Sponsored Links
うつ病克服・ポジティブ思考のコツ

【目から鱗】人間関係であなたの運を悪くする人の特徴【人生が変わる】

Sponsored Links
不幸になる 人間 関わってはいけない
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょーです。


今回の記事は、人間関係において、関わることであなたを運を悪くするひとの特徴をお伝えします。

そんな関わることで、病んだり、面倒くさくなるだけじゃなく、運までも下げてくるのであなたにも不幸がくるという内容の記事です。


先に結論からいうと
この記事を最後まで見ることで、めんどくさい人の対応方法や無駄な人間関係がなくなるので、さっぱりしますので、危険察知能力だったり良好な人間関係にもなるので今回の記事を見て、知識をいれて私生活にも活用していきましょう!

あなたに不幸がきたり、後にくる嫌な思いをするぐらいなら、先に知識を入れてアンテナを立てて備えておきましょう。最小限の被害で済むようにしときましょうよ。

すでにそういったやばい人がいるとか・・。私がこれから紹介するタイプの人と会ってしまっている方には、結論から言うと、そんなやつには徐々に距離をとりましょう!

それでは、人間関係で関わると運が下がるやつ=人格障害可能性が高いについての分野で記事を進めていきますね。

Sponsored Links

【目から鱗】人間関係であなたの運を悪くする人の特徴【人生が変わる】

不幸な人間関係 ストレス 人間関係で人生が積むパターン 人間関係断捨離

あなたの運までも悪くするそういったやばい奴は、とにかく性格に難があるので、私からみても信頼できない人ですね。

特徴として、
例えば、口が達者で責任能力が欠如していて、会話していても、自分のことを平気で棚において、相手の権利や感情をいとも簡単に踏みねじることしてきます。(サイコパスの特徴でもありますね)

ヤバい奴ほど、長期的な関係でみると、人間関係では続かないというか、続けることが出来ないのが特徴なのです。

なので関わると、あなたとの人間関係において運が下がります。

そして二次被害として、関わることであなたが病んだり、面倒くさくなるだけじゃなく、運が下がります。

つまりあなたにもいつか不幸がやってくるという結果になります。

それを結論から言ってしまうと、人の見る目がないほどそういった落とし穴に落ちてしまうということなのです。

そこで、あなたを不幸の道へと引っ張る人からの対策で被害にあう前にさきに見破る方法があります。それはそのヤバい人が、都合悪くなる状況下で追い込まれた時に、”スパッ”と話を切り替えて、自分にとって都合いいようになるために、話をポジティブにお化粧を出来きてしまう人っていうのが被害にあわなくする見抜くポイントでもあります。

もし、あなたがそんなやばい奴との人間関係で関わってしまうことで、運が下がるつまりあなたには一滴のメリットもなく、やばい奴に振り回されたり、話をしていてもところどころ気持ちを踏みねじられて、約束だって大風呂敷と広げて守らないというようになります。

そんはひとといても、最終的に時間の無駄となるでしょう。

冒頭にも記載したように、そんなやばい奴は人間関係は続きません。

相手は、誇大妄想と被害妄想で話を作り変えてきますのでめんどくさくなるだけです。

【有名】不幸の道に引きずり落すサイコパシーが高い人を考察してみた。

サイコパシーの高い 特徴 二重人格 口が達者

あなたが不幸の道へと引きずり落すサイコパシーの高い人について掘り下げて記載しますね。

私の考察と例題を兼ねて説明しますね。

日本中を騒がした、だれもがが知っているあの大ニュースになったかたについて記載していきます。

年度はそんな経っていないあの大ニュースになった、”高速道路煽り運転殴打事件”で指名手配されて捕まった方がいましたよね?そうそのひとがサイコパシー度が高いを考察しています。

つまり何を言いたいかというと、
事件の内容において、高速道路というスピードがでているなかで、そのヤバい奴が車で煽っておきながら、被害者の車を横から抜いて、前にいき、緊急停止させ、窓を開けた被害者に殴打してけがを負わしたあのじけんです。

そのヤバい奴は、犯罪を犯していても、自分での罪悪感が足りなく、責任能力に問題があるかのように国民から神経を疑われています。


ちなみにやばい奴は、その前にも他でも似たような危険行為をしていたということ。

そんないろいろな問題もばれていながら、全国指名手配かけられて、捕まるしかない状況化で、普通の人なら自分でもわかっているぐらいの事件なのに関わらず、そのヤバい奴こと加害者は、
警官に捕まった時に発した言葉が「逃げませんから」とか、「イキ〇警察署」は嫌ですとか、、「きも〇さん、きも〇さん」とその連れの人に手を差し出し、「手を繋いで」とか、、

罪悪感のかけらもない言動と行動を及ぼしました。

何を言いたいかと言うと、そんな問題を起こし、全国指名手配に関わらず、
窮地に追い込まれいても、次々と自分を良く見せようと言わんばかりに、状況をポジティブに見せようとできちゃう神経の頭の回転だったりや、その状況下なのに関わらすスパっと言動を機転を利かせて、言葉でお化粧を上手に塗るように、良く見せようとするために、責任能力があるのか?ってぐらいの言葉で発することができる特徴が、人格障害
そのものだったと私は考察しています。


そう、サイコパシー性が高い人は、よく自分を棚に上げて、人の痛いとこをついたり、気を引くのがうまいのも特徴です。(人の感情や権利を踏みねじっても自分を優先する。)

自分をポジティブにみせるために発言にお化粧して、それもいったん合理的みせるが、言い訳がましいこと言葉を並べてるだけ…そんな特徴がありますね。

だからこそ、そんなやばい人にあなたが被害に合わないようにするため特徴を知って、アンテナを立てておいてほしいのです。これがわたしの今回いいたいことです。

ということで、あなたを不幸にする人の特徴をまとめていきますね。

あなたを不幸にする人の特徴の言動や行動は〇〇。

あなたを不幸へと 運が悪くなる人の特徴

それでは、あなたを不幸にする人の特徴を記載します。


■運が悪くなる人の特徴(どれだけあてはまるかな)

・相手によって態度を変える

・人に合わせて突然大袈裟に笑うが目の奥が笑ってない

・口元が笑っていても、目が笑ってない。

・初対面は礼儀正しく出しゃばらない

・お世辞がうまく、愛想が良くて感じがいい

・魅力的な言動や行動

・不安や緊張を感じにくく危機感がない。人に対して、ぞんざいになる。

・見せかけは熱い人間だが意見がコロコロ変わる

・目がとろんとしていて、顔全体の輪郭がぼやけるように虚ろな感じであることが多い。

・眠そうにとろりとした目元と、ぼやけたような顔つきは一見すると優しげに見えます

・負の顔を上手く隠すことに長けているため、無意識でもそのようなぼんやりとしていて一見優しそうに見える顔を作ることができます。

・ほとんどの人と話している時は、何かしらの感情、表情出すと思いますが、サイコパスは人と話している時に無表情になることが多いのです。

・サイコパスは、他人を自分の利益のために利用する物だと捉える冷酷な顔を持っています。
そのため人と話している時も相手の利用価値を冷静に探っていることが多いので、無表情になることが多いのです。


以上があります。

ほかにもあったら、後程追加をしときます。

SNSなどで拾った意見でもあるので、参考にどうぞ。

あなたの周りにこういったひとがいなかったかを思い出して参考にしてみてくださいね。

あなたが関わると運が下がるひとから自分を守るための方法は?

関わるとあなたを不幸にするひとの特徴 不運

それでは、どうしたらいいのって?かたもいると思いますので、それについても記載しますね。

あなたうを不幸村へと下げるひとの特徴を記載していきますね。

さきほど記載したようにまずは、見る目の養いましょう。知識を入れてアンテナを立てましょう。

他にも、サイコパシー度が高い人の特徴でもある。自分の利益のために周囲に対して良い顔をしていることが多いのです。

なのであなたが多くの味方を付けるだけでも、やばいやつへの効果的な対処法になるのです。

ただしあなたの周囲の人達から人気と信頼を得ているやばい奴だったら、この対処法を実践するには、周囲の人が自分の言い分を聞いてくれないのでは?と不安になるかもしれません。
なので、まずはあなたが信頼を出来そうな人から徐々に固めていくのはどうでしょうか。

ちなみにそのヤバい奴が周囲の人の信頼と人気を得ていればいるほど、この対処法は効果的なので困った時はぜひ積極的に自分の味方を増やしていきましょう。

次に、あなたは弱みをだしてはいけません!感情ださないことです。(手のひらで転がさられるようにあなたの弱点を突っついくるぞ。弱みを握られないように!)

※余談で、マニュピレーターもそうですが、人の懐に入って、その人を搾取することだってありえるのでそういうことも視野に入れて対処すること。

そういう危険な奴は、
脳の一部の共感能力を司る扁桃体が小さかったり、眼窩質が欠如しているので、普通の人だと思わないように!

「普通の人間じゃないんだなぁ」と真面目に相手にしないことがマインドとしても大事です。

【発見】関わることで運が下がる人の特徴(ソシオパス編)

それでは、次はサイコパシー度などの次は、ソシオパスというサイコパスに似た人格についても記載しときます。

結論から言うと、ソシオパスもあなたを不幸にする特徴があるので頭の片隅でもいいので入れておきましょう。

ソシオパスとは、サイコパスの後天性なパーソナリティー障害です。
例えば、育った家庭環境が悪く、様々な虐待を受けていたトラウマなどが裏事情であったりもします。

そのソシオパスとは、衝動的で行動に一貫性がなく、自分と同じ考えのコミュニティーをつくりたがる特徴があります。
また、サイコパスと違って、長期的な仕事に就くことやごく一般的な家庭生活を営むことができないんです。

こういった特徴があるので、視野に入れておきましょう。非常に厄介なタイプです。

【発見】関わると運が下がる人の特徴について。(ナルシスト編)

あなたが不幸へと 人間関係が破綻と崩壊 自己愛性パーソナリティ障害

 

これも視野に入れておきましょう。

皆さんをを不幸にする関わると運が下がる人の特徴のナルシストについてです。

自己愛性ことナルシストっていますが、そんな性質を持っている人といるとあなたの運が下がりますね。メンタルだって削られます。

ナルシストはあったことがあるタイプだと思います。

こういった性質を持っている人は、人に興味がある人ほど、あの人だーってわかると思いますよ。

ナルシストは、心理学では皆さんが知っているナルシストではないのです。

その心理学でのナルシストをこれから記載していきます。

 

ナルシストの特徴

・自分を棚に上げて人に「だらしねぇー」とか言える。

・ハートがガラスなので、自尊心を保っているので、人の批判に弱いので、批判を言われたら殴りかかってきたりする。

・自分の苦手は棚に上げ、人の苦手はとことん攻撃。グチグチいう

・目が爬虫類。ぎょろめ(ターゲットを見ているかのように)

・人に対して、敵か味方しかない(相手にされなかったら、相手のせい。人のせいとか。言い換えされたらあいつ敵みたいな。)

・感情の制御ができず、すぐにキレる

・人の欠点探して、粗探しをする

・自分で記憶を都合の良い様に書き換えることができる天性がある(過去の記憶は都合よく塗り替えてしまいます)
→脳の構造の大脳辺縁が普通の人と違うので、都合の悪い記憶は塗り替えれる。

・あんなに強気で出てたのに、立場弱くなると都合が悪くなったら「俺には関係ねぇって言いだす。」

・優れていて、認めた人には、泥酔したようの信者のようにふるまう、しかしその認めた人が少しでもミスをしたら、「だらしねぇー」とか言い出す。

・言葉のマシンガンで責める(自己コントロールきかないんでしょうね)

・人のものを勝手に捨てる話もあります。

・モノを大事にしない(人も)

・自画自賛や自己陶酔(人は自分を賞賛すべき、しなかったら敵とかね)

・自分に都合の良い思い込み出来る。(天性)

・決め方が独りよがり

・人の感情を理解しないよりは出来ない。

・他人へのけちくさいライバル視

・いじましい支配欲

・相手の欠点や弱点を見つけ出すことへの執念

・論点のずれた自己正当化。被害者ぶる

・他者を蔑視

そんな特徴がナルシストこと自己愛性には上記の特徴あります。なので気を付けて、距離をとってね。

 

このナルシストについてもっと知りたいとか興味がある方は、下記の本をみるといいですよ。

【おすすめの本は下記です。】

 

 
この本は、口コミから医師の治療の過程が描かれている点がとても面白かったということです。
他の異常者に関する書籍は異常者を攻撃するような内容のものが多く、解決策は逃げるだけという。
しかし、こちらも決して完全に擁護するような内容ではないが登場人物全員興味深かった。
 
この本は、ほかにも医師や医療従事者になりたい人に読んでもらいたいといいますが、一般人が読んでも充分面白いと思います。(久々にこういう系統の本を面白いと思ったのでおススメです。)

出会う確率が高そうなので、ナルシストにもう少し理解しましょう。

ナルシスト 自己愛性パーソナリティ障害の特徴 対応方法

昨今、ナルシストこと自己愛性パーソナリティ障害の人が増えているそうです。
※ここ10年で2倍に増え、16人に1人があてはまるという調査結果が出ています。(クラスに一人か二人?)


よく聞くのが、政官界にたくさんいると噂まで。(苦笑)

では、自己愛とは人間にとって、不要なものなのでしょうか?
こう問いを発すると、自己愛はなかなかやっかなものだということに気がつかされます。

結論からいうと、自己愛のない人間はいないですが度が超えているかたが多いです。

思いやりをもう少し持ちましょう。って思います。

少なくとも真っ当に生きていくためには自己肯定感が必須だろうし、自尊心が心の支えとなるに違いない。つまり、思い上がりだったり、独りよがりの要素を、心に秘めつつもそれを自覚して、コントロールを図っている人物のほうが、器が大きく人情を心得ていそうに思われる。という意見もあります。

人間の心=身体において自己愛がどのような意味合いを持つものなのかをとことん考えたところにあります。自己愛はまず、はしたないもので、しかし欠くわけにはいかないものである。
自己愛は、時には障害をもたらすことがあります。

けれど自己愛は自己を確立させるためには不可欠なものです。

自己愛から摂食障害、拒食症となった女性の話があります。
理想の自分を描き、求めた彼女は、その理想に達するため、非現実的な自己の目標を立ててしまいました。その結果、彼女に起きたのが摂食障害という病気でした。理想の自己を追う彼女の強い自己愛がもたらしたものだったのです。

彼女の自己愛がいつの間にか、自己否愛とでもいうようになってしまっているのです。
過剰な(歪んだ)自己愛が自分に向かい、自己否定・否認の連鎖におちいっているのです。

自己愛の無自覚な肯定は、他者へ大きな影を落とします。
時には周囲の人を病にかからせることも起きてしまいます。

 

■歪んだ自己愛には大きく2つの種類がある。
1.誇大型自己愛:尊大な、例えば”オレ様主義”で目立ちたがり屋。他人が目に入らない。いくぶん躁的なトーンを帯びている。

2.過敏型自己愛:失敗を恐れて臆病・引っ込み症になっている。他人の目を気にする。


※この過敏型自己愛者は、日本人に多いと考えられているそうです。
どことなく、日本人の特有な“空気の支配”を補完するような心性にも思えます。

誤解してはならないのは過敏型というものは謙虚さというものではありません。
実は成功や栄光に対する人一倍の貪欲さの裏返しというべきなのです。
他人にどう映っているか?蔑まれていないか?馬鹿にされていないか?
自分の「本当の」素晴らしさにちゃんと気付いてくれているか。
そういったことに常にアンテナを立てているのである。

中にはこれを、いわば隠れナルシストと言えようか。と言っています。

たくさんの問題をはらんでいる自己愛です。
けれど、その自己愛が自己の確立にとって、人間には重要なものであることも忘れてはなりません。自己愛は人間の複雑さ、誤解をおそれずにいえば豊かさをもたらすものでもあります。
ですから、それを余計なものとしてとらえてはいけません。

ではそのような自己愛と私たちはどのように付き合えばいいのでしょうか。その答えの1つがこれだと思います。

成熟することは、必ずしも子どもじみた要素の、思い上がりや独りよがりを払拭し切ることと同義ではあるまい。払拭なんてそう簡単にできる筈もない。

未練たらたらの断念であったり、照れ笑いをしながらの妥協であったり、何食わぬ顔をしたままの偽装であったり、時には居直ってみたり、その往生際の悪さにこそ人間としての味わいが出てくるのではないか。自己愛を知り、認め、付き合い続けること、それが成熟というものです。

 

という、ナルシスト向けのメッセージの結果でございました。それをここで言いたかった段落です。

【おすすめの本。】

 
被害を受ける者の傾向と、対策となる心構えも記述されています。内容はモラハラのバイブル。おススメですので、モラハラを受けている方は一度読まれることをお勧めします。モラハラを仕掛けてくる人の思考方法などがわかります。結果として、自分の心構えに影響しました。
 
こちらの本は、自己愛性人格障害について書かれた本です。
自己愛人間について詳しく知りたい方には、とてもおすすめできる本です。(事細かに詳しく記されていました)また、この本は、自己愛人間から成長するための内容ではなく、自己愛人間について細かく記された本です。
あなたが自己愛性パーソナリティ障害から困っているなら読んでおいていい本です。
自己愛人間が近くにいる場合に、自己を知り、現実を受け入れ、境界を設定するという戦略の解説がなかなか実用的なものでした。

口コミでは、「自己愛人間の精神構造が2歳児並だと思うこと」が大事なようで、最後には、自己愛の肥大した子供を作る親の7つの態度というものがあり、現在のマスコミ等にはびこっている子育ての風潮がほとんど全部当てはまるのに驚愕しました。記載していました。

また内容としては、障害の成り立ちから、自己愛人間の恋愛、職場、家族にいた場合などにフォーカスされています。魔の二歳児と言われる頃に障害の成り立ちがあるとの事で、育児における健全な自己愛の発達についても触れられています。(自己愛人間を観察している人にとっては、より深く相手を知ることができる良書です。)

まとめ

まとめ ナルシスト 関わってはいけない 運が下がる

最後まとめになります。

あなたの人間関係で関わると運が下がるやつ。関わると病んだり、面倒くさくなるだけじゃない。運が下がるあなたにも不幸がっていうテーマで記載した記事ですが、

言ったしまえば、今回の記事に出てきた、サイコパスやソシオパスやナルシストだけじゃなくても、

ややこしく、そりゃどう考えても不幸な気持ちにさせてくれるよねという性質を持っています。

例えば、世の中には、カバードアグレッションという、性質をもって生きている方がいます。

ガバードアグレッションとは、、善を装って、人を落とし入れる特徴があります。
知らないふりして、ごめん言っちゃたとか、、出生しそうな人をあの人より今は課長の方が優先ですよ。みたいにせっかくの出生から遠ざけようとするように落とし入れる特徴があります。
他にも、仮にあなたにいいことをして、いいことを言って、巧みに人の行動をコントロールしてきます。

※カバードアグレッションは、あまり近しくない人から見たら、ただのいい人に見えるのも特徴です。

だから、人をコントロールしたがるので、何人かに絶縁されている口コミも聞きます。
なので、支配欲が強く、過干渉なのも関係しているかもしれません。

今回記載したような特徴の人から、被害にあられた人。
また、コントロールされていたことに気づいてから、これからはコントロールされないよう気をつけています。という口コミも聞きます。

あんたの身近に、そんなコントロールしたがる人が周りにいませんか?
そんな人間関係で関わると運が下がる。
そうなると関わることであなたが病んだり、面倒くさくなるだけじゃない。

運が下がるあなたにも不幸がもたらすので気を付けてくださいね。


今回の記事を知識としてもいいし、アンテナとしてもいいのでぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました