ストレスの解消法のテクニック

身の回りにいる上から目線の人の深層心理を解説致します。上から目線になる理由は〇〇だった。

深層心理や心理学。仏の心を持つか。
下記からフォローしてねー!

皆さんこんにちわー。

皆さんの身近にいる人で、親でも上司でも家族でもいいので、上から目線の方はいませんか?
その上から目線の態度がとても気になって、考えただけでもイライラするとかってありませんか?

結論から言うと上から目線の正体は、”自分に自信がない”(自分の能力に不安を感じやすい)ってのが深層心理では言われています。

Sponsored Links

上から目線に対して、敬遠しているとか気分悪くなっている方へ。

皆様の身の回りに、上から目線の方はいらっしゃませんか?
中にはこういう、気持ちでおられる方はいらっしゃると思います。

・上から目線が目障りで、それが気になってしょうがない人。

・やたらマウンティングしてくるかのように上から目線で近寄ってくる方がいて、正直困惑している方。

今日は、その”上から目線の正体”を深層心理でお伝えいたします。

私も昔は、コンビニの店員に対してとか、学生時代とか、その上から目線で自分の存在を示すかのうように、人に不愉快にさせている踏みねじってまで、自分の存在や立場を成り立たせているような人ってよく出くわしたことがありましたね。

ふふん、その程度しらないんだ。今の若いやつなんって、、

若いやつなんて、ゆとり教育だからなんも苦労しらない

高学歴で高収入で家庭もてないやつはこれだから、ダメなんだよなー



↑↑こんな感じの人っていると思います。

実際、そういう方を見ていると、なんでそんなわざわざ上から目線でのスタンスなの?って思います。
なんならそれって、悪態ついてるの?とか、因縁つけてるヤンキーやんって思うこと人もいると思います。

私からすると、上から目線ってかえって、そのスタイルの方がダサいし、信頼感なくしたり、いろいろとメリットないじゃんって、個人的にそう思います!笑
 

上から目線の正体について、そんな上から目線をテーマにして、あなたの身の回りにいる上から目線の人の正体を今日は、お伝え致します。

冒頭でも伝えましたが、結論から言うと、自分に自信がない。っていうのが根底なのですが。

 
 

上から目線の正体を掘り下げて、かみ砕くと。

具体的に、なぜ身近のあの人が上から目線になるかについてご紹介致します。

自信がないとは自分の能力に不安」を感じるから起きるのです。
つまり、自分の能力を感じやすいような繊細さや神経質な方はこういったことが起こりえるのです。

もっと言えば、自分の能力を自覚してる人ほど上から目線な傾向あります。(余談ですが、そこを突っついたら、投げやりになって攻撃してくるような精神年齢が幼い人がいました。)

つまり不安を感じで、自分に自信がないので、上から目線スタンスになりやすいわけなのです。
言い方変えると、こんなで
わざわざ上から目線のスタンスをとることになるですよ。笑


その繊細さだったり、神経質さが自分で能力を変えれないって自分で決めつけている人ほど、上から目線なる傾向が高いのです。

 

まとめ。
「自分はこれ以上成長できない。」「自分の能力が低くて、人の上に立てれない」って思っている人ほど上から目線なる傾向が高いのです。(自己解釈で、私は、成長できないと決めてつけてる人や新しいもの取り入れることができない傾向の人がこうなりやすいのです。)



それに加えて、上から目線の人になる特徴の「簡単で手間のかからない仕事しかお手にかからない」っていう研究データもあります。

上から目線になる理由パート2

上から目線の人になる特徴で、「簡単で手間のかからない仕事しかお手にかからない」っていう研究データもあります。

つまり、ここで何を言いたいかというと、上から目線を保てるようするには、簡単などうでもいいことまで引っ張てきて、それにより、たくさんの仕事をしてるフリをするのです。やらなくていい仕事ばかりに手を出したりします。そういったこをしだす傾向が上から目線の人にはあります。

なぜなら、簡単で手間のかからない仕事をしていたら、失敗しなくすむから、自尊心を傷つかないためにやらなくていい仕事ばかりに手を出すことになります。

がその上から目線の人は、そうすることでデメリットとして、そういう簡単で手間のかからないことをしていることによりって、失敗をしない分、自分は成長しないのです


まとめると、自分の能力に自信がないからこそ、上から目線になり、上から目線になりたいから手柄な仕事しか手を出さないから、悪循環に成長しないことになるので、周りと比べて、更にどんどん自信がなくなるからこそ、また上から目線になるという負の悪循環が生まれます。

その負の悪循環をもっともっと自分で作り出してしまうから尚一層、”上から目線になる”という負のループ現象が起きて、本人はこれに対して、気がつかないことに陥るのです。(周りには迷惑ですね。汗)

また、本人からすると、そのしなくていいたくさんの仕事をすることによって、
「錯覚に陥いて、自分はこれだけ出来てるから有能じゃない?」みたいに錯覚が起きるのです。

だから大きいことにチャレンジはしないし、自分の本質と向き合わない。更に悪循環にまた手軽なやり方を考える。といったことです。

これが今日言いたかった、”上から目線の深層心理”虚しさでした。

でも、あなたの周りこういった方は、いると思いますが、今日の記事を読んでどうでしょうか?

今後はこういった上から目線の人は、いつか没落していくのが未来に待っています。
維持張っている人もそうですが、未来は没落します。

なので、温かい目で見守り、その人は没落するために生きていますので、ほっときましょう!今後待っているのは没落なので…。

外向的で見栄っ張りな人ほど、最も破産する。という研究結果について記載します。

外向的で見栄っ張りな人は、破綻するという研究データがあります。
つまり外交的で見栄っ張りな人は、不安だから”他人からどう見られてることに人一倍に気にします。”
そのことが引き金になり、後で不幸が訪れるのです。

※ちなみに先ほど記載した、”上から目線の正体”と不安を感じやすいって意味では同じですね。

例えばで一例をあげると、普通の感覚の持ち主ならば、私の「会社が今、赤字なったので経費削減などして、”今は節約しないと!”」や、「”貯金していこう!”」などと、思い計画して行動します。

しかし、外向的で見栄っ張りな人は、赤字だからこそ、お金を使うのです。

その深層心理では、自分の不安からくるせいの他人の目が気になることで、「あいつ赤字だー」とか、「金ないな。」とか思われたくないために見栄っ張り、虚栄心ためにお金を使うのです。

なぜなら、自分を認めてもらわないと不安で不安でしょうがないために、皆から認めて欲しいが故に赤字だからこそ更に使うのです。(他人の評価ばかり気にする承認欲求でしょうか。)


だから外向的で見栄っ張りな人は、稼いだらお金をたくさん使う傾向が高いのです。経済状況が悪くなったらもっともっとお金を使う傾向が高いのです。

見栄っ張りな人は「自分はヤバイ!お金が苦しくなってることがバレたらどうしよ?見栄をはれなくなたらどうしよ。」みたいに深層心理として、不安からくる恐れを感じるのです。

普通の感覚な人なら、”この場合、「ヨシ!自分で頑張ってお金稼ごう!」ってなります。
しかし外交的で見栄っ張りな人ほど、”仕事を頑張る”ではなく、今までよりお金使うことにより、「あいつ最近稼いでね?」ってみられるようにするのです。
なんでかっていうと、
自分の不安をうめるためにそう思ってほしい心理がついに止まらなくなくなり、破産していくのです!

もっと言えば、追い詰めれば、追い詰めれるほど不安から見栄っ張りなって破産していくのです!

ここで言いたいのは、本来必要なのは、実績や成果なのに手軽なやり方で他人から賞賛を補おうとするからこうなるのです!
このまま止まらないままなのです。

※話は変わりますが、余談で交渉が下手な人ほど、自分の見栄にしか興味ない。こういった深層心理があるみたいです。

さきほどの、見栄っ張りな人はたくさんいらっしゃいますが、
実は、見栄っ張りが暴走すると共感力が落ちて、相手の考えていることがわからなくなる。ヤバイ人になることもあるのです。


まとめ&上から目線で見栄っ張りの人の対応について。

ちなみに上から目線と見栄っ張りな人は、”ダブル”でそろってあることが多いのです。

厳しいようですが、そういった人は今後、没落していくことに今は気づけずにいるのです。

※ここで皆さんに注意があります。
そういった見栄っ張りな人は仮にこちらが助けを手を差し出すと、見栄っ張りなので助けには乗らない傾向が極めて高いようですね。

なので一番は、密かに距離を取るのがいいですよ。
没落はしますので!没落していくのがその人の学びにはいい試練だと思いましょう。


最後に、皆様プチ情報をプレゼントします。

プチ情報で、人にお金を使う人は、自己肯定感が低い。っていう研究結果があります。
例えば、「私なんかを呼んでもらって、、、」「私ごときに皆様がこんなにやってくれて、、、、」
「わたしなんて・・。」みたいな人ですね。

ということで、

今日は、上から目線の人や外交的で見栄っ張りな人の深層心理でした。

是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。周りにこういう方はいると思いますよ。
 

あと、上から目線についての本を下記に貼っときます。深層心理は楽しいですよ。


https://amzn.to/2Xv7OPA
タイトルとURLをコピーしました