ストレスの解消法のテクニック

自己愛性パーソナリティ障害の特徴の人から被害を受けている女性はどうやって関わるといいのか?

ナルシスト 自己愛性パーソナリティ障害の特徴 対応方法
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょーです。

 

今日は、サイコパスの特徴と似ている方とも言われる「自己愛性パーソナリティ障害」について記載します。

自己愛性パーソナリティ障害は、いったいどんな人物かというと、自己中心的で人の感情や権利を踏みねじってもなんとも思わない特徴があります。

そんな自己愛性パーソナリティ障害から攻撃を受けている方っていると思います。
例えば、恋人が自己愛性パーソナリティ障害の傾向があるとか、家族や親戚にそういった自己愛性パーソナリティ障害みたいな特徴の人がいるとか、中には上司がその極めて、自己愛性パーソナリティ障害の特徴があるなどいろいろな方がいると思います。

自己愛性パーソナリティ障害の対応方法があるかについては、
結論からいうと、知識をいれて下手に前に出なければ大丈夫です!

 

Sponsored Links

自己愛性パーソナリティ障害の特徴。

自己愛性パーソナリティ障害って、サイコパスと区別がつきづらととこがありますが、自己愛性パーソナリティ障害の方は、非常にメンタルが繊細です。
比べてサイコパスは、共感能力が著しく欠如しているので傷つきません。

自己愛性パーソナリティ障害も、サイコパスも、自己中心的で人の感情や権利を踏みねじってもなんとも思わない特徴があります。

そもそも、自己愛性パーソナリティ障害とは、精神年齢が子供のままの大人って説明がされています

 

例えば、

・事実に嘘を混ぜて、自分の都合のいい妄想を作り上げ、あちこちに触れ合わる

・嫌いな相手が自分良よりは優れた学歴や社会的地位にいると途端に逆恨みを起こし、嫌がらせをするのも自己愛の特徴だ

・「おれは」「おれなら」「おれだったら」と言う言葉多い。他者の視点が欠如している

・自己愛は相手から話しかけるように仕向ける行動が目立って鬱陶しい。めんどくさい
(わざとどこかにぶつかって大丈夫?といわれるようにしたり、ためいきついてどうしたのっていわせようとする)そのくせに何を言われても否定をする

こちらの言葉をすべてネガティブな感じに変えて言葉を返し、会話が成立しない。疲れる。

・自己愛に何をいっても無駄。頭のなかに「自分が悪いかもしれない」と思う回路がそもそもないです。

・自分を棚において、相手の粗さがしをしてあーだこうだいう。

・すごいねといいたら、すごく喜ぶ。反発するとプルプル震えながらきれてくる。

・被害妄想に駆られる。自分がことの発端を作っておいて、自分は被害者だって言い始める。(精神病質傾向の人も被害者だっていいますが。)

・過去を変える。つまり、自分の都合のいいように、自分の過去の記憶は塗り替えれる。(頭の中が正当化と誇大妄想になっております)

・自分が中心じゃないのが耐えれない

・自分が批判されるとかなりブチきれるとか

・自分に注目されたいがゆえに罪悪感のないウソを平然といえる神経がある(一部自分が都合がいいようになるために編集型の嘘をつく。そして嘘をついている自覚がなし。っての特徴。)

・幼稚な性格性のため、人に嫌がらせをするなどなど、、、、

 

こういった特徴が自己愛性パーソナリティ障害にはあります。

 

 

自己愛性パーソナリティ障害の意外な意外の内面について。

この自己愛性パーソナリティ障害を持つ人は、自分の行動に対して自覚や洞察力がありません。
つまり何をしても、罪の意識や自責の念といったものが起こらないのです。

人に攻撃や腹いせの嫌味はする行為を忘れるが、されたことは異常に覚えてて仕返し企むことがあります。

また、特徴があり、自己愛性パーソナリティ障害って、人の嫌がらせのタイミングを待ってる時があり、視界からターゲットを絶対離さない特徴があります。
例えば、離れている距離にいて、顔はまっすぐ向いていても、横目で射程距離を図ってる。(ちなみに気づかれてないと思ってるらしい。)

※ここでは爬虫類の目って言われてるけど、ぴったりな表現ですね。

実はこういう人(自己愛性パーソナリティ障害)は、タフで自慢げな顔の裏には、多くの場合で、人からの批判や評価を受け止められない繊細な精神面が隠されているのです。

 

自己愛性パーソナリティ障害になってしまう原因は?

私は、遺伝が大きいと思います。

また、研究者からすると、自己愛性パーソナリティ障害の人は、幼少期の経験に根付いている傾向があるといわれています。
・1つ目は、過度に甘やかされて育った場合があります。

・2つ目は、逆に、とても厳しい環境で、毒親に育った場合があるようです。
心の底では、不安や自尊心の欠如、嫉妬心などを抱えてしまうこと多いと語られていますね。

ニューヨークの認定ソーシャルワーカーのキンバリー・ハーシェンソンさんは、自己愛性パーソナリティ障害はそれらの「感情を打ち消して気分を良くしようと、自分は素晴らしいと思うようになるのですと、他の人に注目が集まると落ち着かない性質」を持っていますといわれています。

だから、自己愛性パーソナリティ障害は、自分の話にすり替えてしまうどころか、自分以外の誰かが注目を集めていると、精神的に苦痛だと感じてしまうようです。
誰かが自分に注目していないだけで、”私は”傷つけられた”となります。(被害妄想あるという特徴があります)

自己愛性パーソナリティ障害は、自分の行動の責任を取る方法を知りません…
なので、もし誰かに怒られても、自己防衛的に誰かのせいにするか、嘘や言い訳で責任逃れをするでしょう。

また、さきほども、記載しましたが、自己愛性パーソナリティ障害は、被害者を演じる傾向が強くあります。

また、批判されると「かんしゃくを起こすか、人によりけりですが、泣いてしまう」または「相手を威嚇したり脅したりして仕返しをしている」といった場合があります。その場合は、赤信号と言えるでしょう。

 

自己愛性パーソナリティ障害の被害者ができる対応の仕方は?

もし、あなたが自己愛性パーソナリティ障害かな?って人に悩まされていたり、自己愛性パーソナリティ障害やナルシストが身の回りにいる場合は、先ほどの知識を頭に入れて、さっきの特徴のアンテナをたてながら、少しずつ一線を引いたほうがいいようです。

対処方法としては、まずは穏やかに話し、必ず口論や攻撃をしてはいけません。
自己愛性パーソナリティ障害やナルシストは、あなたの口から出る批判をまるで聞いていませんし、なんなら揚げ足取りや周りにあることないこと言いふらします。要は、めんどくなり、無駄なエネルギーやメンタルの疲れの消耗がきます。

もしたまたま出会った場合は、毅然とした態度を保ち、「いつでもその場を離れて会話を終わらせてもいいのだ」ということを覚えておくといいでしょう。

自己愛性パーソナリティ障害やナルシストは、承認欲求の固まりなので、気を引くためにウソでもり立てようとしてきます。

 

自己愛性パーソナリティ障害やナルシストかどうかを診断したいって方は、、

もし、あなたが自己愛性パーソナリティ障害かもって思ったら、自分の胸に手を当ててきいてみてください。
「自分に責任があることなど決してない、いつも誤解されている、評価されていない」と感じるようであれば、ナルシストのサインかもしれません。

または、あなたはナルシストですか?って聞かれて、「そうだと」答えれるかどうか。
普通にナルシストって自分で答えて言えたら、あなたはナルシストです。

ちなみに、ナルシストはすごい人には、信者のように心酔したかのようにその人はすげーてなりますが、その人が少しでもダメって思ったら、あいつだらしねー言い始めます。そんな特徴がナルシストにはあります。

自己愛性パーソナリティ障害について私からの感想と昔の経験談。

自己愛性パーソナリティ障害は正直、私も結構見てきました。

一クラスに一人はいるみたいです。

私は、こうやって脳科学や深層心理など勉強して、、今思うとあいつそうだったんだーとか、ほんと、あーゆうの誇大妄想とか被害者になるとか、人に対して、使えるか使えないかしかないような人だったなって、懐かしい記憶がよみがえったりました。

また、血の気が多い時期があったので、こういった人格の人といろいろとめんどくなった経験もありました。笑

今まで、見てる中で、難癖や因縁つけるように、「なんだあれ?」と、とにかく目に入った人にケチをつける人もいましたね。ちなみにこういった人は、常に完璧でないというための口実を見つけるために人の粗探しをします。
なぜなら、自分が誰よりも知っていて、自分が誰よりもうまくやれるということ誇示したいかのように。そういった心理分析があります。
また、自分に自信がないし、相手をいまいち把握できないからそれがまた不安に感じて、混乱したかのように言葉数が増えて、因縁のように相手に当たる傾向がある個人的な分析もしています。

自己愛性パーソナリティ障害は、弱者にはぞんざいな扱い。うぬぼれで、他人の評価ばかり気にしてるやつ。この行動をする理由は、とある自分が全てを支配していたいからだろうととあると分析しています。
ただ現実は、支配するのは難しいので、他人のちょっとした弱点や過失などを指摘して、自分の力を見せつけてることで、自分が一番と自分中心で物事を考えているように見えます。つまりきっと自分への思い、または愛が強いのだろう。
だから、人に攻撃したことは忘れるけど、攻撃されたことずっと覚えてる。そんな、特徴が自己愛性パーソナリティ障害やナルシストではあるのです。

非常にめんどい相手ですが理解すると、気が楽になりませんか?
関わると、自分のメンタルにも、また脳機能にも、ストレスにもなるから、体調崩したりといろいろ問題点はありますから気を付けてくだね。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました