ストレスの解消法のテクニック

ストレスチェック。ストレスは長時間デスワークや長時間運転する方は、ストレスの原因や病気なるので要注意。

ストレスや病気の原因は、長時間のデスクワークや長時間運転だったりする。
下記からフォローしてねー!

皆さんは、ストレス チェックしたり、ストレス 原因をつきとめたり、ストレスに効くサプリを試したりしていますか?


当たり前ですが、ストレスは病気になったりしますので、ストレス発散は大事なのです。


なのでストレスの相談を誰かに聞いてもらったりするのは大事ですよね。



それでは、今日はそんないろんなストレスの対処方法はあると思いますが、特に気になった、長時間デスワークや長時間運転する方の無自覚に起きているストレスについて今日は記載します。


結論からいうと、長時間デスワークや長時間運転する方は、デメリットが多いのです


特に長時間デスクワークしている、女性の方が出やすかった研究結果があります。


だから、女性に座り仕事するのは実は実は酷な話なので。(是非、周りもそれを理解して考慮してくださいね)


※ちなみに仕事や勉強は座ってやるものという固定観念を捨てること。それも集中力を起動させるエンジンの1つになります。


Sponsored Links

座る時間が長い人ほどデメリット高く、危険信号がメンタルに出る。

長時間デスクワークや長時運転してる人は、デメリットがあります。
・モチベーションが下がること
・鬱病になりやすくなる
・死亡率も上がる。


そういった、長時間デスクワークや長時運転してる人にはデメリットがあるのです。


 

喫煙にも似た「座りすぎ」の危険性について。

長い時間を座って過ごすライフスタイルを続けていると、乳がんや結腸がんのリスクがそれぞれ10%増加するほか、心臓病のリスクは6%、II型糖尿病のリスクは7%高まるという。実験研究結果が出ています。

1日の総座位時間の多寡が総死亡リスクに及ぼす影響ついて検討した研究では、総座位時間が4時間未満の成人に比べて、4~8時間、8~11時間、11時間以上と長くなるにつれて,WHOにより推奨されている身体活動量を実施していたとしても総死亡のリスクが11%ずつ高まることが知られています。


出典:http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/sports_150316.html

 

 

長時間座る人の運動効果が無効化される研究データもあります。

ランニングを1時間したら、そのあと座る時間が1時間ずつ増えるごと8パーセント下がる実験研究データがあります。


つまり5時間座った場合は、40パーセント効果が下がる。
いわば10時間なら80パーセント無効化され1時間のランニングが無駄になることになる。


もっと言えば、ランニングより軽い運動の有酸素なら1時間ごとに16パーセント無効化されます。
つまりランニング行わないで、デスクワークだけする人は、1時間ごとの座る時間で16パーセント打ち消される計算になります。

 

長時間デスクワークや長時運転してる人などの長時間座ることのデメリットをメリットに変えて克服する方法は?


長時間デスクワークや長時運転してる人がメリット性に克服する方法は、簡単です。
それは座ってる時間を減らすようにすることです。


そこで、もっといい方法があります。
それは、ステッパー踏みながら仕事や勉強をすることです。(海外ではすでにやっている方もいます。)


それでも立ちながらはちょっとな・・・
って方は、座りながら出来るステッパーをオススメします。


ただただ座りながら、長時間デスクワークしてるよりは座りながらステッパー使った方が、脳機能やメンタルにもいいですよ。



つまり、仕事中の座り仕事がメンタルを病みやすい。
座ってる時間が長ければ長くなるほど、糖尿病のリスクが上がったりして、死亡率がめちゃくちゃ上がる。


なので、1時間に1回は5分以上の散歩をした方がいいのです。


ステッパー必須だと私は思っています


日頃から運動をしていれば、心臓疾患や糖尿病なったりは抑制できます。(メンタルなんてのは、運動してようがしてないが関係ないっていう人がいますが、私は関係あると思います。少しでも運動をした方がいいのでおすすめ致します。


座り時間が、6時間を超えるとメンタル病みやすい。だから出来たら3時間以内で長時間デスクワークをするのが推奨されています。


6時間を超えているならば、例えばちょこちょこ立ち上がり、散歩したりと座る時間を減らして仕事するといいです。


また、話は変わりますが、人間関係が良ければ、満足度が3倍上がる研究結果も出ていますので参考にしてみてください。後は、睡眠の質は大事です。なぜなら睡眠不足が、被害妄想まではいかずとも周りが敵に見える。睡眠不足により、相手の感情を読む能力が低下してしまうデメリットがあります。


なので、睡眠不足により、社会的孤立する、孤独感を味わうってことにも繋がるので気をつけてください。

 

長時間デスクワークやるなら、立ったままの作業で集中力や判断力がアップする。

長時間デスクワークやるなら、立って仕事が出来たらいいです。

私自信としては、仕事も勉強も立ってやるのが経験則からも一番いいと思います。
なぜならそもそも、ときどき座るくらいでいいのではないかと考え、スタンディングデスクを自分なりにそろえて、ステッパーなどと組み合わせて実践はしています。


経験談としては、立っているときは、座っているときに比べて認知能力や集中力、判断力も大きく上昇することが研究で明らかになっています。


とくに素早い判断や思考が必要な場面では、立ったまま実行するほうが有効といわれています。


ある研究では、実際にとある外資系企業などでは、立ったままの会議を取り入れたところ、判断、決断が迅速に行われるようになり、会議時間が短くなったそうです。


また、長時間デスクワークのメリットとして、立ったままの作業では、座っている状態よりも自然に姿勢も良くなり、また第2の心臓と呼ばれるふくらはぎがよく動くので血流も改善します。

立ちながらだと、足首を上げ下げしたりアキレス腱を伸ばしたり、足踏みしたり・・・体を動かしやすいのでストレッチしながら勉強したりすると眠気が吹っ飛びます


それに日中、ずーっと座りっぱなしなので、座ることでのむくみを気にすることなく、脚のだるさを感じず勉強に取り組めました。って方もいます。


また、“歩きながら”勉強を取り入れていた人で、それが暗記力も驚くほど良くなりました。っていう実験研究もあります。


後は、長時間デスクワークしないようにするメリットとしては、立って勉強を始めてからは、眠たくても寝れない状態がメリットだってことです。(それまでは、半分寝ながら勉強してしまっていたので、目が冴えて効率良く勉強できるようになりました。って方もいます。)

確かに、座っているといつのまにか眠ってしまうことも多いですが、立っているとそうはならないですもんねぇ。


長時間デスクワークは実験研究基のデメリットについて。

さきほど、お伝えしましたが、長時間デスクワークや長時運転してる人などの座る時間が長い人ほど、運動効果が無効化される研究があります。
長時間デスクワークしてる人は、モチベーションが下がるし、鬱になりやすいし、死亡率も上がり、1時間のランニングをしたら、そのあとに座る時間が1時間ずつごとに効果が8パーセント下がる(5時間座ったら、40パーセント効果が下がる。10時間なら80パーセント無効化され1時間のランニングが無駄になる計算)

とにかく、座ってると体に悪い!長時間デスクワークはデメリットなのです。

つまり、仕事中の座り仕事がメンタルを病みやすい。
座ってる時間が長ければ長くなるほど、糖尿病のリスクが上がったりして、死亡率がめちゃくちゃ上がる。

なので、1時間に1回は5分以上の散歩をした方がいいとのことです。
だからステッパー乗りながら作業した方がいいっていうことにも繋がるのです。


これは、実はメンタルにも良くないし、座ってる時間が長いほど精神状況が良くならないし、メンタルが悪化しやすいのです。

具体的には、神経症に近い症状が6時間超えた辺りから鬱になりやすかったり、神経症なりやすかたり、更に3時間を切っていればメンタルが落ち込みずらい。
なので、3時間以下の座り仕事をするのがおすすめしております。

長時間座ると集中力は低下し、死亡リスクは高まると言われています。
なので、15分や30分の集中の合間に入れる休憩は、5分くらいがオススメです。


※ここでやってはいけないことがあって、そのせっかくのいったん休んでいる間に、メールを見たり、アプリゲームなどをやったり、休憩がてらあそこを整理するかなどといったように頭を使う行動はNGな行動です。

更に、この休憩時間は、座ったままではなく、立ち上がることを推奨します。

なので、脳が休憩にならないので、この5分の間に瞑想や散歩をオススメします。


また、仕事中は部屋から出にくいシチュエーションの人がほとんどでしょう。だからコピー機まで歩く、資料や飲み物を取りに行く、手洗いに行って冷たい水で手を洗うといった動作でもOK。(これであれば、仕事中や勉強中にも自然と取り入れることができるはずです。)

脳が疲れや飽きを感じる前にイスから立つ。この動きを、「焦らし効果」とうまく組み合わせてみてください。


私は読書の際でも、部屋の中や安全な場所で歩きながら、本の中の気になったところにマーカーを引き、さまざまな情報を得ています。なので、オフィスでは無理という場合でも、自宅での仕事や勉強の際には、このように立ったまま作業ができる工夫をすることはできるでしょう。


さまざまな研究から、人は15分以上座っていると、認知能力も集中力も低下して作業効率が落ちていくことがわかっています。

その他では、1日に6時間椅子にに座る生活を続けていると、たとえ日常的に運動する習慣を持っていたとしても、1日3時間しか座らない生活の人に比べ、15年以内に死亡するリスクが40%増えるのだとか。


なので、さきほども記載しましたが、こういったリスクを回避する方法は1つだけあります。
それは、イスに座る時間を減らすことです。オススメしたいのが、15分に1回くらいのペースで一旦、イスから立ち上がることです。


そのタイミングでイスから立ち上がることで、脳に新しい刺激が伝わり、集中力を持続させる効果が得られます。

 

 

最近ではメンタリストDaiGoさんの影響でスタンディングデスクを使う人も増えています

さきほど、ステッパーを推奨しましたが、加えてスタンディングデスクも推奨されています。

立って作業することが科学的根拠に基づいた結果、良い効果を生むことが分かっています。


数年前は立って仕事や勉強をすることが健康に良いと話題になったのですが、否定的な意見もあり賛否両論でした。

結論から座り過ぎもダメ!一日中同じ姿勢で立っているのもダメ!」
つまり、運動不足の状態が続いていることが体にとってリスクだということです。

座って作業する事がごくごく当たり前の事ですが、改めてメリットやデメリットについて。



メリットについて。
・集中して作業できる

・楽な姿勢で作業ができる

・眠気が吹き飛ぶ

・クリエイティブな作業の時にはアイデアが生まれ易い

・だらだらしながらの作業が減って効率的

・姿勢が良くなる

・認知機能が向上する


デメリット
・脚の血流が滞り、むくみやだるさを感じる

・背骨への負担、腰痛、関節痛

・長時間の作業は慣れるまで疲れる

・高さが合ってないと腕・手首・背中・首が疲れる

・姿勢が悪いと腰への負担が増える

・姿勢を保つために筋肉が硬直するため血液が悪くなる

・長時間同じ姿勢で立ちっぱなしだと下半身の血流が悪くなり脚がむくむ

 

長時間座るのも立っているのも大差はないのか?

長時間デスクワークなど、長時間ずっと座っているのも立っているのも、結局はどちらにもデメリットがあります。
※ただ、これは長時間ずっと同じ状態でいる場合のこと。


しかし、スタンディングデスクを使用し、立って作業をすることがあまりメリットがないという研究結果がでていた。

フィンランドの労働衛生研究所(Finnish Institute of Occupational Health)などが中心となって、スタンディングデスクで仕事をする効能を調査した20種類に上る論文の分析が行なわれ、医療や健康についての研究の分析データを蓄積・公開している「Cochrane Database of Systematic Reviews(CDSR)」のデータベースに発表。いずれの調査論文からも、スタンディングデスクを社内に設置しても、なかなか利用されないというのが現状で、たとえ利用しても、座ったまま仕事をしている場合と比較して健康面でのメリットはあまりないという、やや衝撃的な結果が紹介されていますよ。
出典:http://www.gizmodo.jp/2016/03/standingdesk.html

研究チームは下記を述べています。
「長時間座る」の内容を「仕事」「テレビ視聴」「余暇」「テレビ視聴以外の余暇」の4つに分けて、さらに「日々のウォーキング」「ウォーキング以外の運動」を加えた6つの行動として、それぞれに費やされた時間を調べました・・・・。


調査対象は、心疾患の記録がない3720名の男性と1412名の女性、合計5132名で、1997年~1999年から調査が始まり、13年~17年の範囲でデータが集められました。その結果、調査対象者のうち期間中に亡くなったのは450名でしたが、6つの行動の時間の傾向を調べたところ、長時間座っていたことと死のリスクとの間には相関が見られなかったとのこと。
出典:http://gigazine.net/news/20151016-long-sitting/


あれ~それじゃぁやっぱり立って作業する必要は無いってことかぁ~座ってても全然良いって事でしょ・・・と思いますよね



※ただし下記の研究により、立つのと、座るのでどちらがいいのか?の結論として、どっちもどっちって事が分かりました。


研究チームが注意点としてあげたのは、この調査の対象になった人々の多くが通勤で体を動かす機会の多い、ロンドンで働く総合職の人々であったということ。
研究チームのヒルストン氏は「我々の研究は『長時間座ることに健康上のリスクがある』という従来の考えを覆すものですが、その内容が示しているのは『どれぐらい長く座っていたかが問題なのではなく、運動不足の状態が続いていることに問題がある』ことです」

出典:http://gigazine.net/news/20151016-long-sitting/

 


高いですが、一生ものですので一応、スタンディングデスクとステッパーのURLを下記に貼っときますので参考にしてみてください。(メンタリストDaiGo推奨です。)


Amazon.co.jp: Bauhutte(バウヒュッテ) スタンディングデスク 昇降式 (幅70×奥行き45cm) ブラック BHD-700: ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: Bauhutte(バウヒュッテ) スタンディングデスク 昇降式 (幅70×奥行き45cm) ブラック BHD-700: ホーム&キッチン

 

Amazon | Xiser(エクサ―) Pro Trainer プロ ステッパー プロトレーナー WORLDACEオリジナル マット 日本語説明書付 5年間修理保証 (ブラック) | Xiser | ステップ・昇降台
Xiser(エクサ―) Pro Trainer プロ ステッパー プロトレーナー WORLDACEオリジナル マット 日本語説明書付 5年間修理保証 (ブラック)がステップ・昇降台ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
タイトルとURLをコピーしました