うつ病克服だったり・ポジティブ思考コツ

【実態】筋トレは精神安定剤の代わりで病気を克服するのか【強くなる】

筋トレはうつ病克服 メンタル強く 精神安定座 ポジティブ思考
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょーです。

 

この記事では、あなたが精神不安定なときだったり、うつ病だったり、メンタルが弱くなっているときにするといいことを紹介します。

あなたが仕事でもプライベートでも、人間関係はつきものですよね。

そして、その人間関係において、心が不安定もしくは精神不安定になったり、うつ病やメンタルが脆くなっているときってありますよね。

そして深層心理学では、その精神が不安定だったり・・うつ病ぽくなっているときの深層心理学として、だいたいの場合は不安が根底にあるのです。

では、その不安を少しでも取り除くための方法をお伝えします。

結論からいうと、筋トレは精神安定剤の代わりになって、うつ病や精神不安に強くなって克服できるのか。その実態を口コミ兼ねて記載したので、あなたの生活に役に立ててみてはいかがでしょうか。

なので、この記事は下記のようなひとがあっていると思います。

 

・現在、うつぽくなってきている
・心がなかなか安定しない
・精神安定剤代わりに、筋トレはどうか
・ずっとやる気がおきない
・いつも考えているのはネガティブばかり・・

※そんなひとは参考に出来る内容となっております。

【実態】筋トレは精神安定剤の代わりで病気を克服するのか【強くなる】

筋トレはメンタルにいい 真実 実態

筋トレで鬱病の克服だったり、精神を安定させたりできるのか?まずはそんなことから記載していきます。

結論から言うと、筋トレをすると精神の安定だったり、鬱ぽさは克服しやすいです。

そんな意味でも、精神安定剤代わりには筋トレは有効的だと考察しています。

そして、筋トレは精神が強くなるというのか、することで一日の達成感だったり、自信がついたりと偉大なものだと思っております。

しかし、すべてがそうではない調査があります

そんな女性でもできる筋トレの実態は病気までも克服できるのか?をリサーチしたところ、
「ベッドから起き上がれないレベルの重度のうつ病」の方は筋トレしない方が良いです!
ただし、筋トレはうつ病の治療にはなって、週三回の30分で効果は期待できるとのことです。

 

最近、ずっとやる気が起きないし・・もうだめだ・・

 

何するにも、ため息ばかりで意欲は出ないし、考えることも、思いつくこともネガティブなことばかり、、

とりしょー
とりしょー

そんなお二人に、筋トレという精神安定剤をおだしします~。

 

 

関東住みのかたへ、フィットネス無料で体験できます。

 

関東住みのかたへ、フィットネス無料で体験できます
スポーツジム 入会 無料キャンペーン

 

 

 

 

 

【実証済み】私もうつ病ぽい時期があり、不安に苛まれやすい時期があった。【筋トレ成果】

筋トレ。美容 商品 おすすめ 自粛中

ある程度のウツぽさならば、筋トレで解決しますね。

私もウツぽい感じだったので実証しまたしたが・・すべては解決しませんが、メンタルの気分の浮き沈みが減ったり、自信がついたりしました。

リサーチした結果だったり、口コミや経験談からしても、筋トレは鬱病の人だったり、ネガティブ思考ばかりのかたには非常に効果的で有効的です。

そして筋トレをして痩せたり、筋肉に張りが出たら自信がついてきます。

人間は、なぜ筋トレすることで、精神安定剤の代わりになって病気にも強くなって克服していくのか?
それは筋トレすることで、脳の働きが活発になり、神経成長因子「BDNF」という物資が出てくることがとても関係していると医学では言われています。

また筋トレは、「脳の働きが良くなり、頭の回転/記憶力」が良くなるともいわれています。

よってあなたにとって、筋トレは”生活や人生”へのやる気に繋げていってくれますのでわたしかたみても推奨できるツールです。

私も過去に、いろんなネガティブなものに苛まれて、メンタルが不安に駆られて朝起きた瞬間でも、自殺願望があったり・・考えることもすべてマイナスなことばかり・・そして反芻思考を繰り返し起きてもいないことまでも怖くなり前向きな姿勢にはなれませんでした。

そんな鬱々な精神状況がありました。

そんな時わたしの心に強みになって救ってくれたのが、筋トレというなの精神安定剤でした。

人間は、筋トレをすることで生きていく上で必要な闘争心だったり、男性ホルモンに関係するテストステロン値が関係してくるので、やる気だったり。モチベーション上げに繋がっていくと思っております。

そして、わたしは筋トレ後のある行動がメンタル安定に繋がることだとおもっています。

そのある行動とはプロテインを飲むことです。

プロテインには、次の日にわかる疲労回復効果だったり、アミノ酸から飲むと気分がよくなったりもします。

なのであなたにおすすめする。ルーティンを紹介しようと思います。

それは、まず昼ぐらいまでには近くの市民体育館に行き、筋トレしてほしいです。

そして、筋トレ後はプロテインを飲んでほしいです。

※薬局に売っているプロテインでいいので、購入して、トレーニングをはじめてみてはいかがでしょうか。

 

・筋トレというツールは、「精神安定剤」です。
・この筋トレとセットで、午前中の光にあたって、セロトニンを増やすと更にうつ病克服効果につながりいいですよ。下記にリンクを貼っときますので参考にどうぞ。
参考:幸せホルモンにオススメ食事【幸福度上がる】

 

こんな研究結果があるよ。
・お腹の脂肪を落とせば、男性ホルモンが上がります。
つまり、男性ホルモンが上がれば、筋肉がつきやすくなるし、筋肉がついたと実感できたり、達成感があればやる気度あがるので筋トレはおすすめしますよ!

・度合いによりますが、うつ病の人だったり・・不安抱えやす人は是非筋トレをどうぞ!

・現在の私は、鬱ぽさを克服してから前向きなってから、トレーニングをしています。
たとえばブログのネタを考えながら、ダンベルトレーニングしたり、自重の腕立てだったり、腹筋をしています。

【簡単】プロテインでうつ病克服はどうなのか?【女性でも】

筋トレの女性 簡単 プロテインはうつ病克服 口コミ

筋トレ後のプロテインを前述でオススメしました。

それについてもう少しで掘り下げて説明しようと思います。

個人的な意見に聞こえますが・・プロテインはオススメしますが、アルコールはいいことは一つもありません。

人間って、アルコールを飲みすぎることで、中途覚醒委(不眠症)やうつ病などのリスクがありますね。

更には、人間関係のトラブルだったり、思わぬ事故だったり、認知症などのリスクも高まります。

とは、いっても付き合いもありますし、ストレス社会でしょうがないですけども・・現実逃避をしたいなどでお酒の力を借りる人は少なくないと思います。

しかし、その現実逃避こそが、不安や恐怖やプレッシャーが感じている証拠です。
ですが、お酒よりはプロテインを健康的にもメンタル的にも脳機能的にも優先的に摂取してほしいものです。

人間は、不安なときだったり、憂鬱なときは、脳の中のセロトニンが低いことが精神医学では知られています。

セロトニンの前駆物質は、アミノ酸のひとつであるトリプトファンというものです。
しかし研究では、うつ病患者さんはトリプトファンも低い傾向であることが知られています。(かつて、日本人の不安やうつにセロトニントランスポーターの型が関係しているという研究もありましたが、最近では、否定されてきているようです。)

医者がやっている手法のセロトニンが低いからって、セロトニンを増やそうというのが、抗うつ薬の目的です。

 

精神医学では、うつ病でもパニック障害でも強迫神経症でもセロトニンを増やしましょう。と、推奨されますが・・わたしは食事や運動などからなるべく薬任せじゃなくて、自分でできるケアのレパートリーを増やすことをオススメします。

【メンタルヘルス】プロテインと精神疾患【実態】

筋トレ。美容 商品 おすすめ 自粛中

ある程度の精神疾患のかたは、プロテインでメンタルの復活・向上としてよくなる方もいると先ほど記載しました。

うつ病の原因って、多種多様で一概にいえないところはありますが、実は、首や背中がカチカチに固くなっていたが原因でうつにもなりやすいということです。

なので、最近うつ病になる方の原因はパソコン、スマホを長時間使った為姿勢が悪くなり首に負担がかかり首が悪くなっているというそんな実験研究結果があります。(肩甲骨回りの筋肉を動かしたことにより血行が良くなりうつ病の症状がなくなってきた)

 

うつ病を克服方法。
・ジムは体調が少し良くなってきてから通った
・食事を3食食べる
・太陽光を浴びる
・呼吸法を行う(ヨガおすすめ)
・ウォーキングを行う
・ストレッチ
・ジムに通う
 

プロテインを飲んで、うつ病の克服を解消しているかたもいますが食べ物でプロテインいわゆるたんぱく質を摂取してもいいです。
たとえば、間食はせずに、食べれるときは納豆、豆腐などのタンパク質を中心の食事に変えたり・・もいいようです。

とにかく、たんぱく質がメインの食事は大事です。 (インスタント食品はダメ。私は炭水化物(糖質)ばかり食べておりバランスの悪い食事をしていたので食事を見直したら、うつ病の克服にも繋がりました。)

また、プロテインを飲むメリットにもなり、ごはんがのどに通らないなら、プロテインを3食飲むのも手始めはいいでしょう。
 
プロテインを飲むことで胃腸が整い、消化力が戻ってくれば、肉もしっかり食べられるようになってきます。
 
間食したくなったら、プロテインとバナナを食べるってのもプロテインのメリットになります。
 
一番効果に期待できるのは、ジムに行って、プロテインを毎日飲む習慣です。 
 
ジムには1週間に3回がオススメです。(超回復といって、48時間72時間は休憩を挟めてジムに通うことおすすめします。)
 
私のうつ病の症状が劇的によくなったのは、市民体育館だったり、ジムに行きだしてからです。
うつ病の時って、自律神経が狂っています。そして、睡眠に関してもみだれています。

なので、いろいろな方法を試し自律神経を正常にしないとうつ病は治らないとのことです。

 
そもそも、睡眠障害が治ってくれればうつ病は良くなってくるのです。
なのでそのためには、食事(たんぱく質中心)を摂ることです。
そして、下記のようなことを心がけると効率的な食事となるでしょう。
※もちろん、わたしの一個人の意見ですが・・
 
オススメ食事方法
・朝飯はプロテイン。なければ食べる(たまごを食べてください)
※卵かけご飯はビタミンの吸収が悪くなる為注意が必要
※昼にたべる茹で卵はありです。
 
・昼飯、晩飯もしっかり食べてよく噛む(咀嚼運動)

・甘い食べものや飲みものを摂らないようにする。
〇つまり砂糖は極力避ける

・水分はジュースなどは飲まず常温の水を飲む (朝はコップ一杯のきれいな水を飲んでいる自分を想像しながら、水を飲む。)
※冷たいものは飲まない

・肉を1日200g以上食べる(筋トレしたひとは炭水化物たくさんたべておーけーです。)
※お肉や魚は100gあたり、20gのたんぱく質が含まれる

・サプリメントやプロテインを取る。
〇プロテインは、筋トレ後だけじゃなく、朝はとりましょう。
〇鉄はサプリにて毎日夕方飲むように(女の人は特に鉄分が少ないので必要)
→BUN(尿素窒素)(たんぱく質)は20以上 ・フェリチン値(鉄)は100以上目指す
→キレート鉄 NOW FOODS アイアン36mg
※女の方は出産、生理などで体から血が少なくなっているので、血の元となる鉄を摂らないとうつ病の症状が出ます。「だるい。体が重い。イライラする。頭痛がする。元気が出ない」は鉄分不足が原因であることを示しています。ケーキなど甘いものがやめられない人は鉄不足です

・睡眠に気をつける。
遅くても9時までには風呂に入って、寝る二時間前は、スマホやパソコンなどのブルーライトから遠ざけるようにする 

 

なので、なるべく薬に頼らずうつを治す方法を紹介しましたので参考にどうぞ。

 

>>参考:睡眠改善の方法はこちらからどうぞ~【入眠までの方法や脳科学的ににみた睡眠改善方法】

 

食事を見直すことでうつ病の症状が1ヶ月でなくなり3か月で治った(薬は飲ませなかった)

うつ病の原因は、食事を十分取れなかったことによる栄養失調だったって声もあります。インスタントは控えましょう。 

※タンパク質は1日 体重×1g以上必要。プロテインを朝,夕飲む 娘は鉄分(サプリ)を取らなくても治ったので、初めにたんぱく質中心の食事を1か月間行いその後、鉄(サプリ)を飲む事をお勧めします

※うつ病の時は幸せを感じるセロトニンと喜びを感じさせるドーパミンが不足しています。
それはタンパク質と鉄を摂ることで増えていきます。
そして、うつ・パニックは「鉄」不足が原因だったという声もあります。

【効果絶大・口コミ】うつ病克服とプロテインのメリットデメリット【検証済み】

プロテイン たんぱく質やリーゲインズ断食のメリットやデメリット 効果 有効

この記事を読んで、読者のなかにプロテインの重要性はわかったけれども、まだ腑に落ちなく、躊躇するかたも多いと思います。

プロテインって、おいしいの?とか
プロテインは太る!とか
プロテインは何を買ったらいいの?

ってかたも少ないでしょう。

長くなるので、これ以上説明しませんが・・下記にリンクを貼っとくので参考にしてみてください。

>>参考:プロテインの説明はこちらから~【ダイエット効果だけじゃない、メンタルヘルスにも】

>参考:日本人に不足といわれるおすすめのタンパク質ことプロテインは私はこれを飲んでいます【オススメプロテインサイト】

そもそも、プロテインを飲むメリット・デメリットは下記のようなことではないでしょうか。

 

メリット
・たんぱく質は、美容効果にも、むくみ解消にも、ホルモンバランスだって整えてくれる効果があり。

・肉体労働をしていて、疲労回復にもなるのでプロテインはほしい

・痩せれて、トレーニングの達成感にもなる。そして、未来的に着たい服だって着れるチャンスがある。

・テストステロン値により、前向きになれる、うつ病克服になる。

などなど・・数えたら、きりがないです。なのでプロテインは飲むしか想像できません。

では?プロテインを飲むデメリットは?

デメリット
・金銭問題。毎月なんて買ってられない?
・筋トレしても続かないから買う必要がない?
・味がおいしくない。飲みづらい
・太る

そんなところではないでしょうか?

 

しかし、いまのプロテインは上記のデメリットのすべて覆すほどのプロテインです。

なのでそもそも、金銭に問題あっても、安いのは売ったいますし、筋トレしなくても朝ごはんの代わりになるし、なんなら味がおいしく、飲みやすく、たくさん食べた後にプロテインを飲むから太るし、カロリーの少ないプロテインだってあります。

【効果絶大・口コミ】うつ病克服・おすすめプロテインとオススメBCAAやEAA【検証済み】

 

プロテインの説明をしましたね。

ついでに、BCAAとEAAについても紹介もいたします

なぜ紹介するかというと、BCAAについてあまり調べていませんが、私自身がうつ病の克服に関係したのも、これから紹介するアミノ酸BCAAが関係しているのではなないか?ということだからです。
※余談ですが、BCAAはプロテインに入っています。

 

そもそも、BCAAとは、「Branched Chain Amino Acids」の略です。

日本語では分岐鎖アミノ酸と呼ばれています。
この分岐鎖アミノ酸をもう少しいうと、必須アミノ酸である「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つのアミン酸によって構成されています。

 

BCAAの飲み方は、粉状のものを水に溶かして飲む人が多いです。

BCAAは、効果として筋肉の分解を抑制する効果があったり、オーバーワークになってもいいように飲んでいる方もいます。

ちなみに、BCAAを飲むタイミングとしては、そもそもエネルギーとしても使われ、また集中力増加作用もあるためトレーニング前・中・後の摂取がオススメです。

そして、EAAもついでに紹介します。

EAAは、BCAAとは効果が全く違うものです。

筋トレ上級者はじめ、BCAAではなく、EAAのほうを飲む方が増えてきたと思います。(わたしはまだ飲んでいません。)

EAAの飲みかたは、ワークアウトドリンクに混ぜ、ちょびちょびトレーニング中に飲んでいくことをオススメしています。
例えば、15グラムのEAAを少しずつとちょびちょびと1時間内に飲みきるのであれば、十分な血中EAA濃度を期待する事が出来ます。(ちなみにEAAは浸透圧性下痢の心配もありません。)

では、BCAAとEAAを一緒に飲むことについてはどうでしょうか。

それは、筋タンパク質合成能力の高まりについては限度があります。
BCAAを飲んでからEAAを飲むことで、タンパク質集合成は頭打ちになる可能性が高いのです。

なのでそれよりも、わたしがオススメする飲み方は、
トレーニング1時間前にホエイプロテインを飲み、トレーニング中にEAAという方法がオススメです

ということであなたも今回のこの記事を参考に是非、精神安定剤にもなる”筋トレ”をして、
筋トレする際は、プロテインやBCAAもしくはEAAなどを飲みましょう!

わたしは筋トレ歴が自重トレと合わせて6年以上あります。
なので、その経験からみて今までいろんなプロテインを試してきましたが、私がオススメ出来るコスパ重視や飲みやすさや味などからみて、一番はマイプロテインのプロテインやサプリメントですね。

トレーニングの上級者から知られていて愛用されている率が高いMyoroteinさんのプロテインは、一位かと思います。(生産国はイギリスからです。現金振り込みがなく、クレジット払いとなるのでカードがないかたは作ってみてください)

参考≫プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

 

 

そして、第二位がビーレジェンドのプロテインがおすすめです。
ビーレジェンドさんプロテインは、日本産で安心安全で有名なかたでも、推奨されていて、コスパもいいですよ。

オススメプロテインなどを下記にリンク貼っとくので参考にどうぞ!

 

※ちなみに、私が筋トレ初めのころで「プロテインは何がいいのか?」模索していたとき・・
超有名カリスマボディビルの北島達也さんにオススメのプロテインをとにかく安いのを問い合わせてところ、
コスパ重視を条件に言ったら、アルプロンさんのプロテインを進められて当時はアルプロンさんのプロテインを飲用していました。

 

ということで、わたしの試してきたプロテインはほかにもありますがオススメなのは、Myprotein。ビーレジェンド。アルプロンさんは、味もチョコレートや抹茶ラテなど試してみましたが、おいしくて、実際に購入しても失敗はありませんでした。

参考にどうぞ!

 
 
プロテインは、原材料により種類があります。わたしはホエイプロテインをオススメしています。
そしてもうひとつの大豆からできたソイプロテインありますが、わたしはホエイプロテインを愛飲しています。
BCAAの効果は、体はエネルギー不足となり、代わりに筋肉のたんぱく質を分解することでエネルギーを補うことができます。
そうなることで、筋力の低下につながってしまうため、そうならないように”運動前、運動中、運動後”に適切にBCAAを摂取することでエネルギーを蓄えておくものです。

このほかにもBCAAには筋肉中のたんぱく質の合成促進、分解抑制、持久能力の維持・向上の可能性、さらに筋肉痛、疲労の軽減などにも効果があるとされています。

BCAAは筋肉のエネルギーになるほか、脳症の発生防止にも効果があるとされています。

まとめ

治す薬よりかは、まず今回の記事を参考に実践をしてくれたら幸いです。

筋トレの効果を説明させていただきましたが、意外に重度のうつ病とかでなければ、効果は期待できるんですよね。

また、食事などのバランスを考えたりと栄養療法で、完全に不安が治ったり、うつが治るとはいいきれません。
しかし、かなりいい線にはいっている!と思います。

そして、たんばく質は様々な食品の肉や魚などから摂ることができますが、おすすめなのは、簡単にとれるプロテインですね。

せっかく筋トレするなら、プロテインもとることをオススメします。

そして、メンタルヘルスケアのためにもプロテインはおすすめします。

なので、アルコール依存ならぬプロテイン依存に向かって、筋トレを頑張ってくださいね。

筋トレは、”生活、人生”へのやる気を出してくれます。ストレス社会こそ、筋トレは「精神安定剤」といわれるぐらいかげがえのない一生ものだと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました