【月星座の欠損】おとめ座は物を壊す。管理・保管出来なくなる【マドモアゼル・愛の理論】

【月星座の欠損】おとめ座は物を壊す。管理できなくなる【マドモアゼル・愛の理論】
とりしょーをフォローする
とりしょー
とりしょー

読者さん。
占い師のとりしょー(@torishow)です。

 

 

本記事では、西洋占星術で「月星座」をすでに知っている前提で解説していきます。

 

なので。

  • 「占い好き」
  • 「過去に12星座を使った占いをしてもらったことがある」

そんなかたにはオススメの記事です。

※太陽星座だけの判断では、イマイチな時もあり、「水星」「月星座」なども確認しましょう。
※本記事ではディスっているわけではなく、エンターテインメントとして、占い師のわたしから解説している記事です

 

 

周囲には、ちょっぴり神経質で気にしいではあるが、照れ屋な一面があって、他人の欠点に気がついては気になってしょうがない特徴を持っているかたはいませんか。

実はその性質をもっているかたは、ある星座と関係しています。

先にいうと、月星座が乙女座(おとめざ)のかたです。

 

近年では「星座占い」というのはあたり前のように知名度があり、占星術師もたくさんいるぐらいです。
ですが12星座を実体験で考察したり、肌感覚でとして独自視点から各星座の魅力ポイントなどを解説している情報発信者は「まだまだ少ない」のが現状です。

 

そこで本記事では、男性女性問わずに、「あなた」もしくは「あなたの身の回り」にいる月星座がおとめ座の性質を深堀りして解説していきます。

  • 「どんな行動パターンをするのか?」
  • 「どんな個性的な部分があるのか?」
  • 「誤解されやすい点」

ということに解説していけたらと思っております。

 

もしあなたが月星座がおとめ座で、自分自身を客観視したいとき。もしくは恋人やパートナーが月が乙女座おとめざであっても、実用的な内容です。

ぜひ、月星座の魅力だけじゃなく、相手とよりよい関係を結ぶにもしても参考になるので知っておいて損はないです。
 ぜ日々の生活にも役立てましょう。

 

 

本記事の内容まとめ
  • 月星座の男性女性問わず、おとめ座の性格や行動パターン
  • おとめ座の月の欠損の話(マドモアゼル愛先生の理論)
  • おとめ座が月星座のブラックな一面
  • 月星座がおとめ座の苦手なこと
  • 月星座がおとめ座の子供時代や人間関係
  • その他の考察
  • まとめ

 

こんな内容で解説しています。
なので、月星座がおとめ座ののかただけじゃなく、家族や会社のメンバーでも、恋人などの身の回りいるかたを知るという意味でも、非常に合う記事でしょう。ぜひ、日々の生活に役立てて楽しんでくださいね。

 

 

【本記事を書いている人】

 

 

あなたが占い師さんに鑑定してもらった後、
見据える結果」が出てくるでしょう。
ぜひ今すぐお申し込みください。
⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

\\悩みがなくなる//

 

【月星座がおとめ座】性格は正してあげたい気持ちが強い。

【月星座がおとめ座】性格は正してあげたい気持ちが強い。

とりしょー
とりしょー

あなたは、周囲との人間関係がうまくいけば、幸せになれるって思っていませんか。

その周囲とは、次の通り。

  • 自分の家族
  • 恋人
  • 友人関係
  • 仕事仲間

といった中で関係性が上手くいくには、「相手の性質」や「行動パターン」が事前にわかればいいなぁと思っているかたも少なくないでしょう。

ということで、本記事では占星術的を活用した観点で「性質」「行動パターン」を解説します。

 

 

月星座といえば、感情を司る部分と言われています。
というと、感情の動きから行動パターンがわかってくると考察しています。

 

そもそも乙女座は、エレメンツが大地であり、女性宮で、柔軟宮の星座です。
なので、現実的で周りに合わせる力が高く、中世的な印象をあてえたがちです。

 

 

しかしこの印象は「太陽星座」のほうが強くて、月星座(今回であればおとめ座)は周囲からは気づかれない点だったりします。今回は月がおとめ座なので、獅子座のような「自分というものを表現したいという欲求はあっても、だいたんに人前にたって表現をしていくよりは控えめ」にしていくでしょう(太陽星座が獅子座であれば別)

 

 

月星座が乙女座のかたは、周囲の状況を観察しながら、常に神経をはり、気を配っては、欠点を見つけてしまう特徴があります。
 意外にも、シャイという特徴があるので、例えば初めて、自分以外の他者との存在に意識が向き始める特徴でもあります。

 

 

欠点見つけてしまうということでは、自分に関係があるないにせよ「偏った意見・語弊がある発言」に対しては非常に気になってしまっては、細かいところまで見たうえで些細なズレでも伝えたい。という観点での強い優しさが出てきます。

とりしょー
とりしょー

その優しさが「厳しい」とか「気にしい」と思う方もいますね。

 

 

言ってしまうと月星座におとめ座を持つ方には、「論拠や根拠のない偏った発言はしない」という特徴があります。
だからこそ「曖昧な」「ゆるふわ」など中途半端な表現をする人が逆にわからないのです(欠点にみえてしまうのもその性質)

 

自覚はなくても、中途半端だと思ってしまうことから「完璧主義」なところもあります。
 その完璧主義を作ったことを人ではなく、仕事などに向かえばいいと思っております。

 

例えば、

  • マニュアルを作る作業
  • 宣伝広報における客観的な構成力
  • 文章の校正

などの仕事では、発揮できるでしょう。

 

 

月がおとめ座さんの「整っていないこと」規則正しくないこと」が非常に気になってしまうので、それをお仕事に活かせることが出来るといいでしょう。

とりしょー
とりしょー

月がおとめ座は、1点のズレも大きな問題に繋がる心配する気持ちから、「整えよう」とする傾向があります。あとは「不正が嫌いだから正す」「気になってしょうがない」ってことで思ったことを言ってしまうということがあります。

⇒ですが、「自分ごときが指摘してはいけない」と我慢してしまう人も少なからづいるのも知っておきましょう。

 

 

 

太陽星座も月星座のおとめ座の両方とも、「間違いを正したい」「欠点見抜いてしまう」ということから、自分の意見を伝えたいのか。をしっかり把握したうえで伝え方までも考えて「自分はこう思う」ではなく、あくまでもそのことに対する理論的な伝え方をする傾向があります。なので余計に「本人の意図・本心」などの思いを至るまでに時間がかかるので、感情が相手に伝わらない。ということがあります。

【ウソではない】月星座がおとめ座は物的欠損【マドモアゼル愛先生の理論で物申す】

【ウソではない】月星座がおとめ座は物的欠損【マドモアゼル愛先生の理論で物申す】

とりしょー
とりしょー

おとめ座が月の欠損という観点で本章では解説します。
よくマドモアゼル愛先生の理論の月の欠損の話しは、「ウソ」だという声もあるので、わたしの観点から解説します。

 

ちなみにわたしの考えでは、愛先生の理論はウソではなく、信ぴょう性が高いものだと考察しています。

 

 

太陽星座と月星座をざっくり解説すると次の通り。

  • 太陽星座とは、宿命です(宿命で社会的、外交的な面)
    ⇒例えば、あなたの人生目標にしたり、社会の中で発揮していく力を表しているのが太陽星座(生年月日や生まれた時刻でわかります。)

 

  • 月星座とは、あなたが生まれた瞬間に月として位置して星座として表したもの。
    ⇒あなたが生まれた瞬間に決まってくるものです(マドモアゼル愛先生の理論でいうと、自分が人気とりに時に出るときこそ月星座のならではの特徴がでてしまうが、それは欠損していて、ずっと追っている状態のこと)
    ⇒月星座を知りたいかたは、ホロスコープで確認する必要がありますので鑑定士に聞いてみてください。
    ⇒月星座は、「心がほっとして安心する状態」、「本能的に持っている欲求」「七歳ごろまでの幼い頃に身についた心のクセ」などになります。

 

 

 

マドモアゼル愛先生の理論でいうと
おとめ座は(地の星座)として月にあるので「物的欠損」になります。

 

例えば、「物的」なので

  • 物の管理
  • 物の保管
  • 物を長持ちさせいから「キレイにする」など…

 

といったように、物の使い勝手を良くするには?どうするか?実用性は?という観点がおとめ座にはあります(才能もこういう時に発揮します)

 

これは太陽星座がおとめ座のかたであれば縁が深いですが、
マドモアゼル愛先生の月の欠損の理論でいうとどうなるのか?というと…

月星座がおとめ座のひとは、「物的欠損」なので、「物の管理」「物の保管」「物を長持ちさせたい」けど、かえって物を壊してしまったり、保管がちゃんとできないために無くしてしまったり…キレイにしたいという欲求が強すぎて、逆に汚くしてしまったり…

 

といったように、なんだかうまくいかない流れになったりします(正式にいうとそのことになんとも思わない)

 

しかし、人気取りとしても欠損をしているために、
「それをまた追い求めていく」ということ考え癖なので、ただ理想を見せられていると一緒になります(
夢としては7歳のころまでに持った、清潔やこぎれいな印象への憧れがありますが、それを実際に行う力がない)

 

とりしょー
とりしょー

つまり物を長持ちしたいのに、物持ちが悪くします。

 

 

他にも例題をあけるなら次の通り。

  • 新しく買った物はいいが無くしやすい、壊しやすい。
  • 勝った品を紙袋から出すときでさえ、汚くビリビリに破いて、中からガサツに品を取り出す。
  • 解説書などは読んでも理解できませんので、勝手に使い出し、すぐに壊したりしがちです。
  • 整理整頓、キレイにしたい欲求が強いけど、月星座が乙女が片づけをすればするほど、逆に家や部屋が壊れるや汚れる。
  • 上記に加えて、計画性もって整理整頓しても、欠損しているので、やってる最中に「やっぱやーめた」みたくなる

 

とりしょー
とりしょー

おとめ座が月の人は、親から「お片付け」について褒めらて、うれしかった経験があったことから、キレイにお片付けができることの称賛や評価が人一倍に言われたい欲求が強くあります(そうした純な思いが今なをこの人の胸の奥にしまわれています。)

 

 

 ですが月の欠損だけあって、月がおとめ座は、なんぼ片付けたとしても

  • 出しっぱなし
  • 置きっぱなし
  • 捨てっぱなし
  • 読みっぱなし

などの〇〇っぱなしになりがちです。

計画性はあってないもんだし、キレイにしても、家や部屋が散らかるし、自分が抱いた清潔な家や部屋のイメージが崩れてしまうぐらいの現実をみせらるたびに自分は傷つきます。

 

 

【月おとめ座さんにアドバイス】

物的欠損なので、物の管理。保管は追い求めていますが壊したり、汚したり、無くしたりと長持ちとは縁が薄いです。
なので、簡素な様式に整えた暮らしにするといいでしょう。

質素でなんなら物を持たないぐらいで、なるべく保管や管理しない生活プランにシフトチェンジしたほうが精神的にもいいかもしれませんよ。

 

 

【月星座】おとめ座のブラックな一面を解説。

【月星座】おとめ座のブラックな一面を17個を解説。

とりしょー
とりしょー

太陽星座しかり乙女座は

  • 厳しい
  • 神経を張ってるからピリピリしてるのが顔に出てる」など

で悪い印象を与えていることがチラホラあるそうです。

 

しかしそれには理由があるのです。
本当はいいことしているけど周囲からは、ネガティブな印象になりやすいということ。

 

そこでもう少し「乙女座さんのブラック」な面を解説していきます。

 

 

 

 

 

月がおとめ座のかたがブラックに出たパターンとしてそれは長所なのでは?ということでいかに挙げました。

  • アンバランスさに気になる
    ⇒自分が規則正しい
  • 細かいことを気にする
    ⇒正確性
  • 好き嫌いはっきりしている
    ⇒自分の中で好みがちゃんとしている
  • 繊細
    ⇒人に気配りができる
  • 気難しい
    ⇒それだけいろんなことに神経をはれるので、計画ねって行動できる
  • 完璧主義
    ⇒欠点がわかる。仕事では責任能力をもってこなせる信頼を手に入れれる
  • あら捜し
    ⇒相手の欠点をなおしてあげたいという正義感が高い
  • 黒色や落ち着いた色を好む人が多い。
    ⇒落ち着いている印象がいい
  • しつこい。
    ⇒確認することを事前に失敗を防いだり、確認することで共有の違いがうまれないか確認できたり
  • 意地悪に聞こえたり、嫌みに感じたりする。
    ⇒ただ欠点を正したいだけ。理想と一致させたいからカマをかけている。
  • 不安が多くなると口数が増える。
    ⇒それだけ神経をはっているし、緊張もしている可能性が高い。 意外に自信がなくしているパターンがある。

 

こんな感じです。

 

とりしょー
とりしょー

けして、悪いところだけじゃないという考察しています。

 

ちなみに「おとめ座もふたご座」も水星星座だけあって
「コミュニケーション」「知性」の問題がでてきます。

なので人間関係(コミュニケーション力)なので、コミュニケーションの問題点が出てきやすいです。

 

 

月星座がおとめ座のひとには、こんな印象がありました。

「気さくに話をかけてくれて、落ち着いている」人だという印象です。

 

 

ですが…ここは覚えておくといいことがあります。

仲良くになるにつれて、辛辣に出てきたり、ルーティンの一部みたくやっつけ感の態度が出てきたり、なかには間に合わせ感を匂わせるぐらいの過度な態度や顔の表情にでてくるということです。

 

 

こうなると関係性問題が生じるフラグがたつかもしれません。

それ以外にも相手が自分と合うのを探り入れている可能性もあります。
何か関節的に態度で示しているのかもしれません。

 

 

例えば、あなたが月がおとめ座に人に対して、「余計なことを言わないようにしとけばいい」と黙っていたら…
月がおとめ座は次のように思うかもしれません。

  • 「この人アンテナ低いな」
  • 「当然と思いやがって」

みたくなるかもしれません。

 

なので結果的に、「気にしい人」「神経質」「気難しい」人だという印象をあたえがちです。

とりしょー
とりしょー

辛辣が原因で、人間関係も崩壊させないようにね。

 

 

【月星座】おとめ座の苦手なことを解説します。

【月星座】おとめ座の苦手なことを解説します。

 

とりしょー
とりしょー

月がおとめ座って、厳しい印象を持たれやすいです。

では逆に、苦手なことはどんなことなのか?を解説していきます。

 

苦手なことを先に結論でいうと…次のことでしょう。

  • 相手に向かってはっきり意見を言うこと。
  • 物事を伝えるのが実は苦手…
  • リーダーよりも、リーダーを補佐するポジションじゃないといけない
  • 「物を管理・保管する」習性があり、いつまでも保管や管理に執着していくの物を壊してしまう(マドモアゼル・愛先生の月の欠損の話)
  • うお座のような「直感」「ひらめき」といったことから相手の心に残るほどの癒しの提供をあたえる

ことが苦手です。

 

 

とりしょー
とりしょー

特に太陽星座のおとめ座は上記にあげたこと以外なら、
基本的に「細かいことによく気がつき、知性があふれいて、几帳面で何をやらせても、手際よくこなすので頼りにされる」ことができるのため、ビジネス面では重宝されるでしょう。

 

 

 月星座がおとめ座は、特に内心としては、

自分の役割を見つけて行動したい」と思っているので、自分を見失ってしまうような、ごちゃごちゃした状況が苦手。

といったことを、周囲は理解したあげたほうが関係性はよりうまくいくでしょう。

 

 

 

月がおとめ座は「どうして気にしいのか?」「ワナワナしてしまうのか?」

それは、

  • 何かあった時に助けたい
  • 尽くしたい
  • サポート態勢

でいたいという心理状態があるからでしょう。

とりしょー
とりしょー

細かいところまで見たうえでの、「繊細なズレも伝えたい」という優しさがあるのです。

 

 

それだけ繊細で神経質なので「自分は誰かに頼ったりできない」というところまで考えにいきつく方も多いので、
自分は一点のほころびもなく「完璧でいたいという感受性」から来ているそうですね。

 

そもそも「自分が誰かに頼る」という状態を自分自身が良しとしにくい心理があります。

そのために悪循環に、すごく頑張っているんだけど、
「頑張りが気づいてもらいにくかったり、相手からするとまだまだ大丈夫」だと思われやすい点があります。

とりしょー
とりしょー

つまりちゃんと周りをよく見ているが、そこは評価されなく目立たなく、気遣いできてすごく優しい人なんだけどそれが周囲に伝わりにくいという面です。

 

ライトワーカー
ライトワーカー
周囲を観察していて気遣いはできるが、なぜか「あら捜しをしているだけの気分を悪くさせる人だ」と思われてしまうかたもいます。
 月がおとめ座は「指摘している」という自覚すらなく、結果的にそうやって、うつったパターンとしてあるある話になります。
おとめ座の太陽星座も月星座も…神経をいつも張り詰めているので、身体だけでなく心もリラックスさせることを意識しよう。 自分は完璧主義な一面があるのを知るだけでも客観的に近づけます。

月星座のおとめ座の子供時代は、シャイで記憶力や観察力が高め。

 

とりしょー
とりしょー

月星座がおとめ座の子供時代についても触れていきま。

 

月星座は、7歳のころまでに持った夢が大人になっても叶えようとすることが残っています。
今回は、おとめ座の月なので、「清潔感」や「小奇麗さ」への憧れがあります。(しかし欠損しているので実際に行う力がない)

その夢をもった理由とは、親からキレイしたことや細やかさにしても、褒められた経験などの記憶が潜在的にも残っているのでいつしか憧れとしてやろうとします。

 

他にも月がおとめ座の子供時代と言えば、「親の矛盾を突っつきがち」が挙げられます。
それは、観察力と記憶力からくるものなのであります。
しかし、その矛盾点を忙しいなかに突っつかれるとき、大人事情があるときは、溜まったもんではありません。

なかには批判にも見えるときはありますが、それは繊細がゆえに、神経質な部分から出ては、不安を取り除くために欠点をいったり、もしくは矛盾を指摘します。

 

悪くでれば、その子が大人になって、会話の中でも、「ノリで話してることに現実的な問題を提起してしまうと水を差す」こともあるのでちゃんと教育しときましょう。

とりしょー
とりしょー
記憶力がものすごくいいので、間違った情報が入ってくると相手に言わないと気が済まない特徴があります
 、月星座がおとめ座のお子さんがいたら、もう一点だけ知っておいてほしいことがあります。
それは、「子供(自分の)愛着があるもの」「趣味グッズに関して」は、整って欲しい傾向があることを知っておいてください。
言ってしまえばその子の趣味の領域は、「聖域とみなし、ノータッチ」でいかないとダメです。
更に掃除機をかけるのはタブーですよ。
そうなると…聖域でノータッチなので、「ちょっとちょうだい」なんていったら禁句です。

【月星座の欠損】おとめ座の恋愛事情【人間関係では、弱い部分見てから好きになりやすい】

【月星座の欠損】おとめ座の恋愛事情【人間関係では、弱い部分見てから好きになりやすい】

月星座の乙女座の恋愛面や人間関係についてを気になるかたが多いと思います。
 ざっくり考察を元に解説します。

 

月星座がおとめ座は、

  • 気苦労が多いダメな男
  • ダメ女が好き

になる傾向があります。

 

なのでダメ(欠点)な部分を見せるべしという声も…。

というのもおとめ座は「欠点を正してあげたい」という観点があり、人の弱い部分を見てから好きになりやすい傾向があるからです。

 

 

とりしょー
とりしょー

人間関係でも恋愛にしても一緒で、はじめは慎重に相手を確認しつつも、徐々に関係を深めていくでしょう。

 

 

気さくに話しかけてくれる感じはありますが、
慎重なので初対面からどんどん積極的に話しかけていくほうではないでしょう。

 期待している人は、おとめ座の一声を待って、話しかけてくることを期待しないほうがいいです。

 

慎重なだけあって、相手はまず「どんな人なのか」を分析して、きちんといろんな視点をもって確認してから親しくなるでしょう。なので少し恥ずかしがり屋な一面ありつつも、慎重に確認します。

 

これは「自分が思う正しいことを、周囲が認めてくれないことだ」と恐れていたりもするので、周囲が思っている以上に神経をつかっていることでしょう。

 

周囲が認めてくれないというのは、

  • 自分で決めているルール
  • 習慣

などで、誰かに口出しされたり、批判されたりすると憤りを感じて心が乱れる特徴があります。

それだけ繊細な一面もあるので、どうしても恋愛においても、控えめで慎重になるのです。

 

ただし、

 

恋愛関係においては、最初は慎重かつ手探りな感じがあっても、「一度、心を開くと一気に距離を縮めていく」傾向があります。
しかしここでも、冷静さを保ち、恋愛特有の大きな盛り上がりを感じることなく、相手を分析し、判断できます。

 

 、もしかしたら、そんな月星座がおとめ座は、「神経質で気難しい」ことから、相手に高い基準を求めてしまい、相手を傷つけてしまいます。

 

※余談:月星座がおとめ座のかたは、流行のものをさりげなく取り入れるのが上手という情報がありました。

月星座がおとめ座と労働の欠損。

 

おとめ座のかたは、他の星座比べて、仕事に縁が深いです。
職務をこなしていくことに意味があるというぐらい仕事と人生に深く関係があります。

 

仕事をして対価としてお金をいただくものです。
ですがマドモアゼル愛先生の理論でいうと、月星座は欠損している意味なので、おとめ座が月であれば、仕事や働くことに対しては欠損していることなので、「つらく苦しくなる」ことになります。

 

もちろん他の星座の配置にも関係していますが、すごい神経質なので、プレッシャーや不安からのしかかってきます。

とりしょー
とりしょー

月がおとめ座のかたが職場に行く、他の人と比べて働くことが数倍の心理的な負担があります。

 

 

ですが…完璧主義の欠損あって、なにか抜けているのもあるし、本音が言えないかわいさなどの一面もあって、職場では人気になりやすかったりします。

完璧主義者な面があるので、取り組みをしても完成したものだけしか周囲に見せたくないし、欠点や穴などとにかく気付く人ので、なかなか完成するのに時間がかかる傾向が高いです。

そんな完成度の高いことに対して、月がおとめ座は、完成度を高くしている自覚がないなどの当たり前なことをしています。

 

 

つまり、月がおとめ座の自身も当たり前にやっているので凄いとは思えないそうですね。

 

とりしょー
とりしょー

 、その当たり前にやった成果をちゃんとしたスキルだと褒められると、照れ屋になります。

 

 月がおとめ座は、完璧主義だけあって、どの程度まで細かくやっていいの?」って思う時があるそうです。

 

月の欠損からいうと月おとめ座の人は、周りが思っている以上に労働で苦悩をしています。
ですがキャラが良かったりと…自分がおもっていることに責められたりもしません。なので、なんだか居場所があったりと上手く渡れます。「かわいいさ」「ピュアさ」が気に入られたりします。神経質なので、仕事で悩むことは出てきては、自信が持てなくなっても、なんとかなったりするのです。

まとめ

とりしょー
とりしょー

本記事は、あなた自身だけじゃなく、周囲に月がおとめ座を持っているかたにも参考になったと思います。

 

もし、あなたが月星座がおとめ座のかたと「いい関係を築くためには?」「よりよい関係を結ぶには?」ってことにも活用できると思って作成したました。

月がおとめ座は、厳しい印象があるかたもいますが…
意外なところで、周囲に気づかれないとこで、「純粋な願いをもっていたり、優しさ」を持っています。

 

 

神経質な?気にしいな?完璧主義的な?潔癖な?そんな月がおとめ座は、

自分ではなかなかうまくまとまらずに働けないけど、健康的で、誰もがきちんと仕事などやるべきことやって、求められる義務をしっかりやり、清潔のある暮らしで、やっていて欲しいという願いをもっています。

 

ついでいに本章は月がおとめ座についての考察ですが…
余談として星座占い関係なく「超完璧主義」のかたがいます。

  • 「こうあるべき」
  • 「ふつうは」
  • 「世間体は」

みたく「~べき論」は時には命の危険性も無きにしも非ずです。

 

 

そういう人には、

まず、自分はどうしたいのか?が大切で…
自然な流れで「やるはめになった」ことをやればいい思っています。

 

 

とにかく、ほどほどにして頑張らないぐらいがちょうどよかったりします。よく必死で頑張るという人もいますが、
「必死」⇒「必ず死」になります。

 

とりしょー
とりしょー

つまり、必死にならないのです。

 

そこで日々の生活をよりスムーズに行くために、あなたの本来持っている性質を知りませんか。

 

  • 占い鑑定をしてもらうことで、人間関係をよくしていきたい。
  • 占いという不思議なジャンルで、ドキドキ感を味わいたい。
  • ただただ占いを介して話し相手がほしい。
  • 自分の未来が興味ある。
  • 不安を感じる

 

もし、そのようなことがあれば、
あなたにとって次の明るいステージにいくためのチャンスが訪れているのかもしれません。
そんな時、誰かに自分の運勢を見てもらいたいという方も多いです。

 

私自身がよく上記で挙げた悩みを抱いていて、
自分ひとりの力で限界を感じて、占い師さんによく鑑定をしてもらいました。

 

とりしょー
とりしょー

そうすることで、誰にも言えない悩み、自分の先の人生や未来がわからない件。
不安。自分の努力の限界などの事が何なんだってことまで払拭されました。

 

その中でもココナラ占い というサービスを使って解決しました。

 

 

ココナラアプリを介せば、自宅にいながら、そのまま外に出向かなくてもいいですし、匿名で顔ばれしないという安心感の中で
相談しやすいですよ。

 

とりしょー
とりしょー

定期的にクーポンが配られて、利用することで安く使えるというメリットもあるので、
ココナラ占い での鑑定はいかがでしょうか。

 

 

あなたが占い師さんに鑑定してもらった後、
見据える結果」が出てくるでしょう。
ぜひ今すぐお申し込みください。
⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

\\悩みがなくなる//

※わたしもココナラアプリ登録して3年以上になりますが、出展している側でもあるので、安心に使えますよ。
※無料3000円クーポンは、電話占いでしか使えないの注意。
※更に定期的にクーポンもらえるメリットがあります。
※テレビのCMに出てるぐらい有名サービス。

 

もし、あなたがココナラアプリのメリット・デメリットについて知りたいって思ったら、詳細記事が下記のリンクからあるので参考にどうぞ。
通話ココナラアプリのメリットデメリットの考察の記事はこちらをクリック。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました