Sponsored Links
うつ病克服・ポジティブ思考のコツ

【必見】あなたのストレスチェック!長時間デスクワーク・運転するかたは危険?

Sponsored Links
ストレスや病気の原因は、長時間のデスクワークや長時間運転だったりする。
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょです。

 

あなたは、日頃からストレスチェックをしたり、ストレスの原因をつきとめたり、ストレスに効くサプリを試したりしていますか?
そんなストレスをずっとほって置くとどうなるでしょうか。
当たり前ですが、ストレスが原因で病気になったりします!

なので、今回の記事のテーマの通りにストレスチェックを計りましょう。またストレス発散は大事なのですから、ストレスの相談を誰かに聞いてもらったりするのは大事です!

そしていろいろなストレスの対処方法はあると思いますが、特に気になった長時間デスワークや長時間運転する方の無自覚に起きているストレスについて今回は紹介します。

先に結論からいうと、「長時間デスワークや長時間運転する方はデメリット」が多いですよ!
特にその中でも長時間デスクワークをしている女性はストレスが出やすく気を付けたほうがいい研究結果があります。

※ちなみに仕事や勉強は、座ってするものという固定観念を捨てること。それは集中力を起動させるエンジンの1つになりますので参考に!
Sponsored Links

【必見】あなたのストレスチェック!長時間デスクワーク・運転するかたは危険?

長時間 デスクワーク 体に悪い

長時間のデスクワークや長時間の運転を聞いて、座ってられるし楽だし、疲れづらいという風に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

しかし、そんなことが聞いた事はあっても、以下のような疑問を抱えている人もいるでしょう。

・ストレスの原因が長時間の座っていることなの?

・長時間のデスクワークや長時間の運転は科学的事件ではどんなのか知りたい

・長時間のデスクワークや運転のデメリットを知りたい。それで、どんな対策がいいのか

・メンタリストDaiGoさんが推奨されるスタンディングデスクやステッパーについてなんとなくでいいから知りたい

今回は、こういった疑問や悩みが解決できる記事となっております。

なぜなら、私も長時間のデスクワークをしたいましたが、そこでの健康状態の肌感覚やメリットデメリットの内容はもちろん、そこで得られる需要までハッキリと把握しているからです。

ですから、あなたにとって参考になること間違いないでしょう。

そういうわけで今回は、ストレスチェックにもなることから、長時間のデスクワークや長時間の運転のメリットデメリット、考察や評判に触れていきたいと思います。
当ページをご覧になって頂くことで、あなたは「長時間座ることのデメリットの部分」がハッキリするでしょう!

【デメリット】喫煙にも似た「座りすぎ」の危険性について。

座り過ぎに注意 メンタリストDaiGo推奨

長時間デスクワークや長時運転してる人は、デメリットがあります!
よく言われるのが、下記となっているでしょう。

・モチベーションが下がること

・鬱病になりやすくなる

・死亡率が上がる。

そういった、長時間デスクワークや長時運転してる人にはデメリットがあると言われています。

あなたが長い時間を座って過ごすライフスタイルを続けていることで、「乳がんや結腸がんのリスクがそれぞれ10%」増加します。
他にも、「心臓病のリスクは6%、II型糖尿病のリスクは7%高まる」といった実験研究結果が出ています。

そして、1日の総座位時間の多寡が総死亡リスクに及ぼす影響ついて検討した研究では、
総座位時間が4時間未満の成人に比べて、「4~8時間、8~11時間、11時間以上」と長くなるにつれて,WHOにより推奨されている身体活動量を実施していたとしても総死亡のリスクが11%ずつ高まることがわかっています。

プチ情報。
睡眠の質の実験研究結果が出ています。
それは、「人間関係が良ければ満足度が3倍上がる」といった研究結果が出ているので参考に!

他にも、睡眠の質は大事と言われています。
なぜなら睡眠不足が、被害妄想まではいかずとも周りが敵に見える。また睡眠不足により相手の感情を読む能力が低下してしまうデメリットがあります。
なので、睡眠不足により社会的孤立する。そうなると孤独感を味わうってことにもなることに繋がるので気をつけてくださいね。

【科学的実験】長時間座る人の運動効果が無効化される研究データ【実証】

ストレスチェック スタンディングデスク メリット

実は、科学的実験で面白いことのこんなことが実証されています。
それは、「ランニングを1時間したら、そのあと座る時間が1時間ずつ増えるごとに8パーセント下がる」実験研究データがあります。

それをもっというと、「5時間座った場合は、40パーセント効果が下がる」ことになるのです。いわば、「10時間座ったならば、80パーセント無効化され1時間のランニングが無駄」になることになる。

 

そこで今度はランニングではなく、有酸素運動で言えば、
ランニングより、軽い運動として知られている有酸素運動ならば「1時間ごとに16パーセント無効化」される研究結果があるので参考にどうぞ。


結論からいうと、ランニングを行わないで、デスクワークだけする人は、「1時間ごとの座る時間で16パーセント打ち消される計算」になります。

といった感じで、運動とデスクワークや長時間の運転などのずっと席に座っているメリットやデメリットについて紹介しました。

では、これで終わるわけにもいきません。
なので、長時間デスクワークや長時運転してる人などの長時間座ることのデメリットをメリットに変えて克服する方法を次の章で紹介します。

長時間デスクワークや長時運転してる人などの長時間座ることのデメリットをメリットに変えて克服する方法は?

座るメリット・デメリット。今の働き方の実態 インターネットの時代 働き方改革

長時間デスクワークや長時運転してる人がデメリットなことをメリット性として克服する方法を紹介します。
実は、簡単です。
先に結論になりますが、それは座ってる時間を減らすようにすることです。

もっというと、そこでもっといい方法があります!
それこそが、メンタリストDaiGoさんがよく推奨しているスタンディングデスクとステッパーを使うことでしょう。

要するに、ステッパー踏みながら仕事だったり・・勉強をすることがいいということです。
ちなみに、海外のかたでは既ににやっている方もいます。

それでも立ちながらはちょっとな・・・ってかたも少なからずいるでしょう。
そういう人には、座りながら出来るステッパーがあるのでオススメです。
なぜ、座りながらでもステッパーがいいかというと、ただ座りながら長時間デスクワークしてるよりかは、座りながらステッパー使った方が、脳機能やメンタルにもいいという実験研究結果が出ているのです。

【長時間デスクワークデメリット】立ったままの作業で集中力や判断力がアップする。

長時間のデスクワークや運転

先に結論からいうと、「仕事中の座り仕事がメンタルが病みやすい。」といった実験研究結果が出てています。
もっというと、「座ってる時間が長ければ長くなるほど、糖尿病のリスクが上がったりして、死亡率がめちゃくちゃ上がる。」そういった論文が出ているの参考にどうぞ!

つまり、どうしたらいいのか?
それは、1時間に1回は5分以上の散歩をした方がいいということです。

だからこそ前述記載通りで、ステッパー必須だと私は思っています!
なので、ステッパーを活用して、日頃から運動をしていれば心臓疾患や糖尿病なったりは抑制できますので活用してください。

中には、「メンタルなんてのは、運動してようがしてないが関係ない」っていう人も少なからずいるでしょうが、その本質的な部分は抜きにして、少しでも簡単な運動をすることを推奨します。
もっというと、「座り時間が6時間を超えることでメンタル病みやすい」と言われています。
なので6時間を超えているならば、「ちょこちょこ立ち上がったり・・、散歩したり・・座る時間を減らしていく」など工夫して仕事をすることがいいです。

なので、長時間デスクワークをやるとしたならば、海外ですでに取り入れられている立って仕事が出来たらいいでしょう。
だから、出来たら3時間以内で長時間デスクワークをすることが推奨されています。

私自信の経験則としても、仕事も勉強も立ってやるのが経験則からも一番いいと思います。
なぜならそもそも、ときどき座るくらいでいいのではないかと考え、スタンディングデスクを自分なりにそろえて、ステッパーなどと組み合わせて実践はしています。

経験談としても、座っている時に比べて、立っている時の方が比べてみて、認知能力や集中力、判断力までも大きく上昇することが研究で明らかになっています。特に素早い判断だたり・・思考が必要な場面では立ったまま実行するほう有効といわれています。

また、ある研究ではこんなことがでています。
それは実際にとある外資系企業などでは、立ったままの会議を取り入れたところ、「判断・決断」が迅速に行われるようになったので会議時間が短くなったという生産性について報告がありますし、立ったままでの作業は座っている状態よりも自然に姿勢も良くなり、「第2の心臓と呼ばれるふくらはぎ」がよく動くので血流も改善します。
そして、歩きながら勉強を取り入れていた人で、それが暗記力も驚くほど良くなりました。っていう実験研究もあります。

それに日中、「ずーっと座りっぱなし」なので、立つことでのむくみを気にすることなく、脚のだるさを感じず勉強に取り組めますし、長時間デスクワークなどの長時間座っていることをしないようにするには、立って勉強を始めてから「眠たくても寝れない状態がメリット」だってこともあります
それまでは、「半分寝ながら勉強してしまっていたので、スタンディングデスクにすると、目が冴えて効率良く勉強できる」ようになりました。って方もいます。

確かに、座っているといつのまにか「眠ってしまう」ことも多いですが立っているとそうはならないですもんねぇ!

プチ情報として、ちなみに立ちながらだと、「足首を上げ下げしたりアキレス腱を伸ばしたり」、「足踏みしたり」、「体を動かしやすい」のでストレッチしながら勉強したりすると眠気が吹っ飛びます。

【新発見】長時間デスクワークのデメリット【知らないと損】

スタンディングデスク ステッパー 長時間デスクワークや長時間の運転について

あなたにとって、知らないと損だと思うことがあります。(しつこいようですが、大事なので改めて紹介します。)
それは、先ほどお伝えしましたが、長時間デスクワークや長時運転してる人などの座る時間が長い人ほど、「運動効果が無効化」される研究があります。

長時間デスクワークしてる人に申し上げないが、もちろんダメだとか避難しているわけではないですが、
科学的根拠でいうと、長時間の座り仕事は、モチベーションが下がり、鬱になりやすく、死亡率も上がるといった実験研究結果が出ています。

1時間のランニングをしたら、そのあとに座る時間が1時間ずつごとに効果が8パーセント下がるといった実験研究結果が出ているのは参考に情報提供をしときます。

もっというと、5時間座ったらランニング効果が40パーセント効果が下がる
更にもっというと、10時間ならば、80パーセント無効化され1時間のランニングが無駄になる計算になります。

 

とにかく座ってることで「体に悪い!長時間デスクワークはデメリット」なのです。

仕事中の長時間座り仕事がメンタルを病みやすいのは、鬱っぽくなり、特に女性はホルモンバランスから余計に起こり得るようです。そこからなのか、座ってる時間が長ければ長くなるほど、糖尿病のリスクが上がったりして、死亡率がめちゃくちゃ上がるというそうです。

なので解決方法というのか、対処方法としては、「1時間に1回は5分以上の散歩」をした方がいいのです。
だから私は、「座り仕事しながらでも先ほどステッパー踏みながらでも、作業をした方がいい」っていうことに繋がります。長時間座ることで、集中力は低下し、死亡リスクは高まると言われていますので、15分や30分の集中の合間に入れる休憩は、5分くらいがオススメです。もっというと脳が休憩にならないので、この5分の間に瞑想や散歩をオススメします。(そのせっかくのいったん休んでいる間に、メールを見たり、アプリゲームなどをやったり、休憩がてらあそこを整理するかなどといったように頭を使う行動はNGな行動ですし、休憩時間は、座ったままではなく、立ち上がることを推奨します。)

これは、実はメンタル的にも良くないですし、座ってる時間が長いほど精神状況が良くならないですし、メンタルが悪化しやすいと言われています。

仕事中は、部屋から出にくいシチュエーションの人がほとんどなのでコピー機まで歩く、資料や飲み物を取りに行く、手洗いに行って冷たい水で手を洗うといった動作でもOKです。(これなら仕事中や勉強中にも自然と取り入れることができるはずです。)
つまり、脳が疲れや飽きを感じる前にイスから立つ。この動きを、「焦らし効果」とうまく組み合わせてみてください。

ちなみに様々な研究から、人は15分以上座っていると、「認知能力も集中力も低下して、作業効率が落ちていく」ことがわかっています。
その他でも、1日に6時間椅子に座る生活を続けていくとで、たとえ日常的に運動する習慣を持っていたとしても、「1日3時間しか座らない生活の人に比べ、15年以内に死亡するリスクが40%増える」のです。

なのでそこで!先ほども記載しましたが、こういったリスクを回避する方法が1つだけあります。
それはイスに座る時間を減らすことです。
そこでオススメしたいのが、15分に1回くらいのペースで一旦、イスから立ち上がることです。
そのタイミングで、イスから立ち上がることで脳に新しい刺激が伝わり、集中力を持続させる効果が得られます。

プチ情報。
女性に座り仕事するのは実は実は酷な話なのを理解してあげましょう。(周りもそれを理解して考慮してあげてください)

また、神経症に近い症状が6時間超えた辺りから鬱になりやすかったり、神経症なりやすかたり、更に3時間を切っていればメンタルが落ち込みずらいから、3時間以下の座り仕事がおすすめです。
参考。
私は読書の際は、
部屋の中や安全な場所で歩きながら、本の中の気になったところにマーカーを引き、さまざまな情報を得ていますが、それはさすがにオフィスでは無理という場合でも、自宅での仕事や勉強の際には、立ったまま作業ができる工夫してみてはどうでしょうか。

【メンタリストDaiGo推奨】スタンディングデスクを使う人が増えています

座り過ぎ メンタリストDaiGo

実は、最近ではメンタリストDaiGoさんの影響でスタンディングデスク&ステッパーを使う人が増えてきています!
先ほど、ステッパーもスタンディングデスクも推奨されています。

数年前は立って仕事することだったり・・勉強をすることが健康に良いと話題になっています。
ですが、否定的な意見もあり賛否両論でした。

そもそも前述記載通り、立って作業することが科学的根拠に基づいた結果となり、良い効果を生むことが分かっています。

ですが結論からいうと、「座り過ぎもダメですし、一日中同じ姿勢で立っている」のもダメなのです。
つまり、運動不足の状態が続いていることが体にとってリスクだということです。
座って作業をする事がごくごく当たり前の事ですが、改めてメリットやデメリットについて書きにまとめておきました。参考にどうぞ!

メリットについて。
・集中して作業できる

・楽な姿勢で作業ができる

・眠気が吹き飛ぶ

・クリエイティブな作業の時にはアイデアが生まれ易い

・だらだらしながらの作業が減って効率的

・姿勢が良くなる

・認知機能が向上する


デメリット
・脚の血流が滞り、むくみやだるさを感じる

・背骨への負担、腰痛、関節痛

・長時間の作業は慣れるまで疲れる

・高さが合ってないと腕・手首・背中・首が疲れる

・姿勢が悪いと腰への負担が増える

・姿勢を保つために筋肉が硬直するため血液が悪くなる

・長時間同じ姿勢で立ちっぱなしだと下半身の血流が悪くなり脚がむくむ

 

といったメリット・デメリットを紹介しました。

【賛否両論の意見】スタンディングデスクを使用し、立って作業をすることがあまりメリットがない??

ストレスチェック スタンディングデスク メリット

スタンディングデスクを使用し、立って作業をすることがあまりメリットがないという先ほど違った賛否両論な意見もあったのでそれについての考察や口コミを紹介させていただきます。

そもそも結局として、長時間デスクワークだったり・・長時間ずっと座っているのも立っているのもどちらにもデメリットがあります。
※ただ、これは長時間ずっと同じ状態でいる場合のこと。

しかし「スタンディングデスクを使用して、立って作業をすることがあまりメリットがない」という研究結果がでていて、そのことに追って紹介していきます。詳しくは下記をどうぞ!

フィンランドの労働衛生研究所(Finnish Institute of Occupational Health)などが中心となって、スタンディングデスクで仕事をする効能を調査した20種類に上る論文の分析が行なわれれいます。

それは、医療や健康についての研究の分析データを蓄積・公開している「Cochrane Database of Systematic Reviews(CDSR)」のデータベースに発表されました。
いずれの調査論文からも、スタンディングデスクを社内に設置しても、なかなか利用されないというのが現状で、たとえ利用しても、座ったまま仕事をしている場合と比較して健康面での「メリットはあまりない」という、やや衝撃的な結果が紹介されています。下記のURLを参考にどうぞ!
出典:http://www.gizmodo.jp/2016/03/standingdesk.html

 

そして、研究チームはこんなことを述べています。
それは、「長時間座る」の内容を「仕事」「テレビ視聴」「余暇」「テレビ視聴以外の余暇」の4つに分けて、
さらには、「日々のウォーキング」「ウォーキング以外の運動」を加えた6つの行動として、それぞれに費やされた時間を調べました。それは、下記の調査対象です。

調査対象は、心疾患の記録がない3720名の男性と1412名の女性、合計5132名で、1997年~1999年から調査が始まり、13年~17年の範囲でデータが集められました。
その結果、調査対象者のうち期間中に亡くなったのは450名でしたが、6つの行動の時間の傾向を調べたところ、長時間座っていたことと死のリスクとの間には相関が見られなかったとのことです。
出典:http://gigazine.net/news/20151016-long-sitting/


「あれ~それじゃぁやっぱり立って作業する必要は無いのかなぁ?とか、「座ってても全然良いって事でしょ・・・」って思うかたも多いでしょう。
ただしそれは下記の研究によって、「立つのと、座るのでどちらがいいのか?」の結論として「どっちもどっち」って事が分かりました。

研究チームが注意点としてあげたのは、この調査の対象になった人々の多くがあるのです。
それは、「通勤で体を動かす機会の多い」「ロンドンで働く総合職の人々であった」ということ。
研究チームのヒルストン氏は、我々の研究は『長時間座ることに健康上のリスクがある』という従来の考えを覆すものですが、その内容が示しているのは
どれぐらい長く座っていたかが問題なのではなく、運動不足の状態が続いていることに問題があることです」
出典:http://gigazine.net/news/20151016-long-sitting/

 

といったように、ざっくりとして紹介でしたが、スタンディングデスクは賛否両論です。
なので高いですが、一生ものと見たら安いですし運動もなって健康的でもあるので、家でもできるステッパーや健康グッツのリンクを下記に貼っときますので参考にどうぞ。(メンタリストDaiGo推奨ですので安心していいでしょう。)

まとめ

 

関東住みのかたへ、フィットネス無料で体験できます
スポーツジム 入会 無料キャンペーン

 

 

最後になりましたが今回の記事は、「あなたに必見で、ストレスチェックにも参考になりますし、長時間デスクワーク・運転するかたの危険?」っていうテーマで紹介しました。

読者の悩みの「ストレスの原因が長時間の座っていることなの?」、「長時間のデスクワークや長時間の運転は科学的事件ではどんなのか知りたい」、「長時間のデスクワークや運転のデメリットを知りたい。それで、どんな対策がいいのか」、「メンタリストDaiGoさんが推奨されるスタンディングデスクやステッパーについてなんとなくでいいから知りたい」

ってかたにはいい記事となっているでしょう。

もし、あなたが長時間の座りっぱなしであれば、けして座りしごとはダメというわけではないですが、
「体調を崩した原因だったり・・精神が削られている原因」が今回の記事のようなことであれば、工夫して立つこともしてみてもいいかもしれません。

ということで、今回はここまで。

最後までご愛読ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました