占星術・占い・ホロスコープ

天王星を理解することで幸せの道が開けます。占い・ホロスコープ・西洋占星術においての天王星。おうし座さんへのメッセージ付き。

水瓶座の時代。刷新、改革、根底から変えていく。発明アイディア、天才
下記からフォローしてねー!

とりしょーです。
今日は、占い分野での西洋占星術やホロスコープ分野の記事を記載します。

今は、水瓶座の時代と言われています。
その水瓶座の意味は、刷新や改革とも言われています。

既存の物を壊していくのも水瓶座ですね。

いま、こんな不況な社会で、2020年破綻や崩壊が起きていることからこれから未来に向けて改革・刷新が起きているとも捉えれます。

そんな、天王星のシンボルともいわれている現在の社会から、占い分野での天王星を理解することで幸せの道が開けることについては、結論から言うと、開けます。

なぜなら、新しいビジネスや新しい経営ってのが出てくる時代にもっともっとこれからなるのでアイディアや発想を浮かばせるって意味でも必須とのなる知識だと私は思うからです。

Sponsored Links

占い・ホロスコープ・西洋占星術においての天王星の性質や意味。

皆さんは、占いに興味がありますか?

そんな、占い・ホロスコープ・西洋占星術においての天王星の意味について記載します。

 

現在水瓶座の時代とも言われていますが、水瓶座のシンボルは天王星です。

その天王星の意味は下記となっております。

・独創性、改革、革新性

・変化、ハプニング、自由、風変わり

・奇想天外、予測不可能、病的、異常、孤立

・独り、自由、自我目覚め、自立、私。

そういった意味が天王星にはあります。

話がそれますが、youtubeなどからアセンションがなんちゃらって言われてますよね。

そのアセンションについても記載しときます。

アセンションと天王星を関連つけて考察。

現在、2020年3月から、Youtubeやスピ系の方からは、アセンションがなんちゃらって言われてますよね。

そんな私が思うアセンションについてをこう思います!

そんな思うアセンションについての定義はは、自分の本来の目的を見つけていくのがアセンションだと思います。
つまり、けして誰がいつ作ったかわからない常識や会社からのルールなどでそういったことに執着や視点を合わせて、上辺の関係は必要がないと一理思うことがあります。

今後、このアセンションとちゃんと向き合わなかった人は、いろいろな魂を磨く上での試練が待っていると思います。
例えば、前世で約束したことや潜在的な目的意識などなど、眠ったままの人は問題やトラブルが浮上していくと私は思います。

とりまく環境、周囲は眠ったままの人達が集まり、辛い出来事やストレスを感じる事、困難や問題のオンパレードの体験することになりえます。 

潜在意識とは、可能性が詰まっているとこ。という方もいまして、なんだが感覚的ですが、納得しました。

アセンションは、もともとあった高い意識に戻る過程を意味します。
だから、ビジネスで成功するわけでも、素敵な結婚をするわけでもないのです。

その高い意識を取り戻して、この物質界でワクワクと波動を高くして楽しむためにやってきているとも言われています。

つまり本来の自分に目覚める。ってこと。

もっと言えば、自分軸ない人はまず自分軸を持つ事からスタートです。


例えば、ホロスコープで無理やり考えたこんな例題があります。
太陽星座がお羊座の部屋にいる。対極になるが月星座が天秤座(パートナー)の部屋にあると仮定する。

そしたら、
運命の太陽星座は、発展発展や自分はみたいな試練は来るが、自分の月星座は、つまり感情を表すとこそれに対してパトーナーの部屋なので、実は皆と「調和したいとか」、「皆とバランスとりたい」とか、「楽しくしたい」みたいな感情を芽生える。(にんげんに対して、バランスを保とうとするからすごい気を遣うとかね。)

だが運命はは”自分”がキーワード。だから「自分はこうする」とか、「自分主義」「孤独とか」「改革」などそういった試練がくる。

感情として、皆と今までのように、仕事をしたいが、”自分はこうだから”っていうような内容になり次々と新しいこと挑戦したりするかも。パートナーの部屋だからパートナーとの関係についてかもしれない。

発展はするが、揉めるとか巻き込まれるって意味もあるとも個人的は思うこと。

ということで、その延長線上で、天王星に入っているおうし座さんにメッセージを下記で記載しときます。

2020年の活躍の時期(ホロスコープや西洋占星術について)

今日は、おうし座さんへのアドバイス。(天王星がおうし座さんい入っていることからおうし座さん向けです。)

何かを始めなければならないと焦るよりは、まず今までやりたいと思ったけれど、その時はできなかったことを見直すことから始めるといいようです。

前(当時)と今では、状況も変わっています。
今から準備を始めれば、前やりたかったことを一歩ずつ近づける運気の時期です。

ただし、改革の星・天王星は革命の星でもあるので、注意があります。それは、今までの仕事や人間関係を一切捨て、海外脱出や異郷での暮らしなど、思い切った変化を密かに希望している人は、周囲に与える影響やショックにも配慮して、時間をかけて準備を進めた方がいいかも。という有名の占い師さんの方が言っていました。

天王星は、7年周期です。(ホロスコープや占星術)

天王星は7年周期で回っています
2018年から出たり入ったりと、少しずつ天王星がおうし座に入りました。

2025年まで続く長いものなので、ある日突然の激変というよりは、深く静かに少しずつ進行して、今まで過去の価値観やものに対しての見方、考え方を少しずつ変えていくことになります。

また、この周期が終わったときは、天王星がおうし座が抜けて、生活環境や交遊範囲が、それまでとは一変している可能性もあります。

今まで世間や立場を考えたり、気持ちが一歩出ないなどあると思いますが、できなかったことでやりたいことがあれば、活動期に入る2019年12月4日から向こう1年間がおうし座さんの方にはチャンスとのことです。

平穏無事を望むだけでなく、今だからできること、今しかできないことを探し、考えてみるのもいいのです。

 

タイトルとURLをコピーしました