で回りの視線が針ように刺さる

・現場での大きい音でストレスや頭痛が感じる。

・騒がしい環境では全然集中できず気が散る。(周りから気にしすぎと理解されない)

・突発的な仕事でパニックになる

・怒られている人を見ると、まったく関係なくても自分のことのように感じて胸が苦しくなり、過呼吸にもなる

・原宿の交差点のような人混みにはずっといられない。そこで頭痛がする

・日頃からエネルギー不足があるため、どうしてまわりに無理して合わせる・根性・精神論で成り立っている。だからこそこの世では、やりがいや生産性のない会話や作業が苦手。

 

上記のそういったことがHSPさんにはあるので参考にどうぞ!そして、たくさん当てはまったらHSPさんかもしれないです。

【オススメ】HSP向けにオススメできる本【私が愛読した本】

エンパスとHSP。傷つきやすい。感受性豊か

それでは、あなたにもぜひ読んでほしいHSPについての本を紹介していきます。
下記にオススメできる本のリンクを紹介させていただきます。

 

わたしは、この本でHSPさんの裏事情だったり、得意体質からわかる適職だったり、HSP診断にもなった本です。
この本は、HSPさんのことを学ぶにはとっかかりとしてまたいい本です。

内容も説明がわかりやすく、自らでも非常に納得できる内容でした。
読んでいると、、「なるほど。」「なるほど」っていいながら読んでいた記憶がある本でした。

そして何よりこの本は、HSPさんに多面的に経験談や気持ちに寄り添った本だとも思います。

私がこの本を購入した経緯として、
そもそも神経質でいながら、疲れやすいので生きずらい。と感じでいたことから、
書店でこの本ををみて、「繊細の人ってなんだろう。」とか、「いったい何だろー?」と言った感覚で手に取った経緯で始まった本でした。
もっというと、そこからというのか、HSP体質の好奇心があり自分なりの研究に始まったキッカケの本です。
内心で「もしかしたら?」「もしかしたら?」という感覚で、
ネットでググったり、実際にHSPさんに直接話を聞いたりしていました。

それを今回の記事で紹介させていただいております。

【目から鱗】エンパスとサイコパスについて。【発見】

サイコパスと支配される人たち
エンパスとは一言でいうと、「共感能力が高い」人のことを指します。
では、共感能力が高いってどういうことなのか?
それをこの章で、逆にたどうとエンパスのことがどんどん見えてくるのではないかということで紹介させていただきます。

先にお伝えしときます。
わたしが以前記載したサイコパスについての記事があるので参考に下記からみてね。
>>参考:サイコパスとは?【あなたのサイコパシー度をチェックしよう】
>>参考:サイコパスと自己愛性の共通点や違いについて。ナルシストから自分を守るには。【身の危険を感じたら】


そもそも、サイコパスとは、共感能力が著しく欠如していて、人を魅了させたり気を引いたりしたり、人の感情や権利を踏みねじっでも自分を優先して、瞬時に短い時間で合理的な判断を出来ちゃうなどの特徴があります。

「なんで、サイコパスはこんなことできるか?」
それは、そもそも普通の人間と違って脳のへんとうたい(扁桃核)という感情に司る部分が小さいので、みんなができないことをいとも簡単に平気で出来ちゃうことがあるのです。(サイコパスは不安や恐怖やプレッシャーを感じづらいのもここからですね。)

では、逆にサイコパスができないことを想像してみてください。
それは早い話でいうと、エンパスができることでしょう。

そもそも、共感能力って、コミュニケーション能力においても重宝されます。
相手との適切な距離感だったり・・人を癒すことだってできます。

特に女性は、ヒューマンネットワーク作りを重宝する特徴があります。
それは、脳の構造からでしょう。

一部を除いて女性は「共感してほしい動物」いっても過言ではありません。
しかし、女性からするとサイコパスにはこの共感してほしいのを答えてもらうことが出来ないのです。

もちろんサイコパスは、共感を装うことはできますし、だけど装うだけでは人間関係は長続きしないので、そういった長続きしないのがまたサイコパスの特徴でもあります。

長続きしないだけならいいのですが、ターゲットの相手にメリットがないとみられたら駒になる可能性だってあります。

実際に論文が出ていて、研究結果出ていることがあります。
それは、コミュニケーション能力が高い人は、共感能力がある程度ないといけないと言われていることです。
なぜなら、ヒトは共感能力がないことで、相手と信頼関係を結ぶことが困難だし、人と人との関係性を保つためにもなくてはならない必要不可欠なものだからです。

しかしサイコパスは、一人の人と末永く関係性を保つことができません。
だから、裏切り戦略で信頼戦略はできないのです。

心理学上、人間関係で人と信頼を作るには、相手を知ることと言われています。
つまり、相手の内側を吐き出させることが必要となるのです。
吐き出させるには、”相手がついつい話してしまうほどのあなたには信頼やコミュニケーション能力”が必要不可欠と言われています。

そんなサイコパスですが、エンパスはどうでしょうか。
エンパスは、相手を癒すことはもちろん相手がついつい話してしまうほどの能力が備わっている武器
があります。

ですが忘れていけないのは、サイコパスもこの手法は得意でしょう(なぜなら演技力がサイコパスにはあるからです。)これは論文によると、サイコパスは相手の気持ちを考えようとすれば、他の人と同様に人の気持ちを理解できると言われているからです。(ただ、共感と寄り添ってくれるのは違ってくるでしょう。共感とただ合わせるのは違います。)

まとめ。

まとめ HSPとエンパスとサイコパスについて

 

最後になりました。
まとめに入りますが、今回の記事で
あなたがHSPこと敏感体質な人が存在していて、生きづらさを抱えていて生きていいた人がいたことがわかったと思います。

わたしの今後の世界中で起きる予想としては、
これからの時代、「医療や化学やITやロボットなどのテクノロジーが発展・進展」していくたびに、
エンパス然りHSPさんの方は生きやすくなり、自分らしさを発揮できるいい時代になってくると思いました。

本来ならば、国民ひとりひとりに心にゆとりを持ってもらうように、「他人を自分のように思う」「優しさだっり」「人情」がこの世の中に必要だとも思います。

いまの時代変わってきています。
例えば、働き方のスタイルが、リモートワークやデスクワークや在宅ワークにもなりつつ、無駄な社会の枠組みだったり、概念状での人と人のやりとりが不要になり、つまり我慢して付き合う人ほどの間関係がなくなってくるので、生きやすくなった。って方もどんどん出てくるとも思います。

それにより、HSPさんこと繊細さんはどんどん生きやすくなっていくとも思っております。
HSPさんは、人が争っているとこを見たり、暴動ニュースを見たり、人の気持ちにも察しやすい分だからこそのネガティブなエネルギーを受け取り疲れやすく、人の付き合いに疲れが生じるでしょう。
もし、あなたがHSPさんならば、間違いなく殺伐とした職場や、人の影口・悪口ばかりの環境下で不安や恐怖があふれている環境、支配構造が強い職場などは苦しくなり、いても立ってもいられないでしょう。

そしてHSPさんは、うつ病、無気力状態。最悪PTSDの病気になってしまうかたも少なくないのが実験研究結果が出てています。

HSPさんは人間関係においても、
人様のエネルギーにより影響されることで今に集中できずに、悪く出れば、怒りのエネルギーや腹黒いエネルギーを察知してしまい、気になって今に集中できなかったりする人もいると思います。
なので普通の人からすると、HSPさんは皆さんが思っている以上にストレスが結構多いことを理解してあげてくださいね。

わたしからも今後の地球としても、HSP・エンパスの人が平凡で生きやすい時代は来ると心から願っております。
そして、HSP体質のかたは誤解も受けやすいので、周りが理解できればイザコザがあった相手との人間関係の修復だって充分可能性があります。

EQは当たり前で、さらにはLQの時代。(Lとはラブです。)そう、優しさの時代はどんどんくること願っています!
本来の優しさが日本に来ることを願っております。
人に対しての妬や妬み嫉みや焼きもちなどのそんなネガティブな次元は終わるでしょう。

考察ですが、ベーシックインカムになれば、国民が安心となって生きる上での環境が良くなってくるでしょう。(パワハラやモラハラもなんだ?そんな時代になるでしょう。)

ということで、全世界で幸せな国になることを願っており、最後までご愛読のほうありがとうございました。

幸せアドバイザーのとりしょーをフォローする
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました