【性格が悪いから友達いないのか?】射手座(いてざ)の最強説はある意味本当!

【性格が悪いから友達いないのか?】射手座(いてざ)の最強説はある意味本当!
とりしょーをフォローする
とりしょー
とりしょー

読者さん。
占い師のとりしょー(@torishow)です。

 

  • 射手座は、どんな星座?
  • 射手座のポジティブにもネガティブにも噂がたってるが気になっていた。
  • 月星座も合わせて射手座の特徴より知りたい。

…そんな方はぜひお読みいただければと思います。

 

射手座は、理解力があって行動的な人が多いです。
頭がキレっキレで、ちょっと攻撃的だがリーダーシップの発揮出来たり、なんでも出来ちゃうし、相手に対して「心に刺さるような言葉をスバッと言える」実力者でもあります。

 

本記事では、太陽が射手座について意外にも「月星座が射手座」に対しても解説します。

最後まで読むと、本能的な行動があるが、理解する力が高くて、哲学的に生きれる射手座の魅力がわかってくるでしょう。

 

 

本記事の内容まとめ
  • 男性女性問わず、射手座の性格や行動パターン
  • 射手座の短所?それは長所?
  • 【欠損】射手座について
  • 射手座のストレス発散方法
  • 射手座の恋愛面【心理】
  • まとめ

 

 

【本記事を書いている人】

 

 

 

とりしょー
とりしょー

私自身が占い師でもありますが、近年でも「星座占い」は人気があって、たくさんの占星術師がいますが、12星座を実体験から考察したり、肌感覚の視点で各星座の魅力ポイントなどを解説する情報発信者は「まだまだ少ない」のが現状です。なので他の記事にはないエンタメとしても楽しめるでしょう。

 

 

それでは、本題に入って行きましょう。
※補足:出来たら太陽星座だけの判断では、イマイチでもあり「水星」「月星座」なども確認しましょう(ぜひ私に聞いてください。)
※補足:本記事は否定や侮辱してるわけでなく、ブラックジョーク交えつつもエンターテインメントとして、占い師のわたしから主観で解説する記事なので予めご了承ください。

 

\\悩みがなくなる//
ココナラ占いは、私人も売り買いをしている大変使い勝手のいいサービスです。
もしあなたが占い師さんに鑑定してもらった後「見据える結果」が出るでしょう。ぜひ今すぐお申し込みください。⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

 

 

【最強説】射手座(いてざ)の性格は、自由奔放で言葉が刺さるようにキツイ…

【性格が悪いから友達いないのか?】射手座(いてざ)の最強説はある意味本当!

とりしょー
とりしょー

射手座は、木星のルーラーであり、エレメンツは火の星座です。

なので自身のもっている「主義・主張」や「拡大・発展」という意味と大きく関係します。

 

 

先にいうと、射手座のキーワードは「わたしは、理解する」です。

 

太陽が射手座に持つ方は、実力主義でリーダーシップも発揮できて、自由奔放で本能的な部分はあっても、高いレベルのとこまで理解する力があるので「基本的に頭のいい人が多い」印象があります。
※頭がいい定義はさておき。

 

とりしょー
とりしょー

瞬時に発する一言がキツいなど…

 

太陽星座が射手座のは、男女問わず「11月23日~12月22日」(出入りに違いあるのでホロスコープ要確認)

 

まず独自としてわたしの感想で、射手座を持つ人は、

「自由な動き」「孤高の哲学者」というフレーズがぴったりな星座という印象です。
実力主義であったり、頭脳明晰で行動力があって「なんでもできちゃう」人が比較的多いです(勝手なイメージ)

 

 

 ネット上のワードに上がってたので、お伝えしますが、「射手座最強説」は、全ての人に当てはまるわけではありませんが、本当だと思います。

 

なぜなら射手座の人にとって、

  • 高等なレベルでもこなしていける
  • 生き方。哲学的ないきかたもいける。
  • もちろん頭の回転が早く、深く理解する力はあるし。
  • 火の星座で、男性的なので、行動力はある。
  • 難しいことでもなんでも卒となくこなせる。

 

という意味でも、難しいことでも器用にこなせていけるので「実力のリーダー」としても活躍するし、そういった意味でも最強説に繋がっていくのでは?考察してます。

 

射手座の最強説は本当だ!

射手座 最強説

 

とりしょー
とりしょー

余談ですけど、射手座の方って行動的だけど「太りやすい人が多い」って聞いたことありませんか。

実際に身体を壊したり、自由でいたい星座なのに制限かけられて、「顔」「お腹」にしても、ぷくっと太ってしまうかたが多いですよ。

哲学的考えないといけない運命で、それなりに「失敗や生き方」を学ぶために「ストレスの付き合い方」までも考えないといけなかったりする人もいる。

 

話しはそれましたが、射手座の最強説は本当だと思います。

 

火のエレメンツであって、男性的で「行動力や瞬発力」があるので、社会や世間に対して示す力もあって正義のある方も多いです。

例えば、料理、仕事でも子育てにしても、一遍にこなしたり、あれこれやりながら、卒となくこなせるのが射手座の凄さでもあります。

 

射手座は「顔は人間で下半身が動物」です。 手にはを持ってます。

 

その点から「頭脳は人間らしく知的さ」はあっても、下半身が動物なので、自由に動き回ったり、本能的な動きをするのも射手座行動パターンに関係してきます。

 

なので射手座に対して、一貫性の違和感を抱いたかたも少なくないでしょう。(なぜなら下半身が動物的)

 

射手座は「弓」をもってます。

その弓は、言葉に変えると「相手の心に突き刺さる」ような発言だったり、相手の腑に落ちないことでも突き刺さるような言動で納得させたり、悪く出るとその突き刺さる言葉が「怖い」「性格がキツイ」「暴言」といったことからネットのワードに挙がってた性格悪いや怖い印象に繋がってきてるかもしれません。

 

なので一概にいえませんが、「射手座の最強説」は本当なのかは、最強という武器は十分内側に潜めてるでしょうです。

 

とりしょー
とりしょー

わたしも射手座のかたと接する機会はそこそこあって、家族や友達とは言え、発する言葉が「核心をつかれた」「言動がドキッとする」「ビクッとした~」という感想はよくありました。なので変に誤魔化したり、卑怯な真似はやめましょう!笑

 

12星座の総まとめして、性格診断にもなる記事もあるので興味ある方は、下記のリンクからどうぞ。
>>参考:12星座の性格診断一覧【性格あるある】【特徴傾向】【人間分析シリーズ】

 

 

【一理として最強説は好奇心高いから?】太陽射手座(いてざ)は理解に強い。経験もあるので本当に大切なこと。本質的なことも知ってる哲学者。

【一理として最強説は好奇心高いため】太陽射手座(いてざ)は理解できる人が多い。経験もあるので本当に大切なこと。本質的なことも知っている。

 

とりしょー
とりしょー

射手座は木星がルーラーなので「拡大・発展」という意味があります。
例えば、物でも形でもそこに近寄って活発に展開を求めていくぐらいまで切り開くことをできるのもの射手座さんです。

 

 

射手座は、エレメンツが火で、ルーラーが木星だけあって、

物事に対して「挑戦的で成果をあげること」に心を燃やします。

 

やぎ座のようにコツコツ時間をかけて勤勉さをもって努力して進めていくよりかは、好奇心旺盛で気持ちに一度スイッチが入ると情熱をあらわにしながら、その目標に向かって一気に突き進んでいく瞬発的な短期的な行動になりがちなのが射手座の特徴。

 

とりしょー
とりしょー

「パッと動く身軽さ」や「その時の瞬時な判断力」もある。

 

そんな射手座は、人間関係においても、楽観主義でフランクにオープンマインドで接していくかたが多いです。
柔軟性があり、物事のこだわりがなく、先さきと考えずに「動く大胆さ」もあるので、旅行に行くにしても、帰り交通費や時間のことまであまり考えずに「どこまでも遠くへと出かけて行ってしまうがち」な特徴があります。

 

そんな射手座の特徴が「フランクさやオープンさ」として勇敢にみえます。

 

 

しかし射手座は、全く不安を抱かないといえば、けしてそうじゃありません。

なぜなら、射手座は哲学的にも考えれる知的な面もありだけあって、「悩み」や「葛藤」というワードにも大きく関係してくるからです。つまり人間にとっての「本当に大切なものを理解している」のも射手座だと考察しています。

例えるなら、哲学者が悟りをひらいたことから、「本当の人生の始まり」を物語っているかのように。

 

けしてフランクで楽観的であまり考えていないようにみえても、実はわかっていて、人生に対することに興味が強く、とても勇敢で好奇心旺盛なのが射手座の特徴です。

 

 

頭もよくて、理解力も高く、行動力もあるので、物事を簡単に成し遂げられます。

なので人間関係においても、なんでも出来る好奇心旺盛な射手座からすると、見知らぬものとの出会いは「大好物」といってもいいでしょう。

 

【性格は悪いわけではない】射手座のいい点、悪い点を考察【友達がいないわけじゃない。孤高になりがち…】

【あるある】射手座(いてざ)の性格は、自由奔放。

とりしょー
とりしょー

頭もよくて、好奇心旺盛で、一度スイッチが入ると情熱をあらわにして、目的にに向かって一気に突き進んでいく瞬発的な動きができたりと何でもできる射手座の以外な面として、「苦手」や「短所」もあるのだ。本章で解説してくぞ。

 

射手座(いてざ)の人生のテーマは、お互いの相違点があっても「楽しむこと」「違いを乗り越える」ことができる普遍的な真理といったこだと思っております。そんな木星ルーラだけある射手座は、形を変えていくなら、枠組みから変えることができるという意味でも、前述通り「拡大・発展」の意味があります。

 

ですが…

自由奔放で、衝動的な星座だけあって、悪く出たら次のことがおきることも…

 

  • 思ったことは、その場で行動に移さずにはいられない性なので、結果論でみるとルールや周囲の意向を無視する。
  • 自分勝手で、非常識で、チームワークを乱す

といったような印象をもたれてしまうこともあります。

 

いて座は、哲学的にも賢いのわかっていると思いますが、自由奔放が行き過ぎることで、問題があるのをしっておいてください。

自由と放埓(ほうらつ)を区別して、行動するように心がけよう。
※自由とは、責任をもって行動すること(結婚の自由、やり放題も自由、どんな思想をもつも自由。ただし責任は自由を得た代わりに責任は自分でとる)
※放埓は、野獣のような、責任を取りたくない。私は好き放題して、他人の迷惑なんかどうでもいい。

を考えていってほしいです。

 

 

他にも、射手座さんの短所の観点でいう「評判」をリサーチすると…
挑戦的な性があり、一度気持ちにスイッチが入ると目標に向かって情熱をあらわにしますが…飽きやすいというのが難点があります。

とりしょー
とりしょー

飽きっぽいからいけないとかは、いったん抜きにして…

 

わたしの見てきた射手座のかたは、好奇心は旺盛だけあるので、やろうと思えばなんでもできますが、「始めたことの結果が見てきた」「答えがわかる」と、飽きて違うことに向かっていくかたが多い印象があります。

考察では、広く浅くのタイプ(けして、一つのことを深く掘り下げていくタイプではない…)

 

そもそも、自由と放埓(ほうらつ)の話をしましたが、
射手座のかた自身が、やっている自由を自由だと思っていないケースが高く…まったく本人は悪気がなく、無頓着なだけだったという考察をしています。

 

なので、射手座(いてざ)はこちらが率直に悪いことがあるなら、言いたいことを伝えれば、意外と素直に反省する方が多いです。

とりしょー
とりしょー

占星術的に言うと…木星ルーラーで柔軟宮で、火の星座という「女性的よりもかなりの男性的な一面が高い」ことから…自由奔放さに気になり過ぎるのであれば、まず率直な意見を言ってみてもいいかもしれません。

 

本章で、射手座の自由奔放さがわかったと思います。
他にも、いろんな観点から「意見や評価している」かたもいるのは存じています。

なかには、

  • 射手座の自由についていけない。
  • 行動に呆れてきた

って思っているかたもいるでしょう。

 

だけど、本人は「自由奔放」を自由という意識がないのは理解してあげたほうが吉。

 

 、もう一つ。

 

ほかにも、射手座にとって苦痛と感じることがあるのでその点も知っておいてください。次の通り。

  • 縛られること
  • 自由を奪われるし、命令されること
  • 成果主義な性格的なとこから、出来るとわかっていることには、やっても意味がないと感じること
  • じっと静止して、つまらないとこでの我慢しなければならない状況(誰よりも早くその状況から離脱するでしょう。)

ぜひ上記の記載した点を知り、円滑な関係やお互いの関係の尊重としても知っておいてほしいと一個人では、思っております。

 

射手座(いてざ)さんにメッセージ。
なんでも過剰になってしまう傾向があります。例えば、食事面で、普段から暴飲暴食になってしまったり…結婚後に太ってしまう方も多くいることから、病気にも注意。ぜひ、日ごろの運動や食事管理を徹底して、生活習慣は意識した方がいいですよ。

【欠損】月星座が射手座(いてざ)の特徴【マドモアゼル・愛の理論】

 

とりしょー
とりしょー

本章では、月星座が射手座(いてざ)についてを考察案から解説します。

 

「月が射手座の子供時代」はいかがだったでしょうか。

 

親のいうことを聞かなくても、わかってたり、わからなくても成長の早い段階で物事がわかってくるかたも多いです。

もし親御さんで「月が射手座の子」がいましたら「自由奔放さと自己中」のバランスを教えるといいでしょう。「自己中or自由奔放さの違い」を教える必要があるので自分自身も内省したりすることでしょう。

 

 

月星座が射手座について解説します。
結論で言うと、月星座の射手座は「物事を理解することが出来ない」となります。

なぜなら、太陽が射手座のキーワードは「我、理解す」だからです。
それが月星座の射手座を持つことで「我、理解す」がないのです。

 

これは太陽星座が射手座であれば、物事を理解できる人。理解力のある人になります。

 

しかし月は「欠損」で幻影なので、月星座に射手座をもつかたは、

欠損なのである程度のことはできても「物事を理解できない人」になってしまうのです。

 

 

 

例えば、月星座に射手座をもつことで、以下のことが起こるでしょう。

  • 理解できているようで、行動が伴っていない。
  • 理解してる風だけど、肝心なことでわかっていない。完成度の低いもの。
  • 社会正義持っていても、自分の損得なるとあっさりと正義を捨て去る。
  • 理解していないわけじゃないけど、イザって時に「周囲の評価」もあり言えなくなる。
  • 本当は自分自身で考えて、理解することができない。
  • 発展性のないことばかりで、実は人を引っ張っていく力に自信がない。
  • 主義主張に偏りがでてきても、出来ない自分を認められないので、固執した考えで貫こうとするがやがて限界がくる。

 

 

月星座が射手座は「ある程度のことまでは理解できますが、本当の部分はそこまで理解できていない」人が多い印象を見受けられます。

詳しいことは「noteはこちらから」の方で解説してますが、月射手座のかたにオススメしたい考え方があります。

それは「出来る」「出来なきゃいけない」「出来ないことは問題」といったような「高度な自己イメージ」に捉われると自分の首を絞めるようなものとなります。

なので最初から、

  • 「自分はそんなに立派じゃない人間だ…」
  • 「結構適当で軽い人間かもしれないな~…」
  • 「7歳までに出来上がった基準。育ての親からよく褒められた言葉が「出来る」「出来ない」によって、確立してしまった価値基準。
  • その褒めらた経験から「勉強も学び」もそのため自分の心から浮き上がったことではなく、社会や世間の評価に過ぎなく、本当はポーズにしかすぎなかったことだった。

 

といったように、一例で一概にはいえませんが、そんなことを内観して認めることはいいこです。

そうした「幻想」だと気がつくと、あなたの本当の人生に手ごたえがあるスタートとなるでしょう。

 

例えば、あんだけプライドが高く、意見を曲げない「出来ない自分」を認めることが出来ただけでも大きな進歩です。

 

 

内省をして、「実はこれは幻影」だと気がつくだけでも、月星座におけるマイナスなエネルギーを受けない方向になっていきます。

 、以下のことがなかったかもう一度改めてみてください。

  • 「自我の欠損」せっかく主義や主張があっても、いい人になってしまって、本当は自由でいたいのに、責務が増えて本来いたい自由さが奪われた。
  • 「論理性や形だけ」のモノだけの判断で、すぐに息詰まるったことがあった。
  • 「理解できていない」「わかっていなかった」という自分の間違いを認められないだけあって、暴言を発してしまう自分がいた。
  • ある程度のことはこなせても、本当に深い学問に進むほど能力があるのか不安や疑問なってきた。なので「どこかで読んだモノ。誰かが言ったもの」でしかいえない自分がいた。

 

といったをことがあれば、月星座による負のエネルギーによって、本来の太陽星座の正のエネルギーを獲得するチャンスが遠ざかったかもしれません。

 

月星座の火の星座は「自我」をもとうしますが「月は欠損」なので月に囚われることで、月が射手座のかたであれば「自分の至らない考えに固執する」だけの発展性のない生涯になります。

 

例えば、「理解する力の欠損」なのである程度はこなせたても、品質の高い世界では、「ボロがでたり」「完成度に抜け目が出てきたり」と自身でも能力に不安を感じるかたも多いです。
かといって「理解できない」という自分を「絶対に受け入れない」ので、大半の人は自分の思ったことは絶対視して、間違った信念に貫徹しやすいが「理解力と判断力」に問題があるなんて思ってもいません。ですが、偶然にうまいこと運ぶことがあっても、クオリティの高い世界に行きたいと思うならば、間違った信念に固執してるので。いつかは連続して進むことなくどこかでボロがでたり、すぐに限界が訪れます。
かといって、賢さはあって、そのボロが出たり、限界値も想定できるので世の中をうまく進むには、「受け身でいかねば世に渡っていけないと思うので、社会の正義を持ちつつも、「感じの良い態度、言動」が重要となる主義や主張を持つ方が多いことでしょう。

 

 

月が射手座のかたは、小さなことをいつまでもウジウジ思い悩んだり、小さなことにネチネチする執着するかたは少ないでしょう(他の星座の配置や生きてきた環境にも寄りますが…)

 

基本的に「隠し事」や「人の陰口」は大嫌いなので、「うじうじ」「ねちねちした性格のかたは合わない」かもしれませんね。

 

太陽星座も同様に射手座にとって、知らない人との出会いは、新しい刺激を与えてくれるアドベンチャーであり、その知らない人の中にいても、自分がこれまで見たことのないものを見い出す力があり、「それは楽しい」と思えるの考えを持てるのが射手座の魅力点だったりします。そんな一面から、基本的に知らないことの探求心も含め、知らない世界へのアドベンチャーの世界へと動けるので、どんどん進むことは出来ます。

 

本章で紹介した内容の月星座に捉われることで「自分の至らない考えに固執する」発展性のない生涯になることは占い師であるわたしの考えとしても、肝に銘じて頂けたらなと思ってます。

 

理解の欠損」や「物事を理解できない」があって、認めてしまうだけでもだいぶん人生が変わっていき、負のエネルギーではなく、太陽星座(運命・本来いくべきところ)の陽のエネルギーへとなるので、過ごしやすくなるでしょう。

 

今回は、欠損についての大まかな流れです。

 

「月星座を乗り越えるコツ」とか「どのように考えたらいいのか」と思うかたは「月星座が射手座の欠損」についてもっと掘り下げて絞った記事があるので、興味ある方は以下のリンクも合わせてどうぞ。
ワンコインでnote販売となります。

 

 

 もう一点あります。

以下のかたは補足としてお伝えしきれないことがあるので、わたしの出展のほうで鑑定します。

  • 新月生まれの方(太陽と月が同じ)

  • 他にも「太陽と月」が真逆のオッポジション生まれ

     

    上記の方は、太陽星座の発見や獲得のスピードが違ったりと本記事の説明だけだと伝えきれない部分があるので、以下のリンクから私のココナラ占いを介して受け付けます。

     

     

    占い鑑定に興味ある方は、まずはココナラ占い を使って確認しましょう。
    今から遅くても三か月後には「見据える結果」が出てきますよ。

    ぜひ今すぐお申し込みください。
    ⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

    \\悩みがわかる//

     

     

    とりしょー
    とりしょー

    是非、上記からココナラ占い を登録後、「以下にURL」があるので覗いてみてください~!!

     

    >>【とりしょーの鑑定ページURL】とりしょーの鑑定部屋はこちらをクリック。

     

     

    とりしょー
    とりしょー

    月星座の欠損は、太陽と月が同じ「新月生まれ」とか、太陽と月が真逆の「オッポジション生まれ」となると、補足があったり、まだ伝えきれない部分があります。

    そこでもし興味がある方は、ココナラ占い 方で出展しますのでお気楽にご連絡ください。

     

    • 「あなたの潜められた性質」
    • 「長所や短所」
    • 「開運時期」
    • 「適職」
    • 「ワンポイントアドバイス」

    を占わせていただきます!

    【ストレス発散方法】射手座(いてざ)は、理想を追い求めることの難しさを知っている。

     

    とりしょー
    とりしょー

    太陽星座然り…射手座は、意外にもストレスを抱えている。本人もストレスだと思っていないことから、フラストレーションの蓄積の露呈として体に症状がでるかたがいます。

     

    なので、ストレス発散方法を解説します。

     

    自由を自由だと自覚ないことからの結果として…
    射手座らしさの明るさと対等に付き合える大らかさを持ってしまっているかたもいます。

     

    もっというと、自由を自由と思っていないからこその「行動力に繋がる」=「リスクあまりかんがえていないけどなんとかなっている」ことが起きているでしょう(人による)

    、無造作で不用意な行動が多い経験をたくさんしてきているために、理想を追い求めることの難しさもよく知っていたりします。

    その難しに伴い、真理を持っていることから「夢・理想ばかり」を語る人には、嫌悪感を抱くことに繋がっているかたも多いと考察しています。

     

    ストレスの原因として、夢や理想ばかり語る人はもちろん…
    自分自身が理想を追い求めていくことを我慢してしまうのもフラストレーションに繋がってしまっては、行動に制限をかけて、一例ですが、暴飲暴食に走るというケースこともあるので、問題点がでてくるので打開策を生みだすといいと考察しています。

     

    射手座は、「行動というワード」にとても縁が深いので、制限されることは辛いのではないでしょうか。

    他にも、

    • 遠くに
    • 外国

    というワードにも縁があるので、ストレス発散方法としても外国旅行はいかかでしょうか。

     

     

    とりしょー
    とりしょー

    賢く、あたまのいい星座なので、外国語なんか現地ですぐ習得できる方も多いでしょう。

     

    比べて射手座の真逆である星座の双子座を例題にすると、リスクを考えてあれこれ考えて、リスクを考えて決められない。リスク考えて大きくは進まない。最悪被害妄想にも…ってことはありますが…

     

    射手座は、賢く本能的に動いた結果をリスクを乗り越えちゃうこともあるので、なんとでもなるので、現地で外国語を習得はお手のものだったりします。

     

     

    行動的で、動いていることは当たり前な射手座。
    だからこその「旅行いったり…ときには賑やかな環境で過ごす」のはフラストレーションの解消に繋がります。

     

    射手座は、スケールが大きく楽天的で快活ですが、その反面、無造作で不用意な行動が多いため、理想を追い求めることの難しさをよく知っています。なので、夢や理想論ばかり語るかたは注意してね。

    自由を自由だと思っていないは抜きにして、自由主義なので束縛を嫌います。

    自由な時間がない」「束縛は自由を奪う」ので、例えば、義母父との同居は無理な方が多いと考察しています。

     

     

    【恋愛面】射手座の性格を知っておこう【A型、B型、O型、AB型問わずの考察】

     

    射手座の恋愛面をざっくり解説していきます。

    恋愛するとどうなるか?次の通り。

    • 好きになると情熱が一気に燃え上がる。
    • 異性に対しても、アプローチは積極的(火の星座で、木星のルーラの持ち主なので、行動力があり男性的)
    • 気分次第

    といったことではないでしょうか。

     

    もちろん、性質上として好奇心旺盛で、ちょっとの危険でリスクがあるほうが…むしろ恋の方が燃え上がることもあるようです。

     

    頭脳明晰で、追いかけられるより追いかけることも好奇心としての刺激があっていいしょう。
    ですが、それはある程度やりたいことができないと気持ちが乗らないし、結婚するにも気持ち次第だってかたも少なくです。

    【余談】
    射手座のかたと結婚したら、仕事でも家庭や子育てなど、活発にいろいろなことを同時にできてしまう器用さがあり、行動力もあるので、結婚後も働いたり、趣味なども結婚前と変わりなく続けたりする人が多いと聞きます。

     

     

    プチ情報。

    ・射手座の仕事面では、転職回数が多いそうです(運命的といえばそうかも)
    気分次第にもなるかもしれませんが…自分がいいと思ったことをするとタイプです。

    ・自由奔放なので、仮に約束を交わしても、当てにしすぎないことがトラブルを避ける秘訣という声もあったので全員に当てはまるかは別として、参考に!

     

    ある程度のことは卒なくこなせて、それが高い長所の裏返しとして副作用になることも。
    高みを目指す傾向はありますが、
    しかし、全員が全員その高い能力についていけるかといえば、違っています。
    例えば、その高い能力がゆえに、相手からしたら追求された、突き詰められたとプレッシャーを感じて、窮屈にさせてしまう場合もあります。

    【みずがめ座の自由とは違う】まとめ

     

    射手座の「行動的」な本質的な理由が少しでもわかってきたかと思います。

     

    「自由奔放さ」がかなり関係しているってことがわかったかと思います。

     

     

    月星座が射手座さんの今生で乗り越えるべきポイントにも触れたのでぜひ参考していただければ幸いです。

     

    ちなみにそんな自由星座ですが自由と言えば、

    「水瓶座」だというイメージもあるかもしれません…

     

    そんな射手座も水瓶座も「抑圧された状態から飛び出す」という意味では似ているかもしれません。
    ですがちゃんと相違点だってあります。

     

    わたしの独自の考察の案いうならば、以下です。

    ◆射手座⇒今あるものから拡大発展と強調する。
    に比べて
    ◆水瓶座⇒ゼロにして、刷新する力

     

    といった感じです。

    自由にするには?っていう目的は一緒であっても、方法がまったく異なります。

     

    どの星座にも言えますが、射手座だからみんな本記事のようなことがすべて同じだと思わないほしいです。なぜなら月星座の関係もあれば、水星星座の思考パターンや、血液型、生きてきた環境、他の星の配置としても、変わってくるためです。

     

    そこでもし「さらなる詳細を知りたいと思っている」「運気」や「具体的な対策」などを知りたいかたがいましたら、一度は占星術師に確認することをオススメします。

     

    あなたが占い師さんに鑑定してもらった後、
    見据える結果」が出てくるでしょう。
    ぜひ今すぐお申し込みください。
    ⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

    \\悩みがなくなる//

     

    とりしょー
    とりしょー

    また上記の登録完了後は、以下のURLがわたしの占い鑑定ページなので、

    興味ある方は鑑定致します!

    参考⇒【鑑定ページはこちらから】とりしょーのココナラの鑑定部屋はこちらをクリック。

    error:Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました