Sponsored Links
占星術・ホロスコープ

【修行僧】土星の守護神である山羊座の行動パターンや性質【他人にも厳しい】

Sponsored Links
山羊座 野心家 努力が普通
下記からフォローしてねー!

こんにちわ。
とりしょーです。

 

12星座イチバン努力好きで、修行僧ぽく、土星の守護神である山羊座の行動パターンや性質を紹介させていただきます。
そんなやぎ座ですが、自分にも厳しく?(ストイック)で他人にも厳しい特徴があります。

やぎ座に対して、「なんだがうまく人間関係において調和できない」とか、「全く何を考えているのかわからない」
そんな風に感じているかたも少なくないと思います。

そもそも、今回の記事のように西洋占星術やホロスコープの知識を身に付けられる事で、相手の行動パターンや性質傾向がわかると思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

また、そんな言葉をを聞いた事はあっても、以下のような疑問を抱えている人もいるでしょう。

 

・やぎ座のひとについて具体的に知りたい

・やぎ座の行動パターンや性質をしれたら、どういうメリットがあるの?

・西洋占星術やホロスコープでのやぎ座の評判はどうなの?

・やぎ座のひとと調和することを検討しているけど、難しいのかな?

 

今回は、こういった疑問や悩みが解決できる記事となっております。

なぜなら、私もこのホロスコープや西洋占星術を勉強している真っ最中で、学べる内容はもちろん、楽しさやそこで得られる需要までハッキリと把握しているからです。

ですから、あなたにとって参考になること間違いないでしょう。

そういうわけで今回は、タイトルの通りやぎ座の概要から、やぎ座の月星座含めて行動パターン(感情パターン含む)や性質、評判や考察に触れていきたいと思います。
当ページをご覧になって頂くことで、あなたは「やぎ座がどんなひとなのか」がハッキリするでしょう!

Sponsored Links

【修行僧】土星の守護神である山羊座の行動パターンや性質【他人にも厳しい】

やぎ座の行動パターンや性質 努力の自覚がない

それでは、やぎ座の行動パターンや性質傾向を紹介させていただきます!
やぎ座のブラックな一面も紹介しますので、参考にどうぞ。

やぎ座は、12星座の10番目の星座です。そして土星がルーラーです。
生まれながら老人といってもいいぐらいの12星座イチ落ち着いてる方が多いでしょう
そんな生真面目で忍耐強いとも言われるやぎ座は、自分にも厳しく、他人にも厳しい人かたが多いでしょう。

一つ前の射手座が、遠くにとか・・外国とか向上心・探究心・冒険心に溢れるといった拡大発展する行動派でしたが、山羊座は行動する前にきちんと計画を立てようとするタイプと言えます。もっというと、コツコツ目の前のことをこなしていって、土星のいみもあるのでいらないものをそぎ落としていくタイプです。

プレッシャーや緊張や試練などの不安のなかでも努力をしていくの自然とできて、こつこつとこなしていくタイプなので、木星ルーラーのいて座と比べて楽しい感じはないです。

限られた時間の中で最大限に成果を生み出そうとして、現実をしっかり把握し、計画に沿って実行していく堅実さを持っているそうです。

そんなやぎ座は、一見近づきがたい印象を与えますが、実はとても深い優しさを持ってたりもします。
太陽星座がやぎ座のひとが人生に求めるのは、社会に認められたいということではないでしょうか。
その社会まで到達すべきゴールがあれば、そこへ向けて必要な手段や順番を考え、長期的な計画を立てながら着実に進んでいくでしょう。(幸運やたまたまの偶然というものを頼りにはせず、自分の力で現実的にコツコツと取り組んでいこうとします。)

また、恋愛観でもその関係性の中にも本物を求めることがあるでしょう。
なので、小手先のテクニックや心理的な駆け引きなどは好みません。
人生の時間には限りがあることも十分に知っているので、その中で出会い縁のある相手とは誠実な関係を築こうとします。(精神的にしっかり繋がりを感じられることを大切にしていますし、浮気をすることもないでしょう。)また、信頼している相手には心の内側を見せ、意外に情熱的な行動に出ることもあるそうです。

【考察】やぎ座の行動パターンや性質傾向

やぎ座 行動パターンや性質傾向

もう少し、やぎ座の行動パターンや性質傾向を紹介させていただきます!
もし、あなたもしくは、あなたの周りで、山羊座が苦手な人はこんなイメージがあるからではないでしょうか。

・「なんか怖い」
・「なんか暗い」
・「厳しい」
・「社会的なところでしか判断しない」

そんな感じて避けてしまいがちなひとも多いでしょう。

月がやぎ座さんに対して、一緒に遊んでもノリが悪くて、面白くないと感じる人も少なくないでしょう。
ですが、これはやぎ座は人生や仕事に真剣な性分なのです。
つまり自立した女性としてでも生きるうえで、山羊座に学ぶものは多いはず。(そういったことがやぎ座にあるからとしっていればうまくやっていけるでしょう。)また、自分の責任をきちんと果たしている人には山羊座は優しいでしょう。

そんなやぎ座ですが、落ち着いているといいました。
それをやぎ座の女子校生だったらの場合でいうと、こんな感じでしょう。
女子高生のなかでタピるって言葉が存在します。それをやぎ座は、「タピるだって~。普通にタピオカ飲む」っていえばいいの~にみたいな、キャピキャピしているかよりかは落ち着きすぎてることが多いそうです。

そんなやぎ座の子の小学校とかであれば、仮にたとえばですが、どんなお菓子が好き?って聞いたら、和菓子・ようかんとか・・
ほかにも、例えば「どんなのお弁当入れ欲しいの?」ってやぎ座さんに聞けば、「唐揚げ」とか「チキチキボーン」じゃなく、「照り焼き」って答えるかたも少なくないようです。(例えばですが)

ちなみにやぎ座の性質傾向や価値観は、努力して得た物が好きなようですね。
また、努力している自覚がないほど努力家が月がやぎ座ならではの特徴です。

なので、やぎ座の大好物は下記でしょう。
・地位、名声、お金
・年収、ステータス 学歴

などがやぎ座にとって大好物でしょう。(人に対しての判断もそこにあるのではないかという考察)

やぎ座は努力ですべてが解決するという傾向があるそうです。(ちなみに天秤座はつまらない努力が一番嫌い。そして、結局なにを言いたいのかわからない魚座って感じです。)

そして、あなたに知ってほしいことがあります。
やぎ座のパニックポイントがあります。それは、自分がどこに向かって努力していいのかわからないくなったら、パニックになるそうです。もっとうとわからなくなるときはパニック起きるそうです。(例えるなら、それに比べておいしいとこ取りの天秤座って感じですかね。そして、なにを言いたいのかわからない魚座。)

山羊座は土星が守護神です。
土星とはサターンといいます。

サターン=サタン(元天使の悪魔の親分)と言われていました。
そのサタンが与えるエネルギーは、「試練。義務とか緊張感や計画性。」
つまりお楽しみキーワードが一個もないようです。(早いはなしこれは射手座の木星はまったく逆。)
だからこそ、やぎ座は、「努力好き」と言われています。
なぜなら、12星座自己評価が低いことが多いから、前述で記載した「努力て得たものに価値」があると思うからです。自己評価が低いが故に根拠のない自信がもてない。だからこそ、自信を作るために根拠を創る努力をするのです。(なので現状を受け入れて納得するだけの天秤座とは違ってくるでしょう。)

とにかくやぎ座は、努力です。受け入れて納得して、さらにその上でそれを克服して、努力して改善しようとするのです。

そんなやぎ座のブラックな面もあります。
それは、やぎ座のブラックでいえば、年収で付き合い方変えたり・・
たとえば、そのやぎ座が二人に告られたとします。そしたら、年収と学歴とステータスで決めるそうです。また金と地位と名誉で判断するでしょう。(なぜなら、努力で得られるものに価値があると思っているからです)

そしてそんなやぎ座はですが、無駄なことが嫌う傾向だってあるでしょう。
もっというと、、目標達成のためにズルは絶対しなかったり・・ズル以上に遠回りもしないのです。

※勿論、一概には言えないですがね。(少なからずいるでしょう。)

月星座が山羊座について

月がやぎ座 努力が

月がやぎ座の方の性質傾向や行動パターン(感情パターン)を紹介します。
修行僧で努力家と言われるやぎ座ですが、考察によると自分の感情を表現できないひとが多いイメージがあります。

実は太陽星座もあるかもしれませんが、これはやぎ座の要素が感情面で出る=内省型・反省型になるのです。
感情には、正解も間違いもないですから、「こう感じるのがダメとか恥ずかしいとか」、「未熟とか」はなくていいのです。なぜなら、感情は、社会的な訓練や学びを受け付けない自由に感じてしまうものですから!

そんなやぎ座さんには、自分に厳しいとか・・シビアさがどうしてもでてしまうのです。
なので、それだけ現実的視点で実用的なものを問う性質がでてしまうのが月がやぎ座ならではでしょう。

例えば、月がやぎ座さんは「悲しい=寂しい=やりたくない」などの感情があった時は、それを「自分が感じるのはしょうがない」として「他者に伝える・共有する」なんてあり得ないという人が多いです。
また、言ってもしょうがないことを言うのはムダだという合理性から来ているともいえるそうです。

感情を伝えることで状況が良くなるとか暇なことをしなくていいなら伝えるという人もいるから。でもそうじゃないなら、いって人に迷惑かけるなんてできないと思うのです。
また、そういうことを感じていることも本来は好きじゃないから言わないという人が多いそうです。

なので、感情的になって、人に甘えたり、寄りかかる、委ねることができない月星座でナンバーワンだと言われています。

人間関係において、パートナーシップ・距離感が近い人との関係において月星座は重要な役割を果たすのですが、近しい人にこそ、だれにも言えない感情を分かってもらいたいという気持ちは月がやぎ座さんでもあるはずです。
なので、月がやぎ座さんはそれだけ身近な人にも言えなかったりするのです。(言ったとしても幻滅されたり、嫌われたりするから・・)
そんな、危険性がないと自分でもわかっていても言えないのです。

「別に言えなくてもいい!そういう性格で生きてきたからこれからもそれでいい」という月星座ヤギさんです。
また、自分が委ねられたこと、相手の心の吐露や感情的な表現も受け取りづらいというのがセットなのです。
それは、自分がそれだけ自分に厳しく反省して、感情で甘えたり・寄りかかったりしないように生きていると
どうしても、世の中やパートナー・他者に対して厳しい視点を持ってしまったりするかもと思うのが月がやぎ座。
たとえば、「好き「かわいい」などの褒め言葉・ポジティブな事を言われているにも関わらず、現実性を求めるがゆえに、言われたことが本当の気持ちだあったとしてもなかなか信用できないのです。
なので、疑い深い慎重さが出てくるし、本来感情は波立ったり、一定じゃなくてもいいものだけだし、相手のことを愛していたり、好きであれば尚更それが現実的な感情かどうか確かめたくなるのです。

「現実的な感情=口だけ」じゃないということです!
なので、月がやぎ座さんには、ただ単に、「かっこいい」「かわいい」じゃなくて、「どう思ったからそういった」的な理由づけが欲しいのです。「あの時●●って言ってくれたからかっこいいと思った」など個人的なエピソードがあった方が受け取りやすいのです。

月やぎさんは、「自分はコミュニケーションが下手」だと思っている人が意外に多いとうのはご存知でしょうか。
自分の気持ちと、それに付随する自分の願望を後回しにする癖がある=我慢癖と直結となります。
なんせ、月がやぎ座は溢れ出る賢者感・修行僧感があります。
そもそも、コミュニケーションが下手なのではなく、「結局自分の気持ちは誰にも理解してもらえないんだ」という孤独感に繋がる人も多いので、そこを相対的に見たら、「感情論だから言っても無駄だ」的なコントロール能力はすごいんだけど、全体的に見たら、思ったことを言ったほうがいい場合もあるのは覚えておきましょう!

また、月がやぎ座さんは、自分に厳しいのは良いことでもあるけど、そうじゃないほうにでてしまう場合もあるそうです。
幼少期に、甘えてみて、助けてもらえなかったこととか、自分の思ってたような世界と違ったみたいなことを経験して、「この地球は、だったらもう自分で何とかしなきゃいけないんだ。」となったひとも多いでしょう。
そんな月がやぎ座さんが大人になったら、尚更ひとを信じにくくなるのです!

自分で何とかするしかないと頑張ってきたかゆえに甘えてくる人に違和感を持つのも仕方がないところはあるのです。超絶がんばりやだし、本人は我慢してるつもり・ブレーキかけてるつもりがないですが、周りは、それを分かったうえで、思いを言いやすいような声のかけ方を意識したいところ、変に同情を誘うような開き方をされるのは月がやぎ座はすきじゃないのです。(そもそも感情を出したくないのにお涙を頂戴風で話しかけられるのはイヤ)

そんなたやぎ座に対して、話を聞くときも現実視点で、実際ある問題に対しての聞き方をすると、ちょっとずつ情報を共有しながら、感情を少しずつ話してくれるかもです。
とにかく、近くに月がやぎ座さんがいたら、彼らが甘られないで一生懸命頑張っていること覚えておいてくださいね。

月がやぎ座さんにオススメのことがあります。
それは、自分がSNSの過去のタイムラインや日記や手帳の過去の予定を振り返ることです。
なぜなら、やぎ座が自分に自信を持てる時=過去の自分から成長したと実感したときです。
もっというと、そこからでしか、自分の肯定感や自信を持つことができにくかったりするからです。

月がやぎ座さんは、過去を振り返ることで、ちょっとでも自分の成長がわかることによって、
無駄なものは買わない主義だとしても、貯金をちょっと削ってでも、自分にご褒美をしてください!
それも「物」を買うとか、自分で見て触れるもの方が良くて、それを見た時に「自分はここまで成長した」と認識するところまでセットです。
自分が成長した、成功したという栄光の余韻に浸ることができない月星座では、ナンバーワンです。
あえてそのご褒美を部屋に飾ったりすることで、成長の実感を思い出すリマインダーにしてほしいのですから、成功や奇跡のドキュメンタリーを見ることです。(あくまでも真実であること。ノンフィクションじゃないとダメです。)

そして月がやぎ座さんが、疲れたり気分がダウンしているときに、作り物の夢物語を見ても逆にシラケるのでやめときましょう!
こんなに世知辛い世の中でも、「これだけ頑張ったらサクセスってあるんだ。」とか。「夢を叶うんだ」的なものに貴重を置きます。
また会ったこともない異国の誰かの話だとしても、そこを見せられると現実に希望が持てたりするのです。
ヤケになっていても「自分の目標の為だし、頑張るか」という気持ちもカムバックするかもです。
また、ネットの動画サービスでノンフィクション系のサクセスストーリーを観るのがオススメです。良くも悪くも自分に厳しいからこそ、ちゃんとしたリアルな成功を見たほうがプラスになるのです。

また、月がやぎ座さんがSNSではどんなふうになるでしょうか。
それは、自分の気持ちや感情由来で社会に対して声をだすことはほぼないと言われます。
なぜなら、SNSで普段言えないことをバーッと言って、誰か見るかわからないリスクを取ることは少なそうだからです。ですが、そんな月がやぎ座さんは誰かの投稿を見た時に沸き起こる「うらやましい」という気持ちこそ大切なのですよ。

月やぎさんにとっての「うらやましい」と思う事すら難しかったりするのです。
もっというと、ストイックさで現実的に働くので、「いいな」→「どうせ私には無理だ」もしくは「どうせ〇〇に決まっているじゃん」てきになるでしょう。
ちょっと自己卑下視点からの決めつけ頂点になりがちですが、「いいな」と思った人のSNSを見て真似しろとかではなく、個性発展のヒントとして使ってほしいのです。

「こんな素敵な世界を見たけれど、私とはどうせ縁もゆかりもない世界で」とばっつり切ってしまうには要注意です!うらやましいと思う気持ちは大事ですが、SNS投稿に対して、うらやましいとは思わなかったとしても、疑う視点だけになり過ぎないでほしいです。
投稿内容を鵜呑みににしないうえで、「この人のこういったところは素敵」という部分の一緒に持とう!
また、現実性というところから、自分も相手もバサバサ切っちゃうイメージが出来てしまうのです。
嬉しいなら嬉しいと受け止めて、発展の皆無をすぐ勝手に決めないでほしいです。すぐシャッターを閉めてしまうことで自分の感情が波立つ感じを抑えて、自分の目的だけに向かって、努力するという訓練が日ごろからできてしまうようなひとたちだから「うらやましい/壊れる/贅沢は敵だ」と思わずにホワンとして、気持ちに従って試してみたりします。

月がやぎ座さんがファッションや髪型から生きように至るまで「いいな」と思ったものを少しブランドしてみることです。目的志向で高い崖をガツガツ登れちゃうからこそ、自分で個性が何倍にもなっていくですし、立場・役割とか本人の詳細がわからないまま批判的なことを言っちゃう自分がダメなのではという思いもあって、SNSには書かないでいられる強さにつながるのかもどっちがいいとかではないのです。
「いいな」と思うポジティブな気持ちを捨てないでとうのは、それのポジティブなバージョンだ言っても無駄だとおもったら即座にシャッターを下ろしてしまうかもしれません。

あと、月がやぎ座は、自分が動じないつもりでも相手の言動に傷ついてて、少しずつ「もう信じない」が積みあがってるかたが多いでしょう。
それは、月がやぎ座は、誰にも甘えれない 本音も言えないのです。
いつも明るく振舞って、強くて頼れる自分を演じてしまうのです。
一人ぐらいになるとぐったり疲れて誰にも会いたくなるかたもいるでしょう。

そもそも、現実的で一人のほうが気楽だし、好きだし甘えれるのもあんまり好きじゃないです。(単独行動にもなりがちだし)
でもたまーに弱音は吐きたくなる。また、吐いたら吐いたで、「自分は何をいっているんだろっ」自己険悪になるのです。なかには、褒めらることが苦手だし、自分の心をあいてに預けるのも苦手だし、だからコミュニケーション苦手だと思ってます。褒められても「お世辞でしょ」が発生しますのです。
「自分に厳しい」とおもっていますが、どこか「まぁもっと厳しい人もいるし、自分なんて所詮この程度、まだまだ」と思うのが月がやぎ座です。

月がやぎ座さんの感情パターンは、ストイックで修行僧てきなとこがありますが、月は欠損ということから、ステータスとか地位的なものが壊れてしまうことだってあります。

月星座のやぎ座の子供時代のあるある

やぎ座 寒さに強い

月星座がやぎ座についてもう少し紹介させていただきます。(子供時代の月がやぎ座さん)

月がやぎ座の子供時代は、どんなイメージがありますか。
「たんたんと積み木を重ねていそうとか・・」、「お母さんの教え方とかをめっちゃ守りそう」

と思うかたもいるでしょう。

そんな月がやぎ座は、実は「並々ならぬ努力して、目標達成する」という思考が小さいのころの時代からあるそうです。(そもそもやぎ座っていうのは野心家でもあります)
そんなお子さんをもった月がやぎ座さんは、例えばお手伝いとかだったら、途中で絶対投げ出さない我慢さがありますし、責任感が強く試練にも強いです。ほかにも学校の宿題であれば、小さい時から宿題や課題に対して、手抜きやズルをしないといった傾向はあります。

ちなみに親によっては、月やぎ座の子に対して、そのストイックさをじれったく思ってしまうこともあるでしょう。それがたとえば、自分が納得がいくまで作文などの文字を書き直したりするので「もうちょっと要領良くやりなさい」って思う親も多いでしょう。
ですが、ここはいったん踏ん張って、そんな月がやぎ座の子供なりのペースを尊重してあげましょう!

自分で「頑張っている」って意識がないですし、がんばっている状態が当たり前な人たちだからもっと小さい時からほめてあげましょう!
そんなに子供ぽくないわけではですが、修行感あふれる子供いないですし、地味に見られるかたも多いでしょう。(一概にいえません。)

月がやぎ座さんは、野心家で「試練こそが我が道」みたいなところが無条件にあるのを覚えておいてください。なので前述通り、単独行動が多くなりがちです。
また、子供なので子供らしくいられないところが本人的あって、みんなと一緒に「うぇーい」とかできないけど家に帰ってから一人でやってる感あるそうです。(占いラボさんでおしゃっていました。)

月がやぎ座の感情では、そういう自分が嫌だけどしょうがないみたいなところがあって切ないのです。もっというと感情はすごいあるのに巣に出したり、大声で笑ったりすることができないのです(修行僧感)

前述通り、ちなみにそのまま大人になったりと疑い深い・人の気持ちを勘ぐるナンバーワンでしょう。
なので、たとえば、恋人から何か嬉しいことをしてもらっても素直に喜べず「何か業があるんじゃないか」とか深読みしてしまうのです。
ちなみに恋愛やパートナーに対しては、小言とか屁理屈多いので、12星座ナンバーワン可愛くない感じがあるそうです。もし、月星座の山羊座のパートナーが意地悪や皮肉を言ってきた場合「素直に不安だ・会いたい・さみしいと言えないんだ~」って察してあげることですし、そしてとにかくほめてあげることです!(なぜなら、褒められなれていないので効くでしょう。)

そんな月がやぎ座が大人になると忙しい日々の中で皮肉を言われると「こいつかわいくねーな」っていうようにカチーンがかっちゃうでしょう。なので、付き合っていくならば、修行僧マインドのひとをパートナーに持つと自分も修行しなきゃいけないと肝に銘じていくとになるでしょう。

ここであなたにアドバイスします!
それはそんな月がやぎ座さんにたいして、魔法の言葉です。

「いつも無理しなくていいよ」「いつも我慢しなくていいよ」ということです。
なぜなら本人は、無理している自覚がないから無理するって言ってもしちゃうのです。限界ギリギリでいることが普通の状態なので手を止めないのです。
ということで、「がんばっているのはいいことだけど、がんばっているあなたも好き」と言ってあげよう!また、それだけがんばっている人たちだから「そのままが好きよ」っていってあげましょう!

がんばっているやぎ座さんに向けて、皆さんはぜひあたたかいコメントをしましょう。
「がんばっているあなたも好きだけど、がんばらなくても好きだよ」が鉄板です。

月やぎ座の健康面は、ちょっと細身・顔色が悪いひとが多いけど持久力はあるそうです。
また、寒さには強いけど関節痛や腰痛には気をつけてとのことです。

まとめ

今回は、やぎ座のひと向けでも、身のまわりにやぎ座がいたりして、気になるってかたには向いている記事だと思っております。

そしてブラックな一面も含めて、やぎ座の月星座についても記載しましたが、それはあなたやその身のまわりの人が自分の感情パターンを知って、自分でうまく使えるようになるためと思って記載しました。
そもそも、月星座は自分との対話、そして大切な人とより良い関係を築くために使うことを推奨します。

なので、自分のなかで「我慢するだけが良い」「言えば良い」という答えのない中で自分の感情と向きあう大切さのそれが、人間関係の良さに繋がっていくことが伝わっていけば幸いです。
もちろん、水星・木星・全星座の特徴がそれぞれ違うので、スポットを当てる部分も変わってきますので、その時の次第のほどで宜しくお願い致します。お相手の人の月星座を知ることで、感情パターンが理解してお付き合いできますので、悪い方に転がらないと思います。

そして、今回のテーマは、占い好き必見で、西洋占星術やホロスコープの魅力をお伝えしました。
そして、最後までご愛読してくれたかただったら、当ページをご覧になって頂くことで、「やぎ座の人とうまく人間関係で対応できなかったこと」が分かったのではないでしょうか。また、この記事をきっかけにいろんな天体の話しだったり・・月星座の魅力だったり・・ましやその月星座に関して、その人が肩の力を抜いてリラックスしている時、ふと表れる雰囲気などに月星座らしさがでることがわかったでしょう。

また、月の欠損だけを焦点を当てていますので、当然、その方の生まれた環境や経験によっても違ってきます。
なかには、当たっている面もあり、違っている面があるっていうかたもいるでしょう。
なのであくまでも参考にして頂いて、月の欠損に捉われないで、気もちが楽になればいいのだと思います。

ホロスコープではよく言われるのが

太陽が「動」、月が「静」
太陽が「外」、月が「内」

表裏一体の関係性を想像してください。

つまり、占星術には天体が人間の各年齢と対応しているという考え方があります。

その月星座は、0〜7歳の幼少期に当たりますが、幼い頃に身についた性質やクセ、生活習慣などが無意識のうちに自分の土台になっていくというイメージです。(幼い子どもたちは自分の欲求にとても素直ですよね。)まず社会よりかは、「自分のことで精一杯」な時期です。このことから、月星座を見ると自分の幼少期の傾向であったり、お子さんの7歳ごろまでの特徴が現れていることもあります。

ちなみに、「なんとなく心が満たされない」、「居心地が悪い感じがする」なんていうときは、あなたの月が何かを知らせようとしてくれているのかもしれませんね。(月の欠損の話です)
ましてや、ずっと我慢するかのように、あなたらしさが出せないでいると、イライラしやすくなります。
なので、訳もなく心が騒ぐ時には、あなたの中の月星座が満たされていない状態と言えるでしょう。
本来は、自分の持つ月の性質や望むものを知ることで、意識して表現できるようにしてみましょう。(心の土台を手に入れることで、あなたはもっと輝いていけます。)

なのでまずは、あなたの月星座が何を伝えたがっているのか、じっくり耳を傾けてみてください。
あなたが自分自身に対する思い込みを捨てて、あなた自身でいることを受け入れた時、ふと意外にかたちで表れくるかもしれません。ぜひゆったりとリラックスして、あなたの月星座の素晴らしい魅力を解放してあげてください。そのときにでるインナーチャイルドだって出てくるかもしれません。

ちなみに、私は占星術やホロスコープといった分野を勉強して、5年以上は経っています。(知ったのは10年以上前にもなりますが)

そもそもわたしも最初は、占いって「怖い」とか・・「ありえない世界だ」っていうほうでした。
しかし、皆さんが知っている朝の番組、12星座占いってありますよね?

それぐらいエンターテインメントとしても活躍している分野ですよ。

わたしはもともと、占いとか精神世界の分野みたいな今回の記事に関してはもともと興味がなかったです。
しかし、月星座が持つ魅力は、その人から無意識のうちに、どことなく漂う「引力」のようなものと言われています。人が社会の中で生きていくうえで表面的に出てくる傾向は、月星座より太陽星座の性質に大きく影響されるのです。

そして、独自視点・自分でも、12星座占いの情報収集をしていると、「なるほどー。」とか「否定出来ないなー。」とか「ちょっと確信に迫りたいからもうちょっと見てみよう」って思えてくるからこそ勉強をしているのです。
占ってもらったことがあるかたも少なからずいると思います。なかには、「当たっている!」という風に思ったかたも少なくないと思います。
西洋占星術って、100パーセントの正解ではなくても、性質傾向が当たるのです。(一度はやってほしいです)

もし、あなたが今回の記事ようなことに興味があって、時間がないし、なんだか怖いから~テキストベースで占ってほしいとかであれば・・わたしの出展に来るのもどうでしょうか。
わたしは、現在ココナラアプリにて、西洋占星術鑑定を期間限定で500円のワンコインで、手ごろな金額で占い鑑定をしていますので興味あればどうぞ。ほかの占い師さんもいるので楽しいので興味あるかたはぜひどうぞ!
ちなみにココナラアプリを登録しないと、鑑定が出来ないので数分で終わり無料なので下記からココナラアプリを登録してくださいね。

【ココナラアプリ登録は下記から】

※登録したら、下記のリンクからわたしの12星座の西洋占星術の鑑定部屋に入れます。
>>参考:ココナラアプリ・とりしょーの占い鑑定はこちらから~

タイトルとURLをコピーしました