【キツイのか?怖すぎる理由】蠍座(さそりざ)の性格【男性女性】を解説します

#蠍座 性格 きつい #さそり 座 #蠍 座 運勢 #蠍座 怖すぎ #蠍座 嫌われる #蠍座 性格 女 #蠍座 嫌がらせ #蠍座 サイコパス #蠍座 嫌いな人への態度 #蠍座 クズ #蠍座 嫌いなタイプ #蠍座 おかしい
とりしょーをフォローする
とりしょー
とりしょー

読者さん。
占い師のとりしょー(@torishow)です。

 

  • 蠍座は、どんな感じ?
  • 蠍座の魅力をより深く知りたい。
  • 蠍座に対して、良くも悪くもワードがあるけど、その辺りを知りたい。

…そんな方はぜひお読みいただければと思います。

 

水のエレメンツとして2番目に値するのが「蠍座(さそりざ)」です。

 

蠍座は、深い愛(絆)や情熱的なエネルギーをもつ方が多いので、タフであるものの「繊細な一面」もあるかたが多い印象です。そして何よりも「第六感を働かせたり、洞察力があるかたが多いので、他人を見抜く力も高い」特徴もあります。

 

本記事では、太陽が蠍座について意外にも「月星座がさそり座の欠損」の話もさせていただきます。

 

最後まで読むことで、大人な深い愛を知っていて、「深く隠された真実」をすることができるさそり座の魅力的なとこもわかってくるでしょう。

 

 

本記事の内容まとめ
  • 男性女性問わず、さそり座の性格や行動パターン
  • さそり座の短所?それは長所?
  • 【マドモアゼル・愛先生の理論でいえば】月星座の説明。
  • 【欠損】月星座がさそり座について
  • まとめ

 

 

【本記事の筆者】

 

 

 

とりしょー
とりしょー

私自身が占い師でもありますが、近年でも「星座占い」は人気があって、たくさんの占星術師がいますが、12星座を実体験から考察したり、肌感覚の視点で各星座の魅力ポイントなどを解説する情報発信者は「まだまだ少ない」のが現状です。他の記事にはないエンタメとしても楽しめるでしょう。

 

 

それでは、本題に入って行きましょう。
※補足:出来たら太陽星座だけの判断では、イマイチでもあり「水星」「月星座」なども確認しましょう(ぜひ私に聞いてください。)
※補足:本記事は否定や侮辱してるわけでなく、ブラックジョーク交えつつもエンターテインメントとして、占い師のわたしから主観で解説する記事なので予めご了承ください。

 

\\登録無料//
ココナラ占いは、私自身も売り買いをしている大変使い勝手のいいサービスです。
もしあなたが占い師さんに鑑定してもらった後「見据える結果」が出るでしょう。ぜひ今すぐお申し込みください。⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

 

以下が私が出展してる占いページです。
とりしょーの鑑定部屋はこちらから~

 

【火星ルーラー】【冥王星】怖いと言われがちな蠍座(さそりざ)について

【12星座】深く物事の本質を求めて情熱を求める蠍座について!【行動パターン】

とりしょー
とりしょー

蠍座(さそりざ)は、第8ハウスでエレメンツが水となります。
ルーラーは、冥王星なので一言でいえば「タフでエネルギッシュ」さを感じさせる方が多いです。

 

 

太陽星座のさそり座(ざっくり10月24日~11月22日生まれ)のキーワードは?

「 受け継ぐもの 」「我 欲す」と占星術界では、言われます。

 

逆に言えば、このキーワードは、月星座がさそりとなるとそれが願望だけないことになります。

 

例えば、太陽星座であれば

  • 親から受け継ぐ
  • 血筋を受け継ぐ
  • 余談、不動産や不労所得などもさそり座のテリトリーに関係します。

 

また蠍座(さそりざ)は、冥王星が守護神です(冥王星の意味は、破壊と再生。生き死など…)

つまり「生死」にも関係します。

 

 

他にも、水のエレメンツもあり、洞察力あり、第六感も鋭く、感情に重きを置くため、大きな愛を持つ方も少なくないです。意外と思われますが、見通す力があるので「深い愛」や「優しさ」もたっぷり持ってます。

 

そんなさそり座の大きな愛に気づかないために、周囲は傷つき…やがて相手に対して「素っ気ない一面」や「怖い一面」も見せてしまったというかたもいるでしょう。

とりしょー
とりしょー

さそり座は、深い感情から結構深く考えてることが多く、若いかたでも先々の「死ぬことまで」考えているかたも多いです。

そして深いので「持論や自分なりの哲学」のようなものを持つかたもいますね。これを掘り下げると「深い愛情」「」が根底だったりします。ですので周囲がついてこれないほどの「大きな愛」「深い愛」を持つかたが多いのもこの星座。

 

 

12星座の総まとめとしても、性格診断にもなる記事があるので興味ある方は、下記のリンクからどうぞ。
>>参考:12星座の性格診断一覧【性格あるある】【特徴傾向】【人間分析シリーズ】

 

さそり座は生命力というワードが関係している。

さそり座 怖いのか

 

 

さそり座は、生命力というワードに大きく関係しているだけあって以下とも縁が深いです。

  • 「生き死に関係する」
  • 「再生と破壊」
  • 「復活する力」
  • 「状況を壊れるまでやり続ける力」

といったワードに縁があります。

 

実は美川憲一さんの「さそり座の女」の歌詞にあるように、
地獄の果てまで~♪…」みたいな歌詞の内容が含まれているだけあって

さそり座は、悪くでると「しつこさ」「執念深さ」があって、怖いというかたもいます。

 

それでいて、何か先を見透かしてしまうほどの力を持っていたり、第六感の力があるので、パワフルで生命力がある方が多いです。もちろん全員とはいいません。

 

 

とりしょー
とりしょー

さそり座は、情熱的になったら、怖すぎる印象までも…

 

 

ほかにも「生死」というテーマを持っている星座です。
「生命エネルギー」とも関係します。

、さそり座が調子悪くなって、病気などから体に出ると「生殖器」に問題出やすくなったりもするそうです。

 

とりしょー
とりしょー

エネルギーの消耗で、ウツぽさ以外にも、生殖器の問題を抱えてしまうのがさそり座のかたによくある(月星座がさそり座のかたも参考に)

 

余談ですが、そんなさそり座は、セクシー星座ナンバーワンとも言われています(興味あれば、芸能人ググってみてください)

 

 

 

さそり座は、第六感や洞察力が高く「相手を見抜き、本質がわかってしまう」という不思議な魅力をもっている方が多いです。 、生き残る力が高い星座といえばさそり座です。

さそり座は「絆」「深い信頼」で繋がりたいという欲望があって、自分なりの哲学もあるので、相手を見抜くまでのジャッジは早いでしょう

射手座やうお座のように大衆に対してというより

  • 1人の人との絆。
  • 一つのことを徹底的に追求していく。

という研究職向きな人が多い。

天秤座のような「表面上」「上辺だけ」「いい人仮面をかぶって、本音を隠して、取りつくる」「拘りがなくスマートで色々なことに目を向けている」といったそんなタイプではありません

 

 

管理人

根底や本質を見つけるのが早いさそり座は、

  • 「自分の好きとは?」
  • 「これにはなんか裏があるぞ~」

みたく深く探求したり、集中力がある。

 

【マドモアゼル・愛先生の理論を使う】月星座とは何か!?

月星座は欠損 マドモアゼル愛

月星座が蠍座(さそりざ)を解説します。

 

月がさそり座といえば「内面の複雑さと豊かさ、薄っぺらな通念に迎合しないセンスが魅力的」なところだと思います。

 

単に印象だけでなく、表面的なことに一喜一憂しない」ことが人に信頼感や安心感を与えるかたもいます。

とりしょー
とりしょー

深く濃密な関係性(人と人)を重視するので、実際にとても誠実な方が多い。

誰よりも信頼できる人物で、小さなことでも決して恩を忘れない方が多い印象。

 

 

月星座は「7歳までの育った環境」で、大人になってもその影響が残り、自分の運命を遠ざける足を引っ張るものです。月星座は幻影にしかすぎません。幼い頃に身についた性質(クセ)、生活習慣などが無意識のうちに自分の土台になったいうイメージです。

 

とりしょー
とりしょー

月星座は「そう思いたい。そう思われたい。」という自身のイメージを作ってしまうが幻影にしかすぎない。ないものを追ってるようなものです。

 

月星座は、「人気取りの場面」「エネルギーがなくなってる」ときに悪い部分として陥りがちです。

 

例えば月星座蠍座は、親から以下のことを幼少期に言われませんでしたか?

  • 「どうしてそのことまでわかるの?」
  • 「気持ちが深くで気持ちがいい」
  • いわなくても、そこまでわかるならと「聞き分けがいい」

などです、

 

その七歳までの褒められたことで、大人になった今でも出てしまって「幻影にすぎない」ということです。

 

なかなか気が付かないが、月星座に捉われると「集躁感」「不安」「挫折感」などのマイナスな感情として月星座から訪れます。

とりしょー
とりしょー

コツは、あなたの太陽星座を活かすこと。月は幻で、過大視しないこと。
月に捉われると人は精神的に異常をきたして、まいってしまいます。

 

 

【欠損】月にさそり座は、対相手に対して「情緒の欠損」となる

【欠損】【男性女性問わず】マドモアゼル 月星座がさそり座

とりしょー
とりしょー

さっそくマドモアゼル愛先生の理論からいうと、月星座は欠損です。月星座に幻で自身が「そう思いたい」「そう思われたい」にしかすぎません。

 

 

太陽星座は、本物の才能や能力を示しますが、月星座は自己イメージにしかすぎなく、月星座に拘ればこだわるほど人生を狂わせます。

 

まず結論いうと、月星座さそり座は、二番目のエレメンツなので、「対相手に対しての情緒の欠損」となります。

 

月星座さそり座の欠損をキーワードでいうと、

「I desireがない」つまり「我 欲す」がないです。

 

 

詳細は、下にあるリンクで解説しますが、月がさそり座なので情緒欠損として、パートナーでも配偶者で深い情動結ぶことに縁が薄かったり…

これは、大人の感情をもてない。つまり子供が大人の感情を真似てるような人だったり。

 

例えば、深い感情で相手を理解できてるかと言えば、そこまでだし、「欲してるものが何のかさえわからない」「重大なことがなんのかわからない」などが月星座の蠍座のかたに多いでしょう。

 

重大のことわからないので、一つ選択することが難しいとなり、自分でなかなか選べない場面が多くなります。

 

「疑うために疑っていたり」「何かこれは重大なこと」「これには何か隠されてる」みたく、大人を真似てる子どもみたいなことにしかすぎなく、実際は「人との深い情緒的な繋がり」わからないかたも多いです。

人との関係性でも、どこか子供じみたとこがあります(秘密主義だが、秘密を隠し通せない。そもそも秘密をもてない。配慮ができないなど)

 

そこでもし「月星座を乗り越えるコツ」「月星座をどのように考えたらいいのか」と思うかたは「月蠍座の欠損」について掘り下げた記事があるので、興味ある方は以下のリンクも合わせてどうぞ。
ワンコインでnote販売となります。

 

参考:月星座の蠍座(さそりざ)についてはこちらから!

 

 

他にも、あなた自身の月星座について以外にも、

  • あなたの潜められた性質
  • 「長所や短所」
  • ワンポイントアドバイス
  • 開運時期
  • 適職

など興味がありましたら、私自身ココナラサービスを使って鑑定しますので、興味あるかたは、登録だけなら無料なので以下にリンクを貼っておきます。
⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

\\無料登録//

ココナラの公式はこちらから。

 

 

次に上記を登録し終えたら、以下にわたしのココナラページのリンクがあるので、他の星の配置を読み取って、広範囲で鑑定します。
とりしょーの鑑定部屋はこちらから~

 

 

 

【恋愛から結婚生活に活用できる】さそり座の短所がそれは長所だったり。

とりしょー
とりしょー

本章では、「さそり座の短所に見える点」「誤解されがちな点」などの考察から解説していきます。

 

さそり座は、「地獄の果てまで」と言うキャッチフレーズがあるように…
「とてもつもない生命力や強力な再生力」までも兼ね備っています(占星術的にいうと、冥王星が守護神で破壊と再生という意味がある)

 

例えば、人間関係でも環境でも、一旦ゼロ(リセット)にしても、また新しく始めることが出来るぐらいメンタルの強靭さがあります。

とりしょー
とりしょー

自分の中にある感情と向き合いながら、「その根本的な原因や、自分はどうしたいのか」という本音を探ることで、今よりももっと安定した状況や関係を築ける星座。かなりのタフさは星座でピカイチ。

 

前章から蠍座(さそりざ)には、「生死」関係する意味でも、生命をかけているので、集中力やエネルギッシュは他の星座の何倍ものあります。

 

あなたに質問です。さそり座かたで、次のような発言をする傾向はございませんか?

  • 先が長いのに関わらず、今から死ぬことを考えていたり、
  • 発する言葉も「死ねまでにはこれをしたい…」「あの人が死ぬまで見届けてやる…」

 

ここからここまでは、信念を貫き通してやるといったように、「タフさ、集中力」には周囲は驚きを受けるかたも多いでしょう。

 

とりしょー
とりしょー

わたしは「さすがさそり座だな」って節がありました。

例えば「今から生きるスパンを決めていたり…」「何歳までは生きるからその年までは頑張る」といったような発言をいうかたがチラホラいたりします…ほかにも「あと10年までは死ぬつもり頑張る…」みたいな。なので、生命力がゆえにエネルギッシュだったりしますね(全員とはいいませんが)
ほかにも生命力というテーマから、先を見通す力、洞察力など…(ハンパないっす)

 

 

他の観点としても、生死に関係する星座 、危険察知能力高いと言われます。

秘密にしたがる面もあります(秘密主義)

 

例えば、

  • 秘密にしているがゆえに、なにか企んでいる(そもそも、企んでいる目もしている時もある)
  • 表情ださないから、何を考えているのかわからない(秘密にしていることがあるのか?)

など…悪気がないがそのパターンで誤解に陥ることもあるかたがいます。

 

秘密にしている理由=悪いこと。ではありませんね。

なぜなら、「相手に言ってびっくりさせたくない」、「言ってしまうことで困惑する」、「言ったとこで理解さらないし、関係がこじれるのが嫌だ」など…

けして言わないことがすべてじゃないし、いうことが全てじゃないです。

 

なかには不思議な魅力になるかもしれませんが…。秘密にしている=奇妙だとか…怖いだとで括らないで上げてほしいのは本音ではあります。

 

とりしょー
とりしょー

さそり座の愛は、「深い」「大きい」です。その愛のキャパがついてこれずに、なかなか理解されない。ついていける人も限らたりします。

 

むしろ、誤解されるパターンもあること知っておいてほしいです(後半戦詳細に記載しますが、特に月星座のさそり座であれば、対人との関係で情緒的な欠損。縁が薄いなどあることを知っておいてほしい)

 

また、さそり座の愛って複雑だったりするんだよね。
洞察力もあるし、わかっちゃうし…

 

なので臆病な面もあったり…
言ってしまえば、対相手との学びがこの世でのテーマでもあるといっても過言ではないでしょう。

 

大きな愛。絆。情熱など…
相手から十分に受け取ってもらえる器も少ないし、理解されないとこもあるので、ときにはショックが大きかったりして、ある種トラウマになってしまったかたもいるでしょう。

 

そんな辛い経験があったからこその、周りには次。

  • 「そっけない態度」をとった…
  • 「サイコパスのような?クズ?」みたいなおかしな行動をした
  • キツイことをいった
  • 構ってほしくて、嫌がらせした
  • その他

というかたもいませんか。

 

それは実際そうではなく、ついついキツイ人になったと考察してます(※もちろん全員とはいいません。月星座や生い立ちの関係もあるので。)

 

ということで、さそり座の長所が短所に映る?編で解説しました(あくでもわたしの考察です。なのでご理解のほうよろしくお願いします)一応、下記にさそり座の評判を下記に貼っておきます。

 

 

 

 

 

【ストレス解消方法】【恋愛でも通じる】さそり座は、リラックスする。とことん内観内省をする方がいい。

【ストレス解消方法】【恋愛でも通じる】さそり座は、リラックスする。とことん内観内省をする方がいい。

とりしょー
とりしょー

結論から言うと、さそり座のストレス発散方法は、特にないと考察しています。

要するには、「自分で決めて自分で信念をもって、自分で解決していくのが一番のストレス発散」になっていきます。

 

 

強いて言うなら…

  • ある程度の絆の関係になっていったり…
  • 自分の信念や情熱を邪魔しないような…良き理解者や良きパートナーがいると、もっと情熱的が大きなり、モチベーションなるでしょう。

といった感じです。

 

なので人間関係のトラブルにならないようにご理解するために以下のことも知っておきましょう。

  • 周囲の人はやるべきことはちゃんとして、いいかげんになったりしない
  • さそり座さんの自分流をちゃんと理解してくれる

といったことです。

とりしょー
とりしょー

さそり座さんはできる人といる方がうまくいくし、ストレスもあまりならないでしょう。

 

 

まとめ

本記事では、太陽星座がさそり座の解説だけでなく、月星座さそり座(欠損)についても解説しました。

何かと参考になればいいと思ってます。蠍座の魅力的な部分としても、不思議な存在感でもあっても、タフな方が多い印象でしょう。

 

そして「蠍座の大きな愛」についても触れましたね。

それゆえに周囲は、その大きな愛には、ついてこれず、ミステリアスで、あらがい難い魅力と映りやすいのもこのさそり座を持つかたにはいませんでしょうか。中にはいるかと思います。

とりしょー
とりしょー

さそり座の「魅力の正体」を知りたくて近づいても、決して解き明かすことができないと思う方もいますし、かといって、ますます気になってしまう。といった不思議な魅力がにじみ出てしまう点もこの星座の魅力さかもしれません。

 

 

本記事では、第六感というワードを出しました。

第六感とは、直感だけじゃなく、意外にも霊的観点があったりします。

 

ただでさえ、「見透かされている感じがする」「何か先を見通している」といった物事の表層ではなく、その奥にある本質を見極めようとするのも、蠍座あるある話です。

例えば「他の人が意識を向けようとしないことまでを感知できる力」「言葉を超えて存在する感情やエネルギーを感じることができる」といったことがさそり座を持つかたの中にはいます。

 

先ほど、さそり座は繊細な方多いといいました(もちろんいろんな人がいますので一概にいえませんが)

 

私の意見では、その「繊細さ」や「想像的なとこからくる感受性」を理解してあげてほしいのです(内面は、自分の中にある深く豊かな内側に奥底に閉じこめてるかたもいます)

その繊細ゆえに、心から人を信頼・信用するのに時間がかかります(本当は深く関わりたいけど、関わることにブレーキをかけることがあるなど…)

 

これは太陽星座だけでなく、欠損とは言え、月星座を持つ方にもいます。

 

人間関係であれば、星の配置からみて、水星を確認するのもいいでしょう。

 

どんな言葉を使って、どんな風に人に接したらいい」のか具体的に考える部分。

この水星は何を持つかを意識して使いながら、コミュニケーションを工夫すると、人間関係がスムーズにいきやすくなったりします。

 

また、繊細ゆえに、心から人を信頼・信用するのに時間がかかり本音が見えにくいとお伝えしましたが、これも太陽星座だけでは一概に言えません。

 

例えば、周囲から「ニコニコして、本当は何を考えているかわからない」と見られがちで裏の顔を作りだすことは、月星座など他の星の配置によってもたされたかもしれません。

 

そんなとき、太陽星座や月星座だけでなく、他の配置を知るとある程度までは解決するかもしれません。もし興味ある方は、以下のリンクを合わせて覗いてみてくださいな。

 

あなた自身の月星座についてもっと知りたい以外にも、

  • あなたの潜められた性質
  • 「長所や短所」
  • ワンポイントアドバイス
  • 開運時期
  • 適職

など興味がありましたら、私自身ココナラサービスを使って鑑定しますので、興味あるかたは、登録だけなら無料なので以下にリンクを貼っておきます。
⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

\\登録無料//

ココナラの公式はこちらから。

 

 

次に上記を登録し終えたら、以下からわたしのココナラページのリンクがあるので、他の星の配置を読み取って、広範囲で鑑定します。
とりしょーの鑑定部屋はこちらから~

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました