幸せをお届けするアドバイザー

簡単に出来るワーキングメモリの鍛え方や結果を助けるトレーニング方法について。

下記からフォローしてねー!

今日は、先日に続いて、ワーキングメモリのもっと具体的なトレーニング方法や訓練方法について記載します。


そもそも、ワーキングメモリーって皆さんわかりますよね?

ワーキングメモリーを鍛えて容量を大きくしたら、記憶力がよくなった!相手の話のスピードにもついていけるようになった。

 

私もワーキングメモリを鍛えたことによって、短期記憶で相手の電話番号を残してすぐに電話をかけれたわ!



結論から言うと、老若男女問わずトレーニングをしたらワーキングメモリ大きく出来ます!


皆さんが、ワーキングメモリーを鍛えることによって記憶力も、頭の中の処理能力もよくなってスピード感が出て、いい結果に繋がります。


更に恩恵があるのでメンタルにいいしね。
つまり、ワーキングメモリーを鍛えることで、処理能力やスピードが上がるメリット以外にもあるのです。

 

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法 | 樺沢紫苑 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonで樺沢紫苑の脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
Sponsored Links

ワーキングメモリを鍛える方法やトレーニング方法は?

ワーキングメモリを鍛える方法や訓練の方法をご紹介いたします。


•睡眠は7時間以上を取る(6時間切っただけで脳機能の低下が現れる)

•脳のパフォーマンスは、運動。(有酸素や筋トレではなく、早足ウォーキングやランニングがいいとのこと。)
※林の中に入り、木登りをするといいとのこと。また、自然の中で裸足のランニングがいい。これは、石ころがあるかも、や木が倒れているかもなど、危険を早く察知して飛び越えたり避けたりするという判断や行動を瞬時におこなわければならないって意味で裸足いいということ。


•ランニング。

自然豊かな道や緑豊かコースは、人間にとって脳をより活性化させる効果あり。ウォーキングでもいい。ストレス発散効果リラックス効果ある。


•読書をする。

読書をして、読解力を鍛えていくと、ワーキングメモリーの鍛錬にもなるそうです。


•記憶力使う。例えば、何かを意識的に暗記する。記憶力を使うことがワーキングメモリーのトレーニングになるのです。


•暗算する。暗算は頭の中で仮置きするためにやります。


•料理をする。料理のレシピを先に頭入れといて、料理する。


•武道を習う。私も柔道経験者ですが、感想としては、柔道は先々を考えながら、手足を動かすのであれもこれもしていくので容量がよくなった気もします。



•早歩きをする。早歩きは脳がクリアになるのです。ストレスホルモンのコルチゾール低下にもいいのです。


•地中海式ダイエットのようなもの(サラダや茹でたチキンや豆腐みたいなものを食べる。)


•強い光(直射日光に30分くらい当たる)


•ミントの匂いを嗅ぐ(話はそれますが、私はセロトニンの関係上で風呂はヒノキ風呂を好んでいます。)


•スタンディングデスクで作業をする。座って作業をする人より、立って作業する方が脳機能にはいいのです。


•1日20分以上の瞑想をする。


•エクスプレッシブライティング(紙にとにかく頭の中の思考と感情を書き出して吐き出す、それだけをひたすら書く。)


•ブログ書くなどアウトプット作業も効果ありです。

タイトルとURLをコピーしました