うつ病克服だったり・ポジティブ思考コツ

【占い師から】今の働き方の実態は?インターネットの時代【働き方改革】

今の働きからの実態 働き方改革 ストレスフリー インターネットの時代
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょーです。

 

今回のテーマは、占い師からみて、今の働き方の実態だったり、これからどんな時代になっていくのか?を予想つけながら記載した記事となっております。

なので、あなたがこれを読み終わった後には、仕事に対する絶望だったのが夢に変わったり、ワクワクする気持ちだったり、何かを始めたいという前向きな気持ちなど、皆さんの本来持っているパワーに気がつくが多いでしょう。

そして漠然としてた、「自分らしい」とは?の霧が晴れ、心が本当に求めるものを湧き上がらせるキッカケになればと思います。

あなたが人生を豊かにする為に。そしてあなたがよりよく幸せになる為の方法きっかけ作りにもなると思います。

私自身も不安恐怖プレッシャーなどの悩みというレールを超えて、様々な仕事をしましたが、今では自分らしい働き方を見つけました。

だからこそ、きっとあなたにも、あなたらしい働き方があるはずだとおもっております。

私自身、大学卒業後に様々な働き方を経験しました。また幼少期からすでにHSP体質もあり、人間関係の悩みや葛藤をだいぶんしてきました。(現在はフリーランス、として働き方を変えてきました。)

まわりから、「こんな働き方があるんだ」「楽しそう」「煩わしい人間関係なくなって良かったね。」と、ビックリされた方も多いかと思います。

ですが、様々な経験・模索し、今ではインターネット関係の仕事をし、自分の好きな筋トレだったり、年に2度以上は冬はスノーボードだったり、夏場あたりのシーズンはBBQや登山などしたりと自分のわくわくする趣味も出来て非常に人生生かしてもらっているんだなぁ~って感じてむしろ感謝できました。

なので、大切な人生の時間を裂いて働いているのに、その時間ワクワクしてないなんて、とても損な気がします。

Sponsored Links

【占い師から】今の働き方の実態は?インターネットの時代【働き方改革】

今の働き方の実態 インターネットの時代 働き方改革

 

2019年4月より、働き方改革の一部が施行され、今後の企業の取り組みが注目されていますね。

ただ、あなたの目の前は、日々ただの数字だったりや業務を追いかける日々で、そこに価値観を見出せず、満足や幸せを感じられず、”働く”が目的になってしまっているかたも多いでしょう。

そんなプレッシャーや不安や恐怖のなかで、辛い想いをしながら他人の目線を気にしながら日々、人生の大半を過ごしていくのはしんどいですよね。わたしは辛すぎます。

そして、あなたが働き続けるうちに、”働く”がいつのまにか”目的”にシフトチェンジとなってしまい、当たり前のようにストレスを抱えてないでしょうか?

ちなみに自分の感情を押し殺しすぎたせいでストレスだと感じず、体になにかしらの症状が出てようやくガンなりなんなり気がつくことが多いですよ。

 

今の働き方の実態にについて

今の働き方の実態について インターネットの時代

2019年から打ち出された働き方改革ですが、賛否両論言われており、度々ニュースなどではブラック企業はしりませんが、まわりから“イマイチだというような法案になっているようだ。

 

イマイチな意見
・副業をしないとならないが、会社が副業は禁止
・残業が無くなり、収入が減り困った。

・残業が無くなり、業務が終えきれない。
・定時で帰ってもやる事がない。
などなどあるようだ。
・大手企業の社員も、「誰のための改革だかわからなくなることがある」とぼやいていた。
などなど・・
・大企業の残業時間は削減されたが、それは単に仕事を下請けに回しただけであって、下請け企業の従業員の残業時間はかえって増えることになってしまった。


賛成でもある意見
今の仕事では、活き活きとワクワクしてないから、楽になったとか・・
残業時間は減った。そのことで、今まで参加したくてもできなかった夜のセミナーにも参加できるようになった。その点は良かった。
休みや定時で帰れて、家庭と仕事のバランスが保てるようになった。
残業ばかりで、休日出勤ばかりでプライベートの時間があまりないから助かったとか・・
今の働き方(収入)だと、今後の状況が変わった時の将来が不安があるから働き方改革に期待するとか・・

などなど・・

 

ですが私は、今後未来を見通して、この働き方の改革は大賛成ですね。

なぜなら、まずは人間にとって、無理をしないで、自分への内的追求するというように自分らしさを活かした働き方が必要と思うからです。

なんなら、働きたいひとは働けばいいし、働きたくないひとは働かなくてもいいように人権をとにかく軸にして、社会が回れば本来ならばいいと思います。

無理して、いやいや働くとか、いやいや人間関係でいやなひとと付き合うとかなくていいと思います。

たしかに、今はまだこの改革も発展途上ですから、まだまだ不安定だし、先が見えない言葉からです。

経済で社会が成り立っているから、どうしたら経済基盤にしないようにできるとか、ポイント制にするとかいろいろ考える必要があります。

企業や私達が変わっていく(慣れていく)には時間がかかると思いますし、この働き方改革により、働く側も「良い働き方ってなに?」と考える機会も増えたのではないでしょうか。

コロナでの自粛中にも考えたひとも少なくないと思います。

など、改めて今の働き方に悩みや疑問を持っている方もいるでしょう。

とても気持ち分かります。

是非、あなたに自分らしい働き方の見つけてほしいです。 

8つの自分らしい働き方の見つけ方について。

働きかた改革 副業から わくわく 見つけ方 自分らしく

それでは、あなたにとって自分らしい働き方の見つけかたを紹介しますね。

下記に8つの項目があるので、内観して考えてみてくださいね。

 

8つの自分らしい働き方の見つけたかた

・今の仕事を振り返る。

・自分らしさとは?を明確にする事

・人生において大切にしたい事(時間)を明確にする事。

・自分が得意な事、楽しい事、ワクワクする事を知る

・人生において本当に大切な事(人・時間)を大切にできる事。

・従来の働き方のみだけでなく、世の中には様々な働き方がある事を知り、柔軟に受け入れる

・自分と当てはめ、自分に合った働き方を選択する。

・わくわく。本当の心が求めるものに素直に従ってみてくださいね。そうすると、無理をしないあなたらしい働き方と出会える事を願っています。

 

どうでしたか?すぐに見つけようとしなくていいのです。おもいがけない時、ふと思った時にでも改めて考えてみてください。

今の働き方の実態は、インターネットの時代です。

インターネットの時代 働き方改革 副業

今の働き方の実態は、インターネットの時代と言うのは過言でもありません。

まずは副業でインターネットでの仕事を始めているかたも少なくないと思います。

インターネットなら、ノーリスクでハイリターンも期待できます。スーパーみたないな仕入れがないのがいいかもしれません。

今やインターネット越しで、クラウドーソーシングや、ココナラアプリで自分のスキルを使って副業をしているかたも多いと思います。
※ココナラアプリは、無料ですぐに登録できるので、あなたのスキルを使って副業の出店をしてみてはいかがでしょうか。

ココナラアプリの登録は下記のリンクから~~

わたしは、クラウドソーシングも活用していますが、ココナラアプリで500円で占い鑑定をしています。

>>参考:ココナラアプリ占い:私の鑑定部屋のリンクはこちらから~。【期間限定。500円で西洋占星術で、あなたの隠れた性質と開運時期を鑑定致します。生年月日だけ占えます。】

時代は変わりました。働き方改革後はこうなる。

働き方改革 インターネットの時代 働き方改革の実態

いまの働き方では、ひと昔では考えられないフリーランスという働き方で生きているかたもどんどん増えています。

働き方改革は、働く本来の目的である豊かさや幸福さを改め考え、働き方を見直してくれる方法だとも思います。

そもそも昔と比べてみて、働き方がどんな風に変わってしまし、今の働き方の実態はどんな風になったのかを考察したこと含め記載していきます。

日本の明治時代から、現在の令和に連れてどんな労働環境かだったのかの流れでみるとだいぶん変わったと思います。

根性や気合の時代ではなくなってきているということです。そして向いていることをして、なんでもかんでも引き受ける時代は変革されてくる思います。

根性論の時代は終わりです。いまはどんどん論理性があっての時代です。

この世界には、暗黙のルールや概念というものがありますよね。

早いはなし、グループ化での大衆の時代です。

しかし、最近ではどんどん個の時代ってになってきているのが現実です。また個性の時代ともいわれています。

ですがブラック企業と括りなのか、あたまのおかしいどこかの会社で問題が起きました。

その会社の飲みの席では、社員同士で本来食事場としておいしく食べるとこで鍋の中に顔を突っ込ませたり、過酷な労働環境を命じたりして半強制的にさせることをあたりまえのようにしていましたね。そんなニュースありました。

そんなことを平気でするパワハラまがいモラハラまがいなんて日常茶飯事の会社が陰でも起きているのです。

報道になっていないだけで、ほかにもそういった会社が一部あるとおもいます。

心理学的な視点で言いますが、パワハラをやる人の深層心理ではそのパワハラを自分自身が似たような体罰を受けて育ったことがあることの原因で起きるようです。

話は戻りますが、頭の中が筋肉で出来てる根性野郎が会社にいるとをあーゆうことパワハラ体罰みたいなのが起きるのです。

だからこそ、
タイトル通り、これからの時代は、もっともっと論理性が大事で、人間性が重宝される時代になります。

優しや癒しの時代にもっとなるでしょう。合理的にどんどん発展していくでしょう。

ひと昔は、昭和の時代では、調べてみると、”産業革命で肉体労働”が流行していたのです。
第二次の戦後に建物が壊れ、焼け野原が増え、新しく建物などを建て直すことをしていた時代がかなりの大昔でおきてたことでした。

そこから業界では、建築業が凄い伸びて、サラリーマンが増えることになってくるので、アメリカからはスーツを買いなさい。いうようにスーツを着たビジネスマンが増え、車もどんどんといい車が出るようになってきて、国産車などのメーカーさんが伸びてきました。

そして、日本では自動化がすすみ電化製品が売れまくって、部品屋のひとが売れたのが昔の昭和時代でしたねぇ。

とても長くなるので、ざっと端折って説明しましたが、昔は根性や気合などで営業は足で稼ぐみたいな脳内が筋肉のやつがいきやすく、ちょうどいい時代でした。

しかし、いまは違います。

とにかく、今の時代は根性論ではなく論理性がキーワードとなるでしょう。

ちなみになぜ論理性が大事かといいますと、論理性を大事にすること。

例えばですが、「○○という数字が集まることによって、○○という売り上げになる。」つまり「○○の利益になることで、こう出来上がってる。」といったようにデータを叩き出す必要があります。

そのためには、論理性が必須なのです。それは論理性基づくデータであり、それをきっちり叩き出した人が、稼ぐ時代ということです。(つまりデータが出来ちゃうって時代ですね。)

昨今では、IT革命の影響だったり、海外影響によって、前よりは礼儀にうるさくて、縦社会の時代はどんどんなくなってきてるようですね。(そもそもそんな会社は潰れていくこともあるようですね。)

私生活であれば、昔の家庭内において、亭主が留守の方が良い風潮です。
旦那は働きにでて、妻は家事をするたいになるのが普通でした。また亭主が留守の方が家庭は円満でしたとのことです。「男は外で働くものだぁ!」みたいな風潮だし、暗黙のルールだったりと・・合理的なデータがない、根拠のないことでありました。

しかし、今の時代は違ってきています。
その、亭主が短時間で稼いで家族にいる時間を費やしていくほうが家庭の円満あるのではないかと?ということ。

それか、旦那は家で家事しつつリモートワーク。そして妻は外に働きにでる。みたいな時代になっています。

だから、男性が家庭にいて、女性が外に働きにいってもいいともいえますしね。もちろんどっちが正しいとかないですし。

これからの時代はとにかく、時間が大事です。
その貴重な時間を手に入れて、うまく活用出来たら、お金が手に入る時代になる時代でもあります。

要は、昔は「言ったもん勝ち」、「やったもん勝ち」の世界でした。

それが逆転して、1つ何か特殊な仕事をしていて、成功してる人が稼げる時代になります。

Youtuberなんて、そうですね。子供人気ランキング一位ですしね。

与えられたことをして、自分らしく生きないで他人軸で、へこへこしながら根性論で生きる時代ではなくなってきたし、真っ赤な他人にしていくのがバカらしくなってきましたね。

もはや、肉体労働ように根性で毎日頑張って、高い給料ために頑張る時代は終わりです。

何度も言いますが、これからは論理性に基づくデータがあり、それをきっちり叩き出した人が稼げる時代なのです。例えば、肉体労働よりも、I T係の会社などの頭脳労働がぐんぐん伸びているの現実です。

なので、間違いなくインターネットをつかってる社長さんが良いに決まってるのは過言ではありせん。

日本のトップ企業なら、ソフトバンクのCEOだったり、ユニクロのCEOが一位と二位と争っているのです。

「インターネットを使えばなんでも知れますよ。」と言っていた
今では、ソフトバンクの孫正義さんが日本で一番金持ちです。また、ユニクロの社長さんと毎年争ってます。

ちなみにユニクロだって、インターネットでサービスを提供の通販販売もしていますね。

昭和は肉体労働で、平成からどんどんI Tを使った労働なのです。

それでは、「令和の時代はどうなる?」「どんな仕事が儲かるのか?」になります。
とにかく、これからはインターネットを使わないと伸びていかないのは言わんばかりでした。

 

※今までの日本は、労働基準法が甘く、その時はパワハラやセクハラやモラハラなどの言葉がなかった時代。また、ストーカーという言葉もなく、日本人を締め付ける言葉がなかったんです。
人間性や人権の問題から、ハラスメントとか心理的な攻撃などそんな時代にも限界がきて、法律がどんどん出来てきていますね。

まとめ

令和の働きかた インターネットの時代

まとめに入ります。

あなたにとって働くとはなんでしょうか。なかには労働とは奴隷的な意味が含まれているという声もあるぐらいです。

それに比べて働くというのは、人的尊重し、人権もあり、自分の意志で働くって意味のように感じざる負えません。

なので、働き方=生き方と同じ。と考えましょう。(働くはゴールではなく、人生を豊かに幸せに送る事がゴールです)

働くとは、人生の大切な時間を裂いている事にもなるのです。本来なら、時間はみんなに与えられた貴重なものでかけがえないのものです。

 

働き方改革については、残業を減らすだけが目的ではないですし、様々な働き方の多様性を受け入れてくれる法案です。

あなたにとって、そもそもなんのための働き方改革であり、残業削減なのでしょうか。
多岐にわたっていろいろな意見があると思いますが、幸せを追求できるため。生活を豊かにすることであり、もっと大きな視点で見れば幸福に至るためだと思うのだ。

豊かさや幸福という視点で考えると、長時間労働の是正がそれに直結するとは限らない。

その一方で、会社の施策が従業員個々人の豊かさや幸福とどうつながっていくのかを明確にイメージして、社内ルールや働かせ方を作り込んでいかないと手段が目的となってしまう。つまり、単に法律改正に合わせて、長時間労働の是正を目的としてしまうと、働き方改革を進めれば進めるほど、現場は息苦しくなってしまう。

 

そんな意見があります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました