西洋占星術・ホロスコープ 性格

【難攻不落】双子座(ふたござ)の性質を知ることで(今日の運勢)が更によくなる。

Sponsored Links
【難攻不落】双子座の性質を知ることで、今日の運勢が更によくなる。西洋占星術・ホロスコープ 性格
とりしょーをフォローする
とりしょー
とりしょー

読者さん。
占い師のとりしょー(@torishow)です。

 

 

 

周囲に、クールな印象であり、知的で頭の回転がはやく、お喋り上手で器用になりたい。またそういったことが出来る人に憧れを抱いたことはございませんか。

 

実は、その魅力を感じる人こそ、12星座のある星座に通ずるところがあります。

だからこその、人間関係での構築一つにしても、参考にできるヒントが隠されていると考察しています。

 

 

先にいうと、「双子座(ふたござ)」のかたは、多少なりとも冷たい印象はあるものの、分析力や情報収集する力が高くて、知性的なのでリスクも視野にいれつつ他人とうまくコミュニケーションができる器用な星座と言われています。

 

 

近年「星座占い」がますます、知名度が上がり、占星術師もたくさんいらっしゃいます。
ですが…12星座を実体験で考察したり、肌感覚でとしてでいいので、独自視点から各星座の魅力的な面などを解説している情報発信者は「まだまだ少ない」のが現状です。

 

 

そこで本記事では、男性女性問わずに、「あなた」もしくは「あなたの身の回り」にいる5月22日~6月21日(ホロスコープで要確認)の人は

 

  • 「どんな行動パターンをするのか?」
  • 「どんな個性的な部分があるのか?」
  • 「誤解されやすい点」など

 

 

自らが研究したデータをもとに解説していきますので、あなた自身が客観視したいときにも役にたちますし、恋人やパートナーが双子座であっても、実用的な内容です。

 

ぜひ、誤解されやすい双子座(ふたござ)の魅力的なポイントを知って、日々として、「今日の運勢アップ」になるので、ぜひ生活に役立てましょう。

 

 

ちなみに個人的な感想では、
双子座の特徴は「あまり派手な化粧や服装(質素)はしなく、頭脳明晰で、あたり前のように分析脳になっている」という印象があります。

ちなみに太陽星座だけでの判断では、イマイチな時もあり、あなたや身の回りにいる人の「水星」「月星座」も照らし合わながら、確認することでより完成度は高くなります。
本記事ではディスっているわけではありません。あくまでもエンターテインメントでわかりやすく、解説しているつもりで綴った記事なので理解あるかただけご覧いただけるようによろしくお願いいたします。

 

 

本記事の内容まとめ
  • 男性女性問わず、双子座(ふたござ)の性格や行動パターン
  • 双子座の短所?それは長所?
  • 【欠損】双子座について(マドモアゼル愛先生の理論で活用)
  • 双子座のストレス発散方法(特に月星座)
  • まとめ

 

こんな内容で解説しています。
なので、双子座のかただけじゃなく、家族や会社のメンバーでも、恋人などの身の回りいるかたを知るという意味でも、非常に合う記事でしょう。ぜひ、日々の生活に役立てて楽しんでくださいね。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私自信は、もともと感覚的に鋭い特質があったのと、見えない世界に興味があったことから、実際に占星術という天文学にも触れていました。今は鋭い感覚と占いを掛け合わせた鑑定のやり方をして5年ぐらい経ちます。ここ最近では、ココナラ占いを使って、「テキストベースでのココナラ占いでの出展」をしていたりと、展望としてもっと広い範囲で鑑定をしようと考えています。
ぜひ、あなたにも本記事を参考に独自の「12星座」の観点から、ほかの人をより俯瞰して見れるように役立ててほしいです。そうすることで人間関係の距離感としてのアンテナにもなり、物事がスムーズになっていき、精神的にも幸福度が上がるメリットにもなりますよ。

 

わたしは、何回も鑑定してもらったことがあるけど、12星座占いって奥が深いだけあって…

生まれた月日だけじゃ、一概に言えない点があるのさ。
だから、「生まれた年や生まれた時間」までをしっかり鑑定士に伝えないとデータ的にズレたり、答えがあやふやになるのよね(余談)

 

 

 

あと占ってもらうメリットとしては、運勢だったり、隠された行動パターンをデータから割りだしてもらった結果として、エンターテイメントや話題性としても、楽しめるジャンルにもなる。

 

ほかにも、ソーシャルディスタンスや非接触が軸となる時代だからこそ…インターネットひとつで「家にいながらも占い鑑定」をしてもらえる超便利な時代なんだよね。

 

 

ちなみにわたしは、ココナラ占いというアプリを媒体にして占い鑑定をしてもらっているよ。
例えば500円クーポンもらったときに、500円で占い鑑定をしてもらえば、事実上は何十円の手数料除いて、ゼロ円で占いしてもらってる!

だから簡単に無料で登録ができて、使い方次第でかなり安く鑑定してもらえるならば、やらな理由はないといっても過言ではない
時間のない人や時間の制約されたくない人は、「テキストベースでの占いはオススメ

 

 

そして12星座の総まとめして、性格診断にもなる記事もあるので興味ある方は、下記のリンクからどうぞ。
>>参考:12星座の性格診断一覧【性格あるある】【特徴傾向】【人間分析シリーズ】

Sponsored Links

【性格が悪いのではない】双子座(ふたござ)の特徴を解説します(男性女性問わず)

【性格が悪いのではない】双子座(ふたござ)の特徴を解説します(男性女性問わず)

 

太陽星座(おおよそ5月22日~6月21日?)の双子座のかたは主に次のような特徴があると言われています。

  • 日常会話では、頭がよく見える。
  • 子供のようにピュアな好奇心がある
  • コミュニケーションが高くて、その会話で、機転が利くため、その場その場の臨機応変に、相手が喜ぶ反応を分析しながらスタンスをきめる
  • クールで知性的
  • とにかく分析が日常的

などがあります。

それは占星術的にいうと、双子座の守護神(ルーラ)が水星であり、意味は「情報・コミュニケーション」の象徴であるためと。
加えていえば、風邪のエレメントだけあり、「情報やコミュニケーションの中での分析力は高い」と言われているからだと考察しています。

その分析力の高さから、いろんな情報を引っ張りだしたり、知的なコミュニケーション能力もできるので、結果として「人を楽しませる話術」を神から授かった宿命がある人といっても過言ではありません。

 

とにかく双子座は「コミュニケーション力」が高いOR極めていかないとならない運命です。
中には、コミュニケーションをうまくとるための学びから双子座らしさになっていくのかもしれません。

とりしょー
とりしょー

双子座はこの世でのテーマは、「コミュニケーション・情報」というキーワードが深く関係していきます。

  • 相手とコミュニケーションをどうとるのか
  • 周囲にどんな感じで情報を流すのか?

いろんな観点はありますが「コミュニケーション・情報」の学びが大きなテーマです。

 

【頭がおかしいわけではない】双子座は、頭の中でアンテナが飛び交ってはグルグルして決断まではいたらない。そして気分のムラに繋がる。

双子座は、頭の中でアンテナが飛び交っては、グルグルして決断まではいたらない。そして気分のムラに繋がる。

とりしょー
とりしょー

双子座は、好奇心旺盛で、分析は日常的ですが、それはそれで問題点が出てきます。

 

ふたご座って本当に頭がいいと個人的に考察しています(※頭いいの定義はさておき。)

それは、コミュニケーションの中で、上手いことに機転を利かせたり、その場その場で臨機応変の対応しつつも、相手が喜ぶ反応を分析できるマルチができたりするのが、「本当に器用で頭がいい」って思っているかたも少なくないでしょう。

 

よく双子座さんは「自信がない」「自信がもてない」「リスクばかりの結果となる」人が多い星座と聞きますが、
僕から言わせてもらば、もっと自信をもっていいと思ってもます。
なぜなら、頭脳明晰で、柔軟性が高く、器用で、頭がいいっていうのは誰にでもできることではないからです。

言ってしまえば、ふたご座さんだからできる臨機応変さ、分析力、情報収集力を使って、どんどん世に貢献できるのではないかと思っています。

 

そもそも、相手を喜ぶ反応を分析しながらできるのも、そもそも双子座自身も楽しいことが好きで、楽しいおしゃべりが大好きだからだと思っております。

とりしょー
とりしょー

太陽星座がふたご座さんあは、場の空気を読んで上手に盛り上げることができますし、エンターテイナーな存在にもなります。

 

ですが…
頭がよくて器用なだけで、話が終わればいいのですが、ふたご座ならではの悩みが長所から生まれてしまうのです。

これは子供のように、人間の進化の過程でいうところの、「立ち上がり始めの子供」のような。ピュアで好奇心を失わないために、起きていしまっているがゆえの悩みだと考察しています。

例えば、なんでも興味をもっては「あれなに?」「これなに?」ってことで手に触ったり、思ったことを喋ったり、ときには走り回っている子供のような道理がわからない。感情の抑制がわからないような子供ぽさが関係していると言えます。

けして精神年齢が幼いとは言いませんが…
例えば、手にもっていた荷物を手から離しては、それだけ好奇心旺盛さを優先してしまうような落ち着きのない行動パターンがあります(特に月星座がふたご座のひと)

 

好奇心旺盛であるため、いろんな神経が絡みあうぐらいの、いろんな情報量からそれだけアンテナがたつので…
ふたご座さんは、分析するための思考がクルクル考え続けてしまって、いつまで経っても決断に至れないことに陥るのがふたご座の悩みでしょう。

とりしょー
とりしょー

ふたご座さんの日常の会話で、「頭の回転が速く、知性的だが、情報量からいろんなアンテナ飛び交っては、頭のなかでクルクルして決断できない」はあるあるでしょう。

 

その悩みでも、相手に対しても起きるパターンでの悩みがあります。
例えば、相手の気持ちを無視しては、思考がクルクルと考えてしまい、理性的な結論を出そうとするうちに、「心が壊れていっている自分に気づかない」ってことにもなるのです。

 

そんな時気づいたときは、もうすでに…

  • 「気分のムラ」
  • 「情緒不安定」

になっていることがあると考察しています。

そんな思考のクルクル癖をやめろとはいいません。
しかし、「自分の心が壊れていってないか?」ということを忘れずに考えクセをつけておくことで、心をなんとかしようという思考によって、心のケアができるので「情緒不安定」「気分のムラ」は減っていくのでオススメです。
中には周囲からは、ふたご座さんの「自分の心が壊れてしまっている」ことに気づけれずに、サイコパス的な要素が出てきて恐れられたり…時には性格が悪いと言う印象を持つかたもいるでしょう。
ふたご座は、自分で感情を抜きにしてしまえるところがあります。それは相手にもあります。
それはケースによっては、「冷たい人間」「薄情な人間」みたく相手の感情を踏みねじってしまう傾向もあるので、気がつきましょう。そんな思考パターンがあるのは、周囲は理解できませんし、どう取り扱ったらいいのか難攻不落な人ってなりえるの知っておいてください。
とりしょー
とりしょー
ふたご座はけして性格が悪いわけではなく、
頭がクルクル回って、なんだか頭がおかしくなることもあるが、それには理由がある。
なので気になるかたは、ぜひ本記事から少しでも理解していけば、日ごろの人間関係が良くなったり、時には今日の運勢がよくなったりもするでしょう。

【男性女性問わずの特徴】双子座(ふたござ)の性格は、難攻不落

【男性女性問わずの特徴】双子座(ふたござ)の性格は、難攻不落

とりしょー
とりしょー

双子座は、難攻不落だと考察していている理由を解説していきます。

 

太陽星座・月星座、問わずに双子座をもっているかたは、頭脳明晰なので、知的で頭が良くて、分析力が高い人が多いです。
これは、双子座のエレメントが風そして、守護神が水星星座だからです。

 

風⇒情報、コミュニケーション
水星⇒知性、計算、分析力

などの意味があり、風のエレメントがあり、水星ももっているので、頭がいいかたはとても多いです。

 

双子座は、好奇心もあり、自由にしたいっていう星座でもあり、クールで頭のキレがあり、思考や言動が軽い印象が強いってかたも多いのではないでしょうか。

 

言ってしまえば、水の星座(蟹座、さそり座、魚座)などの情緒的な優しさ、共感からくる責任感など…
深い感情の重みには、息苦しくはなるタイプではないのが双子座だったりします。

言ってしまえば双子座は、相手の感情を抜きにしてしまえるところがあったりして、知性的に処理していくクールさがサイコパスぽく思ってしまうかたもいることでしょう。もっとういうとそのサイコパスぽさが、難攻不落の一つの要因だったりもします(これは、月星座の関係もあるので一概にはいえませんが。)

 

とりしょー
とりしょー

比べて(水サイン(蟹座・さそり座・魚座)の水星とか太陽だと、気持ちや心を整理していくことができるのだけど、ふたご座はそうしない傾向のかた多いです。

 

 

しかし誤解してほしくないのは、双子座はけして「共感性が欠如」しているわけではないのです!
どちらかというと、ふたご座あるあるとい観点で、思考パターンが、頭のなかで分析し続け、クルクル回っていて、いろんなことを情報を引っ張てきては、また分析して、「あーでもない」「こーでもない」とクルクル思考を駆け巡らせていった結果、そこまで目がいかなくなり、相手の感情や権利をついつい踏みねじってしまったというパターンもあるかと思います。

 

頭のなかで、クルクル駆け巡らせては、

  • なかなか決められない
  • 結局、決断できなかった
  • ●●だと、リスクがあるからな~

 

などで、なかなか頭でまとまらずに「気分のムラッ気」がきて、情緒不安定と陥るふたご座さんも少なくないのではないでしょうか。

 

それぐらい、ささっと決めろよ。みたくイライラしているかたもいますね。
しかし、それだけ頭でいろんなことを分析できるぐらい「頭がよかったり」、それだけ「神経を張っている」のです。

ですので、けして共感性が云々ではない。

 

そして、双子座がメンタルは強いほうではない星座です。
そして、神経も結構のほど張っているので、被害妄想に陥ってしまうぐらいのときもあります。

 

神経を張り、頭の中で情報を駆け巡らせては、頭のなかはうるさいって感じているかたもいませんか?
ちなみにそんな情報を駆け巡らせて、神経を張っていて、自由にしたい双子座に、例えば、あなたの「意見」や「意図する」ことを理解させようと思って、どんどん言ったり、説得させるのは、ふたご座からすると次から次へと情報を与えてしまうことになるので、分析もついてこずに余計に頭で情報を駆け巡らせてしまったりして、回答が「支離滅裂」なことになるので、まともに意見を望んでいるかたがいたら、気をつけた方がいいこともあります。

 

 

とりしょー
とりしょー

もっというと、頭がいいので、「リスクをとることをしません」そして、自信もないので、判断できない結果が故にちゃんとした答えを言ってこない。論点ずれる。ってこともあります。

 

 

双子座は合理性もちゃんとできます。
言ってしまえば、「自分にとって、冷静に損か得か」を判断できます。

しかし、冷静に自分にとって、損得を合理的に判断できるのは、ふたご座自身のメンタルバランス的にはいいんですが、仮にチームとしての全体的な利益を考えたら、マイナスになることがありケースがあります。

 

そうなると…悪く出ると。

  • 一人だけ得している。
  • 自分にとって良いか悪いかでしか考えれていない。
  • 自分すら良ければそれで満足なんだ。

といったように責任能力もなきゃ、薄情で、チームとしてみていないみたく思われやすいのも双子座がネガティブな印象になる理由に繋がります(特に月星座が双子座のかたには、こういった印象から信頼関係をなくしてしまうことがあり。)

 

ということで、ふたご座に対して、難攻不落だと思われるのは…
例えば、「自分を理解して」「こっちの感情もあるんだよ」「責任をもっと持てよ」みたく…双子座からして重たいので、返答の内容などが支離滅裂状態となり、周囲は理解できなく、どうしていいのかわからない。

支離滅裂になりやすい双子座の言動や行動が、「なんで相手の感情を抜きにしてスパッといえるのか?」「なんで1を言えば、10返ってくるんだ。」

みたく「手に負えない」人にもなると考察があります(一例ですが)

 

そして、結果的に「難攻不落な双子座(ふたござ)」ということになるのでは?ということです。

 

とりしょー
とりしょー

頭のいいだけあって、情報の星座でもあるので、頭の中でいろんな情報を組み合わせて、結果として都合よく解釈する。自分にとっての合理性に陥る。ってことにもなるんだよね。

【双子座のA型B型O型AB型問わず】双子座は男性女性問わずに二重人格になるときはあるある。

【双子座のA型B型O型AB型問わず】双子座は男性女性問わずに二重人格なのか?

双子座は、「二重人格」と言われることがあります。
では、なぜ二重人格と言われるのか?を考察した観点であくまでもわたしの考察から解説していきます。

 

これは賛否両論でありますが、双子座(ふたござ)は、二重人格であることよりか、複数の人格にもなるという印象があるという声もよく聞きます。
例えば、会話の間では、柔軟性が高いので、順応できますし「その状況、そのタイミング、その環境」などいったその都度に合わせて、自分のスタンスや態度の違ってしまったことから、「複数の人格をもっている」とみなしてしまったという方が多いと思います。

 

これは風を読む上手い星座なので、こういったことが起きてしまったとも言えます。
なので、ふたご座をもっているかたは、人によって全く態度を変わることから、二重人格以上に多重人格にもなる人も中にはいるということがあります

とりしょー
とりしょー

言ってしまえば、話している相手に合わせて「自分」を変えているのでしょう。
ですのでいくらでも変則するし、多重人格だと周囲からは写りやすい。

 

実は、射手座もですが…ふたご座も自由さを求めています。
〇〇べき」、「ふつうは●●」といった常識や倫理観もしくはデリカシーにしても、自由に生きたいということから責任がのしかかるような重たい感じが苦手で、自分にとって、自由度が低くなると、苦しくなります。

そうした結果、周囲からはスパッと間違った判断(周囲なんか忘れて)してでも、自由に動き回る方向になったりします。

 

ちなみにふたご座は、無責任さを感じるって声もあって、次のように印象を持たれているかたもいます。

  • 都合だけ
  • ズル賢い
  • 自分すらよければいい
  • 強いものに巻かれろ(スネ夫タイプ)
  • うまくとりつくる姿勢
  • 丸く収めた風
  • 自分が言った言葉の責任

 

といった感じがどうやらリサーチなり、わたしの体験談からの考察でもあります。
※もちろん、これは人によるので、中にはそういったかたもいる程度で見てほしいのですが…

これも「自由にいたい」ってことが根底だそうです。
わかりやすくいうと、「重たいことが嫌い」。「縛り付けられるのが嫌い」ってことになります。

 

ここは、軽い感じならいいのですが、自分の責任がのしかかるような「感情共有」「感情共鳴」なり、また奥底の心からつながる深い信頼。どろどろしたことなど重たいことになると、逃げたくなる?自由になりたがるようですね。

 

また、そんなふたご座は、「自由に自分がやりたいようにやりたい」ということにもなりますが…かといって、会社一つにしても独立したら?っ問うと…
分析力もあり、風を読むのが上手いから、リスクを取らないので、挑戦するひとは少ないです。

とりしょー
とりしょー

余談:星座別に企業のCEOになる星座でワースト一位が双子座です。

 

 

 

ふたご座あるある。

自由にしたい」。わかりやすくいうと「都合よく回したい」が故に…
支配欲が根底に、得意の合理性なりで、人をコントロールするケースがあります。
※結果そうなったパターンもあり。

 

そもそもふたご座は頭脳明晰なので、「時間をとても大事」にします。
自分にとって「価値のないもの」「メリット」がないものには時間を割かないし、見向きをしません。風を読むのが早いからすぐに損得がわかったりもします。

なので中には、「自分にとって都合が良く、効率的な関係しか持てない」という一面もあるかたもいますね。

 

 

水星星座は、基本的に頭がいい星座です。
しかし、水星星座には、双子座とおとめ座ありますが、どちらも頭が良くても相違点があります。
ですので、もし水星星座を知りたい。相違点を知りたいってかたがいましたら、下記のリンクからどうぞ。
⇒参考:双子座と乙女座の違いについてはこちらはクリック。

 

【月星座】双子座(ふたござ)の特徴は?被害妄想。

【月星座】双子座(ふたござ)の特徴は?

本章から月星座が双子座(ふたござ)について、解説していきます。
月星座の説明は、割愛しますが…「生年月日と生まれた時刻で割り出した」データ的なものです(自分の月星座のかたを知りたいかたは占星術師に尋ねてみてください)

先にいうと、太陽星座と同様に月星座が双子座は、「12星座の屈指のピュアな好奇心とコミュニケーション能力」が恵まれた星座です。

ここでいう屈指なピュアさとは、「かわいらしさ」「子供ぽさ」ということです。
例えば、月星座の双子座のかたの幼少期などは、落ち着きがなく、ソワソワしたりしているかたが多いと聞きます。

この落ち着きがない件をもっというと、次の通り。

  • 思ったことをすぐ言い出す
  • 黙って話を聞いてられない
  • 〇〇ぱなしが多い(言いぱなし、出しぱなしなど)

です。

 

月星座がふたご座には、神経過敏で、色んなアンテナが飛ぶたつからこそ、「情報、人の気持ち」などのいろいろ頭に入ってくる人たちです。ですがいろいろ頭にはってくるがゆえに、被害妄想に勝手に陥っているパターンがあります。

 

例えば、起きてもいないことに「なんでそんなことを考えちゃうの?」という不安やネガティブに陥って被害妄想という結果になるのです。

ネガティブ思考とは、「おれなんかはダメだ。」っている前提から入ってくるネガティブの前提で、相手をコミュニケーションしたりと意外にも後ろ向きだったりします。

ちなみに太陽星座しかり、ふたご座は被害者意識がとても強い人が多いです。その被害妄想でも、月が双子座のかたは、誰かに何かを言われたことがきっかけに被害妄想があるそうです。
なのできっかけなしで、急に被害妄想モードに入って、「自分でもなんでそうなったかわからないまま」、頭の中がクルクルしているパターンがあります。

 

ですので、もしあなたがお子さんでしたら…
お子さんが「急に〇〇君っていう友達が嫌い」みたく言い始めたら、必ず「なんで?」とちゃんと理由を聞いてあげてください。

なんで?」とどんどん理由を聞くことで、月が双子座さんの頭のなかが「支離滅裂だったり…実は理由がなかったり」します。それか、あったとしても勝手なこじつけ(被害妄想)や都合だったりする場合が多いです。

ですので、あなたが親であれば、「考えすぎだよ」と教えてあげてほしいです。
そして、普段から自分はこじつけ・被害妄想を抱きやすいことに気がつかせてあげてください。

 

 

とりしょー
とりしょー

そんな「被害妄想」や「支離滅裂」なことには、
月が双子座自身も、「どうしていいのかわからない」ってかたが多いそうです。

 

ぜひそんな月が双子座さん自身も自分のそんな一面を受け入れて、
ワードに出ている「頭がおかしい」とか「難攻不落」だと思われていても、自分の欠損の部分をうまくやっていいければ、後々、人間関係が良好になり、毎日訪れる今日の運勢は、よくなると思っています。

双子座が、被害妄想になりやすい理由は、特有の神経過敏さだったりします。
そんな神経過敏さが支離滅裂な言動だったり、時には
自分を棚において「あーだこうだ」と批判したり、
説得しても客観視求めても、「あー言えばこういう」といったことになり、相手に情報を与えれば与えるほど、頭がクルクル回っておかしくなっていく。もしくは、話は横にどんどん脱線していく。などの言動に陥りがちです。
そこも双子座の特有の神経過敏です。

 

【マドモアゼル愛先生の理論】月星座のふたご座は、コミュニケーションが欠損している【考えれないが故のサイコパス性】

【マドモアゼル愛先生の理論】双子座が月星座のかたは、コミュニケーションが欠損している。

ふたご座は、「好奇心旺盛」です。
ちょっとしたことでも、楽しみを見出そうとすることもあります(思いつく?)

 

そして、月がふたご座さんも好奇心旺盛ではあります。しかし、月にふたご座があるので、分析能力の間違いを起こしてしまいやすいです(知的欠損)

その間違った分析から、次のようなことが起きる一例があります。

情報収集して人に伝えるときに、情報を面白おかしくピックアップしたり、一部一部の情報を上手いこと情報のつなぎ合わせて、結果的に周囲を笑わせたりできますが…

間違った分析すると、「こじつけでの伝え方」「小ばかにした伝え方」といったことから、相手にとって不愉快にさせた。揉める原因を作った。信頼性をいっきになくしたなどがあるようです。

 

確かにどうでもいい情報をうまく繋ぎわせて、面白おかしくなりますが、
これが相手からしたらどうかまでは考えられないのが「月が双子座」さんです。

 

ここで月がふたご座とは、「考えれない」ってことが人生のテーマでもあります。
⇒マドモアゼル愛先生の「知的欠損」ですね。考えれないのに考えようとするから悪い意味の問題が起きるので、射手座の特徴を受け入れる。

 

ちなみに、月がふたご座は好奇心旺盛であるので、以下のことが考えれます。参考あれ。

  • 同じこと。
  • 同じ繰り返し

といったおもしくないこと。つまらないことには、すぐに飽きるでしょう。

とりしょー
とりしょー

苦手なことは、好奇心がくすぐられないような、つまらないことは避けるでしょう。
なんなら、そんなつまらないところ居続けるとなると、「
不満気に顔」になるでしょう

 

そんな楽しみを見出そうとする月ふたご座は、注意しないとならないことがあります。

それは月に双子座があるので、コミュニケーションが欠損になります。

例えば、みんなをしゃべりで楽しまそうとしてるけど、コミュニケーションが欠損しているので、「周りをかえって怒らしたり」「不愉快にしたり」「ぜんぜん楽しくない会話」だったりと逆効果に表われることがあります。

人気取りのときに、楽しまそうとするがうまくいかなかったりするのです。

 

そもそも、月がふたご座にあると「知的欠損」なので次のことがあります。

  • 人にそういったら、相手はこういう思いをするんだよがわからない(考えれば考えるほど、わからなくなる)
  • その言い方は怖いよ?(怖いという認識がない)
  • 考えることができない(自分では知性があり、知性で生きることが最高であるとの思いがある欠損)
  • 考えることができないので、ワンパターンで、融通が利かないことがある。
  • 劣っている人を馬鹿にする(自信がない)

 

こんな感じ。
月ふたご座自身には、知的欠損があります。
知的な欠損から、「言い方の印象とか、馬鹿にとか…」で、下品な印象をもたれやすいのが特徴があります。

 

ですので、オススメは「自身の知的イメージさせ捨てれば、人格者」として変身できます。

 

他にも欠損観点でいうと、双子座は情報の星座です。
情報を伝える」ということから、例えば、「物を書く」「伝える」ことが案外苦手だったりします。
しかし、情報を伝えることが案外苦手だけど、月がふたご座自身は、それを受けとめられないケースが多いです。

 

ですので、それを追い求めては、

  • 無用な言葉を喋ったり
  • 意味がないことを人に伝えようとして煩がられたり
  • この人は何を考えてるの?

と思われるようなことをおこします。

 

ですので、誰かが月がふたご座さんを正しても、「他の言い方は?他の表現方法は?」みたく立て続けに弁明するので、かえってどんどんと自分でもわからなくなったりします(考えれないという欠損ですね)

 

なので、頭の回転が速くても、相手に伝えることが困難なぐらい知的欠損をもっているのが双子座が月だったりします。

 

とりしょー
とりしょー

月がふたご座さんが客観的にみれないことで、「怖さ」「不愉快」がある声を聞きます。

 

例えば、月がふたご座さんの「考えれない」「コミュニケーションの欠損」という知的欠損から、情報を与えても…
〇「都合のいいところだけ抜き取ったとこにを解釈したり」
〇「つまみ食いした情報だけ抜き取って安心したり」

 

そもそも月星座の欠損はでありますが…人気取りでそれを追い求めしまうのが「月星座」です。
今まで、「自分の性格や才能」さらに「短所や欠点」だと思っていたのは、各それぞれの月星座の性質に影響されていたせいかもしれません。

その性質の力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。

とりしょー
とりしょー

風星座は、「精神性・理性・他人視点」での自分を表すので、人間関係の問題点は出てくると考察しています。

 

【ストレス発散】ふたご座さんにオススメする発散方法【気分のムラを飛ばそう】

【ストレス発散】ふたご座さんにオススメする発散方法【気分のムラを飛ばそう】

本章は、神経過敏さをもっている「ふたご座」さんのストレス発散について解説していきます。

太陽星座がふたご座は、「持ち前の知性と明るさから場を盛り上げれる」ので人とコミュニケーションをしていくのはエネルギーチャージにはなります。

そもそも他人任せで、受け身でいるタイプではなく、そもそも学ぶことや知識を共有し合うことが好きなので、一緒に共有することが大事です。
もっというと、共有することが好きで、隠しごとが苦手で、不満なことがあれば、相手に伝えて改善しようとすることもあります。

 

ふたご座は、ネガティブに陥りがちなときもありますが、
わりと楽天的で、放っておいても自由に勝手に平気にやるタイプです。なので、重たい責任能力に関係するようなことは苦手ですが、楽しい会話などして、面白い答えを導き出してくれるのが双子座の良さだったりします。

 

その時の会話は「展開だけでなく、行動も早い」ふたご座です。
ですので、何かあればすぐ行動に移してしまいます。
それだけの行動力が「国内旅行」なんてあっというまいき、国内なんてあっというまに動いていける星座です。

 

この国内旅行がストレス発散にもなるでしょう。

 

旅行して行く先々、たくさんの人と知り合い、たくさんの話を聞いたりして、様々な情報をキャッチして回るのが運命であります。

とりしょー
とりしょー

双子座は、社交的で好奇心が高く、頭のいい魅力的な星座なので、面白いものを求めてあちこちに移動することができるのです。

 

誰とでも、仲良くなれる社交性、誰からも好かれる親しみやすさが魅力さがあります。

 

 

ですがふたご座は、神経を張っているだけあって…

  • 「リラックスしにくい」
  • 「眠いのに眠れない」
  • 「寝つきが悪い」

という状態になりがちなのは知っておきましょう。

 

確かに普段は、何でも器用にこなしちゃうのがふたご座なので、ストレスを受けているように見えない点もありますが意外にもストレスが体に出たりします。

ということで、ストレス発散方法は

  • 人と話す。
  • 旅行にいく

などをしつつも、日頃の神経を張っているのを癒すのも大事ですよ。

 

そして、人と話すにも?いろんな意見もありますが…

  • あーでもない。こうでもない。という会話をしている
  • 1言ったら、10返ってくるような会話をする

そんな、たわいもない会話でも、うるさい双子座だと思わずに付き合ってくれるひとがいたら、かなりのストレスの発散になります。

 

 

月が双子座の予備知識(ストレス発散方法)

〇月双子座のかたは、言語を使うことが向いていると聞きます。(例えば英語などの言語)
〇映画鑑賞をするのもいい。
〇月双子座は、冷たく謎の行動の印象が持たれますが…
例えば、太陽が外交的な星座に限って、月が双子座だと「急に連絡取れなくなる」ことがあります。
もちろん、ラインのブロックまではしなくても、「急にSNSを既読スルー」、「未熟スルー」ありがちです。
これは悪気がなく、ポジティブとネガティブがコロコロと入れ替わって、月が場合は、特に無意識なので自分でもわからなくなるということのそうです(余談)

 

 

まとめ

今回は双子座についての内容でした。
ですので、ぜひ双子座のかたとうまくやっていきたい。双子座に興味があったなんていうかたには、かなり役立った本記事だったと思います。

双子座の独特な特徴から、苦手意識があったかたもいると思います。
その苦手意識を克服すると「今日の運勢」にも影響があり、日々の楽しい生活にも繋がると思っています。

「月星座」は自分を俯瞰するためだけじゃなく、人間関係を良好にしていくためにも活用できると思っています。

そんな双子座はの、自由さや好奇心旺盛さ、対人関係での頭の回転の良さと、すり抜けるスキルはほかの星座よりはかなり優れているでしょう(分析力、コミュニケーション能力が高いひとも多い)

凄いスキルだなって印象があるのが双子座です。
ですので個人的に、双子座自身も難攻不落ですが、相手が「難攻不落な恋人」、「難攻不落な取引先」などでも有効的な星座がふたご座だと思っています。

 

とりしょー
とりしょー

双子座のマルチタスクなコミュニケーションは、結果がでなくてもいい線に走ったり、何か相手の気持ちを揺さぶりかけたりする力は、かなり高いので難攻不落な相手に影響を与えるでしょう。

 

その影響を与えるにも、トリックスターや言葉の魔術師ということができる双子座だからです。
例えば、双子座の「言葉遊びがうまい=実践的」な試みで、そこには意味がない(けどある)言動や行動が特徴がありますが、それが良くも悪くも、「その言葉遊びが意外と本質を突く」というのが双子座的らしさです。

そして本記事からは、双子座(ふたござ)が難攻不落な理由となるのは、「神経的なことが根底」だということがわかったと思います。
なので、けして性格も悪くなく、悪気もないことが分かった時点で気づきがきっかけに「今日から運勢」がよくなると思っております。

 

ということで双子座(ふたござ)についての考察でした。
ぜひ、日頃の生活にも活かしていき、短所や誤解されやすい点は、事前に防いだり、より良い生活になってほしいという意味を込めて、本記事は綴りました。

以上参考にしてもらえると嬉しいです。またよろしくお願いいたします。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました