ストレスの解消法のテクニック

ストレスの原因である嫌な人に対してのストレス対処方法は?またそんな嫌な人との関係についてどう接したらいいのか。

嫌いな人や嫌な人にはドパーミンをださせなようにする。
下記からフォローしてねー!

どうも、とりしょーです最近、寝つきが悪いです。
プチ情報ですが、そんな寝つきが悪いが故に、寝不足にならないようにするには、マグネシウムを飲むことで寝つきをよくなることが効果的な秘訣です。(そんなプチ情報でした。最後に、私が愛用しているマグネシウムのURLを貼っときます。)


早速ですがタイトルの通り、

今日のテーマは、嫌な人に対してのストレス対処方法とそんな人との関係について記載します。

対処方法の結論から言うと、相手にしないことですね

Sponsored Links

「嫌な人に対してのストレス対処方法」を深層心理や脳科学での視点で情報提供をしていきます

改めて結論から言うと、相手にしないことですね。

もっと言えば、ポジティブな反応をして、相手にドパーミンを分泌させないことが効果的な対処方法です。
例えば、あなたが攻撃をされた場合、こう返しましょう。
「これは伸びしろですねー。とか、わたくしまた一つこれで成長できましたー!」とポジティブな対応をして、場合と状況を選んで対処していってください。


なぜなら、こういうネガティブな一緒にいてもマイナスしかない人をまともに相手にしてまともに
対応していたら、あなたにストレスホルモンのコルチゾールが出てきて、体の代謝が悪くなったり、ネガティブ思考になったり、免疫が落ちて風邪が引きやすくなったりとこっちがむしろマイナスに陥ることになります。

また見た目までも美容や健康に、害を与えるので老けたり、太ったりする悪循環も起きます。(なので無駄なストレスはいりません)

美容と健康のためには害は極力与えないようにしましょう!

自分をもっと大切にしましょう!

皆さんが少しでもハッピーでもいれように願っています!!!!!

嫌な人の対処方法の紹介します。

例えば、こんな人はいませんか?

例>こっちにきて「こんなものもできないのかよー?」とか、「これできないとか終わってて使えねーな!」みたいなことを言う人です。
いますよね。私もみたことあります。

関わりたくないひとですよね。

冷静に客観的にみて、関係ないことまで一言多いやつ、また嫌味如くわざわざ言い寄ってくる人は周りにいませんか?

そこで、そんな人の脳内を理解が一番の対処方法なのでご紹介致します。

鈍感寄りで、気にならないタイプは別ですが、人によっては、”ネガティブになり、うつ病になるケースもありえます(まじめな人ほどなりやすい傾向が高いです。)

なぜ、嫌な人は、あなたに言い寄って攻撃してしかけてくるかについては?

それは、二通りあります。

・暇人だから。(暇だから攻撃してくるのです)

・現状にうまくいってないからストレスたまっているから。(人に奴当たりしている)


結論からいうと構ってちゃんな人なのです。 精神年齢がお子ちゃまなのです。

こんな人は、脳内にドパーミン物質という快楽物質を出すことが生きがいで快楽のため、その本人はなかなかやめられない行為なのです。

わざわざこっちに詰め寄ってきて、因縁ような、難癖みたく
人に当り、相手が反省するとこをみて、内心喜んでいます。悪態ついてくるクレーマーみたいなやつですね。こういうのいませんか?めんどくさくなる人ですね。

 

そこで被害者が反省をすると、優越感に浸り、
「俺はすごいんだぜ! 俺は言ってやったぜ!」みたいに、
とんだ勘違いのような、誇大妄想というのか、自分の力を誇示したいが故に起きるパターン
がありますよね。

被害者は、こんなやつらの言動や行動を真に受けないでくださいね。


被害者側からしたら、そんな相手の快楽物質のために、
ネガティブ思考に落としいられされ、相手はそんなあなたのネガティブな様子をみていると、相手は脳内物質のドパーミンにより、優越感に浸れるのでどんどん罵ったり、罵倒したりと攻撃をしてくるといった悪循環が起きます。

相手は、その反応を楽しんでいます。

意外にこういう人は周りにいますよね?私は見たことがあります。

※鈍感な人はそれすら気づけないので、中には知らず知らずのうちにエスカレートしてるかもしれないですね。

 

そんな嫌な人のおかげで、更にもっとエスカレートして最悪なことだっておきます。

そんな嫌な人に対して、悪循環なことに被害者側が、まじめな性格で”俺、私”が悪いのかな?っていうような責任能力が高い人ほど、
かえって「私が悪いのではないかな?もっと機嫌とらないと、、」と相手にとって思うつぼの悪魔のスパイラル悪循環が起こります。

普通の人と接するように接して、そのまま言いなりなったりや懺悔して、そんな相手にペコペコと謝っていたら、相手の思うつぼにハマります。

こうなると、これはほんと気の毒です。これが上司とか親だとホントホント気の毒なのです。

相手は優越感に浸たりたく、脳内で快楽物質が欲しいが故にドパーミンという脳内物質を出すために、ターゲットを決めて、その人を餌食として攻撃というのなの快楽物質放出を楽しんでいるのです!

そして、その被害者のとこにまた言い寄ってきて、被害者がネガティブになり、免疫力が弱くなり、体調が悪くなるという悪循環が起こるのです。

結果、相手はどんどん楽しくなっていきます。最悪ですね。

そこで!嫌な人に対してのコツがあります。

先ほど、話したように、ポジティブな反応をして、相手にドパーミンを分泌させないことが対処方法です。


どう対処するかというと、
もし攻撃を受けたら、、ポジティブな反応で相手にドパーミンを分泌させないてのがコツです。

例えば、攻撃をされたら、「これは伸びしろですねー。一つ成長できましたー!。」とポジティブな反応で答えたりする。

そこで注意なのですが、変に言い返したらそれまた揚げ足を取られるし。相手の反応みて楽しんでくるやつだから、そこは極めて注意していきましょう!

こっちは。ゲーム感覚でこういうやつに対しては、ポジティブになるための思考の練習台としてみてむしろ活用してやりましょう!!!!


とにかく、ドパーミンを相手に分泌させないのがコツです。


ドパーミンとは、学習脳、報酬系に関連しています。ドーパミンが過剰に分泌すると幻覚が出て、統合失調症がそういう状態です。

エンドルフィンという物質とは、ドパーミンの働きを20倍にする。エンドルフィンは、ランナーズハイや激辛のカレーなど食べたときに出る。

 

それでは、今日はここまで! 無駄なストレスをためないようするノウハウのストレス対処法の紹介でしたー!でわでわ!

 

脳内物質についての私のおすすめの本のURLを貼っときます。

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法 | 樺沢紫苑 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonで樺沢紫苑の脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

マグネシウムのURL

Bitly

 

タイトルとURLをコピーしました