スターシード 覚醒

【目から鱗】2021年の予知は、天啓を知って道を選ぶ【江原啓之お告げ~】

Sponsored Links
江原啓之 予知 天啓を知って道を選ぶスターシード 覚醒
とりしょーをフォローする

 

幸せアドバイザーのとりしょー
幸せアドバイザーのとりしょー

読者さん。とりしょーです。

 

2020年の去年「破綻と崩壊」ということの予想・予知で、
見事に的中させた江原啓之さんが今年の2021年はどうなっていくのかを紹介させて頂きます。

 

江原さんの2021年の予想・予知はラジオなどの公にでていて、個人的な意見としても現実をみて「驚きと納得が入り混じった」不思議な感じを抱きました。

 

2020年はコロナ問題の影響によって、世界中の社会システムが変わり始めて「破綻と崩壊」というキーワードそのもの問題が出てきましたね。
そして、それが2021年も続くとも言われています。

ということで2021年は、「どんな風になっていくのか」を江原さんの予言・予知を参考にしつつ、考察を兼ねて紹介させて頂きますので、興味あるかたは最後までご愛読のほうよろしくお願いいたします。

 

>>参考:【超有名】江原啓之はどんな人物?あの人気3つのオススメ本を紹介【発見】

 

Sponsored Links

【目から鱗】2021年の予知は、天啓を知って道を選ぶ【江原啓之お告げ~】

 

天啓を知って道を選ぶ 江原啓之

去年2020年の予知では、破綻と崩壊と見事に的中にさせていた江原氏ですが、
そんな江原啓之さんは2021年の予知もしています。

ちなみに、その2020年の予知を見事当てた江原氏の記事について考察して記載したので興味あるかたは下記にどうぞ。
>>参考:2020年のテーマは破綻と崩壊。江原啓之さんからのお告げメッセージの記事はこちらから~。

 

2020年は、の昨年は医療崩壊が多い都市でした。
コロナによって、経済的な破綻だったり・・社会のシステムじだいが破綻と崩壊していきました。 

それも日本だけじゃなく、世界中で起きたことでした。

破綻と崩壊が起きた世界中でしたが、次にどうなっていくでしょうか。
先に結論からいうと、江原氏は2021年のキーワードは、「天啓を知って道を選びましょう」と予知しています。

天啓って、なにか?
それは、天啓とは、 ”原義. 神などの超自然物から与えられたお告げのこと”と定義付けされています。

わたしの考察では、「この天啓を知って道を選びましょう。」というのは、
スピ系業界でいう、風の時代の尊重とも考察しています。

そもそも、風の時代という定義はないのですが、
わたしはこう思っています。
「無理に我欲なしで理性的に流れに乗る」とか、「たとえ嫌なことがきても三転四転と転がって結果的にみていい方向や結果にいく」ことだったりと2021年は思っております。

話は戻しますが江原氏が言った、人の各それぞれの選び方一つで結果が大分変わってくるというのはありえる話です。
つまり、「取捨選択が迫られたときにあなたがどう判断するかがキーとなるでしょう。

【江原啓之】2021年の予想・予知。

改革、改新、変革が起きる。2020年は破綻と崩壊がある。破滅 天啓を知って道を選ぶ。

江原啓之さんお昨年の予想のお言葉は覚えているでしょうか。
そう『破綻と崩壊』です。

そんな江原氏は、さすがに「新型コロナウィルス」まではわかりませんでしたとのことです。
なぜなら、江原氏に来るのはメッセージだからです。

2020年の昨年は、医療崩壊などもありましたね。
また経済的な「破綻、社会のシステム自体、破綻と崩壊」でした。

 

 

では、江原氏の2021年の予想・予知のキーワードを申し上げましょう。
みなさん天啓を知って道を選びましょう」です。

 

 

今年は『天啓の年』です。
なので、人によってのよりけりの選び方で変わってきます。

そこで、どういう人が幸せを感じられるのかというと・・
後程、また記載していきますが、『天啓』というのが一番上のメッセージ。ベースには『破綻と崩壊』これは続きます。(複雑なものが重なり合っているミルフィーユの状態。)

 

 

『破綻』させたのは誰?『崩壊』させたのも誰?
みんなは「ストレスだから」「はけ口は遠くにいく」などと言って旅行をしたり、新型コロナウィルスに罹ったらすぐに病院などに行けない位とか・・医療機関に“お願いしますと行く。
ですが、ここで考えてみてください。
医療従事者の方々は堪ったものではものではないでしょう。それで医療崩壊になっていくことだって十分あるのですよ。(そういった意味では人災ですよね。)

 

 

各それぞれの人で、「新型コロナウィルス」というのがあって
「“それをどう扱うか”」というのは、結局人間の心の在り方しだいだと言われています。
つまり、何を言いたいかというと「、旅行などなぜちょっとの間くらい我慢ができないのだろうか・・」ということです。
日ごろのストレスから溜まっているからとかはありますが、これは自分だけじゃなく、他人の命にも関係していることでもあるので、あまりにも視野が狭い、浅はかな行動は慎むべきだと思います。
そして、国も国で、もう少し国民のことを考えて欲しかったなと思うことを江原氏然り、わたしも思っております。

【江原氏ナイスメッセージ】破滅と地獄の入り口

2021年 天啓を知って道を選ぶ 破滅 破綻と崩壊

今年は、間違えると破滅が起きて、地獄入りになるそうです。
例えな、あなたに天啓がきていて、このまま自分を省みることなく、振り返ることなく、反省することなく進んでいたならば、次にあるメッセージは『破滅』ということです。

 

そしてそのプラスとして、
江原氏曰くスピな霊界からのメッセージをひとつ加えると、昨年のうちに『地獄入り』という言葉が来たそうです。

 

自分と向き合わずに、自分勝手なことばかりしていたら『破滅』で『地獄入り』するのです。
けれどそこで知ってほしいのことあります
例えば、『破滅』がAコースだとしたら、それ以外の道もあることです。
それは何かというと『仕切り直し』です。

 

 

昨年を反省し、自分の在り方を変えたかたも多いと思います。
そこで、『仕切り直し』というのは、現実的なことも加わるんです。
例えば、職業によってそれができる人たちは幸せなのですが、「リモートで仕事ができるという人たちが、郊外などに行ったりしている。都心にいる必要がないと、オフィスをなくした会社もある。あとはオフィスを縮小して、家賃のもう安いところに行ったり。こんな生き方あったんだ”ということに気が付いたわけですよね。」

 

これが江原氏の『仕切り直した人』ということです。

 

ちなみに、『仕切り直した人』というのは、その仕切り直したという苦労はありますが、けれどかえって、それによって非常に新しい視野が広がっていくのです。

 

もうひとつこの『仕切り直し』と同じようにあるのが『楽になる人』です。
なぜ、楽になるのかというと、「例えば引きこもりの人は、引きこもりがなくなった。」「今は、不登校で自宅で勉強している人も、登校をしていた人もみんな同じ状況です」

 

だから「“これで自分はもう少し世の中や外に出やすくなる。」「楽になる」結果になるのです。

 

 

そこで、もうひとつワードがあります。
そのワードも今まで話していたことに繋がっていて、これはちょっとネガティブなワードですが、
あきらめ』というワードが出てきています。

 

あきらめ?
つまり、前の生き方を引っ張ってしまっていると『あきらめ』のままとなります。
ですが、この『あきらめ』から『仕切り直し』にいって『楽になった』という風にいけば、すごく良いことです。
なぜならば、そうすることで『破滅』にいかないと江原氏はおしゃっています。

 

 

そもそも、『破滅』というのは、しがみついて頑固に「“こうでなければならない”」ということからきます。
特に視野が狭いとか、近視眼的に物を見て、俯瞰して見ることができない人たちが苦しんでいるわけです。

 

 

“本当の幸せというのはどこにあるのか”ということを理解した人が“楽”になったりするのです

気が付くことが『天啓』でもあります。
そこから仕切り直して楽になったり、と思えば、例えば、給料が少ないからそこは大変だけれど、そこはあきらめて…と思ったり。そういうマインドが大切となってくるでしょう。

 

【江原啓之の予想】天啓を知って道を選びましょうとは?

天啓を知って道を選ぶ 江原啓之

2021年は、「天啓を知って道を選びましょう」というメッセージを江原さんは言っていましたね。
ちなみにその意味をもっというと、下記にような構造となっております。

 

 

天啓が一番上のメッセージで、ベースでは今年も同様に破綻と崩壊続くのです。
もっというと、ミルフィーユの状態になる(重ねる)ということです。

 

上記をわたしの考察では、「破綻と崩壊」が起きることで、「破壊がおきるので再生する」かのように新しい世界にはなっていくということだと分析しています。

あたらしい世界では、楽しく平和でハッピーになるかはわかりませんが、今までのルールや常識や概念は壊れていくでしょう。

 

また2020年の江原さんが警鐘を鳴らしていて、“破綻と崩壊の年”はどうだったでしょうか。
それは、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中で、多くの人々の生活環境などの基盤が揺らいでしまい、人生設計の再構築を余儀なくされたのことでしょう。

 

そんな、2021年はどんな年になると思いますか?
それは江原さんが見える中では、「残念ながらコロナ禍の影響はまだまだ尾を引き、厳しい年」になるということです。

 

 

ですが、ここで希望や絶望をなくさないでください。
つまり、「そんな絶望に満ちた中でであっても救い」はあるのは忘れないでください。

 

2021年の今年において、
あなたに意識してもらいたいのは「“天啓”、“淘汰”」そして、「“旅立ち”」という3つのキーワードがあることです。

 

前述通り「“天啓”」については、「’20年~’21年」にかけて起きていることすべてはメッセージだと一人ひとり思ってください。
つまり、我々がコロナ禍という「“天啓”」を受けて、
いや応なく「“淘汰”」を迫られているのですが、このとき現状をどう捉えるかによりかは、我々の進む道が決まっているのは忘れないでください。

 

そして、その続きはあります。良くも悪くもです。
つまり、その道の行き先は「“破滅”や“諦め”」そして「“楽”」という3つに分かれているのです。

 

 

どこに向かうかは
「“天啓”」の受け止め方によって変わってきます。
なので、自暴自棄になり「“破滅”」に向かうことは避けるべきことです。

 

 

そこで、「“諦め”」の境地も「“破滅”」によりは救いがあるのは忘れないでください。
また、そこで“「楽”」という行き先を選ぶ人こそ、すべてを理解している人だと思います。
もっというと、何かを失ってもそれにしがみつくことなく、「右にも曲がれて左にも曲がれる」のです。
そしてたどり着いた先で、『楽になったね』と思える人。そしてさらには、『逆にやりたいことをやれるようになって楽しくなったかも』と思える人はとても強いでしょう。
なぜなら、「そういう人は時代に振り回されず、どんな苦境であっても自分の人生を楽しむことができると思います

そうして見つけた行き先では、「仕切り直し」でもあるのです。
どのように人生をやり直すかが、あなたの今後を決めると語るのです。

そんなふうに“天啓”を前向に受け止めてみることが大事でしょう。
そうすることで、「思わぬ幸運が舞い込んでくることも珍しくない」からと言われています。

 

現在は苦難の生活の追われていて、そんな大変な厳しい時代を生きている真っただ中にいる方も多いので、安易なことは言えませんが・・。
例えば、コロナ問題で失業者はどんどん増えてきていますが、そこで仕事を失った状況であれば、
忙しくてできなかったこと。やれなかったことにたいして、思い切って挑戦するもいいでしょう。
そうすると、「人生が楽しくなるチャンスなのかもしれません。」

 

 

まさに、「災い転じて福となす」という言葉でしょう。

2021年は、「天啓”を受け入れ、破滅や諦めに流されずに進んだ結果、“楽”」という行き先がキーも知っておきましょう。
こうでなければらない。とか、こうあらねばならないという執着心を捨てられない人にとってはまだまだ苦難の年でしょう。
これは、家族の問題も同じです。

家族とは、たましいの世界では学校のようなもの。同じ課題に取り組む、異なるたましいが集まったクラスメートのような存在ですから、依存しすぎてはいけません。それぞれが自律し、自由を楽しみながら、「“家族”」という集まりを心で育んでいくことが大切なのです

 

まとめ

アセンション 水瓶座の時代 天王星 高次元

最後まとめになります。
今回のテーマは、【目から鱗】2021年の予知は、天啓を知って道を選ぶ【江原啓之お告げ~】 という内容でお送りしました。
 
江原さんによる「2021年」の予言や予知というのは、全員が全員、「破滅」と「地獄の入り口」に立つ訳ではありません。
 
そもそも、今回記載したようなこと。
例えば、「破滅」だったり「破綻と崩壊」が起きるのかというと、
それは、気づきやひらめきなどの何かの目覚めよって意味でのシグナルによるものだと思っております。
もっというと、何か見えない高次元のもの試練だったりもすると考察しています。
 
そもそも高次元の存在は、人々に対して、魂の成長を最も願っています。
なのであなたもわたしも魂が成長すれば、「存在力が高まり、存在するだけの余裕の精神的な力から、他者の心を満たす創造力も高まり、気づきの多い分だけ物事を見る視野も広がって」きます。

つまり「精神的に成長した存在」は、この困難を乗り切れるだけの精神的な力が身に付く話になるのです。
もっというと、高次元=霊格を上げることと思います。

なので、霊格が高まると、精神的な意味で存在力が高まり、他者の心を満たす創造力も高まり、心の気づきが多い分だけ物事を見る視野も広がりやすくなると考察しています。

では逆に言えば、「霊格が低い」と、精神的な意味で存在力が弱く、他者の心を満たす創造力も弱く、心の気づきも少なく物事を見る視野も狭い話となるでしょう。精神的な意味でも、「子供」と変わらない内容でもあり、その様な人々が集まる霊界、存在力が弱く、誰からも自分自身の心を満たしてくれる存在も存在しておらず、物事の視野も狭いため、そこから抜け出す方法も思いつきません。

そもそも、「霊格が低い人」が、スピ系に興味を持つ訳でもなく、霊的な内容に興味を持つ訳でもなく、心からの一つ一つの気づきに気づきも現れにくく、心に変化も現れにくく、スピリチュアルの仕組みから考えて、「地獄」に行く人も多く現れることでもあるとリサーチしたらありました。

 

ただし、わたしが現在やっているように「霊格が高い人」は、「霊格が低い人」を導く使命もありまして、無駄な話かもしれませんが、情報を積極的に配信していくのも大切なのかもしれません。

 

 

ということで、
気づきに価値を置くだけで、霊格が自然と高まりやすくなるものです。
そして、スピ系を信じる必要性はありませんが、「出会う中での気づきに価値を置いて」いただければと思います。

 

 

そもそもアセンションという言葉がありますが、
そのアセンションをスピ系でいうところの、「地球のエネルギーが男性的エネルギーから女性的エネルギーに変化」しているとも言われていて、それは、水瓶座の時代とも関係している分析をしています。

水瓶座の時代は、「今迄から解放していく意味」もあります。
つまり男性の心的エネルギーは、抑えてコントロールする傾向があり、硬くなりやすくなので、今までの時代は、地の時代だとも言われているのです。
また、女性の心的エネルギーは、逆に外に解放してコントロールする傾向があり、柔らかく、変化しやすい風の時代の始まりだとも言われています。

そんな、風の時代において、あなたはどう過ごしますか?
「変化がおきやすく、今まで気づいていない、新たな気づきも現れやすくなるでしょう。」

 

プチ情報として。


男性心理と女性心があって、
その違としては、男性は意識されたいよりも意識がしたい傾向が強く、女性は意識したいよりも意識されたい傾向が強く、本来であれば、この相反する心情は、磁石の様に働きやすくなり、異なった異性が結ばれやすくなると言われいます。(ただし、霊格が高まれば、精神的な意味で、乗り切れる精神をも身に付きやすくなるでしょう

タイトルとURLをコピーしました