【恋愛克服】愛着スタイルを知り良好な人間関係を築こう【安定型・不安型・回避型・恐れ回避型】

Sponsored Links
人間性や人格は幸せにつながる
とりしょーをフォローする
とりしょー
とりしょー

読者さん。

とりしょー(@torishow)です。

 

 

今回は「自分の愛着スタイル」を知って「良好を目指して幸せ」に近づこうということで紹介します。

 

 

  • いつも恋愛がうまくいかない…
  • 人に騙されやすい…
  • 不安を感じやすく、自分に自信がもてない…
  • 人間関係がうまくいかないことばかりだ…
  • 誰かに縋る(すがる)しかない…

 

愛着スタイルといって、「人との距離感」の取り方に問題があると、幸せは遠ざかってしまいます。

 

本記事では、「人との距離感」に深く関係する愛着スタイル4つの「安定型」「不安型」「回避型」「恐れ・回避型」について解説します。

 

本記事を最後まで読むことで、「恋愛」や「人間関係良好を保つ」「自己分析」としても役に立ちます。

 
 

 

まずはあなたの愛着スタイルを知ろう!
以下にリンクをあるのでをチェックしてみてください。

 

 

 

 

本記事の内容まとめ
  • 3つの愛着スタイルについて

  • 安定型

  • 不安型

  • 回避型

  • 恐れ・回避型

  • 最後に

 

 

【本記事の信頼性】

 

 

 

とりしょー
とりしょー

しつこいようだけど、「愛着スタイル」と関係があって、大事なことなのでお伝えします。

インナーチャイルド」って聞いたことありますか。インナーチャイルドを癒すともいって「幼少期にできた心の傷」を癒さないでそのまま大人になると人間関係トラブルの原因になります。

その心の傷を癒すことが「大きな問題」でもあり「一人ひとりが向き合うべき点」でもあり、本来ならテレビなどでちゃんと流すべきほどの大事なことなので興味ある方は、以下に「Yurieさん」がしっかりと解説した「心の傷の癒し方」の動画があるのでご覧ください。

私は、ビックリするほどタメになりすぎて、つい飛び跳ねた時に天井に頭ぶつけたほどです。

 

 

 

 

ではさっそく本題に入っていきます。

 

 
Sponsored Links

【恋愛克服】愛着スタイルを知り良好な人間関係を築こう【安定型・不安型・回避型】

 

 

  • 人のことが信じられない。
  • どうせ裏切られるに決まっている。

と思ってる人ほど「実は自信がない」ことが深層心理であったりします。

 

その自信がないことが「他人との関係」に溝ができたりします。

 

それは「愛着スタイル」と大きく関係していて、疎かにすると「人格形成の問題」「自己愛の問題」に繋がります。

 

 

例えば、愛着スタイルを「知っている」と「知らない」では人生の大部分の人間関係で後々問題が起きてきます。つまり大人になってしっかり「人格形成出来ない」ことなると問題が出てくるので、見逃してはいけないです。

 

 

出来るなら「子供のうちに人格形成」するために今から「愛着スタイル」について知っておきましょう。

 

 

私から見ても「人生が左右されること」なので「愛着スタイル」は知っておくべき内容なので知っておこう!

 

 

以下に事例を挙げてみます。

 

わたし、人間関係の構築ができない。不安を感じやすく、嫌われるのが怖いな…。

親の顔色を伺いながら、欲求に応えないといけない。それも刷り込まれている…

ブランドや学歴や年収でしか他人判断できないし、わたしもそれを基準でしか考えれない。

「毒親に育てられる」「親ガチャ」って聞くけど、昔はそれが普通・・

 

 

↑↑↑一例なのでわかりにくいですが、こんな考えをもってたら「あなたは歪んだ自己愛をもっている可能性がおおい」にあります。この歪んだ考えこそが「愛着スタイル」に深く関わっていたりします。

 

そこで、愛着スタイルと関連性が深い「異常な自己愛」についての問題を詳しく知りたいかたがいましたら、以下のリンクも合わせてどうぞ。

>>参考:異常な自己愛についてはここをクリック。

 

安定型・不安型・回避型の3つの愛着スタイルを知る【恋愛  克服】

#恋愛 不安 型 克服

とりしょー
とりしょー

愛着スタイルは「安定型」「不安型」「回避型」「恐れ・回避型」の4つに分けられていて、基本的にあなたの幼少期の「親との関係」で4つのどれかになっていきます。
※安定型×不安型もいるし。不安型×回避型もいるので、絶対一つってわけではありません。

 

 

愛着スタイルは、とても大事で、子どもの頃の親との関係によって形成されます。

 

乳幼児期は、「人格形成の土台」となるのです。

 

子どもの健やかな成長には、「親子の信頼関係をつくる」ことが欠かせません。充分な愛を与えて人格形成をしていく必要があります。

 

もっというと、乳幼児期から親の愛情を受けて安心することが子どもの心の成長に繋がります。

では4つの愛着スタイルでも「どれが一番いいの?正常なの?
わたしの子もすくすくと育てたい…。

 

 

結論でいうと、「この愛着スタイルだからいい」とか「この愛着スタイルは残念」というわけではありません。

 

ですが強いて言うなら、安定型が4つの中で正常な位置になります。

 

 

安定型とはどんなことを指すの??


安定型とは、一般的には親の愛情を十分に受けていて、危険や不安を感じることが少ない環境で育っている子供になります。

 

他の愛着スタイルはどんな感じ??

 

 

安定型を除く他の愛着スタイルは、何らかの不安材料が付きまとう環境で育っていることになります。

 

  • 「不安型」
  • 「回避型」
  • 「恐れ・回避型」

は不安がつきまというやすいことになります。

 

 

※愛着スタイルは、「遺伝的な要素・・10代、20代以降」の生活環境によって変化していくと考えられています。一度定まった愛着スタイルが一生続くわけではありません!
以下にそれぞれの「愛着スタイル」について書いてある内容があるので合わせてどうぞ。

>>参考:【愛着スタイル診断テスト】【混合のカップルにも】不安型・回避型・恐れ回避型
 
 
 

【克服改善できる】【混合】どうやって愛着スタイルの決まるのか。【メンタリストDaiGo推奨】

#恋愛 不安 型 克服

とりしょー
とりしょー

必ずしも「安定型」だから良いってわけではありません。

 

 

なぜ必ずしも「安定型」が良いとは限らないのは、

安定型の人でも「不安型」「回避型」の要素を併せ持っていると言われため。

 

つまり「安定型」を持っている愛着スタイルの人が「常にどっしり安定している」わけではないのです。

 

 

「不安型」「回避型」「恐れ・回避型」の人も同様です。
例えば、それぞれ「安定型」の要素は兼ね備えているパターンがあることです。
不安型でもあり回避型もあるというパターンもあります。

 

【まとめると】

完全に100%「安定型」ことはなく誰もが「安定型」「不安型」「回避型」「恐れ・回避型」の要素を併せ持っていて、そのうちどの型が一番強く出ているかでその人の愛着スタイルが定まるというわけ。

 

 

【恋愛・心理学・改善】安定型(メンタルが安定している)

恋愛 不安 型 克服

安定型の人は、もっとも安定した愛着スタイルの持ち主です。
⇒不安や回避の衝動が低く、メンタル的に安定したタイプです。

 

特徴は「率直さと前向きな姿勢があり、自分は自分、相手は相手と思っており、相手に合せられて、適度な距離を取れるタイプです。 「自分が愛着を持ち、信頼している人が自分をいつまでも裏切らず、受け止めてくれることを信じている特徴」があります。

 

他にも、衝動的行動や感情をコントロールできるといった特徴もあります。

 
※他人を信じられるので「距離が空いて」も気になりません。
 
 

【恋愛・心理学・改善】不安型(拒絶を恐れてしまう)について

恋愛 不安 型 克服

とりしょー
とりしょー

DaiGoさんは、愛着スタイルが不安型のひとはメンヘラになりやすいと言っていますね。

そこで気になったので、「不安型」についてを考察したので、少し解説します。

 

愛着スタイルが不安型は、特徴として以下です。

  • 「嫌われるのが怖い」
  • 「他人の称賛がほしく人の目を伺うけども、熱しやすく冷めやすい」

という独特な特徴です。

 

恋愛では「なかなか幸せになれない」タイプと言われます。

他にもちょっとした好意を大きく解釈するので「すぐに恋愛モード」に入る特徴もある。

また「少しでも嫌われた!」と思うと、スーッと身を引いてしまうのも「不安型」の可能性が大です。

 

 

 

不安型が強い人は、恋愛では「対人関係に不安を抱き、終始、周囲に気を使い、相手の反応に敏感」という特徴があります。

 

例えば「親しくなった人から拒絶されることを極端に恐れるため、べったりとした依存関係」を好む傾向があり、相手次第で関係に亀裂が起きやすい傾向。

 

 

他にも「不安型の人は捉われ型」ともいいますね。
嫌われることが極度に恐れてたら、他人の顔色伺うので、他人軸に他人思考になりやすい。

 

 

不安型は、自分が求めたときに「母親的役割」の人がいなく、充分な愛をもらえずに育つ。
他にも、「条件付きの愛」「温かく助けてくれる」と思いきや「冷たく突き放される」環境下で育ったひとは不安型になるそうです。
※以外に多いよ?と考察中。
 
 
 
 
そんな十分に愛をもらえていない「環境下で育った」人は、不安型になりやすく、「熱しやすく冷めやすい」人になってしまう特徴もあります。
 

 

大人になっても「相手に見捨てられる」という「不安の感情」を基本的に持つと、相手との関係維持のために「不適切な言動」をとりそうなら、メンタルトレーニングからオススメ。

 

 

 

とりしょー
とりしょー

まとめると。

不安型の愛着スタイルは「他人に嫌われるのが怖い」と思うので依存的になりやすい。

熱しやすく冷めやすい特徴があったり、恋愛面や人間関係でも「分に自信がもてなく不安でしょうがないから、相手を束縛する」ことだってあります。

 

 

【恋愛・心理学・改善】回避型(他人と距離を置きたがる)について

恋愛 愛着スタイル 克服

とりしょー
とりしょー

愛着スタイルの回避型の人は、距離を置いた対人関係を好みます。

恋人には、「マメに連絡しないタイプ」が多い。

 

 

まず、回避というだけあって「人間関係で起きる葛藤を事前に避け、遠ざけたい」と考える特徴が回避型にあります。

 

例えば、回避型の人は、恋人との関係も愛情はあるもの「ある一線は越えないor越えさせない」と一定の距離感を持って関係を築いていく特徴があります。

 

 

実は回避型(愛着軽視型)の愛着スタイルを持つ人は、以下のような環境下で育ったことでしょう。

  • 「母親的な役割」の人がいない。
  • 「母親的な役割」がいてもあまり気にかけてくれず、情緒的なやりとりがほとんどない。

 

といった環境で育ったことでしょう。

 

人と人との中で、得られるものを知らないまま育っているので、「助けを求める」という習慣がなく、大人になってからでも「自らの不遇を人に相談するという発想がない」のが回避型の特徴です

 

回避型のひとは「一線を超えさせないor一線を超えない」というように相手と深い関係にいきません。

かといって「他者に助けを求めよう」ともしませんし、悩みを打ち明けるのも苦手でしょう。

他人を信じられないと思っている」or「他人とは距離を取る」という特徴あります。

 

 

【恋愛・心理学・改善】恐れ・回避型(2つの不安を抱える)をリサーチした

自【恋愛・心理学・改善】恐れ・回避型(2つの不安を抱える)について。

とりしょー
とりしょー

恐れ・回避型」の人についても触れます。

2つの不安を抱えるひとで「愛着不安」と「愛着回避」がいずれも強いタイプとなります。

 

「恐れ・回避型」の特徴は、2つですが特徴は以下です。

  • 周囲の反応に「敏感で見捨てられたくない」
  • 対人関係を避けて「独りでいたい」「ひきこもりたい」

 

こんな2つの不安を同時に抱える特徴があります。

 

対人関係では非常に不安定なものとなります。

 

 
 
例題として人間関係では「この人と絆や信頼を結びたい」「親密になりたい」とします。
⇒だけど近づけば近づくほど関係が崩れることへの不安が募ってしまい、自分にとって「強いストレス」として感じる特徴があります。
 
 
 

【恋愛・人間関係】愛着スタイルで関係がいいカップルについて

愛着スタイルの説明 不安型

 

愛着スタイルは、人間関係でも使えるいい内容です

 

例えば愛着スタイルでも、相性というものがでてきます。

 

カップルで関係で例えると、以下です。

【こんなカップルがうまくいく】

 

・一番目:「安定型x安定型」のカップルが一番長続きします。
※もしくはカップルのどちらかが、「安定型なら恋愛でうまくいく可能性が高い」です。

・二番目:「不安型x不安型」のカップルが、打ち上げ花火のような熱しやすく冷めやすい。
 依存的な関係になる。

・同じく二番目:「回避型x回避型」のカップルが、お互いを距離感をとり、信用してない。会えば一緒にいるけど、いても距離感があるようなある種仮面夫婦そうです。

・三番目:「不安型x回避型」は最悪でかなり破滅的と言われます。

 

とりしょー
とりしょー

この愛着スタイルについては、「自分を知る手がかり」としてオススメ。

メンタルトレーニングをして、不安型・回避型(恐れ回避型)から安定型になることは可能とのこと。

 

 

まとめ

愛着スタイル診断 不安を感じやすい

誤解ないようにですが「愛着スタイルが〇〇」だからって嘆くことはありません。

人間は「努力で変えれること、変えれないこと」があります。完全に完璧に直させなくても、気がついただけでもその差は大きい。

それから、メンタルトレーニングをオススメします。

 

やり方はいろいろあるでしょう。

 

例えば、

  • 運動をする
  • 健康的な食事
  • 日光浴びる
  • 小さな達成感を積む
  • 他人と比べないマインドを整えるとか
  • 瞑想とか

という感じでいろいろありますね。

 

 

ここはメンタリストDaiGoさんの動画でリサーチしてみてはいかがでしょうか。

 

とりしょー
とりしょー

もう一度、下記に「愛着スタイル」についてまとめました。ご確認のほうよろしくお願いします。

 

安定型(特徴は、人間関係にストレスを感じにくいなら安定型。)

例えば、仕事やプライベートでも、特に大きなストレスを感じることなく、順調な日々が送れているならば、愛着スタイルは「安定型」である可能性が高いと言えます。

 

不安型(特徴は、他者からの評判を過度に気にするなら不安型。)

例えば、恋人同士のケースで、彼氏(彼女)からどう思われているか心配になることがよくあり、職場での上司や同僚、部下や後輩からの評判や目線などを気にして、いい人を演じていると感じているなら、愛着スタイルは「不安型」の可能性は高いです。不安型であれば「人付き合いを求めつつも、作った関係を維持するのにストレスを感じている」のではないでしょうか。

 

回避型について。(特徴は、一匹狼で人付き合いが嫌いのであれば回避型)

例えば、彼氏(彼女)、またh友人から「何を考えているかわからない」、「ドライ」「冷静」と言われることが多く、職場でも一匹狼タイプだと評されていたら「回避型」かも。
回避型は「踏み込んだ人間関係に憧れる面がありつつも、実際には、そういう輪の中の自分を想像する」と疲れてしまう特徴。一定の距離を保った関係を好む傾向があるのが回避型でしょう。

 

恐れ・回避型について。(特徴は、親しくなりたい、この人間関係が面倒だなという気持ちが混同するならば、恐れ・回避型)

恐れ回避型は、次の通り。

  • 「この人と親しくなりたいけど、でも怖い」
  • 「一緒にいたいけど、面倒である」

という相反した気持ちに振り回されていたら、恐れ回避型かも。

対人関係で悩むことが多く、正直、自分でもどういうスタンスで人と接するのが好ましいのかよくわからなくなった。あるいは今も混乱を感じる経験があれば「恐れ・回避型」かも…。

ぼく、不安型や回避型だったけど、メンタルトレーニングをして安定型に改善できるので、これから頑張っていこうと思う!!

 

という感じです。

 

  • 子育てしている人なら「これからどうやって子育てしょうか」「すくすくいい子に育ってほしい」
  • 「将来良い人間へと育って社会で困らない生活を送りたいな」
  • 「より人間関係の良好を目指したい」
  • 「今までうまくいかなかったことが愛着スタイルでわかった」

というようなかたががいましたら、

 

参考にしていただければ幸いです。

 

 

とりしょー
とりしょー

愛着スタイルと似た言葉があって、愛着障害(アタッチメント障害)という障害もあるので混同かちですが違います。

※アッタチメント障害とは、「幼少期の育ち方で他人との距離が上手くとれない」障害のことです

 

 

 何度もいいますが「安定型だから完璧」「正解」ではなく、変わることの一歩は「知ること」です。

 

ここまで読んでいただけただけでも、大きな成果に繋がるとも思っております。

 

ぜひ、参考にしてくださいね。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました