【急に冷たいが感情がないから!?】天才の水瓶座(みずがめざ)の本質見抜く

天才の水瓶座(みずがめざ)の本質見抜く。感情がないわけじゃなく後でわかってくる
とりしょーをフォローする
とりしょー
とりしょー

読者さん。
占い師のとりしょー(@torishow)です。

 

  • 水瓶座ってどんな感じ?
  • 水瓶座の魅力をより深く知りたい。
  • 水瓶座に対しての、良くも悪くもワードがあるけど、その辺りを知りたい。

…そんな方はぜひお読みいただければと思います。

 

水瓶座は風のエレメンツとして、最後の3番目に値します。
周囲から一風変わってる印象を持たれますが、ユーモアな発言と博愛的に人と接することができる星座であります。

 

本記事では、太陽が水瓶座(みずがめざ)について意外に「月星座の水瓶座欠損」も解説します。

 

最後まで読むと、天才的な発想やアイディアを社会に対して、繰り広げられる才能を持つ水瓶座の魅力的もわかるでしょう。

 

本記事の内容まとめ
  • 男性女性問わず、水瓶座(みずがめざ)の性格や行動パターン
  • 水瓶座の嫌われる理由は?短所?それは長所?
  • 水瓶座の月をもっているかたの月の欠損の話(マドモアゼル愛先生の理論)
  • 水瓶座の恋愛面【心理】
  • みずがめ座が怒った時
  • まとめ

 

 

【本記事を書いている人】

 

 

 

とりしょー
とりしょー

私自身が占い師でもあり、近年でも「星座占い」は人気があって、たくさんの占星術師がいますが、12星座を実体験から考察したり、肌感覚の視点で各星座の魅力ポイントなどを解説する情報発信者は「まだまだ少ない」のが現状です。本記事は他の記事にはないエンタメとしても楽しめるでしょう。

 

 

それでは、本題に入って行きましょう。
※補足:出来たら太陽星座だけの判断では、イマイチでもあり「水星」「月星座」なども確認しましょう(ぜひ私に聞いてください。)
※補足:本記事は否定や侮辱してるわけでなく、ブラックジョーク交えつつもエンターテインメントとして、占い師のわたしから主観で解説する記事なので予めご了承ください。

 

\\登録無料//
ココナラ占いは、私自身も売り買いをしている大変使い勝手のいいサービスです。
もしあなたが占い師さんに鑑定してもらった後「見据える結果」が出るでしょう。ぜひ今すぐお申し込みください。⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

 

以下が私が出展してる占いページです。
とりしょーの鑑定部屋はこちらから~

 

 

【博愛主義】水瓶座(みずがめざ)の本質を見抜くと自由が関係してくる。

とりしょー
とりしょー

水瓶座は、ハタから見ると「ちょっと変わった」人と印象をもたれる方多いです。

逆に言えば、水瓶座がしたら「ちょっと変わった自分」だと思ってるかたも少なくないでしょう。そんな個性的である「水瓶座の特徴」を解説します。

 

 

太陽星座の水瓶座は、基本的に1月21日~2月19日(一応、前後があるのでホロスコープで要確認)

 

水瓶座のキーワードは、「I  Know」:「我、知る」となります。

 

水瓶座こそ12星座一番に、本当の大切なことを知ってたりします。

 

個人的な水瓶座のイメージは「平和主義で平等で、感情共有とかの情緒的なことよりも、クールに知性をもって、自由に理論的に博愛で成し遂げていこうぜ」といった方を多く見受けられました。

 

 

水瓶座(みずがめざ)のルーラーは「天王星」で、エレメンツは「風星座」です。

ですので

  • 「改革」
  • 「刷新」
  • 「自由平等」
  • 「博愛的」
  • 「独創性」
  • 「天才」
  • 「IT・インターネット」
  • 「最先端技術」
  • 「電気」
  • 「博愛精神」
  • 「ユニークさ」
  • etc

 

 

風星座なので「情報」「コミュニケーション」間では、高い知性を使い、天才的なので、アイディア勝負したり、独創性を使って、社会的に評価される星座でもあります。

 

とりしょー
とりしょー

太陽星座の水瓶座と話すと、どこか「ユーモアな発言」「革命的なアイディア」を感じさせるような発言するかたが多い。

 

 

水瓶座は、一風変わっていて個性的な印象があるともいいましたね。

例えば、

  • 人があまり興味持たないことに興味を示す。
  • 人とちょっと違ったことに興味を持つ傾向からユニークな発想を持つ。
  • 周囲との視てる視点が違う。

という一面があります。

 

水瓶座で「自分が変わり者」だと自覚してる人も多くいます。

 

とはいっても、理論派で超現実的主義者でもあるので「ふわふわしてる」「夢ばかりみてる」「願望ばかり」みたいなタイプではなく、自分の考えたアイディアで自由に生きたいことで、結果「変わり者」に走るかたもいます。

 

 

とりしょー
とりしょー

根本的に自由にいたいタイプですから、「重たいこと」「束縛されること」にはかなり息苦しくなっていくでしょう。

 

 

水瓶座は、天王星ルーラーで風星座なので、クールで冷たい印象もありますが「知的さがあり、個性を大事して、自由主義、周囲と同じ考えは絶対」という概念はありません。

 

 

天才の水瓶座は自由でいたい。考え方も独創的。たどり着くとこは自由。

とりしょー
とりしょー

水瓶座の「自由な発想」「独創性」には、感銘をうけるかたもいるかと思います。

わたしも、この星座の人を見ると「正直おもしろい」と思います。

 

水瓶座は、自由主義といっても過言ではありません。

言ってしまえば、いつでもどこでも自由でいたいのが水瓶座

 

 

太陽星座の水瓶座は、結果的に自由にしてることになるかたが大半です。

 

みずがめ座の自由主義といっても、「自由奔放」に走ることがあります。

例えば、グループ内でみんなで決めた「規則性」「時間」「ルール」を決められた環境下では…

  • 息苦しくなり、せっかくの考えがあるのに通らないのが不満と感じだす。
  • 水瓶座のアイディアのほうが効率的で自由さが発揮できるなどから、周りと考えが反してしまう。

 

 

水瓶座は、理論派で、頑固で「自分の意見を曲げない」一面があります。要するに、人から束縛されると心地よく過ごせないために、その場から立ち去りたいほどの「自由したい」気持ちが人一倍もあります。

 

ですが、自由で自分の意見を曲げないという頑固さはあっても、他人に対して差別的に不平等に接するタイプではございません。

 

水瓶座は、「博愛主義」なので、どんな人に対しても同じ深度で接することができます。

人類皆兄弟(友達)といえるほど、博愛主義者なのが水瓶座です。

平等に周囲と接することができます。誰とでも分け隔てなく、友達になれる博愛主義者こと水瓶座です。

 

水瓶座と気が合えば、男女関係なく誰とでも仲良くなれますし、男女だからという理由で接し方を変えることもありません(だからみんなと平等に付き合える星座)

 

とりしょー
とりしょー

水瓶座は、頑固さがあり、現実的に高い知性とアイディアを使って革命をおこすほどの能力があるので天才的な一面を使って社会的評価を受けますが、周囲とは違うので孤独に陥りがちだな面があります。

かといって友達がいないわけではないので、複数メンバーのコミュニティに入り込んでは、ワイワイガヤガヤが好きで、誰とでも接してける平等さから、友達が多い星座でもありす。

 

 

水瓶座は、本当に変わってるし、自分でもそれでいいと思ってる

水瓶座は変ってる

 

みずがめ座あるある話になりますが「ユニークな発想」「個性」を大事にするのも水瓶座の特徴です。

 

  • 人と同じじゃつまらない発想がある
  • 既存の物にあまり興味がない。

 

水瓶座は「人と同じじゃつまらない」という感覚が人一倍持ってます。
例えば「周囲が良いと言ってるから」「人気No.1だから…」「売れ筋商品だから…」などの理由だけは通じないでしょう(ときには通じる)
つまり「広告にでっかく記載してるから」「みんなが言っている」だけの理由で、興味を示めさないのも水瓶座のかたに多くいます。
とりしょー
とりしょー

性格が天邪鬼なかたも多いので、「本当は少しいいな」と思ってても、あえて避けるところが水瓶座らしさです。

 

そんな周囲が言ってるから!という理由で簡単に乗らないのが特徴でもあります。

 

  • 「マニアックであるか」
  • 「人と違うものを持っているか」
  • 「いかに人と違うことをするか」

といった事に重点を置く水瓶座も結構います。

 

興味を持つことに対して、知的さと理論的判断で「周囲と違う視点として、持ち前の探求心が発揮され、深く学べるので、人と違うマニアックな知識」までも手に入りやすいのがこの星座にあると考察してます。

 

知識でも博識でも、水瓶座はいろんなこと知っていて、それだけの情報量があるので、いろんな業界のかたでもコミュニケーションができるので、多才で天才な水瓶座もいます。言ってしまえば、社会派なかたが多いです。

【水瓶座の嫌われ者になる理由は?】水瓶座の性質・行動パターン【本質を見抜こう】

【水瓶座の嫌われ者になる理由は?】水瓶座の性質・行動パターン[本質を見抜こう]

とりしょー
とりしょー

どの星座でも、長所もあれば、短所があります。その点を独自な視点で解説します。

 

まず水瓶座が嫌われるというワードを見つけたので、私なりの視点で解説します。

 

まず水瓶座が嫌われる理由は人によりますが、あえて無理にいうと以下です。

  • 頑固さ。(つまり拘り方に付き合いきれず、周囲は呆れていえなくなる)

 

  • 理路整然だが、屁理屈なとこもあって、結局は「この人自由人なんだなぁ~」ってなり、折り合いつかない。人はどんどん去っていく。

 

  • 上から目線に感じる(理路整然はいいが、いちいち上から目線)

 

  • 自分の考えと違う人には、急に冷たくなる

 

  • 相手からすると肩透かしを食らい
    ⇒平和主義なので、争い事やもめ事を嫌いますが、誰かと喧嘩やもめ事になると、争い事を避けるために、自分が悪くなくても、ハイハイみたく相手に「ごめんなさい」と謝って、その場からさっさと立ち去ろうとしますが、相手が攻撃的に白黒ハッキリさせようと思っているからこその相手からすると肩透かしを食らったことになり、スッキリできないために、余計に怒りを買うぐらいのことがおきやすい。もしくはどっか見下しているような上から目線に見える。

 

  • 人によりますが、水瓶座は自分で天才だと思っているので、「頭いい風」「うまくまとめた風」の発言が目立ち、相手は軽くみられているよう感じて、イライラする。

 

  • 獅子座的な要素になりますが「楽しませよう」「一緒に気持ちを明るくさせよう」ということより「そんなの意味があるの?」みたくイチイチ理屈つけては暗い。なかなか一緒に楽しめない。

 

  • グループで行動しても、気づいたらどっか行ったりと自由行動が目立つ。

 

これは人によりますが、いるかと思います。

 

とりしょー
とりしょー

水瓶座が「嫌われる理由」や「急に冷たい人」だと思われる理由だと考察しています。

 

水瓶座ですが「自由」「アイディア」というワードがありますね。

だから「協調性ないわけ」ではないけど、どうしても自由行動は目立ってしまう…。

 

 

【斬新・アイディアの素晴らしさ】水瓶座はおもしろい

とりしょー
とりしょー

個人的に思う「水瓶座の良いところ」を紹介します。

 

個性があり、一風変わった印象をもたれる水瓶座です。

社交的であっさりとしているかたが多い星座です。

 

 

意外にも人気があったりします。

理論的でクールで、「ものごとをズバッ」と言ってしまうとこがあります。

その言動が「年上から気に入られるパターン」があります。

とりしょー
とりしょー

社会で活躍しやすい水瓶座は、意外にも人気者です。「個性派、クリエイティブ思考」のミステリアスさは、社会で役に立ちますし、可愛がられることもあります。

 

 

社会でもちゃんと「自分」という軸をもち、周囲の意見や価値観に流されない傾向が高くあります。

月星座にもよりますが、言ってしまえば、自分をしっかりもつので「他人のゴマすり」「上の者を立てる」ことは、そこまで貴重だと思ってませんし、滅多にしないでしょう。

とりしょー
とりしょー

更に「言いたいことは全部言う」というかたもいます。

 

 

そのなぜ「言いたいことは全部いう」かは、水瓶座にとって「自由は基本だから」です。

個性の尊重を「重きおく」意味もあるので、他人から支配される・服従されることは得意ではなく、自分の自由がなくなるのは胸苦しくなります。

 

水瓶座と一緒に仕事するなら、自由勝手にしてあげたほういいですよ。

 

 

個人主義、自立心も強く、アイディア思考も兼ねそろっているのために…

  • 「大衆と同じ」
  • 「平凡や普通であることにそこまで興味がない」

 

ということから、独自の思想で決めるほうが吉です。

 

 

とりしょー
とりしょー

自分の発想や考えをたくさん持つので、なんでもかんでも人に意見されて従うのは、大嫌いな水瓶座もいます。

 

【補足】

水瓶座からすると「ふつう」「当たり前」「一般的」はなんだろう?となりやすいです。性質的にも、既存の物に拘る理由がない。

  • 屁理屈と言われるとこでもありますが「そこに何の価値があるんだ」
  • 「人と違うことするから個性が生まれる」
  • 「自分らしさが人と同じことをしては埋もれてしまう」などという考えもあります。

すべての会話は「あなたの考えていることを聞きたい」からの観点で話が進むので、そこで価値観が合えば、友達?ってなります。

日本人は「あたりさわりのない、優れた答え」を出すことに神経をはって従おうとします。
しかし、水瓶座がそこに何か価値があるんだろうっとなるのです。その価値観に対して「自分がいい」と思ったことは全面的に賛成しますが、少しでも自分の意見と違うとなると、徹底的に理路整然で、反発します。しかもやたらと理論的なので相手も「そうなのかな…?」まで思ってしまうかたもいます。

水瓶座は現実的で理論派です。
もし理論で勝とうとすると…「はい、はい」と折れてあげるのが一番手っ取り早いです。

「なんでもかんでも言い負かせよう」「言うこと利かせよう」とするのは、折れませんし、屁理屈や持論で相手と張り合うでしょう。

不動宮なので職人気質であるけど、この頑固さがおそらく年齢いっても丸くならないでしょう。

 

西洋占星術では、水瓶座の守護神が天王星に値します。つまり天王星の意味を知ることで、水瓶座の理解度もより深まります。もし、西洋占星術に興味ある方。占いてきに天王星を知りたい方は下記のリンクからどうぞ~。

【月の欠損】水瓶座(みずがめざ)は、知的の欠損【マドモアゼル愛先生の理論】

水瓶座 月の欠損

とりしょー
とりしょー

本章では、「月水瓶座の欠損」について解説します。

 

みずがめ座といえば、「天才的、個性、直感力、自由、博愛主義、アイディア、ユニーク、etc」のワードが関係します。

 

月星座の水瓶座は、社会に対しての「知的欠損」となります。

 

月星座なので「うまくいかない」けど追い求めしまうことになります。持って生まれた月星座に従って生きると、ことごとく失敗します。

 

水瓶座のキーワードは、「I  Know」:「我、知る」となります。

 

つまり、水瓶座を月に持つと「我、知る」がないとなります。

 

 

例えば、太陽星座に水瓶座がある人は「人類皆兄弟」という精神があり、周囲とは「目的もった同士」でフランクに接することができます。

 

とりしょー
とりしょー

占星術業界では「友だちの星座」「人類愛の星座」とも呼ばれてい、誰とでも付き合うことができる魅力溢れた星座。

 

ですが月星座の水瓶座は、目的をもった周囲、しっかりした集まりで接することができずに進むでしょう。

 

意外にも孤独に弱いのも「月星座が水瓶座」です。孤独がイヤだからただ集めたメンバーにすぎないのです。

 

人間関係でも、理念もない中身のないただ集まっただけの集団となるので、意外にも「すかすかの集まり」だったりします。

人間関係も中途半端に終わったりしたことから、人間関係を避けていきたいと思う月が水瓶座の人もいます。

そんな月が水瓶座についてザックリ解説しましたが、もし「月星座を乗り越えるコツ」「月星座をどのように考えたらいいのか」と思うかたは「月が水瓶座の欠損」について掘り下げた記事があるので、以下のリンクも合わせてどうぞ。

ワンコインでnote販売となります。

>>参考:月星座の水瓶座(みずがめざ)についてはこちらから!

 

 

他にも、あなた自身の月星座について以外にも、

  • あなたの潜められた性質
  • 「長所や短所」
  • ワンポイントアドバイス
  • 開運時期
  • 適職

など興味がありましたら、私自身ココナラサービスを使って鑑定しますので、興味あるかたは、登録だけなら無料なので以下にリンクを貼っておきます。
⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

\\無料登録//

ココナラの公式はこちらから。

 

 

次に上記を登録し終えたら、以下にわたしのココナラページのリンクがあるので、他の星の配置を読み取って、広範囲で鑑定します。
とりしょーの鑑定部屋はこちらから~

 

 

 

急に冷たい印象をもたれる水瓶座(みずがめざ)の恋愛でも、怖いというのは本当なのか?

急に冷たい印象をもたれる水瓶座(みずがめざ)の恋愛でも、怖いというのは本当なのか?

水瓶座の恋愛傾向の考察にもせまっていこうと思います。

 

水瓶座の恋愛では結論からいうと…恋愛面なら、あなたが恋人だとしても、たとえば他の人よりも心を開いてくれてるだけでも、恋人ポジションはゲットできているかどうは実感わきづらいでしょう。なのでどうがんばっても博愛主義は直らないです。

天才肌だけあって、天才的なだけあって、水瓶座が発想力をもっています。
しかし、天才的=高学歴だの、IQが高いだの。必ずしも社会が認めるものということではありません。
、学生時代のみずがめ座が天才的に勉強ができたというわけじゃありません。

 

ということで、そんな天才的な水瓶座だということを踏まえて、恋愛面ではどうなるのかを解説していきます。
もし、自分自身だけじゃなく、恋人が水瓶座だったり、気になるひとが水瓶座ならば、どんな点に気を付けて、どう接していけばいいのか知っておきましょう。ということで解説していきます。

 

水瓶座が恋愛となると…なかなか感情を表に出してこないので、気持ちをつかみにくい点とか、屁理屈だとかでいろんな話はあるでしょうが、けして怖いわけではないのです。

 

水瓶座には禁句なことがあります。以下は気を付けてね。

努力や根性を強いらないようにする。
⇒実は水瓶座は努力が大嫌い。なので、コツコツ真面目に何かを積み上げているひとのことにさほどの魅力を感じません、
⇒好きなものこそ上手なれというように、好きなことを極めていけば、自然とうまくなっていたという方が水瓶座にあっていますし、好まれるでしょう。

クリエイティブなことを尊重する。
⇒普段は趣味とか別に、他の職業に就いていても、趣味が「写真」「DIY」が得意っていう水瓶座がいます。

束縛はNG。
⇒水瓶座は、束縛されることを嫌います。エレメンツが「風」なので情報やコミュニケーションという意味あるために、常になにか新しいことを求め、自由に行動しますので、相手が水瓶座の恋人であれば、「今日はどこへ行ってきたの?」「誰と一緒だったの?」「明日は何するの?」などと、その行動を探ったり、縛ったりすることは、NG(信頼しきっているなら、雑談感覚でいうのはあり。)

誰とでもフラッと接することができても、尊敬できる人を好きになる傾向を知っておく
⇒水瓶座は、自分が興味があることに対しては、一直線に突き進む傾向があります。
⇒そんな水瓶座と話を合わせるために、興味を持っていることの知識をしっかり増やしておきましょう。(わざわざ詳しくなる必要はないが、相手は何をいっても「そうなの?」「知らなかったの?」では全く話が盛り上がらなくなるので注意で、相手が興味を持っているものに対しての多少の知識と自分の意見が言えるくらいになれば、話は弾むでしょう。)
⇒ちなみに食いつきやすい内容は、自分が興味を持っている新情報だったり、まだ誰も知らないようなマニアックな情報です。会話の内容に食いついて来ればこちらのものです。たとえばその情報を聞きたくての切り出しで、メールでの会話が弾むでしょう。

入ってきてほしくないテリトリーがあるの理解する。
⇒人によりけりですが、シャイの可能性もありますが、水瓶座に恋人が出来ても、恋人の前云々関係なしに友達とはずっと話していたり、特別感がないことに不満を感じてしまうのも知ったうえで付き合う。
⇒水瓶座は、どれだけ親しくなっても、自分の中に入ってきてほしくない領域があるぐらいのガード固めです。
⇒恋人でもべったりしたい人、濃厚な関係をしたい人で、他人任せ、他人頼りで待っているようなひとは、水瓶座に突き放されるでしょう。もしくはそのようなことを前面に押し出すのはNGです。
⇒しかし対処方法として、あなたと相手の話が盛り上がったら、一緒に食事や映画に出かけたりと2人だけで過ごす時間を増やす努力は効果あり。更には、2人だけの共通のヒミツができれば、相手との距離もグッと縮まります。 気づけばいつしかその他大勢の友達から特別な存在になっていることでしょう(あくまでも参考
⇒水瓶座には、大切な話をメールで伝えるよりも、何気ない会話のやり取りで楽しむといったことがいいかもしれません(考察)(みずがめ座とメールやラインするなら、ノリよくテンポよくが基本。)

自分も相手も感情を理論で考えようとしている時点でなかなか気持ちがわかってくれないっていう風に思う恋人でも仲間でもある
⇒男女分け隔てなく友達になれるフレンドリーさを持っているので好意を持たれやすいのですが、友達から次のステップに進むと、その存在が重荷に感じ一気にトーンダウンしてしまします。
また、相手が感情的であればあるほど、理性で考えてしまうので、より一層自分の感情を解放できなくなるでしょう。

 

◎水瓶座は博愛的であり、人類皆兄弟みたいなところがあるところから、もちろん全員ではないですが恋人でも家族よりも、友達を優先するなどと優先順位に不満を感じる人もいます。

とりしょー
とりしょー

といった7つの感じです(もちろん全員とはいいきりません)

 

 

水瓶座は上記の挙げた通りを知ったうえで、付き合った方がまだ楽だったりします(あくまでも感想)

 

自分の感情を表していくのが苦手なのがみずがめ座あるあるではないでしょうか?

 

相手の気持ちからくる来た情報を感情から処理していくのではなく、知性的に処理していこうとするので、
相手によっては、「なかなかわかってくれない」「どうして感情までも理論で考えようとするの」みたくハラハラする人もいるそうです。

日ごろから自由に動いて、感情共鳴にしても疎くて、思いつくままに行動しているようにみえるので、後々爆発して、「相手が付き合いきれない」と思ってしまう人もいます。
だからといって、そんないつでも自由でいたい水瓶座は、過度な束縛も許しませんし、水瓶座は恋人の気持ちがわからなくなり、話しにならない。この人についていけない。理解しあえないなり、愛想を尽かされるパターンに陥ることがありますし。なんてことにならないように気を付けましょう。

といった感じです。

あくまでも水瓶座の人に全員当てはまるわけではないです。

 

とりしょー
とりしょー

実際にあったわたしなりの観点での考察なので、参考にしていただけると幸いです。

 

◆みずがめ座は感情があとでついてくるパターンを知っておこう
恋愛においても、ちょっと不器用な人って映るかもしれないのが水瓶座です。相手の思いや感情に対しても情報を瞬間的に理性的に捉えている感じがありますので、感情で動くかよりは、理性で行動するために、ちょっと不器用な面が出てしまいます。

もっというと人間は本来、「好き」という気持ちがあれば、行動に移せるものです。
しかし水瓶座の好きは、自分でもわからなくなり、「私の本心かしら?」「いったいどんなところが好きなんだろう?」と頭で考えすぎてしまうのです。そんな理詰めで、頭でっかちにならずに、自分の素直な心に向き合い、もっと感情を解放してみると、自分の本質や本音がわかってくるでしょう。

感情を表に出したり、情熱的になることが少し苦手な水瓶座からすると、当然恋愛でもクールに振る舞ってしまいがちです。

そんな水瓶座に対して「怖い」「急に冷たい」などと思われていたり、感情がないなどと誤解されます。
けして愛情がないわけではないのですが…自分を表現することが苦手なため、どうしても素っ気ない態度だと解釈してしまい、相手は、水瓶座の本心かわからなく、結果誤解を生じる流れになるのです。

 

 

 

【怒ったとき】みずがめ座は、性格が悪いわけじゃなく理路整然としている【クズではない変わり者だ】

【怒ったとき】みずがめ座は、性格が悪いわけじゃなく理路整然としている【クズではない】

とりしょー
とりしょー

情報時代の最先端なので「新しいもの」や「新しい考え方」に対しては、
寛容的な面があり、既存のものにはあまり興味がないかたが多いのみずがめ座。

みずがめ座の適職一つにしても「IT」「AI」「テクノロジー」の時代の先進的なことに縁が深い星座とも言われます。

 

 

ちなみに考察ですがみずがめ座の考え方を一つだけいうと…

世界は、必ず今より良くなると信じていて、まっすぐに未来を見据えて前進できると思っています。

 

、社会活動ではいつも明るく快活な印象を与えることもできます。

 

とりしょー
とりしょー

アイディアや革命的な発想があるために「どこか社会の絶望的なこと」「これ以上どうしようもないこと」などの人生の暗い面や嫌なコトを忘れさせてくれることも出来る存在のかたが多い。

 

やはり天才肌なので、人とは違う個性を重きおき、ユニークな発想を持ってしまうのでしょうか。
ただし、そんな一風ヒトと違うことがあっても、水瓶座らしい頑固さをもっているがゆえにマイナスにでてしまう面があるのを知っておいてください。

 

水瓶座の変わり者あるあるでは以下です。

堅い理論派で、知識量や情報量も多いので、頭でっかちな面もあるために、理路整然ではあるが屁理屈でも、「頭脳では負けない」的な姿勢になる。
⇒こんなスタンスが上から目線に見られがちだったり…イチイチ理論で返さないといけないのかみたくなり怠い人って煙たがれることもあると考察しています。

 

水瓶座は理路整然であり、自分の考え方があり、それに基づいた発言をしているのです。発想のスタンスを知らない側からすると「何を言っているんだこの人は」って思われやすい人もいるそうです。

 

水瓶座って人と接するときに、凶暴になったり、感情的に爆発する印象はなく、ひょうひょうとして、クールに対応するかたが多くて、怒っていてもそこまで怒っている感じはないでしょう。
しかし怒っていなくも、めんどくさいパターンがあります。
一例をあげるなら、もし議論することになって「一般的には~」「ふつうは~」なんて言葉を出してしまったら…
最後に
  • 「それは本当に一般的なんですか?」
  • 「そもそもふつうってなんですか」
  • 上記二つ加えて、最終的には水瓶座の反撃にあい、さらには「僕はこう考えます」
という自論に発展していくでしょう(さすが天才・革命的)

 

 

水瓶座の言動に「スパッと」急に冷たくなることに理路整然に言いまかされる。
仮に水瓶座に関わらず「なんだか自分が反対される理由が納得してきたり、常識的に考えてしょうがないな」と納得してしまうこともあります。

 

とりしょー
とりしょー

アイディア・理論派なので、言い負かされた人は、常識的に囚われがちかな?そのユニークさもなんだか腑に落ちるな~。みたく陥ってしまうのです。

 

 

水瓶座は、元々のポテンシャルの高さとたぐいまれな集中力で天才肌とよばれているだけだから、「努力の人だね」っておもっているかたも多いでしょう(なかにはそのパターンもあり)

一概に言えなくて、知識や情報量が多いことがあるため、

  • 「ユニークな発想」
  • 「クリエイティブ性」

は本人からしたら当たり前といえばそうかもしれませんが、全然ピンと来ない水瓶座も少なくないです。

 

 

ちなみにみずがめ座の性格は、「独創性」があります。なので「予想外なこと」「意外なこと」に結果なってしまうのです。

 

とりしょー
とりしょー

独創性とは「独自の考え方で、あらゆるものごとを考える&作り出す能力」のことですが、水瓶座は変わっていると言われるところがあります。

 

 

確かに変わり者ではありますが、性格が悪いわけじゃなく、いちいち理論派みたくクズではないことは知っておいてください。

 

 

水瓶座予備知識。

水瓶座は、社会的、理論的で、ユニークな発想もできて、社会性が高いということはあります。恵まれたとこがあっても、恵まれていない点もあります。
例えば、水瓶座は、「肉親の愛は薄い」と言われています。(もともといなかったり…親がいても成熟していない親だったり…親という親がいなかったり)

そんな肉親の親がいないために、自立心はあっても、「愛がわからない」「愛を与えるのが苦手」「愛をどうしたらいいのかわからない」といったことが占星術的には言われています。

もっというと水瓶座の親は「神様」だと言われていたり、神の子は水瓶座と言われています(あくまでも西洋占星術的)

 

 

まとめ

 

とりしょー
とりしょー

本記事は、水瓶座の太陽・月星座問わずに多角的な場面で解説しました。
、水瓶座(みずがめざ)に「怖い」「感情がない」っていうマイナス印象が本記事で理解にて「そうでもなかったんだ」「や理由を知れた」とマイナスから解消できたかと思います。

 

、水瓶座は「嫌われ者という」ワードががあったから言及しますが…

なんでも寛容的ではありませんが、
平等に考えようとして、公平な心の持ち主でもあり、嘘や悪口は苦手なかたも多くいます(そういう公正でないものは、水瓶座が理想とする新しい世界にそぐわないため)

 

意外にも「超現実主義な一面」も持ち合わせていて、
「アイディア+理論派」なので、時には突き放された感じする。急に冷たくなるとこがある水瓶座が苦手というかたもいます。

もう一つ言及したいのが、ワードにあった水瓶座は性格は悪いわけではなく、けして「クズ」や「怖い」わけでもないことを本記事介してわかってほしいと思いました。

確かに「変わり者」ですが、

魅力的なとこのおもしろい点が必ずどこかにあるでしょう。

 

また月星座が水瓶座についての件は、月星座=性質(感情パターンなども)です。
なので月星座を知ることで、性格を知ることにも大きく関係してくるので、もし恋人や家族などの間柄で関係を円満にしたいと思っているかたは手がかりになるので本記事を参考にどうぞ。

とりしょー
とりしょー

人間関係でもお互いの性格特徴を知ることは、これから先の間柄のヒントにもなるので、バカにできません。

 

ということで今回は「水瓶座編」でした。
以上参考にしてもらえると嬉しいです。他の星座のほうも以下のリンクを貼っておくのでご覧いただけたら、幸いです。

 

水瓶座は、「理論的でアイディア勝負」なとこがあって「社会の中で才能を使った」ことができるかたも多いです。どんどん自分の浮かぶ発想を使って社会貢献していきましょう。

 

という感じで今回はここまで。

 

 

\\気づくことで幸せになる//
ココナラ占いは、私自身も売り買いをしている大変使い勝手のいいサービスです。
もしあなたが占い師さんに鑑定してもらった後「見据える結果」が出るでしょう。ぜひ今すぐお申し込みください。⇒1分以内に完了!無料会員登録はこちら

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました