「自信がないし、異常な自己愛が強い」ことを直したいと思う方必見!特徴17選をお伝えします

自己愛が強い人 特徴
とりしょーをフォローする
とりしょー
とりしょー

読者さん。
とりしょー(@torishow)です。

 

世間では「毒親」「親ガチャ」という言葉が流行りだして、自分自身でも「自己愛の問題」についてを内省したり、考えるようになった人も増えました。

 

そこで、

  • 『周囲に異常な自己愛を抱える人がいる』
  • 『自分の存在価値は偉大なものと思う』
  • 『尊大な人間やモラハラ人間について』
  • 『自分中心の考え方に程が行き過ぎている』
  • 例えば、『自分は特別だから賞賛しない奴は敵だ!攻撃だ!』というような傲慢な人がいるから悩む。

…そのようなことに「ピン」ときた方はぜひお読みいただければと思います。

 

人間、誰しも少なからず「自己愛」はもっていると思います。
しかし、自己愛が行き過ぎていることで、人間関係の問題に繋がってしまう方が多く見受けられます。

 

この記事では、「自己愛が行き過ぎた人」=「異常な自己愛」をもつ人の特徴を解説します。

 

ぜひ「自己愛が強いことを直したい」「周囲に異常な自己愛の方がいるから困惑してる」といった方には参考にしてほしい内容となっております。

 

また本記事は、筆者が「学生時代~社会に至る」まで、異常な自己愛を持つ人との接点が多かったので独自視点も含まれるので、参考になったりきっとタメになるでしょう。

 

とりしょー
とりしょー

気づきこそが「人間関係の良好」に繋がり、「いい方向へとチェンジ」するでしょう。

 

それでは本題に入っていきましょう。

 

本記事の内容まとめ
  • 自己愛が強いひとの特徴
  • 自己愛が強い言動や行動傾向
  • その自己愛は、異常に強いかをチェックしよう!
  • 自己愛が強いのを治せる?や向き合い方など考察
  • まとめ

 

 

【本記事の信頼性について】

 

【自信がないと付き合っていく】実は「自己愛の問題」を抱える人はたくさんいる…

自己愛の問題を抱える人の特徴17選

実は「自己愛の問題」を抱える人はたくさんいます。
※けして自己愛がダメというわけではなく、行き過ぎたことで「心身ともに人を傷つける」のはいかがなものかということで解説します。

 

 

結論からいうと「行き過ぎた自己愛」「異常な自己愛」の大元は、幼少期についた心の傷が大きく関係してます。

 

 

例えば、こんなことで「異常な自己愛を持ちやすくなる」と言われます。

  • 『過剰な甘やかし(例えば、子供の中で起きる些細な問題でも親が顔出す)』
  • 『異常でシビアの中で育ってしまった(ネグレクトやDVなど「理想の世界」や「自分の自己イメージを保つ」ために歪んだ考えをもってしまうしかなかった)』
  • 『条件付の愛』

など…

 

 

もともと日本では、

  • 『人を教育するシステム」が整っていない』※学校ではもちろん教えてくれない。
  • 『科学的根拠などエビデンツに基づかない育て方の問題』
  • 『誰が決めたのかわからない「常識」や「概念」に合わせた教育方針』

 

などをしっかり考えない結果が科学的根拠が証明されるほど、今でのツケが廻って「毒親」「親ガチャ」の問題と繋がったでしょう。
※樺沢しおん先生辺りは、この毒親について言及してるので「Youtube」など見ることをおすすめします。

 

もともとは、第二次戦争時代があって影響受けた日本。

 

この時代の影響から男性性ばかりに偏ったのも問題
※男性性とは、能動的なこと。「二元論」「形に拘る」「競争原理」など。
※労働ばかり。学校システムも「情報を模範通りにする詰め込み教育して優劣をつくる」など…。とにかく感情をなしにして、発展や生産性ばかり重んじる暗黙の了解の次元。

 

とりしょー
とりしょー

しっかり育てるよりは、たくさん生産することばかりフォーカスしてましたね。

 

そのため、たくさんの人は誕生したはいいが…

 

エビデンツに基づかないで育て方された方はもちろんですが、しっかりした教育されないまま、放置された状態で生きる(※もちろん学校でも教えてくれない)

 

それが普通でした。
※今でもこうした環境下の子もいますが…

 

そうしたよくわからずまま大人になって「自身が子供授かる」立場になった人は困惑する人もいるのも現状です。

  • 「どう育てたらいいのか?」
  • 「愛とは」
  • 「これは条件付の愛?なのか」

 

など思いながら子を育てている方もたくさんいるでしょう。

 

 

自己愛が強いとは?

自己愛が強い人 特徴

とりしょー
とりしょー

そもそも「自己愛が強い」って、どんなひと?を解説します。

 

 

いろんな例題はありますが、

筆者の視点では一言だと「他人の評価や称賛がないと生きていけないほどの人」です。
そして「自分は特別」だと思ってるので、自分を棚に上げて他人の欠点をばかり突っつきますがその割に自分が否定されるとキレだす(笑)

 

 

とりしょー
とりしょー

心理学の「自己愛が異常に強い=ナルシスト」という意味で進めていきます

 

「心理学でのナルシスト」と「周囲がいうナルシスト」は別物。
※「やたらと鏡を見て自分に心酔」とかそういうひとではありません。

 

 

心理学でのナルシスト(異常な自己愛)の例題

 

わたしの身の回りに、
・「自分を構ってちゃんのように、嫌がらせしてくる」

・「都合でしかひとを見れない」

 

自分が中心に回らないと怒りだす。キレだす

更に非難される「プルプル」して怒り出す。そしていうことをきかせようとする。

 

周囲からの評価や称賛がないと熱が冷めたように、態度が一気に変わる。そのわりに他人に厳しかったり、愛や情を求める。都合…。

 

 

上記の特徴があるひとは「完全なる自己愛が強い人」でしょう。

 

 

人の目気にして「俺どう?俺どう?」というようなタイプは、自分に自信がなくナルシストかもしれない。

もう少し、自己愛が異常な人についてを知りたい方はここをクリック。

【17の特徴】自己愛が強い人について

自己愛が強い 自分は強い? チェック

 

 

とりしょー
とりしょー

自己愛が強い人のの特徴を以下に挙げました。参考にしてみてください。

 

  • 『人より優れていると思い込んでいる』
  • 『超自分が好きで、他人には冷淡人間で何が悪いの?と思ってる』
  • 『目的ためなら、他人の権利や主張を踏みねじってでもいいと思ってる』
  • 『自分が大好きで、他人なんかどうでも、よく過信して空想を巡らしている』
  • 『自分という自己イメージが侵す相手には徹底的に攻撃する』
  • 『過去の栄光や業績や才能を誇張する』
  • 『自分の評価や称賛を期待する。期待した通りにならないと怒りっぽくなる』
  • 自分は特別であると信じており、それに服従できる人しか周りにいない』
  • 『人のこと軽視してる』
  • 『しっかり損得かんじょうをもっている』
  • 『人を当たり前のように利用してもいとわない』
  • 『劣っていると感じた人々には高慢な態度をとれる』
  • 『嫉妬されていると思い込み、他人を嫉妬する』
  • 『ターゲットにしてるひとがいる』
  • 『多くの人間関係においてトラブルがあっても、相手がほとんど悪いと思うor自分には非がない』
  • 『他人のあら捜しして、自分は棚に平気でおける』
  • 『被害意識が強いがある(容易に傷つき、拒否されたと感じる)』
  • 『自分が中心でないとその場に居続けられない』
  • 『自分が重要人物に決まっているに違いない』

 

 

とりしょー
とりしょー

上記に当てはまるほど、「チームワーク」を乱す存在になっていくでしょう。

厄介者と本人は思ってません。会社であれば、退職者も増えて、せっかくの普通の人材もいなくなり、会社にとってもマイナス(だけど会社のトップはそこまで把握できていないことが多いのが現実)

 

 

 

【更にチェックしよう】自己愛が強い?「6つの言動」があれば注意

自己愛が強いを直したい 自信がない。

とりしょー
とりしょー

異常な自己愛を持つ人の6つの言動を紹介します。

 

 

 

  • 『自分は特別扱いされて当たり前』
     ①、自己愛異常に強い人ほど、自分は特別扱いされるのが当たり前と思ってます(自分はさせおき、他人を時には蹴り落とします」
    ②、自分にも不得手なことはあるはずなのにそれは棚に上げて、他人の不得手部分をけなして、自分のほうが優れてることを強調する。
    ③、自分の要望や要求は必ず通ると思いこんでる。その「要求や要望」が叶わなかった場合、あからさまに不満を表わし、無理な要求をした自分を反省するのではなく、要望を聞き受けない相手を悪く言う。
  • 『自分の考えが常に正しいと思う』
    ①、自己愛の強い人は、自分の考えは常に絶対的に正しいと思い込む。自分を反省するのでなく、人のせい。ほかの人が反論をしても、ろくに耳を貸すことはない。
  • 『他人に厳しいが、自分への評価が甘い』
    ①、自己愛が強い人は、自分はいつも正しく完璧だと思い込んでる。
    もし自分ができないことがあれば、それは自分がわざわざやるべきことではないという理論で、ほかの人になすりつてさせる。
    ②、自分はできないとは言えないし、出来ないすら思ってない。
    泥臭いことは他人におしつけ、自分にできないことを頭をさげて頼んだり、あるのを気に病むでもなく、あくまで自分のやるべきことではないからという観点で、自責思考がない。
  • 『人を軽視、見下して批判する』
    ①、自己愛が強い人は、他人を見下し批判することで優越感に浸る。
    自分より下(能力的にみて)を探して、批判して、その行為自体が「自分は正しい」と思い込んでいる。(※深層心理では、”自分は正しい”という絶対的なものを崩すわけにはいかないから、自分以外の人は自分よりも劣っているとするのです。
    ②、スポーツ界など優良な選手には信者のように心酔して「あいつスゲー」っていうけど、その選手がちょっとでもミスしたら「あいつだらしねぇー」みたく言い始めます。つまり他人を評価するときは自分の物差しで測ります。
  • 『自分が勝てる勝負しかしない』
    ①、自己愛が強い人は、自分の保っている自己愛(自己イメージ)を守るためにリスクがあることをしたがりません。だけど「勝ちたい!」「優越感に浸りたい」思いだけに、自分より優れてる人とは勝負しません。これは「恥をかくことを極端に恐れている」からです。
    ②、誇大妄想のように「自分は素晴らしい」という世界の中で生きてますから、それが覆るようなところに自分から入ってくことは決してしません。現実を突き詰める人は攻撃して自己イメージを保とうします。

 

  • 『自分以外の話題には興味がない』
    ①、自己愛の強い人は、話の中心を常に自分の話題へもっていく傾向があります。
    人の話は興味なく、自分の評価や称賛に関係しないこと不必要と思ってます。例えば、自分の話題にもっていくためにも、自分の意見にそぐわないことあれば、「斜めに見る」「軽視する」「こんなことを知っているだ!凄いぞ!といわんばかりに、難しい単語使ったり、著名人の文章を抜き取ったことをあたかも自分が経験したかのように話したりします。ときには、自分の体験を話をしつつも、自慢話をしたがります。
    ②、「相手が興味を持つかどうか」「相手が楽しいかどうか」はおかまいなしで、自分の気が済むまで話し続ける傾向あります。また、話題が自分以外のことになると全く興味を示さなくなることも表情や仕草や態度でわかりやすい特徴もあるのが自己愛の問題を抱える人にはあります。

 

 

とりしょー
とりしょー

上記の中でいくつ当てはまりましたか?

どれも当てはまったら「異常な自己愛」をもつヤバい人かもしれません。

とは言っても「異常な自己愛をもつ人」ほどこの内容はどうでもいいと思うでしょう!(苦笑)

 

【幼少期~の心の傷は後でツケが廻ってくる】自己愛が強いのは”毒親”も一緒

 

 

とりしょー
とりしょー

子を育てるのは「難しい」と思う方もいるでしょう。

 

自分自身で「自己愛が強すぎる」と思う方もいるでしょう。
もしくは、自分自身で「異常な自己愛を持っている」という自覚がない人もいるでしょう。

 

理由はともかく、この大きな根っからの原因は、「親の影響」「トラウマ」「恐怖」などを癒さないで大人になってしまい「心の傷を負ったまま」生きてしまったことが問題。

 

 

ここで本記事のテーマである心の傷を負うと「自己愛の強い人間」になりやすいともいわれます。

 

 

その心の傷を癒さないままでいると、どんどん自己肯定感が下がり、自身損失となるために「薄情人間」「冷淡人間」「冷酷人間」になってしまうかたも少なくないのが現実問題です。

 

 

 

【直す】自信がないのは「自己愛が強い」から。そこで治す方法は?

 

 

  • 『自己愛が強い場合は、どうしたらいいの?』
  • 『治し方や解決策は?』
  • 『自分より優秀な人の話をされると「嫌悪感を抱く」』
  • 『自分より優秀な人の話をされるのは自分が見下されている感じがする』「けなされている」「恥をかかさせられている」と思い込む。

そんなことに関係することを考察したので、ぜひ参考してみてください。

 

結論からいうと、ナルシスト(異常な自己愛)でも治し方は一概にいえません。

 

なぜなら「傷の深み」や「どの程度の恐怖感をもっているのか」「併用として違う症状があるかもしれない」ために一概にはいえません。

 

そこで一個人の意見として「何かの一助」ということで、お伝えします。

 

そもそも、もしあなたが「自己愛が強いこと」に自覚があった場合は、「余程、治す勇気があった」のかと思われます。

殻を破って出てきて、新しい人生にむかっていくのですから、素晴らしいことです。

 

まず一つの対策は「自己愛が強い人」は、自分に自信がないが根柢にあります。

  • 「自分が優れてる」
  • 「優秀だと思い込む」
  • 「称賛・評価されて当たり前」

 

と思うのは「裏を返せば自分に自身がない」ことになります。

 

自信がないので、「非現実的主義」「自分に心酔する」「特殊な変換機能で被害妄想」になることだってあります。

 

 

とりしょー
とりしょー

自分の評価や称賛はどうなのかよく気にする方が多い。

 

 

では、なぜナルシストになりやすいのか?

 

それは実は「傷つくこと」「負けること」をいつもどこがで”恐れる”からです。
ナルシストはガラスのハートと聞きますが、それだけデリケートな面が他者からは理解されないのです。

 

 

まず自覚したら、こういった治し方もある

 

とりしょー
とりしょー

「自己愛が強い」と自覚したときの次のステップに役経つことを紹介します。

 

 

 

【治し方】自己愛が強いこと自覚した後

 

  • 自己愛が強くなる原因をまずは知る
    ①、他人の評価や称賛がないと頑張れない理由を内観・内省をする。
    人によっての原因は様々ですが、育った環境も大きく関係します。幼少期の傷がトラウマや偏った見方に繋がっているケースがあります。
    ②、幼少期に親から褒められずに育った人は「褒めてほしい」「認めてほしい」という欲求を抱えたまま大人になり、自己愛が強くなることがあります。
    ③、反対に幼少期に「過干渉」「過度に甘やかされて育った」場合は、自分の非を認めることを覚えずに大人になり、歪んだ自己愛を持つタイプもあります。そのため「他責思考」「自分中心でしか物事みれない」※その親自身が幼少期についた心の傷から、子どもにはそうなって欲しくない思いが人の何倍もの過干渉気味になる場合もあります。なので子供と自分を分離できないので「子供のためだ!」いいながら、実は自分のために取る過剰な自己愛の表れでもあります。近年、クレーマーやモンスターペアレントが急増している問題もこれに関係あると考察してます。

 

  • 無償の愛の大切さ。
    ①、自己愛の強い人は「他人からの評価や称賛」のように他人から認めてもらうのが当たり前と思ってます。そのため「自分の武勇伝」や「約束果たせないまま大風呂敷にひろげる」など人に認めてもらえるのは「自分の意見」「過去の栄光」の自慢話だけと思っているかたも多くいます。だからこそ「無償の愛」の大切さやメリットを見出すことをおすすめしてます。
    例えば、道の悪い道幅に歩いている老人をサポートする。ときには相手の頑張る姿を認める。時には褒めてあげるだけでもいい。そのうちにいつしか「感謝の言葉のことばをもらえやすい」こともあります。

 

  • 他人の言動ではなく、自分の言動を俯瞰して抑えてみる
    ①、異常な自己愛の人は、自分が中心に回っていると思いこんでます。解決策は「自信をもつこと」 自分は特別な存在ではないと言う勇気をもちましょう。
    ②、周りからは「自分は・・自分は」といった自分にしか興味ないようにみられがち。無意識のうちに会話を「俺は~私は~」と始めてしまっているかたが多いしょう。そこで対策として気づいたときは、「自分の話は終える」ように心がけましょう。主語を「私たちは~」「社会は~」にして進むだけでも客観視に近づけます。また話の中では「みんなはどう?」「そっちの意見を聞かせて」というに終わらせると相手にとって話の主導を移すことが出来ます!
    ③、自分以外の人に興味を持って、人と同じ目線で関わるように意識しましょう。
    もし「相手が期待通りに動いてくれない」となると、恩着せがましいことを言い出して、なぜ動いてくれないのかと詰め寄る」かたもいるでしょう。しかし実は同じようなことを自分もしてもらっているはずです。それを棚上げして要求ばかりしていないか深く思い返しましょう。本当に相手に貸しがあると思いこんでないか俯瞰しましょう。

 

  • 自己愛が以上に強いだけじゃなく、自己愛性パーソナリティ障害の可能性も考えること!
    これは専門家ではないので一個人の意見ですが、
    あなたor周囲に「社会生活に支障をきたすほど自己愛が強いと感じる」ならば「自己愛性パーソナリティ障害」の可能性も疑いましょう。「カウンセリングや専門医」を見つけてにかかること。
    例えば「自己愛が異常に強すぎる」ゆえに自分のことしか考えておらず、他者に無理(理不尽)な要求」する言動があれば危険信号。自己愛性でクレーマーであっても、「窓口」「担当者」も一生懸命働いていることはわかりません(例えわかっていても、自分の都合や感情が全て)自分視点しかなく、他人の視点に立つことができないでしょう。

 

 

まとめ

自己愛が強いのチェック 特徴

 

本記事では、メンタリストDaigoさんのDラボ会員なるほどであったりと心理学が好きで、こういった類のものは、10年以上研究した「体験談や考察」を基に解説しました。

 

意外にもたくさんいるのが「異常な自己愛を持つ」かたでもあるので解説しました。

 

自分の理想を壊されると「的を絞って攻撃」してくる人はいませんか?

 

その人は「自己愛を抱える人」かもしれません。

 

ぜひ本記事を参考にして、日々の生活に活かしていってもほしいと思ってます。

 

そして気づきこそが「自身だけじゃなく、周囲との人間関係の良好」に繋がると思ってます。

とりしょー
とりしょー

ぜひ、今までのの生きにくさがいい方向へと変わることを願っております。

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました