占星術・ホロスコープ

【12星座】深く物事の本質を求めて情熱を求める・蠍座について!【ホロスコープ】

【12星座】深く物事の本質を求めて情熱を求める蠍座について!【行動パターン】
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょーです。

 

 

今回は、西洋占星術のさそり座編で紹介します。(13000文字と長文ですがそれぐらいこころ込めて伝えたいのでぜひ!)

特に月がさそり座編で紹介しますが、そんな西洋占星術だったり・・ホロスコープの知識を身に付けられる事で、胡散臭いとか、怪しいとかなかにはオカルト扱いみたいにを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

そして、そんな西洋占星術だったり・・、12星座・・、ホロスコープといった、その名を聞いた事はあっても、以下のような疑問を抱えている人もいるでしょう。

 

それぞれの西洋占星術だったり・・月星座について具体的に知りたい

ホロスコープ勉強したら、どういうメリットがあるの?それでいて、性質傾向だったり・・行動パターンを知ったらどんなメリットあるの?

ホロスコープは、月星座を学べるみたいけど本当?評判はいいの?

ホロスコープはどんなのか知らないからこそ、難しいのかな?

 

今回は、こういった疑問や悩みが解決できる記事となっております。

なぜなら、私もホロスコープをまだまだ勉強している真っ最中で、ホロスコープを学べる内容はもちろん、そこで得られるメリット・需要までハッキリと把握しているからです。

ですから、あなたにとって参考になること間違いないでしょう。

そういうわけで今回は、ホロスコープの簡単な概要から、知るメリット、考察や評判に触れていきたいと思います。
当ページをご覧になって頂くことで、あなたは「さそり座。特に月がさそり座について知れて、頭のなかで腑に落ちなかったことが」がハッキリしてくるでしょう!

 

ちなみに下記の緑の表示は、ココナラアプリですが。いろんな占い師がいろんな占いを出展していて、楽しいですよ。無料なので下記から無料登録してみてください。

【ココナラアプリは下記から。】

【12星座】深く物事の本質を求めて情熱を求める・蠍座について!【ホロスコープ】

【12星座】深く物事の本質を求めて情熱を求める蠍座について!【行動パターン】

さそり座は、第8ハウスのエレメントが水の星座です。
そして、ルーラーは冥王星となります。

その蠍座(さそり座)の意味としては、 受け継ぐものを表します。
なので、西洋占星術では、過去性から約束していたかのように、魂同士の結びつきであるソウルメイトなんていう意味もあります。

また、さそり座は冥王星が守護神だけあって、生死にも関係してくるので、遺産なんていう意味あります。
ほかにも、不動産からの不労所得もさそり座のテリトリーで支配します。

前述のとおり、さそり座、宇宙4元素ののエレメントに属しているので、感情だったり・・情っていうのが関係してきます。

ほかにも、再生と破壊だったり・・復活や変容って意味あります。
そのほかでは、生殖器の意味も関係しているので、たとえば男女の交わりという意味もあるようです。

人には、第六感を使ったように深い洞察力で、相手を見抜き、本質がわかっていることもあります。
なんせ、人とは絆だったり・・深い信頼で繋がりたいので見抜くまで時間はかかることもあるでしょう。

そもそも、さそり座ひとつ前の天秤座がバランス感覚をもち調和を大切にする性格(八方美人で本音がない?)ので、蠍座はひとつのことを徹底的に追求していこうとする役割となっています。(ひとつの前の星座で改良しないとならないのが次の星座となるのです。)
なので、好奇心旺盛なのか・拘りがなくスマートで色々なことに目を向けていた天秤座の性質からさらに一歩踏み込んで「自分の好きとは?」を見つけて集中していくのさそり座の傾向となります。

月星座がさそり座

月星座は欠損 マドモアゼル愛

そもそも、月星座は7歳まで親などから評価されていたことだと言われています。
自分の幼少期の傾向・お子さんの7歳ごろまでの特徴が現れていることがあります。(幼い頃に身についた性質やクセ、生活習慣などが無意識のうちに自分の土台になっていくというイメージです。また幼い子どもたちは自分の欲求にとても素直ですよね。)

例えば、月星座の蠍座の子どもは、「どうしてそのことまでわかるの?」「気持ちが深くで気持ちがいい」「聞き分けがいい」などが多いといわれています。

そして、月星座はさそり座は、他人になかなか心を開くまで時間がかかり、どちらかというと、素直自分の感情を出すよりかは、それを出さないようにするコントロールする術を早いうちから身につけている場合が多いとも言われています。

そもそも、さそりという毒を持った冷血動物のイメージがあります。
しかし、裏腹には、蠍座はとても深い愛情と繊細な感受性の持ち主なのです。もっというと、生に対して真剣な蠍座は、自分が限られた人生の中で関わる人を深く愛そうとするのです。

蠍座は積極的に自分の魅力をアピールするタイプではありませんが、魅力が詰まった星座です。

月がさそり座は、常に周囲の状況を観察し、周りの人のことをよく見ています。
場の空気にも敏感なので、聞き分けがいい子と大人から見られている可能性もあります。
ですが、実際の本人の心内では、様々な感情が起きています。心の深いところでは誰よりも強い意思を秘めてもいますので、その一方で、自分の大切な人に対する愛情は誰よりも深いものでしょう。(母親に対する愛情は深いものかもしれません。母親の言うことや行動を広い心で受けとめようとするでしょう。)
なぜなら、母親は、あなたが生まれて初めて深くかかわる人です。月を満たすには自分を守ってくれる母親のような存在がとても大切なんです。

なので月星座って、母親であったり自分を守り育ててくれる人との幼少期に築いた関係が、その後の人間関係にも大きくかかわってくることもあるのです。もしかしたら、母親の良いところも悪いところもすべて受け入れることで、母親の愛情を得ようとしているのかもしれません。自分でも知らないうちに母親の心の中に意識を向け、母親の望むことを察しているのです。

そんな月星座のさそり座のあなたは魅力的なとこが多いです。
たとえば、最大の武器でも集中力です。
なので、何か情熱的に打つ込めること。そして、着々と準備を進めることもできて、いずれ大事はチャンスが来た時に莫大な成果を上げるだけのパワーが備わっています。

情熱的になってから成果をだそうとするので、周りに柔軟に合わせていくチームワークよりかは、一人のほうがはかどるタイプも多いでしょう。

なので、さそり座はすべて抱え込んでしまうと効率がダウンも。なので、人間関係も重要となります。
なのでたとえば、一例として報連相を心がけで、あなたの周りから力を借りることで、自分だけではできないこともクリアできるようになります。

ですが・・月さそり座は、物静かで口数も少なめな印象という口コミもあります。
そして性格傾向として、「 真実 」を見極めるための目が鋭く、フェイクや表面的に取り繕ったものはすぐにわかってしまうのもさそり座ならではでしょう。

なので、フェイクなどあなたの前でウソをつける人はそうそういないはず。

人間関係は量より質派で、たくさん友達を作るとかよりかは、単独行動も苦にならないでしょう。

ですが、見くびらないでほしいです。
それは、ただただ性格が大人しいだけではありません。

なので、顔など表には出さずとも、心の奥底では常に情熱の炎を燃やしているのです。(何かに没頭することを探して喜びを感じて、自分の目的を手に入れるとなれば、恐るべき集中力を発揮するでしょう。)

予感するという力もあるのでビジネスでは、「大ヒットする予感。」「これが伸びてくる予感。」など予感を使うといいでしょう。

先ほど、同様月さそり座は、不労所得とも相性がいいです。
たとえば、マンション経営だったり・・、駐車場・・不動産関連の資格を取得してリッチへの道を開くなんて聞きます。音楽などのロイヤリティ収入で稼ぐのもありとのことです。

 

月さそり座のひとは下記を参考にどうぞ!

仕事選びでは、「 本当にやりたい仕事 」「 自分じゃないとできない仕事 」を選ばないと、中途半端な結果になるので妥協は苦しくなりNGとなるのです。

自分を癒すには、哲学的なこと見るのもいいですが・・感情も体力もため込みがちなので、定期的に体を動かしす発散は大事です。(エレメントが水なので、呼吸を整えるという意味でもヨガだったり・・特にウォータースポーツだったり・・ダンスがおすすめ。)
他にも幸運掴むには、睡眠の質が金運を左右するので、枕やベッド、布団などの寝具は上質なもので揃えましょう。

占星術には天体が人間の各年齢と対応しているという考え方があります。
例えば、月は0〜7歳の幼少期に当たります。

【深い信頼と絆を求める】月星座蠍座の人間関係はどんな感じ?【心から情熱を求める】

さそり座 絆や信頼が欠損

月がさそり座の人間関係模様はどんなふうなのか紹介します。

占星術界で有名なマドモアゼル愛先生の理論で紹介しようと思います。

マドモアゼル愛先生は、「月は欠損」だっていう考えがあります。

それは、自分に当てはめてみても、「確かになぁとか・・」や「一理あるなぁ・・」ってみずからの感想があります。

そんなマドモアゼル愛先生の理論で、さそり座の月だとすると・・

「人と人の絆を形成できない」とか・・「人と深い愛を結べない」というような。精神的な繋がりがなかなかうまくいかないから、それを追い求めるということしています。ですが、なかなかうまくいかず欠損している・・自分にはなかなか縁がなく(恩恵がなく)違うことにむかっていこうとする月がさそり座のかたもいるとおもいます。

ましてや、”だれとも心のつながりを持てない”という不安感だったり・・孤独感がすごくて、自分をどう扱っていいのかが今やわからなくなっているかたも月がさそり座の人もいると思います。
そして、しまいにはその不安感だったり・・孤独感から逃れるためにお酒に走ってるなどのかたもいると思います。(さそり座の月アスペクトからくるアルコール依存症の可能性があるということ。アルコール依存症をどうこうするよりも、強烈な孤独感をどうしていくか、ってことに向き合う必要があるのだと思います。)

そして、この孤独感と向き合わなければ、アルコール依存を脱したとしても、今度はドラッグやギャンブルなど他の依存へ走ってしまうかたもいるでしょう。(もちろん全員とは言えないが、なかにはいるでしょう。行き過ぎるとこうなると・・

そんな、月星座が蠍座の人は、物事の本質だったり、自分の信じたものと深い部分で繋がりたいという心の土台がもう既にあるということは忘れてはいけません。
初対面の人とは、相手の言葉や行動をよく見定め、どんな人なのかを判断します。
そして、そんな月がさそり座の人は成長するにつれて、人間関係から多くのことを学んでいくでしょう。(時には、本心を隠した表面的な付き合いもありますよね。)

そして人間関係では、月がさそり座の人は、表舞台で人の前に立って先導していくよりも、後ろに控えて支えたり物事を進行したりしていく方が力を発揮できます。
月星座が蠍座の人は、表面上だけの付き合いではなく、「本気で親しくなりたい」と願っているので、どんなことを考えているのかわからなく、把握できないひとは仲良くなろうとしないでしょう。

もっというと、月がさそり座の人の特徴は、人の心の裏が見えるので心から人を信頼するのに時間がかかります。本当は深く関わりたいけど、関わることにブレーキをかけることがあるでしょう。

さそり座って、先を見ているように、物事の表層ではなく、その奥深くにある本質を見極めようとします。もっといつ、HSP体質とは別に、他の人が意識を向けようとしないものまでを感知したり、言葉を超えて存在する感情やエネルギーを感じることができます。ですが、それらを自分の中にある深く豊かな内側に奥底に閉じこめているのです。

月がさそり座さんは、その内面の複雑さと豊かさ、薄っぺらな通念に迎合しないセンスが魅力的でしょう。もっというと、単に印象だけのことでなく、表面的なことに一喜一憂しない蠍座は、人に信頼感や安心感を与えます。

人と人とは、深く濃密な関係性を重視する蠍座は実際にとても誠実です。
誰よりも信頼できる人物で、小さなことでも決して恩を忘れません。

 

月がさそり座のあるあるで、時間をかけても、なかなか心を開けないひとが多いでしょう。
そこで、占星術では、そんなときに活躍するのが水星と言われています。
その水星とは、思考とか考え方みたいな意味もあります。
そして、水星は月と違って意識的に使える部分でもあります。

あなたの生年月日やうまれた時刻でホロスコープをみないと水星はわかりません。
その水星は、「どんな言葉を使って、どんな風に人に接したらいい」のかと具体的に考える部分です。
そうやって水星を意識して使いながら、コミュニケーションを工夫することで、人間関係がスムーズにいきやすくなります。

月がさそり座は、呼吸して、リラックスすることをわたしの考察でしています。
なので、ヨガなどもいいでしょう。人間関係に左右されない情熱的にできることを見つけたら、結果が吉となりやすいかもしれません。

【ストレス解消】蠍座の月の人が心を安定させる方法は?(その1)

月星座を癒す 自分探し

月がさそり座さんで悩んでいるかたも少なくないと思うので、そんな月がさそり座さん向けに心を安定させると言うのか、メンタルケアにもなると思うので、考察したことを記載します。

先に結論からいうと、蠍座の月を安定させるには、自分の中にある感情と向き合うことです。(たとえそれがネガティブに感じられる感情であってもです。)

月がさそり座さんは、深い信頼だったり・・絆を結ぼうとする傾向があるのです。

ですが、そんな見えにくい心と心がみえにくい人間関係で、月がさそり座さんとその相手がなかなか繋がっている感がなく、こころさみしくなっているかたもいると思います。

もっというと、
相手がそこまで自分の感情をくみ取っていない=愛されていないと決めつけちゃうことには注意してほしいのです。
そして、案外その相手からすると、月さそり座さんが胸を痛めていること気づいてないパターンがあるのです。

”相手がそういうことする”=”愛がない”

といように変わってしまったと思うのは早合点かもしれないので注意してほしいですね!
そんな月がさそり座さんがそう思ってしまった時ほど、いったん冷静になって普段の洞察力を発揮できるといいし、これは良し悪しではなく、自分・相手や色んなひとの感情全てをコントレールできるわけではないの忘れないでほしいです。

相手を黙ってコントロールしようとすればするほど、自分がズレたり・ブレブレだったりとパンクしやすいので気を付けてほしいです。もっというと、まずは自分の思いを思い込まずに会話を大事にしながら、実際のコミュニケーションをとっておくことが大事です。

といったことが月がさそり座さんには気になるポイントでもあり、悩んでいることではないでしょうか。

これはあくまでも一例ですし、気になる気にならない次元なので、これ以上は控えさせていただきますが、腑に落ちるひともいると思います。

そもそも、月星座が蠍座の傾向としては、表面的なことにとどまらず、先ほど同様に”深く物事の本質を求めていく情熱”を持っています。
なので、相手の気持ちや自分の状況を冷静に判断し、まだ言葉では表現されていない感覚やエネルギーといったものをキャッチします。(感受性が豊かで、どんなことも敏感に深く感じ取ることができ、さきを見ているかのように、その場の空気だったり・相手の雰囲気を直観的にとらえる性質も兼ね沿揃えています。)

そして、月星座さそり座のひとは、口数が少なく、一見クールで何を考えているかわからないような近寄りがたいと思われがちです。
しかしそれは、「情熱になることを探している」、「何かに夢中になりたい!」、「人と深く関わりたい!」というような、感情が秘めているので周りから気づかれにくかったりします。
また、月星座蠍座の人は、辛抱強いです。なのでどんなにつらい現実だとしても、うやむやにされるより事実を知りたいと考えています。なので、相手に深く介入して探りを入れてしまうこともあるようです。

前述のとおり、感受性豊かなので第六感が優れており、裏側に隠れているものへも敏感に察知できます。
なので、これが良く働くと他者の気持ちに寄り添える優しさだったあります。
そして、そんなさそり座は忍耐があって、勇気があって、置かれた状況や他人に対してじっくりと観察する能力があるのでその長所をうまく活かせることがいいでしょう。ですが太陽星座になるのがいちばん幸せです!(といってもそう簡単ではないのですが・・)

そんな能力を今度は自分の内側へも向けましょう。現実を受けいれるつまり今の自分が感じていることを受け入れていきましょう。
例えば、「今、私は焼きもちや嫉妬している」や「裏切られた。仕返ししたいと思ってる」というネガティブに感じられる感情であったとしても、まずはそれを認めてあげましょう。つまり、ネガティブな感情のその上で、「どうしてそんな感情が湧いているのか」「どうしてそう思うのか」などを理由を丁寧に掘り下げていくことで、魂ますます大きくなって、周囲に対しても影響を与えて、大きな気づきになるでしょう。その結果、もしかしたら表面上の嫉妬や怒りの奥には、「相手ともっと深く心で繋がりたい」「気持ちをわかってほしい」「受け入れてほしい」という思いがあるかもしれません。

そして、さそり座の月星座は、地獄の果てまでと言うキャッチフレーズで言われていますが、それぐらい生命力だったりと・・強力な再生力を兼ね備えています。だから、冥王星の破壊と再生というルーラーも持っているです。

人間関係だったり・・環境が一旦ゼロになっていても、また新しく始めることぐらいは可能なメンタルの強靭さです。(自分の中にある感情と向き合いながら、その根本的な原因や、自分はどうしたいのかという本音を探ることで、今よりももっと安定した状況や関係を築いていくことができるでしょう。)

 

月がさそり座さんが自分を癒すには自分を知ることです!

・秘密主義
・集中力と探求心が高い
・外見はクール
・人と心から繋がりたい
・第六感が優れていて、空気を読むのが得意
など・・

こうした性格が、月星座蠍座の人の「内面」には隠されているのを気づくましょう。
そもそも、さそり座という動物のイメージは、”怖い”とか・・”近づきがたい”といった印象が持たれるそうです。

ですが、芯はとても優しく、恋愛でも友情でも愛情深く他者と関わってくれるのに気が付かないひとが多いでしょう。

【ストレス解消】蠍座の月の人が心を安定させる方法は?(その2)

月がさそり座 心を安定 魂を大きくする 秘密は守るタイプ

前の章を引き続きで、月星座がさそり座のひとが心を安定したり、心がけるべきことを紹介します。
月星座がさそり座のひとにとって大切なことは、これぐらいの感情がわかるだろう言うとこがあるそうですが・・

それは、ロジックてきに「きちんしっかりと相手に伝えていこう」という姿勢は大事なのです。

月星座のさそり座の人は、目の前の人と表面上だけではない。
例えば、「信頼の蓄積とか・・」、「絆っていうのが深い結びつきを求めます。」

なので、相手とお互いに許し合って、何もかも受け入れあえる存在でありたいと願っているのです。
一度築き上げた相手との関係だったり・・、信頼を失うことに大きな恐れを抱く傾向があるそうです。そして、相手を失いたくないばかりに、自分の本当の感情や気持ちを内側にしまい込み、表現することが怖くなってしまうこともあるのです。
ですが人間ですので、ずっと自分の感情を押し込めていると、いつか爆発してしまうかもしれません。貯めて貯めて怒り爆発するタイプですね。
月星座は、さそり座は、憶病なとこがあって、忍耐つよいですが、とても繊細な星座です。
それが理解されずらいのに、非常に強い底力を秘めた星座です。ミステリアスと言いますか、なんといっていいかわかりませんが・・。(感情の矛先が自分に向いてしまうと必要以上に自分を追い詰めてしまうかもしれませんし、相手に向けば強烈な執着や嫉妬を生み出してしまうかもしれません。)

 

そんな月がさそり座さんの、怒り、感情が爆発してしまう前に、自分の中にある本当の気持ちを認め、受け入れていく必要があります!(ですがどんなに些細な小さな感情であっても、それは大切な自分の一部です)

 

そして、本当の気持ちを認めるのは、分かったが・・

月星座が蠍座の人で、実は自分の心に次のような望みだったり・・欲求を持っていませんか?

 

なにかに夢中になりたい

バレるのが怖い

秘密主義

誰かと心の深いところで結ばれたい

ものごとを一旦終わりにして、また新しく気分を一新したい

真実を知りたい

中途半端にせず、最後までやり抜きたい

大きな影響力を持ちたい

 

さそり座の月は、意識的に努力したからといって身につけられるものではないのです。
むしろ、あなたが自然体でリラックスしている時に発揮されるものです。(ゆったりとリラックスして、その魅力を解放してあげてください)

そんな風に、さそり座の月のひとが感じていることは無意識なことなので、つい見過ごしたり、見て見ぬ振りをしてしまいがちかもしれませんね・・そして、なんとなく心が満たされない、居心地が悪い感じがするなど・・

そういうときは、あなたの月の何かを知らせようとしてくれているのかもしれません。自分の持つ月の性質だったり・・、望むものを知ることで、あなたの心の安定にもなって、意識して表現できる可能性があります。

さそり座の月は、不思議な存在感と無視できない魅力に満ちた星座だと考察しているので自信もってくださいね!
その月星座がさそり座として与えられた人は「なぜかわからないけれど惹き付けられてしまう」といったタイプのミステリアスで不思議な、そしてあらがい難い魅力が備わっています。(相手からすると、その魅力の正体が知りたくて近づいてみても、決して解き明かすことができない…、だからますます気になってしまう、そんなミステリアスな魅力がにじみ出てしまうのでしょう。)

また、私生活では、家族思いのさそり座にとっては、仕事に追われ家族との時間が少なくなることで、とたんに心が不安定になってしまうことも視野に入れたうえで動きましょう。

月星座の力って、無意識のうちに働くのです。
なので、同じ失敗を繰り返してしまうということは、月星座の蠍座の力が悪い方向に働いているかもしれないので、俯瞰してみて!

月星座蠍座さんへの、最適なストレス解消法は以下の通りです。

・汗を流すこと(激しめのエクササイズ)
・没頭できるもの探す(自分の趣味に没頭できる吉)
・呼吸とかでヨガや写経が良いでしょう。

他にも考えてかたは変えて対応する!(心の中を一度サッパリさせることがストレス解消します)
自分のことを認めて、受け入れることができたときに初めて、相手との関係も一歩進んだものになることも視野に!

月星座が蠍座の人は「ひとと気持ちで繋がっていて、信頼関係を築く」というのは大きなテーマです。
なので、恐れずに、今の正直な感情だったり・・気持ちを受け入れ、外へ表現することを意識してみましょう。

月星座蠍座の「恋愛傾向」の適職だったり・・【診断】

恋愛に関しても、深い信頼でつながることを大切にします。前項で触れましたが、恋愛に対しては一途で深い心の結びつき・愛情を貫くのが月星座蠍座の特徴です。

なので、完璧主義でないですが、相手に嘘がなく、自分が愛されていると確信できると相手には一途に心を尽くすのです。ですが恋愛面でも、自分が注ぐ愛情と同等の愛情を相手にも求めてしまうので、嫉妬深くなってしまうのです。人との間にある空気だったり・・お互いのやり取りを鋭く観察することで、不思議な雰囲気の人だと思われることもあるのでそれも視野に入れてひとと接していこう!

一概には言えませんが、そんな深い愛とか、強い信頼から恋愛に移行していく蠍座の恋愛は、時間をかけて育てる恋愛となるでしょう。ですので、恋人のことなら何でも知りたがるし受け入れようとする蠍座の気持ちが、相手からすると時には「重い」と取られてしまう場合もあるでしょう。

 

そして、月星座が蠍座の「適職」も触れていきます。
月星座が蠍座の人は、相手を深く見極める洞察力も優れています。
仕事においては、この洞察力や探求心を生かすと本領を発揮でき満足感が高まりそうです。また、人から頼られることも好きなので、自分の成果が会社の評価ではなく、直接目に見えて自分で感じられる仕事の方がやりがいが持てるでしょう。

研究者や学者など、探求心を生かして自分が興味を持った分野のエキスパートを目指すのも良いとのことです。

他にも前述では、不労所得と言いましたが・・会社員でいるよりも、独立する方が成果が目に見えるのでやりがいにもなるのでオススメです。(誰かの役に立ってこそ心が充足する月星座蠍座は、最初は独りでも徐々に他者を巻き込むような展開をしていくことで、ビジネス的にも自分自身にとってもプラスに働くそうです。)

他にも、人々の安全を守るという使命にもやりがいを強く感じられるでしょう!なので、洞察力を持って他者と接していく面では、警察官や特に刑事に向いていると言われいています。

ですが・・月がさそり座の適職で注意したいことは、頼られるとその分応えようとしてしまうさそり座の気質です。なので、安請け合いでなんでも引き受けてしまわないように気をつけましょう。

仕事と家庭の優先順位を確認しながら進めていくことが月星座がさそり座にとっては大切でしょう。

 

月がさそり座のひとが恋愛面では、一途さと堅実さから、付き合ったら結婚まで考える傾向も強いのが月星座さそり座です。そのため、軽い気持ちの遊び感覚の付き合いは向いていないし苦手でしょう。

また、恋愛面では、遠距離恋愛となると、相手を待たずに自分からどんどんと追いかけていくかもしれませんね。なので、大好きな人を常にそばに感じていたいので、ペンダントにいれた写真や思い出の品を身に着けることは、心のお守りにもなる月がさそり座さんもいるそうです。

まとめ

今回の記事は、占い好き必見です。

そして、月星座がさそり座の人の性格だったり・・、幼少期の母親との関係や人間関係、心が安定する方法などをご紹介しましたが、どうだったでしょうか。

長文でしたが、自分で「なんだかうまくいかないな」とか「うまく自分らしさを発揮できないな」ってときは、月星座を安定させることを心がけてみてください。

ホロスコープではよく言われるのが下記となっています。

 

太陽が「動」、月が「静」
太陽が「外」、月が「内」

表裏一体の関係性を想像してください。

※つまり、占星術には天体が人間の各年齢と対応しているという考え方があります。

 

その月星座は、0〜7歳の幼少期に当たりますが、幼い頃に身についた性質やクセ、生活習慣などが無意識のうちに自分の土台になっていくというイメージです。(幼い子どもたちは自分の欲求にとても素直ですよね。)まず社会よりかは、「自分のことで精一杯」な時期です。このことから、月星座を見ると自分の幼少期の傾向であったり、お子さんの7歳ごろまでの特徴が現れていることもあります。

月星座によって、それぞれにあった行動パターンの傾向があります。

ずっと我慢するかのように、あなたらしさが出せないでいると、イライラしやすくなります。
なので、訳もなく心が騒ぐ時には、あなたの中の月星座が満たされていない状態と言えるでしょう。
本来は、自分の持つ月の性質や望むものを知ることで、意識して表現できるようにしてみましょう。(心の土台を手に入れることで、あなたはもっと輝いていけます。)

なので、まずはあなたの月星座が何を伝えたがっているのか、じっくり耳を傾けてみてください。あなたが自分自身に対する思い込みを捨てて、あなた自身でいることを受け入れた時、ふと意外にかたちで表れくるかもしれません。ぜひゆったりとリラックスして、あなたの月星座の素晴らしい魅力を解放してあげてください。そのときにでるインナーチャイルドも出てくるかもしれません。

ちなみに、私は占星術やホロスコープといった分野を勉強して、5年以上は経っています。(知ったのは10年以上前にもなりますが)

そもそもわたしも最初は、占いって「怖い」とか・・「ありえない世界だ」っていうほうでした。
しかし、皆さんが知っている朝の番組、12星座占いってありますよね?

それぐらいエンターテインメントとしても活躍している分野ですよ。

わたしはもともと、占いとか精神世界の分野みたいな今回の記事に関してはもともと興味がなかったです。
しかし、月星座が持つ魅力は、その人から無意識のうちに、どことなく漂う「引力」のようなものと言われています。人が社会の中で生きていくうえで表面的に出てくる傾向は、月星座より太陽星座の性質に大きく影響されるのです。

そして、独自視点・自分でも、12星座占いの情報収集をしていると、「なるほどー。」とか「否定出来ないなー。」とか「ちょっと確信に迫りたいからもうちょっと見てみよう」って思えてくるからこそ勉強をしているのです。
占ってもらったことがあるかたもいると思います。なかには、「当たっている!」という風に思ったかたも少なくないと思います。
西洋占星術って、100パーセントの正解ではなくても、性質傾向が当たるのです。(一度はやってほしいです)

もし、あなたが今回の記事ようなことに興味があって、時間がないし、なんだか怖いから~テキストベースで占ってほしいとかであれば・・わたしの出展に来るのもどうでしょうか。
わたしは、現在ココナラアプリにて、西洋占星術鑑定を期間限定で500円のワンコインで、手ごろな金額で占い鑑定をしていますので興味あればどうぞ。ほかの占い師さんもいるので楽しいので興味あるかたはぜひどうぞ!
ちなみにココナラアプリを登録しないと、鑑定が出来ないので数分で終わり無料なので下記からココナラアプリを登録してくださいね。

【ココナラアプリ登録は下記から】

※登録したら、下記のリンクからわたしの12星座の西洋占星術の鑑定部屋に入れます。
>>参考:ココナラアプリ・とりしょーの占い鑑定はこちらから~

タイトルとURLをコピーしました