ストレスの解消法のテクニック

ストレス社会での発散方法。無駄な人間関係の解決策は断捨離することです。

水瓶座の時代。刷新、改革、根底から変えていく。発明アイディア、天才
下記からフォローしてねー!
こんにちわー!今日はストレスの大半を占めると言われる人間関係について記載します。

 
今日は、ストレスの相手がパーソナリティ障害だからこそあなたはエネルギーが奪わえれて、振り回されて恩恵も何もないってことがあなたのストレスの原因かも?ってことの記事を記載します。

そんなもしあなたが思うあの関わりたくないあの人がパーソナリティ障害だったら?ってことの記事を記載します。

結論からいうと、相手を理解して、こういったこともあるんだと知識を入れたら、相手を許せて結構楽になるとも思います。

 

Sponsored Links

パーソナリティ障害の相手によってあなたにストレスがかかる

もしあなたのストレスが相手のパーソナリティ障害が原因だったについて記載します。

今の精神医学や心療内科では、いろいろなパーソナリティ障害のかたが病院へ訪れてリハビリをしている方もいるでしょう。

そんな、世の中にはいろんな人格障害の名があると思います。

今日は、その中でも例えば下記のパーソナリティ障害のもがあります。

① 非抑制的攻撃性パーソナリティ
特徴は、他者への敵意を隠そうともせず、凶暴な言動も多いタイプのことです。 (いわゆる刑務所に入りやすい人と言われています)
このパーソナリティ障害は、すぐに頭に血が上り、恐れや警戒心を正常に感じ取る能力が欠けています。社会的なルールや規範に従うことができず、獄中で拘束されて過ごす人間も多い。(反社会的というレッテルを貼られることもあります)

② 擬似適合的攻撃性パーソナリティ
特徴は、いわゆる軍人やビジネス、またはスポーツといった分野に多いのが 擬似適合的攻撃性パーソナリティです。
要は、闘争心があり、好戦的であることが好ましく思われ、社会的にも受け入れられる世界に生きていることが多いタイプと言えます。
このタイプが社会のルールに服従しているのは、規範や権威を心から尊重しているのではなく、 世渡りのために都合がいいといった、自己都合の理由であることがほとんど。
例えば、他人を傷つけても正当化でき、逃げることが可能なシーンでは、暴力的な行動を取る可能性が高くなります。

 

ここで更に!
見抜きづらいので、

特に注意が必要なのは以下の2つのタイプです。

③ 加虐的攻撃性パーソナリティ
特徴は、これも顕在的攻撃性に分類されるパーソナリティです。
他の攻撃性パーソナリティと同様に、人を支配をしたがり、権力を欲する傾向にあります。
このタイプの特異性は、相手が苦しみ、弱者として這いつくばる姿を見ると、とりわけ満足感を覚えるといった点
相手をコントロールしたいという欲求に加え、「人を愚弄し、屈辱を与えようとしてくる」ので、注意が必要となります。

④ 略奪的攻撃性パーソナリティ(いわゆるサイコパス。)
最も危険な攻撃性に分類されています。
存在は稀だとは言われており、数としてはそう多くはないのが幸いです。

その性格は、他の人間と圧倒的に異なっており、良心の欠落度に関しては、一般人では理解できないと言われてます。

そのサイコパスは、自らを優越者と認識しており、凡庸な一般人は自分の餌食になって、当然と考える傾向があります。また、人を食い物にし、痛めつけることに、喜びを感じる性格なのですが、攻撃性があらわになることは少なく、確証を得づらいのも特徴の一つです。

 最強・最悪のマニュピレーター、もしくは潜在的攻撃性人格障害と言えます。
 

※ちなみに、潜在的攻撃性パーソナリティとは、読んで字のごとく。表面化しづらい攻撃を仕掛けてくるタイプ。(カバート・アグレッション)

 
https://amzn.to/2YDVWdd
 
人間関係をリセット

マニュピレーターとは何か?

皆さんマニュピレーターって知っていますか?

マニュピレーターとは、己の望みを果たし、支配的な立場を得るために、一見攻撃とは判別し難い(遠回しとも見える)極めて狡猾・陰険な手段を用いてくるのが特徴です。(最初フラットに接してきて懐に入って、弱みを握るそういった特徴があります。)

あなたの上司などにマニュピレーターの性質を兼ねそろえていたら、あなたに問題が生じます。

 
このタイプは、神経症的な側面があり、程度によっては混同されてしまう場合があります。

また、明らかな攻撃意識を持って仕掛けてくるのが潜在的攻撃性パーソナリティ。(カバートアグレッション)
このタイプの目的は、常に相手に勝利を収めること。( コントロール・支配欲求)

相手の心理的な弱点を見つけて、突く行為にも長けているので、決して身の上相談などはしてはいけません。(情報を相手に与えるだけでもね)
 
 
 
疲れやすい ストレス 悩み

ナルシスト(自己愛性パーソナリティ障害)

最後に私の記事でもよく紹介している、ナルシストについてご紹介します。

ちなみによく世の中で言われる「ナルシスト」とは、正確には「自己愛性人格障害」のことであり、精神障害の一種に分類されます。

先ほどのパーソナリティ障害とは別のパーソナリティ障害のナルシストも攻撃性が高いため、今回紹介した攻撃性人格障害と混同されがちで、事実共通点も多いです。

 

自己愛性パーソナリティ障害の説明の記事はここをクリック。

 
 
 しかし、他人に興味がないというのがナルシストの前提条件であり、他人のコントロールを念頭においた上での行動をとってくる攻撃性人格障害とは 対照的な一面もあります。

※ナルシストは自分に興味が集中し、対人関係の操作に興味がないからです。

 
自己愛性パーソナリティ障害やナルシストの特徴を知識として入れましょう。女性の被害者の関わり方。

まとめと私からのメッセージ。

攻撃性人格障害について、一言でまとめると、 常に人の優位に立とうとして、その手段として攻撃を仕掛けてくる人間(支配欲求・コントロール欲求過多。)
もし、あなたの身の回りで直接的な攻撃、もしくは遠回しな攻撃をしてくる人間に心当たりがあるのであれば、「その攻撃の真の目的」を考えた上で、適切な対応を心がけましょう。
 
 
 
皆さん、こんな現実だからこそ、それでも明るい視点を持ち、生きましょう!
いかにポジティブにです!

これが自分にも周りにも大きく影響をしています。

 
 

感謝・感謝と当たり前のことにでも感謝を言いましょう。

そんな風に、「いかにポジティブ、いかに明るく笑顔」で、皆さんが生きればいいと私は思います。(私もそれを心がけています)

 
https://amzn.to/2YDVWdd
 
 
タイトルとURLをコピーしました