【自分軸で生きる】「スターシードツインレイ」や「感情解放ワーク」「海底だとかのポジショントーク」など流行る中で…

Sponsored Links
※当ページのリンクには広告が含まれています。
とりしょーをフォローする
とりしょー
とりしょー

読者さん。

とりしょー(torishow)です。

 

「スターシード」は純粋で純真無垢ですね。
それでいて「甘え」とか「努力していない」なんていいわれるかたもいるだろう。
それならこちらも案があり、体験談もあるので、陰謀絡み系をメインにお伝えいきます!

 

 

本記事では、8万文字以上となりましたが、日にち時間をかけて一読するなど参考にしていただければ幸いです。

 

 

今回はあくまでもこの世的。現実的な観点かつ騙されやすいASDのようなスターシードは特に参考にはしてほしい内容ですね。

 

ソーシャルメディアなんかでも創造主からのメッセージだけに「創造主はあなた次第」ということになってますね。とは言っても主人公なんていわれても…そう簡単なものでもないけどね!w

 

 

破滅願望が多い」「自分らしくと言いながら全然自分らしくなく、他人からどう思われるかなど徹底的に考えた計算づくめである」「自分軸といいながら全く自分軸じゃない」だとかで、そのなかで「主人公」を思い出す必要があるようです。

 

 

それでもスターシード達は、傍観者立場として生きる。

 

 

テキトーにやって真に受けていない人もいれば、信じて込んでしまうスターシードだっているでしょう。
今回は「スターシード=発達系」という認識が強くなったこともあり、信じ込みやすいスターシードに向けてお伝えしていきます。現実観点が多いので、

 

 

この世的」になるため今回は「現実的観点」が多くなります!
ポジショントークで「現実・現実」と言ってくだらないことを正当化してしまうこともありません。

 

マイノリティでありながら、毎度のように一個人意見にはなってしまいますが‥
スターシード=良い発達系ということであると聞きます。
これからの「指針」としても何か参考になれればと思います。

 

 

そこで今回は、

  • 『スターシードやツインレイ』
  • 『ライオンゲートこそ肉体的アプローチを言う人が少数』
  • 『反すうという強敵について』
  • 『引き寄せを目的にした感情解放ワークについて』
  • 『本来の自分を目指すための自分軸を考察』
  • 『コラボレーションお願いします』
  • 『陰謀絡み系を考察していくとヤバいやつだった件』
  • 『すぐにアセンション妨げだとか陰謀バイアスやメディアバイアスでの視点での物差ししか言えない人はメンタル疾患系』
  • 『オフにして相手にしないことだ』
  • 『etc』

……ということに興味ある方は、一個人の見解であっても最後まで一読していただければ幸いです。

 

 

スピ界隈では「ライオンゲート」で盛況だったようですが、それは流行りというより「属したい!」というDNAに刻みこまれた「脅威」からきてるかたも少なくないかもしれませんね。そろそろそんなゲート商法にはお腹いっぱいになってしまった!! という賢いタイプも見受けられますね。

 

 

コミュニティなんかで既に知られている件でもありますが…
本記事では陰謀絡み系がするような「くだらない高いセミナー」とか「謎のエネルギーワーク」にいったことで後悔してほしくない思い。そしてスターシードは本来ならば、肉体的アプローチが土台
つまり無意味なところに行ってしまっう可能性は注意があります。

 

 

今は科学捉われるリスクだとかよりも、スピ界隈に脅威や呆れを感じるかたのほうが増えてきてるのではないでしょうか。

 

その理由の一つにあ「ちっぽけなことと矮小化してしまう」ような人がいたり、大した中身のない人で発展性もない幻想主張始めるだけの人だとか…

 

そういった疑心暗鬼なこともあり、「それならと全く知らない人の方が人情的」と思う人が出てきたりするようです。

 

またどうやらスピに対する「疑心暗鬼」があるようですし、反面その中で「科学が脅威」「アセンションの妨げ」だとか・・・頭の悪いことを言い出すので、賢い人からそのステージが離れていってるようです(その辺りもサロンで言われてきた予言は当たってきてるようには思えますぞっ!)

 

 

また、そもそもどんなステージにいたって、まともに相手にしていないストーリーに入り込めない武器である脳内連想が得意なスターシードなんかは、ライオンゲートだけにダジャレを繰り返す人もいたりするはずです。

 

 

別のタイプのスターシードであれば、かえって信じやすいゆえに陰謀だとかに時間をかけてしまって無駄にしたなんていう人がいますからね。そしてスピ界隈では、まだまだそこをないがしろにする人も多い。

 

 

またここ最近知ったことでもありますが『スターシード=いい発達系(発達障害、発達グレーゾーン、繊細さん)』なので「少しでも石を片付けるだけでつまづく人が減る」という意味でもいろいろとお伝えします。

 

そして前置きにして不安や恐怖を使って集客するひとを「陰謀絡み系」と名付けてこれからお伝えしていきます。

 

そんな陰謀絡み系は、「陰謀やメディアバイアス+強迫性がかかった」ようなところあり、他者には興味がなく利己的なので質の悪い発達系かもしれないと考察してます。

 

くだらない陰謀絡み系に注意を逸らされることも、謎のワークだの高いセミナーに入って機会損失するスターシードもいるのはよくないこと。と思って今回は現実観点が多くなります。

 

基本スピリチュアルなので、ふわっとして、幻想的に進めてはいきたいですが、スターシードは良い人が多いので、防衛としても何かお伝えしていこうと思います!

 

くだらないことにポジショントークしたり、何の役にも立たない「幻想主張」のステージにいたりと、どうにもならない人がこのスピ界隈多いです。

 

 

既に知られるかたもおられるかもしれませんが‥
これから『スターシード=良い発達系』ということでこれから浸透していくに連れて「世界は一貫してよくなっている」ことになるでしょう!

 

 

本記事では「自分軸の考え直し」「感情解放ワークの落とし穴」「くだらない陰謀バイアスだとかメディアバイアスについて」など参考にしていってくれればありがたいです。

 

 

早速、本題に入っていきましょう~!!!!

 

【本記事の筆者】

 

 

 

\\「占い」だけじゃない!個性的な出品が揃うスキルマーケット「カウンセリング相談」「イラスト政策」など人気サービスがあります//

ビジネスやプライベート以外、様々なお困りごとを解決できるサービスとなります。

 
 

【ペライチなんでもマーケット】 を使って、あなたのモヤモヤ感をスッキリさせよう!

  • 『誰にも言えない話を占いではなくしっかりしたカウンセリングがいいな』
  • 『そもそも占いに興味がありズバリ自分のことを当てられたい!』
  • 『誰にも言えない悩みを全く知らない相手だから打ち明けれる悩みを聞いてほしい』
  • 『ドローン空撮に興味がある!』
  • 『ペライチなんでもマーケットというサービス内での流行りのぬいぐるみの気持ちを読む占いに興味がある!』
  • 『etc』

 

  1. スターシードやツインレイ‥幻想ゲーム好きなんだよね
    1. 【スターシードツインレイ】ソウルメイト
    2. 「ツインレイ」とか「感情解放ワーク」「海底とかCO2とかでポジショントーク」などある中で、肉体的アプローチについて言う人が少ない
    3. 科学に裏付けて考えなさすぎるゆえに問題が生じる件
    4. 「インナーチャイルド探し⇒余計なトラウマ探し」となるためかえって危ない
    5. 注意制御機能(ACF)こそパラレルワールドにしても、願望実現にしても要
    6. 「注意制御機能とメタ認知強化」
    7. スピリチュアル界隈でいわれる「許しましょう」は、ほぼ不可能だから苦しんでる人が多いよねって話はしませんが…
    8. ゲート商法は、もうお腹いっぱいんだよねって??脳内連想が止まらないそして大事なことについて
    9. 運動ダメでも、それよりも食事から整えるだけでも肉体的アプローチ
  2. 『反すう』という強敵
    1. 反すうした時どうする~?
    2. 情熱が止まらないぜ~よりも脳内連想が止まらないぜ~
    3. これからも「見つめて感情解放系ワーク」が流行る中で「集団から外される=死」について考える
  3. 引き寄せって言っても、グレーゾーンな引き寄せって感じ?
    1. 目的を見失ってしまう。「感情を味わう」「感情を思いっきり感じる」「それも経験です」だとか
    2. 一時的にすっきりするのと、即効性のある体感は確かに得られるけども、長期的に「メタ認知」が有効的。その場でスッキリするという快楽
    3. 続けて「アセンションパラレル」として注意制御機能も併せてみたらどうでしょうか
  4. いや~趣味に留めておけば、現実裏話を聞かなくてすむしな~のどうでもいい話
    1. グレーゾーンということでもASDの「D」を抜いても「ASな人」とか「ADH」たちがこれから、鋭く活躍するだろ
    2. スターシードって原始的本能を持つ人から目の敵を受けることがあるのは不思議ではないから自分はおかしくないぞ
    3. スターシードあるあるはなしで、ヤバい話
    4. これからヤバいね
  5. 『自分軸で生きるとは?』今までの自分軸や他人軸よりも
    1. ネクストステージは、集団から離脱することの恐怖を減らすのが目的
    2. 「人間を演じる」「擬態化する」だとか、それが大人っていうのは一概にもいえなくなってきたけど、興味関心の限局はマジ生きにくいからな…
    3. 擬態化についての続き
    4. 擬態化その2
    5. 集団から外れることが恐怖と○○難民
    6. 悟りました!「コラボレーションお願いします!」も仲間がいるという安心感を得たい。属して戦闘力あげたいが原始的本能なのか!
    7. 余談だけど「高須ドクター」のコラボレーションお願いします!はオモロー
  6. 脳疲労しやすく、不器用なんだよね
    1. 【そろそろ生きにくさの打開策が見つかるかも?】HSP気質もグレーゾーン発達に含まれる
    2. 生きにくいから「普通を目指さない」ということがあるからこそ自分の軸。人に期待しない!極力最低限をキープしつつうまく…など
  7. スターシードは案外騙されやすいのでは?
    1. スピ界隈のワンネスでもワンレスでもなんでもいいけど、謎のエネルギーワークや高額セミナーために集客目的で脅威で煽るとか言い回しでなんとか出来ると思う人達=ネガティブ存在たちと呼ぶ
    2. 【アセンデットマスターサイババ】ライオンゲートによって心身不調だとか、メッセージがきたということでSNSなどで発信してる方が多いよりも
    3. 「創造主はあなた次第!」ということでキングダム王騎将軍からメッセージをもらいました
    4. スピでも創造主は、テキトーww
    5. また「キングダムの王騎将軍」からのメッセージがきました~ww
    6. 選民意識ではないが、スターシードだから良い発達系という…。
    7. 大人しくしていたと思ったら、急に動き出して「隙を狙ってくる」特徴が陰謀絡み系のオッサンたち
    8. 人の事をばかり文句を言って、自分のことがわからないケース。そして一緒になってる人も同等レベル
    9. すぐに海底問題やらアセンション妨げの視点でしか考えれない人は情弱ビジネスにひっかかるタイプ
    10. 陰謀とかメディアバイアスで気を引こうとする人は、幽界冥界の次元
    11. ネタ切れ神経質気の小さいおじさん達の行方
    12. スピ×陰謀だとか、スピ×量子力学だとか、いろいろとシャッフルさせてくだらないビジネスをする
    13. 【THE やめようよ~】批判する人は指摘したくなるけど、最後まで見ないで自分勝手な意見が多い気の小さいおじさんなんだよね
    14. 恐怖や不安な状態に陥ると戦いたくなる
    15. 【自分軸・他人軸が流行るなかで‥】VRは可能性があるものだった
    16. 「陰謀だとかで脅威を使う人=陰謀絡み系」ですが「デマ」を信じるあなたを裏切ります!自分の性格傾向を理解して対処方法を考えるのがネクストステージ~
    17. ネクストステージは、様々
  8. 最後に
Sponsored Links

スターシードやツインレイ‥幻想ゲーム好きなんだよね

スターシード ツインソウル

我々スターシード達は、今まで生きていて見物客として来てるなんていわれてしっくりくる人もいるだろう。
そう自分はない!

 

自分がないのに創造主という活動は腑に落ちないけども、面白い!ってことで変容します!

 

「はい!きました!」ということで創造主ww

創造主なので創造していかなければならない。
つまり自分が主人公ということです。
そんな「創造主はあなた!」ということで創造主に変容します。

 

 

とは言え‥

 

スターシードは発達系なので「空想だと妄想のような」ことはセットと聞きますよね。
サロンでいわれるように橋折っていうと…その特性は「創造になっていく・・・」ということ。

 

なのでそんなに頑張らなくても自然となります。
つまり、それをどう活かすかがポイント。

 


頭の悪い陰謀絡み系は、「妄想を簡単にやめようよ~」って言ってる人がいますが、狭く陰謀バイアスに駆られたメンタルヘルス系なので、本当にわからないヒトなんだなと気づきました。スルーしましょう!

 

 

スピ系の多くは、矮小化で薄っぺらの助言ばかりでもう持ち堪えれないよ~‥という人が増加してるので今までの手法が通じなくなってきてるようにも思えます。

 

基本そういった人も「ストップかけたらどうにでもなる」と思う意思疎通が不可能な人なのでスルーしましょう!

 

多く広まってしまってるスピ系や陰謀絡み系は、中身のない役に立たない話しがのさばってるようだ。
例えば、中身がないとまでは言い切りませんが、スピ界隈でいわれる「引き寄せ方法」はどうやら違うようです。

 

高いセミナーやら謎のエネルギーワーク、脅威を使った陰謀絡みも、うさんくさくなってきた…くだらない…これじゃ細分化してくるだろうよ~などいろんな意見はあるでしょう。すでにお気づきの早い人もいるかもしれませんが、それで良き機会を逃してるのがスターシードたち。

 
 
振り回されて困難な機会を作っては、スピ難民やら陰謀難民となる。だから吉濱さんのどれかコミュニティなんかはオススメ。スピ界隈は、破滅願望があったり、陰謀がどうたら‥病み側なのに闇側なんていったりして‥スターシードたちは飽きてきたのです。
 
 
 
「冷める⇒醒める」のです!わざわざ目覚めましょうなんていらない!
 
 
 
前回の放送で西武ライオンズ出てきました。
ちょうど「ライオンゲートだけに西武ライオンズ」を考えてましたが先を越された模様です。
けして便乗してるわけではありませんので「後ほどライオンズ関連」がよく出てくるので、予めご了承ください。
 
 

 

これからお伝えすることの「脅威」ということでスターシード達は振り回されるのです。
煽って集客するやり方ですね。
 
例えば、陰謀絡みの「海底がどうたら‥」「備蓄せねば‥備蓄せねば‥」で無理して備蓄に走ったと聞くと、注意そっちいかれるのは勿体無い。そしてパラレルに関わるのでそれで良き機会を逃してる。
 
 
つまり情報遮断が大事!
 
 

資本主義が…食料危機が…
あれこれを煽るのがこのスピ界隈かつポジショントーク陰謀オジサンたちのやり方。
科学が脅威だの・・・ネジが飛んでしまったかたもいるようです。

 

 

ちなみにすでに確認済みのかたもいるかもしれませんが、破滅願望で危機を煽る人が多数いたり、こういった情報が山ほど出てきても怯えなくいいとのこと!そして破滅願望が好きな人は、陰謀論は願望論と履き違えているとのことです。

 

 

一番の問題点は、陰謀バイアスや好印象目的で世間的を狙うメディアバイアスでスタンスを取ろうとする人たち。
そこから「高額セミナー」「謎のエネルギーワーク」などのよくないことをしてます。

 

とりしょー
とりしょー

そんな人がいて、わかった瞬間オフにしましょう!チャンネル登録解除でOK!です。

 

そもそもスターシードは特殊な脳の構造。
現実的に役に立つ話をレクチャー出来てこそが土台(つまり謎のワークいくよりもこういった方が生産的)

 

スターシードにとって、脳の構造上からの理解、エネルギー問題、メンタル的なことなど、そういったことも踏まえて提供できる配信者じゃないといけませんね。DMMもよかったけどここいいぞ!!

 

次にソウルメイトについてリサーチしました~。

 

 

【スターシードツインレイ】ソウルメイト

そして次に「ソウルメイト」とはなにかをリサーチしました。
ソウルメイトをさらに細分化すると「ツインレイ、ツインフレーム、ツインソウル、ツインメイト」となります。

 

そもそも興味ないというひともいますが皆さんは「ツインレイとかツインソウルなど」を気にしてますか?

 

ちなみに私は全く気にしてません。なぜなら、ツインレイだとかで一生に動ている人をみて・・・が多いため。

 

それでも一つにまとめてカテゴライズして理解しやすい方がいいのかなとリサーチしました。どうやらアセンションみたいなお花畑の話よりも「ツインレイやツインソウル」のほうに興味が多いようにも感じました。

 

それでもスターシードだけに、ツインレイやアセンションに関しても「本気になれない」「どこか冷めている」「ストーリーに入り込めない」かたもいるかもしれません。

 

とりしょー
とりしょー

スターシードはアセンションだ!目覚めるときがきた!陰謀論がどうたら!天変地異やらで「やがて冷める⇒言い換えると醒める⇒わざわざ高額セミナーとか謎のエネルギーワークだとかいらない‥w」というのもいいかもしれません。

 

 

話を戻して「そもそもツインレイってなんですか?」ってことですが「自分の魂の片割れ」という意味だそうです。前に吉濱さんのツインレイ動画で言われる「何者かズラしてくれてる可能性がある」という部分が個人的には気になっていたり、密教的な占いだとか何者かも気になる。

 

とりしょー
とりしょー

何者ってなんだろう。何者って‥何者ってwwww だーーー

 

 

 

この地球に誕生時に「あなたの肉体に宿るときの一つの魂が2つに別れる現象」があります。
その別れたもう片方の魂を「ツインレイ」です(このツインレイに関しては、男女の対になっているケースが高いようです)

 

 

つまりまとめると以下だ。

〇ツインレイとは、「自分の魂の片割れ」
※ツインソウルも片割れとなります。

〇ツインソウルメイトは、自分の魂の片割れ。

〇ソウルメイトは、ある一定の期間密に行動して且つ共に行動して影響与え合う仲っていうこと。

〇ツインフレームは、同じ役割同じ使命を持つ人同士というようです。

 

クレオパトラ
多分クレオパトラ

恋愛ソウルメイトと出会えないと思うスピ系男子でも!

そのなかなか出会えない要因は、収入をあげる働きを放棄してること。

そして、本質的な生き方だとかいう哲学的な言葉に執心してないか?

 

ソウルメイトゆえに何度も転生を繰り返す中で、過去生や未来も含め魂で繋がってる人。
リサーチすると、ソウルメイトは、自分に凄まじく影響を与えてる人、長期的に付き合ってる人の意味があるようだ。しかしこれは良くも悪くもの話。ソウルメイトだからグチャグチャした関係として影響を与え合う側面あるそです。

 

そんなソウルメイトとは、頻繁に会うとか、すぐに仲良くなるという特徴があるようだ。もしかすると「言いたいことをすぐに理解してもらいやすい」とか「意識せずとも繋がり続けれる人」こそソウルメイトかもしれない。

 

 

とは言え「先延ばし人と先延ばしの人」同士が一致しちゃうとどうなるかわかりませんが、補完性といって自分にないものを持っている。そして似てる要素があるという類似性。それこそがこれからみるポイントなのかもしれません。

 

本来はツインレイよりも、スピに傾倒し過ぎて体調崩してる人がいるのは事実。
もっというと本来の自分を取り戻すというなら、脳の神経伝達状態や栄養面など現実的な視点を取り入れ続けていかないとならないことが現実的観点かつ何とかしてほしい向け。

 

 

科学が脅威というよりも、考えていかないとならないことがあるんだよね。
だから感情解放ワークだとかで、被害者になってるわけ。

 

呑気にいられるスピ系だとか、集客ばかりで全く自分軸じゃないあ陰謀絡み系では、リスクばかりで怯えてます。悩んでます。必死に提唱して中身のない役に立たない話しがのさばってるようだが、基本的に役に立たないと思う人の方が圧倒的かもしれませんね。

 

 

特にスピ界隈では、「毎月の浄化」とか「ついに覚醒しました!」みたいな…
キャパシティに限界があると「自分の心持ち解決するしかない!」など自己正当しちゃう人も少なくない。

 

 

もっというと、論理体系化された正しい知識を提供する存在がいないといけないところを無視して「アセンション妨げ」「アセンションのために~」と言ってみたり、食糧危機で煽るが実は残飯など日本は余ってるほどの側面をいう人が少なすぎる

 

情弱ビジネスになりやすいということ!
そして「今変わる時」とか「今が目覚めの時」など、あの人たちはよく言ってるけども、当人は大した変わってなく、幻想主張大会してるだけです。そのたびにこちら側の人間は5Gの影響で、身体動き出すのだ。

 

 

そんな彼らは「幻想主張大会⇒幻想主張退会」へと移行するでしょう。

 

 

本来スターシードを思うなら、現実的な方法は探し続けるのが筋。
しかしアセンションや統合、謎のエネルギーワーク、ゲート商法だとか‥
それで「結局自分の心持ちようで解決するしかない」という助言にもならない助言をする。

 

 

「覚醒するための方法◯◯選」とか「覚醒するには?」みたいな投稿が多いひとなんかでも、恐らくその人は覚醒していないであろう。むしろ集客ばかりに捉われて。ついには年がら年中「ついに変わる時です」「いま自分は変わる時期に入りました」など言ってる。つまり忘却力が強くなってることに気づけない人となる。

 

 

だからスターシード達もテキトーになりやすかったり、5Gの影響で身体が動き始めたり、ティックトックの投稿を真似したり、そしてハートで感じてって何?ってところで、そして遅くなったのは3Gに変わったからだ。

 

「創造主はあなた次第。信じるか信じないはあなた次第」みたいな流れになってしまう。

 

 

「必死においつこうとするスターシード」っているようだ。
「いつも浄化」「目覚めましょう」というのは、取り組むほど忘却力が強くなる素晴らしいジャンルかもしれません。

そんな滑稽なスピの人なんかは、スピで取り組んでいるにもかかわらず、不必要な苦しみを発生させているにも関わらず、スピリチュアルでその解決を図ろうとしているのだ。

 

大した自分軸じゃない人が「自分軸」って言ってる人。
スピ界隈でいわれる「それも経験ですよ」とか「感情をよ~く味わって」「許しましょう」など正当化し過ぎてるゆえに前向きにはなれない件など。

 

それに対して違和感がある人は「賢いタイプ」であろう。

 

 

ところで話が変わるが、

3Gのように遅くなるんだよね。それは算数症のせいだ。
以下の動画にで言ってる「検品」の件わかるな~。これねマジ地獄ですよ。漢字もかなり書けなかったけど、算数症以下の動画内容に納得してしまった。これはずっとイメージとワーキングメモリーだと思っていました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=lXYv0fZDTgA

 

とりしょー
とりしょー

計算の速さだけはピカイチだけど、消費税だとか複雑計算出来ないだとか、数学の文章題や証明問題。数学的推論の困難さ。応用していくのが苦手だとか、長くなると一、十、百、千と数えないと読めない。時計がパッとよめないとか、何度やってももおぼえれないとか

まぁいろいろあるよな~~~

 

 

という感じで、次はライオンゲートについてww

 

 

 

 

「ツインレイ」とか「感情解放ワーク」「海底とかCO2とかでポジショントーク」などある中で、肉体的アプローチについて言う人が少ない

ライオンゲートよりも興味があることなんていくらでもあるでしょうよ。
それなのに陰謀絡みなんかは、世間的を狙ってライオンゲートの波に乗っている。興味ないくせに~

 

ということで、スターシードは「社会不安や視線恐怖」があるなどそういった点のほうが興味関心はあります。

 

発達系は霊的な体験をしてる人も多いと聞きますね。直感力や直観力があるのでしょう。

 

発達の特徴は、誰にでもあると言えばそう。
つまり流行りの「そんなこと言ったら誰でも発達障害だよ」みたいな返答は生じやすい。

 

 

それでもよくわたし「ウツだ」「発達障害だ」ってことで、言葉が軽くなり過ぎて、周囲が自分を下げてる冗談をいう時に使ってる感じもある。しかし本当にそれで苦労したり、悩みが深い人には侮辱的に聞こえるだろう。

 

 

それだけに、免罪符で使うな。みたいなことをいう人いるかもしれません。

またよくスターシード=生きにくい。
生きにくいといえば、生きにくい人は多い。
なので、スターシードならではの生きにくさを知りたい方が多いのではないでしょうか??

それは例えば、人生のあらゆる場面でトラウマを経験しなければならない生きづらさだとか。
こういったことを世の人には知れわたると発展しやすいかもしれません。

 

 

まだまだ情弱ビジネスやら高いセミナーや謎のエネルギーワークなどでスターシードという胡散臭いワードからこれから「スターシード=発達系(発達障害、発達障害傾向、繊細さん)」というほうがこれから理解は進んでいくほうがいいに決まっている(それが妥当) だってスピ好きな発達系多いでしょ?

 

 

もちろん脳機能で凹凸があって、鈍感さを感受性豊かで健常者のみせかけることができる…
わかりやすくいと「発達系+繊細さん」みたいな人だっている。なので発達系でもわからないことだらけだ。

 

 

とは言え、発達系は凹凸症候群なので、健常者と言われる人と比べて周囲がポンポン進むところを「止まってしまいやすい」のも十分理解出来ますね。例えば、比較して明らか勉強出来なかったり、漢字書けないとかね。

 

それにたいしてスピ界隈はどうかというと?「スターシード=発達系」に対する存在を観察対象となっても、到底理解までは落ち着かいないようだ。やる気の問題だとか、そこは気にしないで~という矮小化で片付けられるのです。

 

そもそもスピのリーダやティーチャーみたいな人は、バイアスがかかってる‥そして集客ばかり・・・綺麗事だらけ‥

 

スピリチュアルと陰謀やら量子力学を混ぜて、頭のよろしくないことをする‥
基本的にこういった人はスターシードは生きにくいって知っておきながら、くだらない主張大会やら煽るような内容で集客という不安や恐怖に苛まれてます。それなのに自分軸やら目覚めましょうやら、中身のないことばかり言って一人満足してます。

 

そのたびにこちら側の人間は、5Gによって変化があったり、3Gによって算数症含めて制限かかったりします。文字を読むことは出来るけども、ただ読んでるだけで理解まで追いついていかない。そう3G並みのスピード。

 

そこで何が問題かって言われたら、特にASD系は信じ切ってしまうこと。

 

「よくわからないゲート商法」や「謎のエネルギーワーク」「高額セミナー」に向かいやすいなんてあるかもしれません。そしてスピ難民になってしまうことも。

 

温暖化が…とか、量子力学で科学者そんなこと言ってないぞよよおおおよおお

 

 

ということで、スターシードは「肉体的アプローチ」が大事。
謎のエネルギーワークだとかよりも、肉体的アプローチが土台。

 

例えば、プロテインだとかオリゴ糖など取り入れる。他にも、「脳疲労や反すう、低血糖、ミトコンドリア機能、実行機能、BDNF、セロトニン、自分の取扱書作成」など様々なことを考えていったほうが役に立つ。

 

しかし、スピリチュアルで解決するしかないと思ってる人が多い模様。

 

つまり「ライオンのゲート」やら「わざわざ高いセミナーと講座に申し込んで、真剣になってスピリチュアル難民」になる必要はないということ。

 

とりしょー
とりしょー

スピリチュアル界隈は、どんどん怪しいほうとシフトしていってるのかもしれません!

科学が脅威よりも、スピが脅威だわ~~~。

 

 

 

科学に裏付けて考えなさすぎるゆえに問題が生じる件

反精神医学だとかは別にして・・・
目先のことをすっ飛ばして科学的なことは、リスク…回避せよ…だの言う人いますね。

 

スターシードは肉体的アプローチが土台なので、それは辞めた方がいいですね。

 

基本的には、陰謀絡み系だとか、くだらないエネルギー理論だとか、そういった人に限って大した人に興味や関心はないです。本当にあればもっと考えることがあるため。

 

 

スピ難民と言われる人が通る道。
例えば、「身体の感覚に従おう!」や「感情をよく味わって」みたいな・・・
更には感情解放ワークのリスクなどおかまないなく、さらには多少でも科学に裏付けて考えなさすぎるからこその問題が生じてます。

 

とりしょー
とりしょー

少なくてもスピな事柄を科学に裏付けて届けてくれる人が少なすぎる!(まぁ吉濱さんぐらいしかいないだろうね)

 

もちろん科学に偏り過ぎるも問題ですが…
基本的にスピな人は、偏るほどレベルもいけないでしょう。

 

今はどちらかという心理学など科学などを取り入れなさすぎてるから問題
そしてスターシードは発達系なので、脳科学の視点などないがしろにするリーダー、ティーチャーが多い!

 

 

 

「インナーチャイルド探し⇒余計なトラウマ探し」となるためかえって危ない

まぁこれも二極化と思う人も多いでしょうが、多極化でしょう。

 

スターシード=発達系。
つまりスターシードは、健常者からみたら「過去の失敗体験などそんなこともうどうでもいいよね。」ってことを感情の実体を伴せてさっきあったように思い出す!(そう!いわゆる反すうですね)

 

周囲からは『情緒不安定⇒反すう強化される』ということがまだまだ認識されていない。
なので周囲のように、ブロックやインチャ癒し、潜在意識浄化、過去世の影響だとか‥そこにはいられないのです!

とりしょー
とりしょー

そもそもコルチゾール上げてまで、引き寄せもどこまで期待できるかわからないので、違う策を考えもいいのではないでしょうか。

 

スピ界隈のワークだと…
反すうがあって「インナーチャイルド探し⇒余計なトラウマ探し」となるためかえって危ない。

 

反すうが表れるタイミングは様々かもしれません。
例えば、ADHDのような人は、頭の中がうるさいから結果反すうというものある。脳内連想してるうちに気づいたらそうなっているだとか、課題無関連思考からスライドして反すうだとか・・・(様々)

 

更には、他人を思いやり、考えすぎ、頭が忙しかったよ。ということでの副作用(そこで脳疲労)

 

普通と言われる人と比較しても、違ってくるんだよね。そしてスピ界隈の「ブロック!」でもちょっと前向きになれないことはある。これは後に出てくる(脅威からくるものです)

 

そもそもブロックと言い切れないところを「ブロックと一括りする」ケースもある。

 

それは結論だけ言えば、多種多様を考えていけない結果かもしれませんね。

 

もちろん他にも能力が高すぎた結果として「ブロック扱いを受ける」ことだったり、あとは簡単にブロックと言う人いますが、注意が否定的な方向に向かいすぎるから不安が強く、それが結果的にブロックという側面もありますし、やはりスピのリーダーだとかはそうしたことまで考えていかないとならない。

 

とりしょー
とりしょー

時にはブロックも怪しくなってきたと思う方が出てきてるのです。

 

スターシードは特殊な脳の構造として疲れやすい(脳疲労)
疲れ切って、とてもじゃないけどこんなこと出来ないと言う時でもブロック扱いになったかたもいるなどは、もちろん論外。

 

更には疲労してるようには見られない。やる気の問題と片付けれる。他にも特殊な脳の構造ゆえに凹凸。つまり「凹にハマった時の地獄さ」と「凸ゆえの誤解や偏見」それでいて繊細!
例えば、二転三転し、失言してしまうなど数々の失敗体験してきて結果、未来への絶望感など不安や恐怖に苛まれる。そこで反芻が起きる(そして反芻でもいま反芻してる!と気づけるかどうかもキー)

 

その結果、不安や恐怖には苛まれてるひともいるんだよね。
そんな不安や恐怖からくるブロックとなっているにも関わらず、頭がよろしくないひとなんかは「前置きだとか矮小化」して簡単にまとめてしまう。

 

などなど…

 

やはりスピのリーダーやティーチャーみたいな人なんかは、多種多様性や科学的な側面を見出さない人が多い。
それでいて、ひたすら恐怖を煽るような配信だとか、世界恐慌が…また自分軸と言いながら「集客する」ことばかり捉われてるとか・・・

特に謎のエネルギーワークだとか高いセミナーとはやめてほしいですね。

 

とりしょー
とりしょー

つまり「集客」ばかり気にして「目覚めましょう」「陰謀使って集客する」というのは自分軸や統合でもない。そして、そういった人たちの言動を見ると、かすかに正当化し始めている。ただの「覚醒」という言葉を利用した 情弱スピリチュアル詐欺とかね。

 

 

スターシードは、肉体アプローチが大事です。

 

そして「UFO」が神になりそうだとかは懸念点ですが、ひとまず今は、ゲート商法やら謎のエネルギーワークよりも、肉的アプローチが土台となります

 

「海底」や「陰謀」「アセンション」「統合」「ワンネス」などスピでも陰謀でも、怪しいもの多い。
被害金額にはご注意ください。

 

そして、陰謀絡み系もスピリーダーだとか言われる人は、多種多様性を理解出来ないので、スターシードが行く場所ではない。そして少子化でアウトで騒ぐよりも、高いセミナーとか謎のエネルギーワークだとかに繋げるほうがアウトですね

 

スピを抽象的なことをロジカルシンキングに教えてくれる人はなかなかいない。
全く 日常に役立たないよく言われるフワフワスピではなく、現実的で、再現性の高い方法を教えてくれるからこその結果が出る。

 

 

注意制御機能(ACF)こそパラレルワールドにしても、願望実現にしても要

ここでは「注意制御機能」についても触れます。
例えば「脅威を使った陰謀バイアスや世間的を狙ったメディアバイアス」で集客狙う人。

そんな人を陰謀絡み系と呼んでますが、何度もいいますが自分のことしか考えていません。
もっというと彼らは、自分のポジションさえ確立さえあればという考えです。

しかし頭がよくないので、仮に不正や欠点、矛盾など捉えるのが上手くいっても、全体が見えないのです。
陰謀だの不正矛盾だの目に引きそうなネガティブワードを使った情報で煽ったり、過激になったりすることもある。

 

つまり相手がどうのということまでは考えていません。もしかすると、選民意識はないですが相手なんてどうでもいい!という利己的な「よくない発達障害」かもしれません。

 

そんな人ほど、リスクやら矛盾やら不正だの・・・
つまらない=低い波動で集客を狙っているでしょう。

 

陰謀系はこういった人が多いので、アセンションの妨げだとかいうわりに、良い発達系と(スターシード)が妨げられていることに気づかないのです。(ネガティブに情報引っ張られやすいし、ひっかりやすい側面)

 

そこで要となるのが、ACF(注意制御機能)。
ネガティブという目の前現象に振り回されないためにも「ACF」が要となり、それがパラレルワールドに関わる。つまり「注意制御機能(ACF)」をある程度は鍛えないとどうでもいい方向へと注意が向いてそっちに捉われる。

 

とりしょー
とりしょー

つまり、注意制御機能(ACF)とは、注意を何かに向ける能力のこと。

ポジティブなパラレルワールドに自然に注意を向け続けることが出来ることの目的に使う。

 

ACFがうまくいかなくてもいいのです。
仮にネガティブなところに向いてもいいのですが、コツは、切り替えしてポジティブを見続けるのがポイント!
もちろんこれは「すぐに発揮できるものではない」とは言え、陰謀絡み系の煽り対策にはなる。

 

 

『脅威使って集客を狙い=陰謀絡み系』は、基本的にチャンネル登録削除・・・でいいのではないでしょうかね。

 

 

 

「注意制御機能とメタ認知強化」

他にもパラレルを考える時こそ「注意制御機能とメタ認知強化」は大事となります。

 

まずは「メタ認知」ついても!
メタ認知は色んな意味があるが、客観視でもある。

 

 

自分だけじゃなく相手にとってどうかという意味も含まれる。けして自分だけじゃない。
これってなかなか難しいことだとは思います。

 

このメタ認知は、スピ界隈などの「感情解放ワーク」よりも重要という考えです。
そういった視点には理解がされなかったり、周囲と意見が異なったりするなど、トラウマ対処する方法にはいくつもある中で珍しいかもしれません。

 

もっというと、メタ認知は「根」を見つけるのではなく、リアルな感情をともなって反すうすることを減らして「ただただ記憶」にしていくことが目的。

 

それがメタ認知の目的です
スピ界隈の感情感じ切るとかインチャ探しでもない。もちろんスッキリ目的でもないのです。

 

しかしスピ界隈でいわれる「インチャ探し」は、自ら反すうの材料を集めるようなものだからスターシードにはオススメされていない。

 

そして「スターシード=発達系」ですが、反すうについてはスピ界隈ではほとんど一切ふれないという

 

確かにインナーチャイルド専門家でなくても、ネットに転がりこんでるものをそのまま拾ったり、転がってるものを自分流に端的にアレンジして、主張してるかたもいるでしょう。

 

それでも「その時の感情をおもいだして」「よく感情を味わって」など反すうを煽るような人が一定数以上もいます。

 

しかし何度もいいます。反すうは「スターシードにとって強敵」なんだよね。

 

ネガティブな感情が強くなると『脳なの扁桃核が暴走する⇒脳内に活性酸素が増加することで脳が炎症を起こる(これが脳疲労)』をします。そして脳疲労がウツっぽくなることまでも至る。

 

そしてインナーチャイルドについて言及する人意外にも実際にワークに励んだ人に限って、インナーチャイルド探しをして⇒見つけてラクになっていない。と聞きますがいかがでしょうか。

 

つまりその時のスッキリ感だけだったりしませんか。

 

現状維持バイアスでリーダーとティーチャーを信じていたい!ということもあるかもしれませんが、それよりも自分にとってどうかが大事。

 

どうも「スッキリしてる」だけでラクにはなっていないというようにも思えます。

 

もっという悪循環にいけば「そこで自分なんてまだまだだ~」ということで…
「私のインナーチャイルドもっともっと探そう!」という悪循環に陥っては、反すうの材料を増やしてしまう人がいるようですがいかがでしょうか。

 

 

また違う反面、インチャを発見して浄化されなければ「アセンション出来ない」という大嘘があります。それはもちろん相手にしないほうがいい。「お花畑のスピリチュアル」に繋がっていきますぜ。

 

何度もいいます!スターシードは肉体的アプローチが土台。よくわからないエネルギーワークだとか、波動論、意識論などでは限界がくるどころか、かえって遠回りになったりとマイナスな結果にもなる。そして「機会損失」となることもある。

 

さらにそこで陰謀絡めてくるので余計に信じ込んでしまって、遠回りかつマイナスな結果になってしまがちなのではないか。

 

とりしょー
とりしょー

とは言え…スターシードは、センセーショナルなとこにいきやすい傾向が高いのは否めない!

 

陰謀絡み系のワナとして、何か事が何が起きるたびに、扁桃核が暴走しやすいスターシード達は、ネットで陰謀探しを必死にリサーチする流れになるようだ。←そんな陰謀から絡み系は「アセンションの妨げだ」というわりにそこは言わないという。

 

 

もちろん、都合が悪いと封印したくなることでなかったことにしてしまう「陰謀扱い状態」はよろしくない。

 

けれども‥わざわざ脅威を使って集客するだとか、破滅願望と履き違えた脅威を使う陰謀絡み系配信者はいますし、彼らは騒ぎだしていませんか。

 

 

陰謀絡み系の特徴は、事件が起きるそのたびに「隙」を狙って現れるであろう。

 

 

 

スピリチュアル界隈でいわれる「許しましょう」は、ほぼ不可能だから苦しんでる人が多いよねって話はしませんが…

スターシードは、頭のなかが情報量によりパンクしやすい。
反すうが絡むなどはもちろん。いろいろ目に見えない理解されないことはあるでしょう。

 

そもそも「反すう」や「短期記憶とワーキングメモリー」などのワードが出てるだけあって…
『スターシード=発達障害とかグレーゾーン発達、繊細さん』として生きにくさがありますね。

 

凹凸症候群なので「困っている」「どうにかしてほしい」だけどスピは好きだしな~!そんな人ほど、吉濱さんのコミュニティには入会するでしょう。ニコニコやサロンとかね。

 

実はこういったコミュニティになぜ入会したほうがいいかはたくさんメリットはあります!

 

それこそ、余計に信じ込んでしまってよくわからない高額セミナーやら謎のエネルギーワークで遠回りしたり、機会損失となる可能性があるため。そこを客観視してくれる存在が必要。情弱ビジネスだとかあるでしょ?

 

 

特にHSP気質だとかも「発達グレーゾーン」と聞きますが…
それならそういった人ほど居場所がなくなって困っているはずです。
だからこそ謎のエネルギーワークやら高額セミナーとかにいきやすい(※ちなみにHSP気質は、心理学的概念の視点)

 

特に「スターシード=発達障害とかグレーゾーン発達、HSP気質」なので専門家が一番の頼みになる。
もっというと本当は、スピリチュアルとか占い、ヒーラー、陰謀でもない‥。

 

けれどもそんなスターシードほど「スピリチュアルとか占い、ヒーラー、陰謀」というジャンルには向かいやすいようにも個人的に思います。

 

ましてや精神医学でも「どこまでがグレーゾーンなのか?」という状況でありつつ、彼らは行き場所もなければ、周囲の理解もないので、こういったジャンルはより向かいやすい傾向はあると考察してます。

 

そんな曖昧ラインでいる自分の立場。普通じゃない独特な生きにくさゆえに居場所がない…そしたらどうなるか?例えば、スピリチュアル難民や陰謀難民となり、必死に学んだりとお金と時間、エネルギーの無駄にする。
そこで「結局誰が世の中を牛耳っているのかふわっとわからないまま。そして絶望的になる。」そんなことがあるかもしれません。

 

とりしょー
とりしょー

破滅願望スピ情報もどこまで信用していいのかわからない!

 

 

例えば、

  • 『よくスピ界隈の落とし穴としては、頭で考えるのではなく、身体の感覚に従いましょうという人がいますが体の感覚に従えば、かえってダラダラと怠けてしまい、運動不足で体がおかしくなる側面までは誰も言わないという。』
  • 『修行好きな人とかで、断食したがる人がいます。しかし、スピ界隈で栄養が足りない時に断食すると、低血糖症を起こしてしまうリスクを誰も伝えてくれない‥お腹が空くと同時にフラフラして体調不良で体が危険というサインが出てるという。』
  • 『スピの引き寄せ法則も‥それなら引き寄せる努力するよりも、とっとと満たされたパラレルワールドを選ぶほうが簡単で確実だってことを言わない。』
  • 『陰謀絡み系も、地球温暖化で煽る。あれはヒートアイランド現象。』
  • 『謎のエネルギーワークだとかもそう。いやそれよりも体つくりなんですが!』
  • 『etc』

 

 

どちらかというと、スピリチュアルを科学に裏付けて考えなさすぎるから「感情解放ワーク」でも問題があるのではないでしょうか。

 

むしろ「運動、ゆる糖質制限、必須栄養素の充実、メタ認知強化、姿勢、ACF」などの改善によって体調や精神が改善されるので、科学が問題とは言ってられないようにも思えますね!もちろん「マグネシウムと抗酸化」の関りも知っておいた方がいいだろうね。

 

バランスは大事ですが、今のスピならどっちがって話にはなりそうですよ!

 

悟った風
悟った風⇒サトル目指す

人間の最大の恐怖は死である」みたく「一問一答形式」のようにこうきたらこうみたいな思考停止してしまう‥それは文章を読んでるだけで頭だけで心がついていかないと一緒だ。

そして成功者の言葉とか、世間的だけで、本当に思ってないで言ってるケースはただあるスピリーダーだとか。

 

とりしょー
とりしょー

中身がペラペラで、幻想主張してる人だとか多いよ!!

 

 

ゲート商法は、もうお腹いっぱいんだよねって??脳内連想が止まらないそして大事なことについて

スターシードは「温度や低気圧」にも反応しやすいかと思われます。
 
 
 
そしてスターシード=発達系。
つまり脳内連想があるかたも多い。
 
 
 
脳内連想をしてるうちに脳内幻想へに行きつき、悟った風をやっている。
ADHDの特徴である脳内連想の使い手は、実は頭の疲労がしやすい。

 
 
そんな脳内連想だとか脳内幻想とか、忘れてた人の脳内再生だとかしてるうちに・・・
気づいたらスピ界隈の「ライオンゲート」の搭乗案内があったようです。
 
 
イマイチでした。
 
 
今回はこの世的なのでどうしても地球的な視点でどんぶりがいっぱい一杯。
いっぱいいっぱいなのに、更におかわりは?っていわれてるようにしませんでした。
 
 
ライオンゲート商法にはお腹いっぱいなのです。
 
この世的なので現実的な見方となりますので、せいぜい「搭乗口はどこ?」「それはターミナル2にあるのか?ターミナル3までどうやっていけばいいの?」「ライターの持ち込みは可能?」「携帯のバッテリーは機内に持ち込みは?」「保安検査で引っかからないように」とか…
 
 
 
せいぜいそっち側の闇側でもないそっち側の視点となります。
 
 

SNSでは「宇宙銀行にいくら振り込まれたの?」とか進んでいますが、こっちはまだまだ。

 

「まだまだだから搭乗口がわからない」「そもそもわかりたくない」など様々な意見。

 

 
他にも成田空港から距離はどれくらいか?とか旭川空港や名古屋飛行場から片道いくらかかるの?ピーチでいけるの?など脳内妄想をさせてくれたのがライオン出入口でした。
 
 
 

そろそろこの下りは辞めておきます。ライオン出入口の謎は続きますね。

 

 
とりしょー
とりしょー

つまりスターシードって、思考するところが周囲とズレるんだよね。

ストーリーに冷めやすいだよね。本気になれない。入り込めない。おそらく飽き性なんだろう。

 

 

 

確かにゲート商法は興味関心はない。
「西武ライオンズ」だけに内野席までのゲートがわからないとか…そっち側のベースボールのほうが親近感が湧く。

 

どうやらそもそもライオンゲートには、冷めちゃったようです。

今更ですが、ライオンゲートでもライオン出入口でも獅子座でも無限大でもなく「ライオン出入口」を採用して進めていきます。

 

本題のライオンについては、キャッチャーのサインを見ないで投げるから、注意受ける。
けれども「気持ちの変化球だからしょうがない」ってかたは許されるけども、ライオンゲートで「地球の変化だから仕方ないよ~」っていうかたはある意味許されないかもしれません。。

 

 

特にスピ界隈は、毎回「浄化」「目覚めの時がきました」という内容が多く、かと思えば「いきなり一般論者」になったり、「あとはなんとかなるよー」だったりとよくわからないストーリーに巻き込んでは突き放すような側面はある(スターシードは、信じてしまう)そういった変化もある。

 

また変化した風な人がスピリチュアルな人も多いので、何十年前からいい伝えられたことや前々から言われる著名人が言ってるセリフをただ中身なしで伝えている変化した風な人もいます。

 

とりしょー
とりしょー

スピのリーダーだとかは、社会的に認められる権力ある人の言葉に頼って「あまり考えていない感じで言っちゃう人」が多い。つまり悟った風ではなく「変化した風」なのだ。

 

 

そしてようやく本題に入ると!!!

 

肉体的アプローチについて言う人がまだまだ少ない。
ライオン出入口の『地球の変化だからしょうがないよ~~~』の件があったりとしますが‥

 

以下の対策を考えたことはあるでしょうか。

 

それは「エネルギー対策」です

 

安易な、波動意識論におさまりがつくことではなく、基本的なエネルギー対策です。
つまり、姿勢や運動だとか健康から土台の構築方法です。

 

こういったゲートが開いた閉じたよりも肉的なアプローチが大事かと考えています。
確かにそう聞くとスピリチュアルとは正反対印象になりますがゲートはにピンと来ませんでした。

 

どちらかいうと「西武ライオンズ⇒ライオン大西⇒ジミー大西⇒続く」という変化球となりました(完全脳内連想です)

 

「ライオンゲート⇒シリウスの獅子族」を連想させてしまったかたもいるかもしれませんが、そんな連想ゲームする人はADHDの特徴ですね。

 

更には人によって課題無関連思考ということで、途端に「船橋のヨーカドー」が出てきたりと頭の中は騒いでるそんな感じのかたもいるでしょう。

 

また話が脱線しましたね。

 

今回紹介するライオンゲートというスピ界隈の感覚的内容だけではスターシード達には、アプローチが足りない。そんなライオン出入口によってSNSでは「体調不良」を訴えかけても、自分に原因までは想像しないのがスピに偏ってしまったのかもしれません。

 

ワームから凄まじいエネルギーがきて‥そしていいエネルギーだけどのその副作用としてみたいな話はしません。がライオンゲートに対する意識にはどこか違和感でした

 

とりしょー
とりしょー

そして西武ライオンズに関わる連想大会に敗れた気持ちです。

 

やはりこういったエネルギーには、「たんとうこう」といって中座りのスクワットがエネルギー対策の手や足から排出する方法はあるとは思いますが、それとは別に体調不良を考えるならば、肉体的アプローチが足りていないだけかもしれません。

 

それこそ栄養だとか軽い運動など健康など土台を考えるということでしょう。

 

次はACFなどについて。

 

 

運動ダメでも、それよりも食事から整えるだけでも肉体的アプローチ

もちろん疲れた状態で無理にやりきって楽しもうとか充実元気だそうとするのは無理禁物。

なぜなら、無理に体を動かそうと頑張りすぎるのでかえってストレスが溜まります。ストレッサーです。

 

やはり皆さんの好きな「ポテトチップス」だとか「うまい棒」「ポッキー」「ケーキ」「チョコ」「アイス」「クッキー」「うまい棒(めんたいこ)」「うまい棒(コンポタジュー味)」だとかいろいろありますが……
運動ダメでも、それよりも食事から整えるだけでも肉体的アプローチになる。

 

筋トレはもちろん。そんな基本的な考え方こそが大事。
しかしスピ界隈は、ライオン出入口は拘るかたもの方が多い。

 

それよりもスターシードにとって、特に反すうだとかで、日々の眠れない夜の弱点を知るきっかけにもなるので、土台は健康なんだよね。

 

よくない食事、睡眠、運動だとグラウンディングできていないケースがほとんど。

 

つまりエネルギー体は過剰活性し肉体からはみ出たような状態になっているかもしれないが、これも波動論意識論では治りませんよね。

 

感覚鋭敏にも関わる偏りのある食事や睡眠そして運動なしなど、この状態では悪化だ。
もちろんマグネシウムでも栄養的なことも。
 
 
 
基本的にスピの人たちは頭がよくないので、一笑して、不要なエネルギー理論だとか、謎のエネルギーワークだとかで噛み合わない人が多い。
 
 
 
低血糖も考えるといいのですが、食後にやたらと眠い、怠いだとかの低血糖ね。それも自分軸といって全然自分軸じゃないスピの人なんかは、一笑で噛み合わないです。あとは陰謀絡み系に埋没してしまった人もですね。

 

そういった人はスルーしましょう!
スターシードは、エネルギー出力強化やグラウンディングが大事。そのため、余計なエネルギー影響を受けることがないよう基本的な栄養を満たし、十分な睡眠を得ること。

 
そして次に、先ほど同様、注意制御機能(ACF)です。
ACFというパラレルシフトするための必要な能力、注意をコントロールする力を鍛えること。
 
今までの引き寄せ失敗者には希望あることだ。
「日頃から何に注意を向けているのか?」その継続的なACFをためにどれだけ肉体的健康を確保しているのかがキーワードかもしれませんぞっ!
 
とりしょー
とりしょー

ACFはネガティブな面に目を向ける癖を修正してくれる働きをしてくれる。

そして引き寄せがどうのよりもパラレルワールドを選ぶほうが効率的なのでACFは要となる。

 

 

まとめると運動機能でも筋肉をつけたり、そしてACF調節が必要
 

ハッキリ言って、現実的な視点を使わないとこの世で生きるわけだからこの世的な発展は出来ない
多種多様を理解せずままアセンションがどうたらで更に「統合しましょう!」まず無理だ。

 

 

ライオンゲートの心身不調をいう人がいても、出力エネルギーのために大量エネルギーを自分に蓄積するだとかの視点をいう人がまだまだ少ないのかもしれませんね。そしてスターシードは、聴覚過敏により他人には聞こえない音や声を拾うことを得意でありますが、他の方面をみても具体的な脳の神経伝達状態を知って応用していくことがこれからのスピですね

 
 
とりしょー
とりしょー

スターシードは、高いセミナーや謎のエネルギーワークよりも「運動機能や実行機能、出力エネルギー対策など」肉的アプローチが土台!

 

 

とりしょー
とりしょー

「たんとうこう」などの対策がいいのではないでしょうか。(脳内BGMは「ほえろライオン~かっ飛ばせーライオン~」だとかよりも‥)

そして心身不調がライオンゲートのせいにするかたもいるが、だとしてもたんとうこうで大量エネルギーを自分に蓄積していく発想はないのかもしれないぞ。そして手や足などから暑いから排出していく考えは賛成派です。

 

 

 

余談で全く関係ないけど、西武ライオンズの「和田一浩の打撃フォーム」良いね~。カブレラも。

 

とりしょー
とりしょー

スピ界隈でも、自分らしくとか自分軸という流行りも変なことが蔓延してる。それ最大の使命じゃない。自分軸というのはある程度まで部分的に自分らしく生きればいい。

けれども「もっと自分軸目指しましょう!」が流行してる。

 

またそうなると5Gの影響で、腰痛が‥なので「西武ライオンズのアレックス・カブレラ」のフォームで若干の腰痛時に真似てます↓↓

 

あとこの前の吉濱さんの放送で、西武ライオンズについて言ってましたね。
それもメンバーなどあれこれ思い出してたら、やっぱり「アレックス・カブレラ」だよな~!!!!

 

 

 

Sponsored Links

『反すう』という強敵

グラウンディングしないことで 弊害 デメリット

反すうとは、過去のネガティブな出来事や不快に思ったことを感情を伴って何回も思い返すこと
その感情が伴ってるから昨日失敗したように考えこむこと

 

 

わかりやすく言えば、10.20年前の失敗体験が、今あったかのように恥ずかしいだとか思う、またなんの脈絡なくて、一人でぷんすかし続けるようなことです。

 

 

よく誤解されがちなのが「意識が低い」「波動が低い」ではなく、スターシードはもともとが情緒不安定なりやすいことがスピ界隈では、まだまだ理解されにくい側面。

 

 

わかりやすくいえば「反すうする=扁桃核がやたらと活性化する
それも一時的ではなく、慢性的に活性化するのです。

 

 

もっというと、反すうなんていうのは、未来を先々考えているうちに、反すうワールドになっていることもある。
いろいろ反すうに陥るタイミングはある。

 

 

著書に記載されてますが、インチャやトラウマを見つめると、消えないどころがかえって反すうしてしまいます。
自身が反すうをしてることに気づくことも大事ですが、ほっておくと反すうするし、そこに注意を向けて、どんどん否定的になって、自分からトラウマを追いかけてしまうのです。

 

とりしょー
とりしょー

悪循環に「活性化するから反芻する」⇒「反すうするから活性化する」という流れになるかたことに共感できるかたいるはずです。

 

 

そして本題のでインナーチャイルド探し。
このインチャに対して、過去の嫌な出来事や辛かった過去、トラウマは、感情を感じきらないと消えないという考え方の方が圧倒的多い。

 

 

仮に消えたと思ってしばらく時間を立ってまたその同じ反すうだと意味ないようにも思えます。
しかし「トラウマ探し」とか「感情味わいましょう」ってかえって危ない側面がある。

 

 

なので過去を掘り下げて感情と一体化するのがよくないからこそ、メタ認知(ここでは客観視)が大事となる。

 

 

感情解放ワークしましょう!」は深い劣等感の根を探すためにあるのだろう。
しかし、それでもメタ認知。
それはスターシードは劣等感があるから反すうするのではなく、反すうするから劣等感が強くなる。
つまり「反すうに対処して消えてなくていいもいいから、反すうに対処するのが目的」にすること。

 

 

 

情緒不安定ということで、特にスターシードさんは傷つきやすく、凹凸に凹ゆえに失敗体験はそこそこしてきてるはず。それが10年前のことでも今でも「積極的に嫌な記憶が残っている厄介な脳」をする。
その厄介な脳はもちろん。「考えこむ」⇒「情緒不安定」にはなりやすい体験をしたことはないでしょうか。

 

 

まだまだそんな「目に見えない世界」に対する理解がないであろう。

 

 

余談だけど、車の運転と情緒不安定は危ない。
更には「情緒不安定+ドーパミン問題」絡むと最悪。
そもそもウトウトなんかしたりして…w 情緒なら考えこむのは危険だ。

とりしょー
とりしょー

もちろん「ドーパミン」も大事。例えば、出なきゃいけない場面で出ないとかね。人の話を聞くときも。あんな身体動かして~

 

クルマの運転でいえば反すうに関わることで思い込み過ぎて、さらにこだわりや切り替えが下手が原因でクルマの運転危ないんだよね!

 

 

 

 

反すうした時どうする~?

そもそも反芻を考えないでいると、ACFの調整どころではなくなる
よく反芻した時の対処が「自分にどうして?どうして?」自分に問いていくことがおすすめだよって聞きます。

 

それに対して「どうして?どうして?」と聞いてうちに考えれない自分に嫌気さしたり、答えれない自身を責めるなど余計に劣等感深くなるなんていろいろ意見はあるかもしれません。

 

そもそも「反すう」は、ネガティブな気分のときに生じやすい。しかしネガティブじゃない何か脈絡のないことでも考えるときもないでしょうか。気づいたらどころじゃなく、それが普通となっている。それでもメタ認知。

 

つまり気がついたら「反すうワールド」に入っている。課題無関連思考の時もそうだ。

 

反すう」という闇の勢力に苦しめられる人は、自分の実況中継という「メタ認知」を鍛えることがおすすめと言われるなか、もう一つ私見ではありますが以下のことも合わせてやるのもいいかもしれません。

 

 

例えば、マントラもいいかもしれません。

他にも

  • 『念仏をひたすら唱える』
  • 『ありがとう連呼する』

 

上記のような反復は「同じ言葉を呪文のように唱え続ける」方法によって半数は多少でも収まってくるはずです。
これは、情報処理に脳機能の資源を費やなければならないため、反すうが少しは減るからのようです。

 

 

よくウツのようなとき「脆い脳にもなっている」と聞きます。
健康的な人よりも 「反すう」「フラッシュバックみたいなこと」 が異常なまでに悪化してるかもしれない。
確かそんな論文もあったはずです。リサーチしましょう!

 

そんなウツぽくなる人ほど、過去の否定的な出来事を延々と考え続ける。つまりトラウマ探しやインナーチャイルド探しと似てないでしょうか。

 

情緒的な問題なのかもしれませんが、考え続けるとまた反芻する。
そこで反すうなどに対して「考えるな!考えるな!」と自身でおさえこんでいくと、かえってそのことを考えてしまうから感情が強くなるなどあります。情緒不安定になりますね。

 

この弱くなっているという「弱化してるタイミング」に限って、めんどくさい人とか、怪しい勧誘みたいな人と出くわすなど起きやすい体験はありました。楽しい引き寄せでした。

 

 

ウツなのかわからない前段階としても、

  • 「寝れない」
  • 「変な時間に目が覚める」
  • 「誰よりも脳がフル回転して酷使する状態」

 

生きているだけで雪崩れが落ちてくるような津波のような疲労とストレスに苛まれてしまったら、その時は少なくても「スピリチュアル先生」とか「インナーチャイルド癒しの講座」「占い」「ヒーリング」「陰謀」などにはいくこと控えた方がいい。しかし案外そうなってしまった多いケースはないでしょうか。

 

 

そこは本当は「ドクターのもとへ!」なんですよね!!
なんかいろいろと誤解されやすいんだよね。

 

 

ウツだとかウツぽい人に限って延々と過去の出来事向かってしまったなど体験者なら頷けるかたも多いはず↓↓

 

とりしょー
とりしょー

余談:なんとなくですが、ウツってうつるきいたことがありますよね!!!

そして、ウツでも新型ウツってあるのしらんかったぞー!ということで、次は脳内連想が~

 

 

 

情熱が止まらないぜ~よりも脳内連想が止まらないぜ~

 

先ほどの動画を聞いてみて頭の中をまとめてみました!

 


という前に…
スターシード=発達系なので脳内連想が得意な人が多い。

 

こういったADHD系のスターシードはクリエイティブ性を仕事などで発揮出来るといい。もちろん趣味でもいい。
例えば、ライオンズだとかで「脳内連想」をしてしまうだとか、頭のなかで誰かがいて一気にあれこれ言われたりするスターシードもいるはずだ。

 

 

どうしても「脳内連想や脳内BGN」など頭の中でストーリーが起きてくる。
ライオンゲート⇒西武ライオンズ⇒大西ライオン⇒ジミー大西…もうもうキリがない。
もちろんこういったことじゃなくても、いろいろ考えすぎる脳疲労して辛いんです。ってこともある。頭痛したりね。

 

兎に角あれこれ脳内連想やら脳内BGMでライオンハートが流れるだなどキリがありません。
あとはいろんな芸能人がいて脳内再生されたとかも。

 

つまりまとめると!

 

宇宙の創造主だけに「ライオンキングから西武ライオンズ→ライオン大西→ジミ~大西など、、」この世の中でありながら、スピ界隈にはないあの世までいってしまったようだ。

 

そんな脳内連想+脳内BGMは「ほえろライオン~♪かっ飛ばせーライオン~♪」ってことで西武球場が燃え上がってるぐらい熱狂的だったよだとかで脳内であれこれあったかもしれない(なぜならライオンゲートだけに)

 

 

ライオンゲートだけに、そんな頭の中でいろいろとダンスだったり鳴り響くスターシード。して結局は、起床までの時間が短くなるという。

 

とりしょー
とりしょー

余談:脳内BGMはいつ起きるかわからない。
例えば、小さい音が苦手だからかもしれないが、歌う時なんかはマイクあるないに関わらず「You are my only one♫』ってたぶんいったかな~?ぐらい声量。

それはYou are my only one♫ You are my only one♫って多分聞こえたかな~の音ですら脳内BGMへ~。

 

 

 

ほえろライオン~♪かっ飛ばせーライオン~♪

 

 

 

 

 

 

 

これからも「見つめて感情解放系ワーク」が流行る中で「集団から外される=死」について考える

 

やっと脳内連想から解放されたところで、さっそく本題に入ると、失敗体験から「社会不安や視線恐怖がある」というかたはいませんか。

そうスターシードなので、恐らくそれは、失敗体験の要因である凹凸かもしれません。

このなぜかおかしいと言われてしまうほどの凹凸が理由で、先ほどの反すうだったりしてかえって人間恐怖症のようなことすらなります。

 

例えば、普通といわれる人は、気を抜いてても自然体にしててもピンポイントで人の気持ちがわかる。しかしスターシードはそこが苦手な人が多い。つまり人間の扱いは難しいということ。

 

またそれとは別に…
人によっては遺伝子に刷り込まれていた過剰本能が強すぎて、周囲と馴染めない・・・なんて言う人もいるかもしれません。なんでもDNAに刻み込まれたことをせいにしてはもちろんいけない。

 

とは言え…スピ界隈のインナーチャイルド。
そもそもインナーチャイルド以前に、今は根本的なことを先に考えたほうがいいかもしれません!

 

つまりこのまま考えないままでいると「中身がないから浅い」という意見が飛び交うだけで、違和感がある人がこのまま続出する。そして変わらずにスピのリーダーやティーチャーは○○だ!頭がよくないだとかで、延々とずっと言われるだけ。

 

そもそも人類は戦後の焼け野原状態でした。
我々は、「飢餓」「殺し合い」「感染症」という血で塗られた記憶が原子本能で受け継いでることになります。

 

それだけに人間は「属そう」としたがります。
なので部族での争いもあったりとだからこそ遺伝子レベルからみていかないと目指すところの「宇宙スピ」にはシフト出来ないという私見です。

 

 

もっというと「集団から外される=死。」
※これはなんだかんだ孤立型ASDすら集団から外れるのは怖いほどのようだ。

 

DNAに刻み込まれたそこから考え直していかないとならない場合、
例えば、よく言われる「ひょうひょうとしてるスターシードなんかもリーダー的存在が気に食わない」だとかいろいろ弊害おきますね。

 

なので陰謀絡み系なんかでもやっている「自分軸!」「もっと自分軸を目指しましょう!」などそこ止まりな人が多い。見てると「もっともっと自分軸目指しましょう~!」とキリがありませんよね。

 

他にも「見つめて感情解放系ワーク」「肉体的健康アプローチはないがしろにした意識波動論」はこれからも続くでしょう。

そして意識波動論やよくわからないエネルギーワークなどこの手のサービスはこれからも延々と続くけども、そういったサービスがあるからこそかえって「分離しやすい」ともいえます。つまり原始的本能としてを考え直していかない限り、今のような分離は加速もします。

 

スピ界隈というのは「統合して目覚めてください!」とか「簡単に恐れを手放してください!」というかたが多い。なので違和感あってほしい側面ではありますね。

 

こういった人も集客目的で恐怖でいっぱいなので、恐れを手放していませんね。これだから巷では「スピ人よりも全く知らない人のほうが人情的でまとも」なんていわれるのです。

 

 

これから「細分化」という形にはよりなっていきますが、多少でも似たような価値観を持つ人を見つけやすいメリットはあると考えてます。そしてブロックということに反応しやすい人が多いようですが「恐怖がブロック」を発生させる側面をいう人は少ない。また反すうがブロックにさせてしまってる側面も見落とされてしまっているんだよね。

 

という感じで、グレーゾーン発達という問題以外にも、このスピ界隈のグレーの要素は続くであろう。

 

 

とは言え、必要以上に恐れることもないでしょう。
今出来ることして、何がどう変わろうとも・・・
例え、陰謀混ぜてとか遭遇しても、必要以上に恐れる必要ないのが筆者の考えです。

 

 

確かに「これを陰謀にしてしまうのか?」という封印化現象もどこか問題ではある。
しかし考えても仕方ないことだったり、特にスターシードさんほどそこに注意をもっていかれ過ぎてしまうことも視野にあった方がいい(ACFという注意制御機能が関わること) 最初から気にしないほうがいいメリットも大きくあるんだよね。

 

 
 
クレオパトラ
クレオパトラ
ちなみに人生最大の脅威は「死」ってありきたりなことを言う人いるなかで「暇」って言う人はまだまだ少ない。
クレオパトラ
クレオパトラ

病気も飢餓、戦争など人類史に代表された苦しみは解放される。そして仕事なくなる。
それならば、人類最大の脅威は。人類最大の脅威は、何をしていいかわからない時の不安。それが反すうや情緒の問題絡むからでしょう?(笑)

 

クレオパトラ
チゲなべ

ニコニコ放送に合わせて「チャゲ&あすか」のほうがよかったかもしれないけどそこは譲れない。

とりしょー
とりしょー

余談:DNAに刻みこまれている。死は怖くないと言ってるなど‥様々な意見があるので、日常に取り入れていけるようなことを言わないといけない時がきてるようだ。もっと目の前のことからみていかないとね。よく真実と言ってるひとなんかでも、何も理解していないことがあるしねw

 

そして「ながら作業する」からメタ認知強化が妨げられるなのに関わらず、陰謀界隈はアセンションの妨げに拘っている。それしか言えないようです。

 

 

 

 

そして「突っ走れ~ライオンズ~♪」って音楽は頭から分離できません。

 

 

 

Sponsored Links

引き寄せって言っても、グレーゾーンな引き寄せって感じ?

「行き場ない、理解者いない。もちろん公的支援得られない」など、グレーゾーン発達の問題がありますね

 

このグレーゾーンについてはスピ界隈でもあるのです。それは引き寄せ。

 

「グレーゾーンな引き寄せ」をしてるのかもしれませんね。
スピ界隈の感情解放ワークに違和感がある人もいるぐらいですしね。

 

 

そこでまずは、先ほどのメタ認知強化!
これはインナーチャイルドヒーリングとは方法が全く異なります。
もっというと「自分からトラウマ追うこと」や「根になるものをどんどん見つけにいく!」など内観深掘り作業しながら感情を味わう方法とは違う。

 

結論から言えば「メタ認知」をやっていきましょう!(一旦このワークが意味あるないは置いておいて)

 

メタ認知とは「実況中継」みたいなもの。
つまり自分をひたすら客観視して観察してるだけ
例えば、反すうが出てきたら、そこに付随した感情に振り回されるのではなく、「反すうがきたな~」「過去の嫌な出来事思い出してる~」など客観視してる状態。

 

実はこのメタ認知出来ないと、危ないことは一切言わない企画者たちは多いんだよね

 

そもそも「スターシード」=「発達系」=「脳機能困難者」
特にスターシード達の多くのは、脳疲労が起こると体全体が疲労したように錯覚に襲われる
結果「眠い、ウツっぽい感じ、だるい、情緒不安定。やるべきことがやれなくなる状態」なんてことがある。

 

その中で、あれこれ先を考えたり、待ってる答えの結果わかっちゃうし~、そこに馴染めないのはわかるし~、行った先で擬態化しないとならないし~など「めんどくさがり屋」にスターシードは多い。

 

そんなスターシードは反すう、情緒不安定、フラッシュバック、運動機能、エネルギー対策、実行機能などが考えること。

そもそも気づいたらぐらい「一人反省会」をしては、精神不安定かつ内観見つめて感情解放系ワークをしてトラウマ探しは危ないん。

とりしょー
とりしょー

どちらかという…ミトコンドリアきのう!がここ最近出てきたました、細胞を増やし元気になる。スターシードほど、こういったほうにフォーカスしていったほうがいいと現在は考えいる。

 

そもそも「引き寄せの法則」に結びつけるためにこういったワークの目的でもあるかと思われます。
だけど見失って「目的がスッキリ」になっていないでしょうか。

 

更に端折っていうと、そこで「それはブロックはずましょう」「それはトラウマです」ということで、どんどん軽くして「潜在意識⇒引き寄せ」の流れかと思われます。

 

しかし引き寄せることが出来る人がどれだけいるでしょうか。
引き寄せ系の本がこれだけあるのはグレーゾーンの引き寄せがあるからかもしれません。

 

 

つまり上手くいっていないかも?と思いながら「願望実現系」を目指す。
仮に引き寄せをして望み通りに叶っても、不幸なパラレルワールドを選んで引き寄せても幸福にはなれない側面があるのだ。もっというと引き寄せに努力するより、吉濱さん推奨の「満たされたパラレルワールドを選択していく」ほうが簡単かつ確実です

 

 

つまりこれからは『引き寄せるのではなく、選ぶ』に考えをチェンジ時かもしれません。
そしてインチャ癒しの目的が「スッキリ」になっていること。
つまりギャン泣きしてスッキリ(こっちにが目的になっているかたが多いでしょう。)

 

 

すでにそうしたワーク中のスターシードもたくさんいるかと思われます。
もちろん「トラウマ癒し」は、けして泣いてはいけないわけではありません。

 

 

しかし快楽という「スッキリ」を目的にして「思いっきり泣くこと」「そこに浸る」ことを目指している。
そこを目的で見失うゆえに、他者からは不要で無駄なワークと片付けられやすいのかもしれません。

 

とりしょー
とりしょー

そして目的が見失うことへの警鐘する発信者こそ信頼できるのではないでしょうか。

 

 

そしてどうやら「潜在意識の書き換えはなく、わざわざインチャ消す必要」もない件。他にも「前置きにブロックとってから~潜在意識書き換えてから~インチャ癒してから~」という踏むステップ自大が間違ったやり方と聞きますね。

とりしょー
とりしょー

潜在意識は、アカシックレコードとの関わりを考えたら、浄化とか書き換えはというのは…となります。

 
 

 
 

そして、「かっ飛ばせ~ライオン~」って脳内で続いてます。

 

 

 

目的を見失ってしまう。「感情を味わう」「感情を思いっきり感じる」「それも経験です」だとか

よく「正解を見つけない方がいいよ!」って方がいますね。
しかし、ある程度は探した方が良いケースですね。

 

もしかすると「正解を見つけないほうがいいよ!」という人は、良い人かもしれません。

 

とは言え「スターシード=発達系」がこれからメインになっていくとも思われます。
すでに感情解放ワークに取り掛かられるかた」「これから感情解放ワークを考えているかた」などこれから記載する内容が参考となっていただければ幸いです。

 

 

先ほどの「感情を味わう」「感情を思いっきり感じる」ということで、特に号泣すれば「スッキリ」「一致団結」みたいなことになっていたら「目的」を見失ってるかもしれません。

 

それよりも反すうが絡むこと。スターシードにとってインナーチャイルドを探すことで、トラウマを探したり、トラウマじゃないところをトラウマだと思ったりなど余計になります。

 

ひとまず『活性化するから反芻する→反すうするから活性化する』という悪循環を知っておくとわかってくるかもしれません。

 

確かに目的を見失ってるといえば、スピ界隈のライオンゲートに対する『地球の変化だからしょうがないよ~~~』と伝えられること同じです。そして目的を失ってなんていえば「謎のエネルギーワーク」「著書から概要引っ張ってきて抽象的な人生論しか下ろせないチャネリングメッセージ」であの高額で盲目的になるのはやめてほしい部分ですね。

 

スターシードは信じやすい。それは陰謀絡みの手口である「脅威を使う情弱ビジネス」で狙ってくる部分もみていかないとなりません。そこを信じてきってしまう注意点。

 

 

スピのリーダーやティーチャーでも、前向きになれないことを言ってしまいますね。つまり自己正当化をしてしまっている。
例えば「それも経験です!」なんて言う人いるが、その人は自分を正当化し過ぎてることに気づけないメタ認知の弱さ。そして前向けに受け止められない側ということに気づいていない。

 

とりしょー
とりしょー

気づいたら目的を見失ってしまう~

インナーチャイルドを癒すための方法3選みたく幻想主張大会をしている人、自己正当化し過ぎてる人などたくさんいますからね。

 

とりしょー
とりしょー

そしてスピな人で、何もわかっていないのに、わかった口を聞く人は案外多いこと。おかげで頭が良くないのがわかったぽよよん。

 

 

 

一時的にすっきりするのと、即効性のある体感は確かに得られるけども、長期的に「メタ認知」が有効的。その場でスッキリするという快楽

ここ最近の流行りのスピワーク「よく感情を味わっていこう!」について。

 

結論からいうとスターシード=発達系。
感情を味わうから解放できるじゃなくて、客観視するから感情から解放される」のです。

 

反すうで情緒不安定まであります。トラウマをわざわざ追わなくいいのです。
セラピーや信頼できる人に話を聞いてもらう方法があっても、メタ認知の方が恩恵ありますね。

 

もっというと「感情を味わう」「感じる」のではなく、受け流すのコツ
スピ界隈なので「感情を味わう」や「感情を感じる」ことでカルマが解消されるんだ!という人がいるかもしれませんけどもね。

 

先ほど同様「よく感情を味わっていこう!」という点。
反すうなど「情緒に関わること」があって、トラウマ探しでさらに感情を感じ切るワークは、本当に正しいのかを一度考え直してもいいかもしれません。

 

何度もお伝えしてますが、実はスピ界隈の感情解放系ワークでの、泣いたり、スッキリすることが目的であっても客観視を掴めるきっかけになるメリットはあっても、けれども多くの場合は「泣いてスッキリすることが目的」になってる人が多数

 

この感情解放ワークは「初めの一時的にすっきりと、即効性のある体感は確かに得られる」とのこと。そして人間とは「即効性があり快楽なものを好む」のだ。だからこそそこでとどまる人が多くなる
 

 

それでも、スターシードにとっては、最初はなかなか恩恵がなくとも「メタ認知」がオススメしています。
 
 
スターシードは反すうによって悪循環あったでしょう?
周囲にはなかなか理解されにくいですが、それでも「自分の体験してきたことを信じること」です。
それこそが前にもいった「信念」でもあります。
 
 
自分の方がおかしいのかな?いやそのあなた考えは正解です。
 
 
リーダーとかティーチャーが急に一般論並べても、スターシードの特性は理解できませんことも知っておきましょう。
 
 
そもそもスピの感情解放ワークは、これは短期的な効果にしか過ぎない
目的が履き違えやすかったり、中にはグループで感情解放ワークした場合、周囲と仲良くなった気分で結束感がもどきに陥りやすいことも無きにしも非ず。

 

とりしょー
とりしょー

まるで皆で泣けば一致団結。優勝パレードの試合。

 

スッキリのためにやってしまっている。引き寄せも怪しいし、自分軸じゃない人が自分軸だとかよく言ってる。そしてもっと自分軸ってなんやねん。そんな風に思う方もいるのです。

 

やはり「感情解放ワーク」だとかよりも「メタ認知」はどうでしょうか?
内観感情解放系ワークという短期的な快楽の方に流されるゆえにメタ認知のほうが賛同が得にくい結果となる。
しかし続けていくうちに「メタ認知」のほうが長期的にみて「要」とわかってくるはずです。

 

後々感情解放ワークよりも「メタ認知」が恩恵あったと思うスターシードは出てくるでしょう!
そもそも一人反省会してるにも関わらず、コルチゾール上げてまで頑張る必要はあるのか?違和感です。

 

どうしてもメタ認知については、常に淡々と客観視(メタ認知)と言われてわかってやっていても「情緒不安定かつ反すうに苛まれる」のは続く。なぜなら、メタ認知はそれなりの効果に時間がかかるため。しかし長期的にみたらこっちのほうが恩恵があります。

 

客観視とわかっていながら「反すうして考え込む⇒そこで溜めて爆発する」こともあるかもしれない。
反すうは、反すうをしてることにメタ認知が出来るか否かがポイントでありますが、活性化するから「反芻する→反すうするから活性化する」という悪循環なことも視野にあったほうがいい。

 

とりしょー
とりしょー

根源的にも長期的には副作用がなく正しいのは「メタ認知」という実行機能を鍛えることが先決。

 
 

 

どうしてもスッキリという目先の快楽に行き「数週間やっても実感ない」「なんだかが思ってるのと違う」ということで感情解放ワークに戻るかたもいるかもしれません。
 
 
つまり感情解放ワークのほうが、これから未来に渡る果てしない長い年月ということで、自分に効果をもたらしてくれるものと勘違いする可能性が高い。
 
 
とりしょー
とりしょー

もしかすると、一生懸命やっては絶望的というスピ難民なんかいますが、そういった人も感情解放ワークよりも、メタ認知強化の方が月日はかかっても効果的かもしれません

 

「すぐに効果を得やすい感情解放ワーク」と「メタ認知」に対していろいろな視点はあるかもしれません。
しかし「スピ界隈の感情を味わうから解放できるじゃなくて、客観視するから感情から解放される」というのは大事なポイントなのです。何度もお伝えしました。

 

つまりそのためには「メタ認知」が要(しかしなかなか伝わらない)

 

これから「感情解放ワーク」や「謎のエネルギーワーク」「メディアバイアスで世間的を狙った海底が‥という陰謀混ぜた件」など流行るかもしれませんが、スターシードはそれよりもメタ認知(客観視)ということで、実況中継もバカには出来ません。
 
 
そしてぜひメタ認知へと切り替えして、スッキリ感は得られないとしても、目的を「昔のことだししょうがないよね」「そんなことあったな~」と過去形にもってこれたらベストと個人的には思っています。

 

とりしょー
とりしょー

「そんなこと考えてるんだ!」「ああそういうのあったな〜」と実況中継出来ることが望ましい。

 
 
 
とりしょー
とりしょー
そして何度もお伝えします。メタ認知は短期的かつ効果得にくい。
反すうワールドに流されちゃいますし、ただただ実況中継まで行き着くまで時間はかかるかもしれない。それでも長期的な効果でようやくわかる「メタ認知」も視野に入れてみてはいかがでしょうか。そして感情解放したところで、あれも嫌だったな・・・とか続々とキリがありませんしね。
感情を出し切って「スッキリ目的という快楽」と「引き寄せ法則」がどう関わるのかが疑問でならない私見ですが、それよりも引き寄せの法則というのは、引き寄せるのではなく「選ぶ」のだ。
 

 

 

 

 

続けて「アセンションパラレル」として注意制御機能も併せてみたらどうでしょうか

くだらない感情解放ワークの次に…
「実体があるもの」と認識してしまいやすいゆえにギャン泣きしては、得られるのは「その時のスッキリ満足だけの快楽」ということがわかったと思われます。

 

次に併せてお伝えします。
それは、過去世のがどうのとか、レムリアどうのよりも・・・
個人的には実行機能の開発の方が興味関心がありますね。

 

 

長くなるのでざっくりです。
陰謀絡み系なんか事が起きるたびに煽り始まります。

 

例えば、「陰謀」やら「なんとか疫病」など新しい事が始まるたびに不要なところに注意が向くような情報があるかもしれません。

 

それにより、気づいたらそんな新しいことのストーリーの埋没劇となってしまったり、余計なことに必死にリサーチすることになっているかもしれません。

 

メタ認知を強化する以外にも、ACFで切り替えた次に変なパラレルへと向かわない訓練が望ましいという考えがあります。それこそがいつも言っている注意制御機能。

 

もっというと先ほどの『ACF(注意制御機能)』が絡みますが、目的は『切り替える⇒集中し続ける』がポイント(※集中し続けるための注意制御機能ということ)

 

 

スターシードは情緒の問題が絡む。それは反すうだったりしますが。
そこで、考えこみ、切り替え下手なかたもいるはず。

 

もっというと集中できない時は本当出来ない。特にメンタルが削られている時など。
更にそんな時こそ、情緒不安定なりやすいから車の運転も危ないなどなど日常支障もあるかたもいるかと思われます!

 

そもそも反すうのせいでうつぽさがあるし‥やはりメタ認知以外にも注意能力のコントロールが必要となります。

 

つまり端折っていうと、反芻した時にメタ認知以外にもACFでどう切り替えて注意を保ち続けるかがポイント。
個人的は以下の本で「ACF(注意制御機能)」を学ぶにはいい機会でした。

 

 

やはり自身の特性を知ること以外にも切り替え上手になるためにもACFの調整がいいことだと思われます!

 
とりしょー
とりしょー

具体的なことは以下の著書が一番ですが、そのACFトレーニングは「一点注視法」というやつですね。

 

 

 
 

余談ですが、このACFの方法は、西武ライオンズの試合でもいいので、選手の動きを見ないでボールだけ見る「一点注視法」の訓練にしたらどうかと思いつきました(動きはあるけどね)

 

もしかすると、その訓練は松井稼頭央選手が打席立つ問「目力」強いけど、一点注視法やってる?そう思わざるおえません。

 

スターシードの皆さん。吉濱さんのコミュニティ然りこういった著書から役に立つ情報を得てみてはいかがでしょうか。

 

スピ難民でも、引き寄せも恩恵がない人がいっぱいいますよね。

 

 

Sponsored Links

いや~趣味に留めておけば、現実裏話を聞かなくてすむしな~のどうでもいい話

陰謀絡み系は強迫かかって、病み的なことありますが…
スターシードには、普通の人のように「不安や恐怖」を感じることが出来ないかたもいるであろう。
例えば、車の運転で違反として、何回もキップを切られてるのに関わらず、「大丈夫だって~!」なんていったりしてシートベルト着用なしで当たり前のように運転していたりと一際違うんだよね。

 

まぁ確かに、軽度でも、ADHDとASDの合併だから「大雑把なくせに拘りが強め」とか「衝動性な行動あとに反すう」とか「潔癖なのにミス連発」とかあとは、人の欠点をみるが、自分の欠点はあまり見る価値がないと思ってるとか。

 

基本は、そこまで悪いことしたな!って思ってないかたもいる。少なくてもひとまず希死念慮まで行きつくタイプではないからこそここまで「ウツ」ってほどまでいかないくて済んで生きてこれたタイプもいるよな。

 

 

他にも、世の中に価値を感じていなく、どこか空気読めないような人なんかは、地球的なことに捉われていないという波動が高さから社会に馴染めないだとか、誰かに一笑されても線が一本足りないからいつも一人で笑っているスターシードがいたりだとか・・・

 

他にも、ASD系スターシードなんかでも「諦めが悪い」なんてことがあるかもしれません。
一つのジャンルでもアキバ系然り知識が職人ほどニッチな部分で活躍しますね。

 

大学の入試でいうところの一つの教科だけでいえば、東京大学一発合格できちゃうぐらいの頭脳。
だけど日本というのは不都合にも「他の教科」があるので、進路を妨げる。

 

いい進路へ行けるのに、人間関係が妨害があるとか、情報トラップあるとか・・・なかなか華が咲けない。

 

歴史だけでは大学試験には通らない。
そう!スターシードって、こういった意味でも妨害受けるのだ。
いやエネルギーの問題だとかは別にしてこの世的な視点でいえばこういった問題。

 

興味の偏りがあるコミュニケーションでもこういった進路を崩す妨害はある。

 

ASD系なんかは、ヲタクの世界に埋没してしまってるかたが何人も見受けられますね。
それだけ三度の飯よりアニメとかフィギュアとか、漫画とか、ゲームとか好きなようだ。

 

どうやらアニメイトで働こうか、他のアニメ会社に就職しようか。
究極の選択で悩んだ結果として全く違う仕事を選んだかたもいるでしょう。

 

もっというと「ここは趣味にしておこう!」
なぜならこの業界の裏を知ることでガッカリしたくなので、アニメ会社ではなはく、現場系の外の仕事に決めました。

 

スターシードさん達は、先々考えた結果止まってしまいやすいのは、こういった先のことで起きる心の満足を壊されたくないからもある。また、いろいろあれこれ考えすぎた結果として「脳疲労」しやすい。自身の人生設計に関して、寝ても覚めてもずっと考えていることはあるのだ。

 

とりしょー
とりしょー

いや~趣味に留めておけば、現実裏話を聞かなくてすむしな~~wってことで。

 

 

もちろんこれは一例で、いろんなスターシードいるとは思うけどね!いろんな発達系いるよな~。

 

とは言え・・・凹凸です。
スターシードにとっての妨害はいくつもあります。平均ではないゆえにスムーズにいかない。だから取扱説明書でもあります。

 

なので陰謀やら温暖化でヤバいやら、不正やら欠点矛盾だのその視点が多い人は波動が低いので、そこに気づけないのでメンタルヘルスだから、スターシードはそんなところで謎のエネルギーワークやら高いセミナーは不要。

 

 

 

 

グレーゾーンということでもASDの「D」を抜いても「ASな人」とか「ADH」たちがこれから、鋭く活躍するだろ

 

そもそも定型発達人にはほとんどスターシードはいないと聞きます。
一旦アニメとかフィギュアとか好みについては十人十色にしても「スターシード=発達障害、発達傾向(HSP含む)」のようです。

 

 

スターシードは凹凸があるので…
この「凸」があることゆえに副作用で苦しむ。
例えば、歴史という1科目だけは、ズバ抜けて高い成績だけれども、他の教科で苦しむから大学受験などの試験で通らないとか。
また「ASD+繊細人」ならば、誰でも飽きることですら高い継続性はあっても、感受性豊かゆえに傷つきやすくて、吃音で無口で、いつしかコミュニケーション苦手意識が高くなる一方だとか…。

 

他にも、友達を作れていけなかったとか、限局性あったりと神経はりながらも、本当はどうしたらいいわからないという場面緘黙してしまうなどあるかたもいるだろう。かえってそういう場面にいたことで、トラウマになってしまっては、そうした自身になることもわかっちゃうから、ついていけない自分がわかるから人との繋がりをシャットダウンしてしまう。つまり対人恐怖症のようなことはなっていくだとか。

とりしょー
とりしょー

余談だけどそこで大半のスピな人は、ブロック外しましょうとか言ってしまうという。

 

他にも「繊細さんであれば、感受性豊かだから「疲れやすいから」ってやがて一人を選ぶようになるとか。

とりしょー
とりしょー

余談だけどそこでスピな人は、ブロック外しましょうとか言ってしまうという。

 

 

 

スターシード=なにかしら副作用がある。
もちろんエネルギーが綺麗だから積極的に吸着してしまうなどの多方面の見方も大事。けして過去世とかインナーチャイルドで済む問題ではない。

 

スターシードは「凸」が知識職人となる。
そうしたことを武器にしたほうがかえって生産的かつ充実感にもなるだろうと思ってます。
それこそオタク並みに知識量ゆえに難易度の高い情弱ビジネス面こそ大活躍していくかもしれません。

 

 

世間は、情弱ビジネスがあります。

例えば、「陰謀」を使って集客する
情弱ビジネス」と否めない。陰謀がどうたら、温暖化で・・・海底が・・・
とは言え、スピも占い、ヒーリング、あの大手の美容整形外科など、どの業界でも一部であっても情弱ビジネスはあるある話だ。

 

 

それでもあなたのためといいながら、恐怖や不安を煽り、高いセミナーやよくわからないエネルギーワークに繋げてしまう彼らの策までにはいかないようにしないとならない。

 

そもそも陰謀がどうたらの彼らは人に興味がない。
集客できるか出来ないぐらいで、自分軸だとか統合とか、目覚めましょう。なんていいながら、属して安心の獲得をしてます。もっというと、自分に害がなければそれでいい程度。奴らは正義なんぞ大したないぞ。

 

 

そんな情弱ビジネスが溢れるなか「ASD系」が鋭い存在のお助けマンとなるのではないか!(予感)
スピリチュアル難民がいてますが、特にスターシードでもASDのような人のマニアックさが情弱ビジネスの被害者の「一助役になれる存在」かと思われます。

 

今は、陰謀混ぜてくる人もなかなかチャンスを伺って出てこないとは言え‥。
あれだめこれダメって欠点やあら捜しになっていることが多い。それは闇側探しもです。

 

闇側探しをするが、インナーチャイルド探しにたいして「やめようよ~~」と言わない。
そんな陰謀絡み系を観察していると、後に出る「中枢性統合が弱い」ために正義人風になりながら細部ばかり気にして全体が見えない特徴があるようだ。(あれ?陰謀絡み系って発達特徴が濃い!そんな風に思いました。)

 

 

人のことは文句をいうが自分はわからない…メタ認知の話となるから、、彼らも発達系なんでしょう。

 

 

やはりそうした陰謀絡み系は、自分にも欠点など抜けてる部分があるのに関わらずに、情報ばかり集めて細分ばかり発見するので、声もデカく出来る人と一時期的に思われてたり、引っ張ってくれそうな雰囲気はある。

 

しかし人がどうの興味ないので、多種多様性を考えずに「アセンションが~」「統合が~」「自分軸が~」「潜在意識を浄化しましょう!!」などくだらないことばかりしています。

 

 

例えば、これから精神医学や心理的視点でもない。聞いたがないことがあります。
それもどこか疑いきれないワードをつかって「情弱ビジネス」の流れも否めません。

 

それこそニッチな分野が得意なASDのような専門人が導ける存在となっていくでしょう。情弱ビジネスを使った陰謀絡み系に対抗すべく「ASDのような人」が活躍していくでしょう。

 

情弱ビジネスを突いていけるぐらい「ニッチなところまで知っている」「引っ張っていける」ぐらいの存在だから。そこですでにいい発達系を守っていけますね。

 

とりしょー
とりしょー

いろんな発達系いる中で、すでに情弱ビジネス中で、スピ難民となるかたの助け船にもなってる!ということ。

 

 

ASD以外にも、ADHD系スターシードならば、脳内連想を使って、スターシードのワード使ってうまい具合ストーリーをつなぎ合わせて「ダダダッ」って脳の超高速回転を使ったりなどクリエイティブ性も高いので、そういった特徴ある人なんかは営業に廻ることで高い戦力にもなるとおもわれます。だけど営業だけっていうわけにはいかないから座って脳処理的なことしてると辛くなってくるんだよね。

 

とは言え・・・影響力があったり、クリエイティブ性やユーモアなどロボっトが出来ないことをいとも簡単にしていくので強い戦力になるに違いないでしょう。

 

 

とりしょー
とりしょー

あれこれ人生設計を考えたりして、いろんなスターシードはいても「頭の騒がしさ」って脳疲労だとあらためて思いました。まるで頭の中に小人が何人もいて、いっせいに小人たちが違うことを延々と喋り続けてるような状態って言われてみたらそういうことなんだろう!

 

 

 

 

スターシードって原始的本能を持つ人から目の敵を受けることがあるのは不思議ではないから自分はおかしくないぞ

これから情報の制度が上がるにつれて炙り出しなんて起きるかもしれません。
もっというと、すでに出てしまってるようには思えますけどね!情報の質があがっているからかもしれませんね。

 

例えば、あなたのためといいながら、大した「ためじゃない」だとか。
言い換えれば、内容が深くなるたびにどんどん情報についていけない。難しいことを言ってる人が良く見える錯覚が良く悪くもあるのです。

 

スピ界隈でも良く見える錯覚というのはありますね。
その中で「ニッチな分野が得意なASD寄りなスターシード」ほど活躍すると思ってます。

 

もっというと「海底が…」など情弱ビジネスで煽る人が多いですが…
吉濱さんのように「気象」一つに限らずに深くあらゆる視点を使って見ていけることで情弱ビジネスに流されない存在にもなれます。

 

今までスターシード達は、社会的な交流場でも、そんな先ほどのマニアックさや鋭さありながら奇人変人を受けやすい。

つまり制限不自由な部分がありますよね。
もっというと、原始的な本能として、人間は個性有りする人に脅威を向けがちですが、比較的にその対象者になりやすいかもしれません。

その注目を浴びるから脅威であっても、そんな『良い発達系=スターシード』がまだまだ周囲からは理解も追いついていないようです。

 

奇人変人受けやすい。つまり変わった人。変わったといってもどれだけイメージできるかは千差万別。
しかし人間にとって、わからないことはなんだかんだ「恐怖や不安」となってしまう。

 

DNAに刻みこまれているために「属したいた」わけなので‥
属さないスターシードは一人歩きしがちですが、ゆえに攻撃対象されてしまやすいかもしれない。

 

もっというと人間からすると「属してしまう」というその無意識さは、数万年、数十万年も続いているためそれが「遺伝子」へと受け継いでいることがこのスピ界隈ではまだまだ知られていない。

 

属してしまうという「防衛本能」が今まで「人類にありとあらゆる地獄」を発生させていた・・・。

 

奇人変人扱い受ける
例えば、よく聞くことでもある。
それは小学校の時に「霊が視える!」ことでイジメにあったとかよく聞くことかもしれません。

 

周囲からしたらそれは到底理解出来ないことで、原始的な本能として脅威だったのかもしれません。
しかし当人からするとそれが普通であるという。

 

他にも発達障害は年々増えているとは聞きますが、ADHDやASDなどの特徴が濃く出てしまう人でもそれっぽい人でも専門的かつ一風変わっていたり、飄々としていたり、どこか見通してる感じの目や雰囲気をしてるとか、フワッとさせながら共感共有を楽しむところを見事に痛いとこを突くなど・・・

 

そういった人は、リーダーなどから気に食わないなど原始的な本能として脅威なのかもしれません。(※他にもバイアスだとか、心因的なこともあるかもしれませんが‥)

 

それもスターシード達は少数派で、どこか弱々しい感じがして、相手からするとターゲットや攻撃対象に向けられやすいのかもしれません。よくわからいけども。

 

事実なことでも「怖いものには蓋をしたがる人間」こそ原始的本能として部外者扱いにしたい人間たちかもしれません。

とりしょー
とりしょー

やはりスターシードは、自分の気持ちに率直で凸あるだけに「才能を感じさせてしまう」ので目の敵にもされやすいけども、導く役になれる。自分の気持ちに正直で汚されたくないので言い返してしまったり…空気読みながらとか、擬態化しながらって結局いつか奇人変人をバレてしまう。

 

一休さん
一休さん

人間のDNAから受け継いだ「原始的本能」が時に悪くでることがある。それは注目されている人は「脅威」な存在となりやすい。

何もしなくても才能を感じさせるぐらいのエネルギー放ってるスターシードなんかは、他者から脅威扱いによって分離体験しやすいかもしれません。

 

もっというと、そういった側面を理解せずに「ブロック」「内観しましょう」だとかくだらないことをいうスピ人は多い。

 

コミュニケーションの食い違いやズレ、交差が多い分・・・

世の中のことに「やがて冷める」⇒「覚める」⇒「イェーイ覚醒じゃーん!」ってことですよ。
だから「覚醒するための方法○○選」だとか「目覚めましょう!」だとか、あのスピ界隈のやり方は嘘っぱちばかりなんだよね。

 

とりしょー
とりしょー

そのたびにテキトーだな。ってことで、5Gの影響で手足が動いたとか・・・言ってる人いるんんだよね!!!

 

 

 

スターシードあるあるはなしで、ヤバい話

スピ界隈でよくある話。
例えば、それは、よく「統合しましょう!浄化しましょう!目覚めましょう!もっと自分軸で!」みたいな人とは異なってきます。

 

もちろん発達でも重度や軽度ありますので、度合いは千差万別。
それでも興味の限局や偏り、不器用さなど、それが空気が読めないなど言われることしても「おもしろくないことはおもしろくない~!」といっちゃたりするのがスターシードの特徴かもしれません。

 

自分の気持ちに正直。
しかし、この地球は、地球に合わせた自分操作が出来ないゆえに衝撃を受けたり、どこか刺激的過ぎるのかもしれません。

 

 

つまりこの地球では空気が読めない?いやそこ読む必要あるのか?だとかで「なぜ?なぜ?」が普通と言われる人と比べても多い。

 

 

そんなスターシードは、地球では、感受性が高く、衝撃的になりやすく「傷つきやすい」という側面もあるかたもいるはずだ。

 

そして最後に付きまとうのが「反すう」や「情緒不安定」だったりするでしょう。
そこをゲームでいうところの、反すうワールドに苛まれることが待っているといった感じだ。
まるで「ボスを倒した後に毒が回っていてHPが徐々に減っていくイメージ」です。

 

 

HPは徐々に減るかもしれないが、社会で上手く世渡り出来ない彼らスターシード達は、本来ならば発展に必要なスキルはすでに持っていても宝の持ち腐れ。
例えば、先ほどの深いところで、隙間を狙って突ける才能。または専門分野やスペシャリストとして活躍

 

知識職人。だけど柔軟を求める人間関係は凹となる。トラウマのような・・・
トータルてきなことを求めてくるからまぁ、生きにくってやつですよ。

そんな制限不自由があるので、活躍というなかなかそこまでいきつかないスターシードも多いかもしれません。
もちろんグレーゾーンやらそれに含まれるHSP気質もね。

 

「制限不自由」ということで、環境に受け皿がない人ばかりでスターシードの特性が理解されにくいこともあげられる。耳からの情報を拾ってしまうだとか、目からの情報を追ってしまいすぎるだとか、人間からすると異常にみられるようだ。挙動不審扱いもあるかもしれません。

 

いろいろ誤解や偏見の種を持ってますが、それでも、発展に必要なスキルとして、ASDならば延々にそればっかりやれる能力、ADHD系ならば発想力や連想力があるなど。なかなか活かされないままかもしれません。

 

つまり制限不自由によって、世の中に潰されてしまう体験をしてしまうがスターシードが通る道
しかし、その地獄体験が「スピやら脅威陰謀」などの情報よりももっと価値の重き置かれるかもしれませんぞ!!!

 

 

 

 

これからヤバいね

 

これからは、スピ界隈で主流になっている「インナーチャイルドがどうたら」「自己開示してブロック解除」「創造主ですよ」よりも、DNAに刻み込まれたことを1人ひとり考えていくだけでも、制限不自由なことを自他共により理解していけるかと考察してます。

 

繊細だと人の気持ちに寄り添えるのはある(だけど疲れやすいことはそこまで理解されないとか)

 

という感じで、いろいろあるだろう。

 

 

ASD系であれば制限不自由で言えば、情弱ビジネスを根本的に覆すぐらいのマニアックな知識量と細やかさが活かせることが出来る。

 

確かに繊細かつ反すうで苛まれるだとかあるため、怯えて活かせないで閉じこもったままは勿体無いけども、世はどんどん複雑にしちゃうので、情弱ビジネスには対抗できるマニアックさんやオタク気質なASD系の人しか導くことしかできない側面も否めないと思っている。

 

そして地球上にASDがいなかったら、今だに石器時代説があったようだ。
実は、ASD系のおかげでここまでこれて「イノベーション」が起きてコンピュータが出来たと聞きました。
だけど、それなのに騙されやすいとかでオートマチックにいかないという。

 

そんなイノベーション起こす才能として「ASD」のかたの特徴である「普通やらないことをやってしまう」からこそ、ここまで発展させてきた。もしかするとこれも何をやるかわからないところが人間にとって「脅威」であったのかもしれない。

 

そもそもASDと聞くと、白や黒アスペだとか、融通が利かないとか、収集癖が異常とか儀式的行為があったり、めちゃくちゃ空気読めないとか、情緒的なコミュニケーションが出来ないため。応用利かないため、相手をカサンドラだからウツにさせてしまうイメージでよくないと思うかもしれない。

 

しかしASDでも多種多様で、もっといい面が活かされることで、イノベーション起きてスマフォやコンピューターの発展までさせてきたぐらいなので人を宇宙規模で人を導くことだって期待できる。

 

 

そして、スターシード=発達系なので先天的にも「ワーキングメモリー」が苦手な人が多いであろう。

つまり「PCやスマフォ」などの機械があったおかげで似たモノ同士にはチャンスを受け取ったと考えたかたもいるでしょう。

こういった「機械」がないまま人生だったら、漢字は大した書けないし、雑談は苦手だし、セロトニンのシステムダウンしやすいし、完璧主義でなんかキレやすいとか考えたらヤバいかったかもしれませんぞよ。

 

とりしょー
とりしょー

PCとかスマフォなかったら、漢字書けない。漢字を思い出せないから、スマフォの変換機能使ってたとか出来ないから今考えたらヤバかったかもしれません。記憶を一時保管してくれる場所とかないと考えたら、ヤバかったかもしれません。

 

「ああ」「あー」みたいな素っ気ない返答して感情表現はうまくいかない。なんか攻撃もらうだとか地球の難しさだからヤバいからな~~~

 

 

 

とりしょー
とりしょー

余談:「可愛いとか、えぐい」とかで、どっちでも取れる言い回し~。

それに対してマイナスでしか受け取れない日本人。

 

 

だんだん長くなりそうなので、覚えていたら、またいつかどこかでこういったことも書いていこうと思います。それでは次に「世界は変化しても、人の本能は変わっていかない!」について。

 

 

 

Sponsored Links

『自分軸で生きるとは?』今までの自分軸や他人軸よりも

多種多様性を理解しないで「自分軸」なんていうのはあっていいものか。

 

ひとまず前章に繋がっている内容ですね。
防衛本能が人類にありとあらゆる地獄を発生させた

 

 

これから宇宙スピを目指すにも、個人的にとても参考になる内容なのでピックアップしてここでメモしておきました。ここにメモしておかないと、たぶんスピ界隈でいうところの潜在意識の浄化が出来ないと思ったからだ。たぶね。

 

 

これから、宇宙スピでも細分化するかもしれませんがね。

 

 

そこで本章での結論:人間の最大脅威は「暇」っていうのもありますが「属さない」ことの視点もあるでしょう。スピ界隈で「自分軸が騒がれる」なかでそれよりも考えるべきポイント!
 
 
それは「原子の本能である脅威」からくる「属そう」とするところを見直していかないとなりません。
 

 

つまり自分軸を考える前に、集団から離脱する恐怖に基づくことを無意識のうちにとっているうちは「自分軸」は育たないことを視野にあったほうがいいです(すでに吉濱さんの動画で確認済みのかたもいるとは思いますが)
 

 

これもマイノリティの中からしれませんが、「自分軸に違和感がある」ってことからはじまったでしょう。
 
 

 

スピ界隈でいわれる最大の脅威は「死」なんていう人は大した考えないで拾った情報から納得した風だけの人が多い。それよりも正しいか正しくないかではなく、何が原因でこうなってしまったのが大事ではないでしょうか。
 
 
 
とりしょー
とりしょー

もちろん人間の最大の脅威は「死」なんてことは、有名な人から引っ張ってこれる情報かつ誰でもいえるようなこと。まるで読んでるだけで心がついて言っていな時と同じです。

 

 

それだと発展や深堀りしてくとその先がないので誰にも役に立たないただの「主張幻想」となるなんてあるでしょう。
 

 

もちろん誤解ないようにいうと…
別に著名人から引っ張ってきて、当たり障りしか言えない人とか、深くなるとだたの主張幻想ゲームとか、誰でもいえる平均的なことしか言えないとか、自分がないとかそういうことを言ってるわけではありませんけどね…
 
 
 
そういうことよりも、正しいか正しくないかではなく、何が原因でこうなってしまったのが大事。
 
 

 

発展や進展が目的。
一般論とかよくみんなが言ってることではなく、新案が大事。今一つの案に「自分軸といいがら属することは違和感にしたい」ところですね。

 

 

現代人は、集団から離脱する恐怖に基づくことを無意識のうちにとっている。
その無意識さは、数万年、数十万年も続いている。その集団から分離する恐怖に基づている無意識さがこそが「遺伝子」へと受け継いでいることからきてること知ること。

 

ちょっとの危機ですら反応するのです。だから属そうするのが人間。
つまり人類に恐怖信号を大量に与える。
防衛本能は感情に反応する。そして次に常に人類は過剰な恐怖にさらされる状態になる
 
 

 

そんな恐怖がいつも大量発生する結果として「属する」ことを我々人間はするのだ
SNSでも繋がっている(属する)ということで安心という快楽へと「スマフォ依存」に進むようにもなっているようだ。

 

 

集団から分離する恐怖に基づく無意識さがこそが「遺伝子」へと受け継いでいる。
そのため自分が所属してる部族からはぐれると、途端に他の部族にやられちゃうなども‥数万年、数十万年としてきてるため、遺伝子的に属そうとするように人間はなっている。

 

そうなると‥結局は人間は恐怖に基づいての行動をとることになりますよね。

 

 

「人は集団から外れること」or「孤立すること」に恐怖を覚えることになる。
結果として人類の原始的本能として「孤立する=多部族にやらてしまう」ことで、恐怖がよみがえっちゃうから孤立することが怖くなるということ(その辺りも深くご自身で調べていったほうがおもしろいはずです)
 

 

なんだかんだ「人嫌い」「一人好き」「誘いを断る」っていう孤立型スターシードであっても完全なる孤立するのは怖いようにはなっている。孤立型って仙人のような生き方するだけども、違ったようだね~。
 
 
そして先ほどのスマフォを駆使して繋がるというのは、原子の本能が安心して、その結果安心したいという快楽に陥る。依存的。なので多数の人も依存的なのかもしれません。
 
 
 
 
しかし幻想として、それは恐怖に基づいた安心の獲得だから、安心すればするほど逆に恐怖が高まる
つまり脳はスマフォイジリは「安心という快楽が得られる」と学習する。(がしかし幻想)

 

とりしょー
とりしょー

無意識しているその「原子の本能かの識別が大事」です
それによってかえって恐怖はどんどん増大していってる方向へになっていないか?そこがポイント。なのでささっと「宇宙軸」を目指さそう!と個人的には思ってますよ。

 

 

 

ネクストステージは、集団から離脱することの恐怖を減らすのが目的

 

とりしょー
とりしょー

スターシードは枠を超えていくわけだから、属さないことが脅威である視点をないがしろにしていませんか。

 

 

上記の動画から今までの自分軸を改めてみました
集団に属したがるのは、原始的本能としての恐怖からきてる「自分軸」「集団でいたがるコラボレーションお願いします!」だったのかもしれないとそう思いましたとさ。

 

 

スピ界隈では、自分軸や感情解放ワークが流行っていっても、これから集団から離脱することの恐怖を減らす目的にしていくかたが出てくるかもしれません。

 

そうなると今までのスピ界隈での「覚醒」「自分軸」は通用しなくなるとも考えてます。つまり必死に吉濱さんの意見を覆そうとするスピリチュアルリーダーとかティーチャーなど出てくるかもしれませんけど、難しいであろう。

 

人間は、DNAとしての恐怖に基づいた行動であり、その恐怖を延々と活性化してしてしまう悪循環に気づくことが対策

 

とりしょー
とりしょー

そうなるとどうなるか?
Aという場があって私なら「引退します!」って言ってながら、Bというただ群れてるとこに移動するだけの何も変わりのないことをするかもしれません。

自分軸を考えるならば、やはりこれではだめですよね。「自分軸」って自分で言っているのにまだまだだったかもしれない…そんな人が増えていってほしい願いです。

 

 

 

つまりその人の恐怖とは、以下のことがある。

  • 『恐怖を原動力にした行動をとっていることに気づくこと。』
  • 『上記その恐怖がどんどん強化される状態になることに気づくこと。』

 

問題点としては、基本的にワクワクすることや自分の強みなどは集団と相反するものが多い
 
そして、このずっとDNAに受け継がれた防衛本能由来の過剰な恐怖があるとどうなるか?それは「常にこの集団にあわせなければならない」という認識が働く。
 

 

そこでもしこれから自分軸を考えるならば「本能に突き動された動きか?」をしっかり思考していかないとならないということだ。例えば、無意識にスマフォを通じて「社会という集団に繋がっていたい!」となってしまっていることも集団から離脱する恐怖からきてるかもしれませんということ。
 
 

 

つまり…気がついたら「スマフォ依存のよう」になってる。
操っても操られるな!で操られてしまったのかもしれません。

 

 

本能的な意味を考えるならば、結局は人間の上下で見てしまうとか、順位を付けるとか、服従するしないだとか分離感という違和感に気づくといいでしょう。

 

 

そしてスターシードのことを考えるならば、よくYouTuberなどがいってる人間の最大の脅威は「死」とかよりだとかよりも今回は、発展性かつ建設的な案だとは思われますぞっ!

 

 

 

「人間を演じる」「擬態化する」だとか、それが大人っていうのは一概にもいえなくなってきたけど、興味関心の限局はマジ生きにくいからな…

スターシード=発達系(発達神経症、発達神経傾向、繊細さん)

 

なかには「イヤイヤ私は発達系じゃないよ!」といってスターシードのワードを使ってながら、発達特徴が露骨に出てしまっているスターシード配信者も多いよ!w

 

スターシードでも凹凸は様々ですが、興味関心の限局があるスターシードさん達も少なくないかと思われます。

どうしても何か慣れない事に取り組む際に物事を把握するまでに他者よりも明らかに時間がかかる。
そのため充分に把握するまでケアレスミス多発する。そういったことで「正直生きにくいんだよね!」なんてあるかと思われます。

悩む人
悩む人

健常者ということで生きるのが疲れた・・・。

正直、心身ともに疲れてきてます。

 

 

擬態化に関わることならば、サッカー興味ないのにサッカーの話題についていかないとならないとか、行きたくない塾に通うとか、好きじゃないのに付き合うとか、土日の謎のBBQに行きたくないけど行かなきゃとか…

 

そして帰宅後に「あの時俺の事バカにしなかったか!?」「また今回も踏み込んだ話出来なかったな~」だとかで3Gの遅い脳機能のせいで、後でメラメラ怒りが湧いてきたり、一人反省会をする。

 

そしてバカにされやすく傷つくという自分に対しても嫌気を差すとか、あの時言い返せなかったセリフが今になって‥クソ~みたいに不器用自分に嫌気を差すという‥そんなことがあるはずです(ASDのような人)

 

やはり吉濱さんのところの理論的かつ現実的に役に立つ本物のスピリチュアルを提供出来るチャンネルじゃないとスピリチュアル好きスターシード達は導けない

 

 

少なくても陰謀バイアスや世間的好印象を狙うメディアバイアスなとこは控えた方がいい。あれはただのクズビジネスといわれるものだからね~~。

 

とりしょー
とりしょー

スターシードの情弱ビジネスへといかないためにも、そしてスピの情報でも論理として仕組みがわかることによって納得出来て、納得出来るからより効果発揮出来るため以下のコミュニティしかないねっ!

そして個人的には、スピチャンネルということで、集中力ないけどサマタ瞑想についてとか体外離脱だとかそれはヘミシンクが効率的なのかとか、縄で巻かれて繋げられて崖っぷちでやる山伏の修業についてとか気になることはたくさんある。

 

 

そして擬態化して疲弊しまくるスターシードたち。刺激に弱くて閉塞的になってしまっているスターシードなどないるかもしれませんが、そんな人こそ現実的にタメになるコミュニティは以下だ!!

>参考:STARSEED Y’sUNIVERSE

>>参考:Tsutomu-yoshihamaチャンネル(ニコニコ))

 

 

擬態化についての続き

「そろそろ擬態化して辛いからバイクで逃亡するか!」そんな飛び回ることが得意なスターシードいませんか。
多動系スターシードということで。。

 

擬態化して自分を見失ってしまってるどころか…。
やはてもう健常者として生きるのが疲れました!ということでネクストステージに入ったかたもいるかと思われます。脳疲労もするしね~~~ってことがありますね。

 

教科書に載るようなASDだとかならば、また別かもしれませんが、
中には擬態化し過ぎで「自分がよくわからなくなっている」かたもいるでしょう。

 

これも先ほどの「属する」という原始的本能ということで「離脱する恐怖に基づく可能性がある」と考察してます。

 

例えば

  • 「より擬態化能力だけ高まり、自分がないひとに見られる…」
  • 「必死の擬態化で浮かないようにしてる‥」
  • 「中身がない人に見られるかな?‥」
  • 「中身がないから浅い」

だとかを気にする人も出てきてます。

それも帰宅したら必死に擬態化してるからぐったりしてる‥「人間を演じる」というのは自身を犠牲にした生きる戦略だけど、やっぱり自分じゃない自分だと身体がもたくなるな…だとか

 

 

やがて一体「自分は何をしたいんだー!」ってことで自分を見失ってることも気づくこともあるかもしれません。
グレーゾーンでもそれはかなり努力すれば、ギリギリでも普通の人の最低ボーダーラインに行き届いてしまうことで、「ちょっと不器用ぐらいの認識しかもたれない」のかもしれない。

 

 

とりしょー
とりしょー

HSP気質がグレーゾーン発達なら「電話来たら出たくなくなる!」とかあるだろうな!

あとスピ能力と誤解してしまいやすい「共感覚」だとかもこれから出てくるかもしれない。

 

 

悩む人
 

恐らくそんなこと誰でもあるよ。って一般化矮小化されながらも、擬態能力抜群の愛想の良いグレーゾーンだったりもする。

とりしょー
とりしょー

あとは、ASDのような確かに間違ったことをそのままにして置けないということが空気読めないという結果であってもなくなんとかやり過ごせるかたとか。

 

 

 

擬態化その2

5人に1一人といわれるHSP気質を「不安障害傾向や回避パーソナリティ障害傾向」と置きかえて考えた方がいいのかもしれません。

 

「誰でも○○だよ。頑張んな~」などいわれ、更に本当辛くて擬態化カバーしてても「大丈夫な人」という印象から周りから配慮をもらえないなどあるかもしれません。

 

それゆえにやる気だとか気合でどんどん責務を果たすように強いられる。
本当の鈍感ってほどではないにしても、脳機能が間に合わないから「あの時言い返せたのに~」とかで「あれは後でバカにされてるな」っていうことに気づいて、そこでメラメラと怒りが湧いてくる。そして反すうから情緒不安定とかあるかもしれない…。

 

とりしょー
とりしょー

その時出てこなかったけど、後に言い返せなかった自分に怒りが湧く。そして傷ついている。そして睡眠の影響も。

 

 

そもそも擬態化がうまくいかず特性丸出しな人は「やいやい」言われやすい。そして、傷つきやすいからそこを気にする人がいたり、不安や恐怖を全く感じない人がいたり・・・

あとは、積極的に嫌な記憶によりいいことも帳消し。「反すう→情緒の問題が関わってくる→反すう強化」という、、、w

 

いろいろあるよな~。

 

まるで以下の動画とどこかちょいちょい被ってるような人が多いとそんな風に思いましたとさ↓↓

 

 

 

 

 

とりしょー
とりしょー

自分軸と兼ねて今はHSP気質も範囲が広くなっているような気もすると言えば

そうかもしれません!それによってHSP気質ビジネスが流行っていくかもしれません。

より「自分軸!」って流行るだろう。

 

これから地球的なことでのネクストステージとして「異常な収集癖や儀式的行為」がないにしても「グレーゾーン発達」はどこまでがグレーゾーンと取るかがこれからもだろう。

 

そして考察として、HSP気質って「発達系」の特徴に通づる側面がないかな?と思ってます。
よく「自分も相手も負担になることが何より申し訳ないので、結果として人から離れる選択をとる」「人気持ちに過度にセンサーがある」という人もいるけど、これって繊細といえばそうだけど、発達系の人も言っていた気がするな~~

 

とは言え、繊細さんだと思ってる人でも、これからは、先ほどの健全な範囲で属するところから距離を置けるようにはなっておきたいところでありますね。スピ界隈だとかは自分軸が流行ってますが、そもそも自分軸云々の前に「1人でもそれなりに楽しめる」とのことです。その次のステップが企画者たちの腕の見せ所かつ多極化です。

 

「宇宙軸」なので現代人こそ、集団から離脱する恐怖に基づいて、無意識のうちにとっていることに気づくことが先決。いまは過剰な範囲での集団から離脱する恐怖をある程度は、軽減させていかなきゃならないとのことを言っておられるので「ピン」とくるかたもいるでしょう!

 

 

もっというと「遺伝子レベル」まで過去を遡って考えていかないと「本当の自分を求める人」からすると「自分軸」が育たないということ。
 

そしてこれからますます「スピや自己啓発」の分野でも…
どんどん流行っていくだろう「自分軸」についてあなたはどう思うよ~?ってことでスピのインフルエンサーとかティーチャーやリーダーじゃない人の意見を知りたいですね!!!
 

 

とりしょー
とりしょー

つまり人間は、過去遡ると「飢餓・感染症・殺し合い」という脅威からDNAで受け継いでいる。そのため群れようとする「原始的本能」を知ること。

クレオパトラ
クレオパトラ

原始的本能があるから、本当に悟った人って、出てこないんだよね。

一休さん
一休さん

パラレルシフトで幸運な未来を選ぶ。

悟った風
悟った風

コラボレーションお願いします!

 

悟った風
サトル
広告に広告付いた広告が流れてきた。
 

 

パンツ乾かすの忘れた、仕事間に合わない
時間ギリギリになって動くタイプ。布団カバー乾かすの忘れた、仕事間に合わない!

ざっくり言えばADHDといえばギリギリまで動けないというのもある。
それよりも「ストップって言うまでイクラをかけてくれる丼」「ゾンラーメン ガラ塩味」よりも、吉野家グループの吉野家の牛肉使用してる牛肉ラーメン屋「わだ」はヤバかったって気になるね。

 

 

集団から外れることが恐怖と○○難民

 

とりしょー
とりしょー

西武ライオンズの和田フォームはいいな。

それにしても真実はパラドックス~だけども「エピジェネティクス」ってバカに出来ないだよね。

 

スピ界隈も人間の最大の脅威は「死」ということでずっと溢れかえってる情報を言い続ける。
しかし、感のいい人など、それを聞いて違和感がなかったでしょうか。

 

「また始まったよ~」という感想ですね。

 

そして多方面でいるほうが生産的だとおもった方もいるかもしれません。
いい伝えられていることをいってるだけのひとなんかは多数ですが、飽きてきてるのでしょう。そして、建設的ではないと!

 

それなら「正しいか正しくないか」ではなく、何が原因でこうなってしまったのが大事だということもです。

 

先ほど同様に、一問一答形式人間になってしまったとか、中身がないから次がないだとか、あまり深く学ぶことは出来ないから主張幻想ゲームでしかならない…
 

 

そもそも、割合的にみて人は簡単に死ぬことはないので「著名人が言ってるから‥よくみんなが言ってるから‥」はやめましょう!自分軸に違和感があるのならそこをないがしろにする必要はないのではないか?
 
 

 

そこで吉濱さんの意見がダントツなので、根本的解決からみて、今は人間にとっての最大の恐怖は「集団から外れる」ことが挙げられるでしょう。エピジェネティクス。
 
 

 

最大の恐怖が「集団から外れる」こと。
スピ界隈では、この恐怖という根源を外したまま「ブロック」など言い全く別のところに原因を求めてしまうことがある。(そこが問題だよって吉濱さんからまたまたアップデートされました)

 

とりしょー
とりしょー

西武ライオンズの和田フォームはいいってことは置いておいて、もちろんよく良いブロックと悪いブロックだとか聞きますが、、、そういったことも割愛する。

 

 

いまでは「自分軸」について違和感があるって人が出てきてる。それなら遺伝子的に遡って考え直しみるほうががこれからは面白い。

 

例えば、スピリチュアルワークからのスピ難民ってありますよね。
こうしたワークであれば、結果が出ないため一生懸命やってきたスターシードはどうなるか?彼らは、うんざりして望みが絶たれてどうにもならなくなる
 
 
 

しかし、こうした吉濱さんの意見によって、いま現実的に発展性のある方向から見直していくことでうんざりして望みが絶たれていたスターシード達は復活するかもしれないですよね。

 

そしてわざわざ高額セミナーなどくだらないことに時間を使わなくてすむことにも繋がるかもしれません。そして自分軸だとか言ってる人ほどなぜか集客ばかり考えている自分軸じゃない人だっていますよね。

 

発展性あって最大の恐怖が「集団から外れる」のほうが面白いかもしれませんぞ。
つまり、遺伝子から「集団に属する=仲間がいる」や「仲間ということで、自分を殺める確率が大幅に減る。そして仲間という集団がいることで、戦闘力の増大になる」といった原始的本能を改めていくほうがスピ界隈ので「自分軸やインナーチャイルドセラピー」などよりもきっと生産的じゃないでしょうか。

 

 

 

悟りました!「コラボレーションお願いします!」も仲間がいるという安心感を得たい。属して戦闘力あげたいが原始的本能なのか!

とりしょー
とりしょー

悟りました!

 

『昔は集団から外れる=死』ということがありました。
自分軸を極めるなら、DNAに刻み込まれた『昔は集団から外れる=死』を考える必要があるのではないでしょうか?


そこで流行の「コラボレーションお願いします!」というのは一体なんなんだろ!と思った時。それは無力感の恐れがエゴになるだとかは一旦置いておきます。

 

 

しかし、

  • 『仲間がいるという安心感を得たいため。』
  • 『属して戦闘力あげたい』
  • 『自分の能力に自信がない』
  • 『etc』

 

という辺りが「コラボレーションお願いします」とかなんでしょう。

 

 

やはり「宇宙軸」を考えるならば、メタ認知出来ないでアセンションだとか悟った風なことを言わないで
この集団から離脱する恐怖に基づいて「無意識のうちにとってること」に気づくの先決。
そこで、もしやめていかないどうなるか?、それは延々と集団から離れる恐怖がある
 
 

 

ブロックだとか自分軸、引き寄せ、謎のエネルギーワークなどもういってられないのではないでしょうか。
もっというと、その恐怖を原動力にした行動をとる。そのことに気づかないまま「無限ループかつアセンションだとか覚醒だとか自分軸」なんていってられないはずだ。
 
 

 

そして自分軸は存在しないという件!も視野にあっていいかとおもわれるぞ!
なぜなら「未熟な相互依存」と「成熟した相互依存しかないから」ということで西武ライオンズの和田フォームはいいけど、コミュニティからの情報も大事だ(なんか「ざわざわ」しそうな予感)
 
 
 
 
とりしょー
とりしょー

この界隈では「自分軸が‥」「もっと自分軸へ!」「自分軸を極めましょいう!」の下りは当分は続くだろう…。つまりスターシード達は、自分自身でリサーチして成長して、自身で確立していくほうがためにはなりそうだ!!!

 

 

 

 

余談だけど「高須ドクター」のコラボレーションお願いします!はオモロー

 
「宇宙軸」という本来の自分軸を目指すには、今の自分軸にあり方がを改めてみることは賛成であります!
 

 

スピリチュアル界隈でいわれる「自分軸」がどうしても胡散臭いというかたもいるでしょう。
そう!DNAに刻み込まれたいた「属そう」とするのが原始的本能があることが分かったことで、自分の力に自信がなくなり、お互いに紹介し合って集客をしようとすることなど違和感あったのではないでしょうか。
 
 
 
 
さらにそうした人に限って「自分軸についてよく発言している」「目覚めましょう!」「浄化しましょう!」など中身のない言動や行動が多いおかげで「細分化する結果」を作ってくれる存在かもしれません。
 
 
 
自分軸については、ここをないがしろにすることで宇宙スピに必要は「宇宙軸」までは到達できないと思ってます!
 
 
とりしょー
とりしょー
これからもまだまだ知らないことは出てくるでしょう。
そして二極化ではなく多極化が発生してきそうなイメージはありますけどね。
 
 

 

そこで何度もお伝えします。
仕方がないとは言え…遺伝子として学習されちゃっている。そしてそれがいまに引き継がれている。
だから本能に突き動された動きなのか?を「ネクストステージ」として考えていくのはいかがでしょうか。
 
 

 

確かにエンターテインメントとしても「属そうとする」のはメリットはあるという私見です。
そう楽しませれるほどの内容ならばの話に限り。
 
 
 
一例でいうなら、スピ界隈なんていうのは『大きな障害を持って生まれた人たち』=『魂が尊い存在』だと理解しているかたがいますね。しかし、それは「障がいは損失という理解が根底」であるからこそ生まれる発想。
そこに気がついていないで中身がないリーダーとティーチャー、スピインフルエンサーが多いですよね?
 
 
 
 
それでいて群れてなんとか戦力にしようとするひとなんていますが…それって「コラボレーションお願いします!」もそうですよね。
 
 
 
 
確かに「コラボレーションお願いします!」ってオモローなことがあります。例えば、高須ドクターの「コラボレーションお願いします!」なんか個人的には面白い。
 
 
 

すでに「
コラボしてくれそうなYouTuber」と「コラボしてくれなそうなYouTuber」について言及してますね!もちろん医者だけに学術的論文がないと動けないというイメージを見事に覆していました。
 
 
とりしょー
とりしょー

もしかしたらカツラをかぶって凄まじい知的な才能を発揮し「ステハゲとひろゆき」と疑似コラボレーションしてるので、Dを抜いてADH系スターシードなのかもしれません。

 
 

 

だけども脅威から属すことが根底で動いてしまう仕方のない部分もあります。
それは遺伝子として、学習されちゃってるからきてるところの「コラボレーション」かもしれない…。
 
 
 
 
とは言え、ドクターは、しっかり狙いも定めているので、有名人ばかりで、明らかにチャンネル登録数が多く、再生回数が多く、あっちの集まった視聴者層からこっちの視聴者層へと流動させたいことがわかる。
非常に高度なテクニシャンなのかもしれません。とは言え疑似コラボレーションです。
 
 

 

ヒカキンとか東海オンエア、ひろゆき、ステハゲ、ヘライザー総統。
医者系YouTuberならば「ドクターはっしー」「益田先生」「樺沢先生」「友利新先生」といったお互い集めた層で行ったり来たりとしてほしい狙いだったと思いきや…
 
 
 
 
 

もちろん自分軸と関係がなかったけれども「属することで相乗効果」はある。
それは考え方次第ではメリットはある。

 

どちらもチャンネル登録数かつ高い再生数同士で乗っかて、お互い紹介し合うという原始的な本能を感じさせないところが高須ドクターの腕の良さなのかもしれません。知らないけど

 

 

才能にも類似コラボレーションをやってしまう発想力。という感じで「コラボレーションをしてくそうなYouTuber」と「コラボレーションしてくれなそうなYouTuber」でもそれぞれ豪華出演者とのコラボレーションがそれぞれ楽しみなのは間違いないでしょう。

 

 

よって原始的本能って使い方次第では楽しいんだよね。
これからもまだまだ「自分軸」については謎は続きます。本当に自分軸ってあるのだろうか?そう考えさせられました。

 

 

ひとまずやめてほしいのが、多種多様を考えずに「謎の高額エネルギーワーク」や「高いセミナー」「世間的を好印象から上手く使ってポジショントークする」「ネガティブ存在がどうので脅威を使う」だとかあれはやめてほしいですね。

 

そんな人の配信は完全にオフにして、今は楽しいことしたほうがいいですよね

 

とりしょー
とりしょー

陰キャラによる、陰キャラのためのトレーニング動画」を発信続ける高須ドクターとコラボレーションする人が出てきてほしいそんな願いです。ヒカキンとかミソキンだとかね。

 

 

ということで、次は「めんどくさい!だよね」に関わることについて。

 

 

 

Sponsored Links

脳疲労しやすく、不器用なんだよね

結論いえば、スターシードは、無理のない範囲で個人主義になるといい。

日本人がそもそもって話聞いたけどどう思うよ? そしてただでさえスターシードは、脳疲労しやすいかたが多いのではないでしょうか。

 

特に脳疲労が起こると体全体が疲労したように錯覚に襲われる。そして結果どうなるのかというと、

  • 『眠い』
  • 『だるい』
  • 『うつぽい』
  • 『情緒不安定』
  • 『やるべきことがやれなくなる後回し』

 

そうしたことが前提での動きになることもある。だから「めんどくさがり屋」にもなりやすいかと考察してます。

 

スターシードは「めんどくさがり屋」かつ「ゼロベース行動にとらわれやすい」かつ「繊細で反すうに悩まされる」などあるはずだ。

 

パンツ乾かすの忘れた、仕事間に合わない
マクラカバー乾かすの忘れた、仕事間に合わない

めんどくさいって口癖になるし、発達系って思っている以上に疲れやすいだよね。

 

よくスピ界隈では、頭で考えてるから「本当に味わってない。本当にいいものみてない。いいものがきても、見過ごしてしまう」なんていわれるが、それもそのはずゼロベース行動に埋没してるんですよ。

 

そのゼロベース行動に入り込んでしまってるのは、

  • 「ミスをしないことに必死」
  • 「周囲みたく振る舞わなきゃいけない」

といった「ゼロベース行動」に入り込んでしまっって不器用な結果を生む。

 

例えば、それは自分の人生を十分にするための夢や目標というプラス行動を後回するし、遠慮しがち。
よく幸せというのは「心の持ちよう」って言われるが彼らには難しい。だけどセロトニンがあってこその話だ。

 

そんな不器用ながら、傷つきやすく積極的に覚える厄介な脳ゆえに怒られたことばかり気になって、かえってミスしやすい。頭が真っ白になりやすいんだよね。

 

そして生きにくい理由って様々ですが、こんなこともないでしょうか。

 

それは、

  • 猫背気味なので正しい姿勢を保つことが案外苦手。つまり顔が前に出てるだとかでも。
  • 頭痛するなんてあるかもしれないが天気や気圧の変化に反応しやすいから苦
  • 聴覚と視覚など感覚鋭敏。
  • 目からの刺激や情報量でも案外エネルギー使ってる
  • 容量(ワーキングメモリー)が少ないため新しい情報が一度にたくさん入ってくると、すぐに脳から溢れ出す。そして最悪にものこった情報は単語のみだとかね。イメージでわかるんだけど言葉で出せない。
  • 適切に寝られない。
  • そもそも中々理解されない
  • ゼロベース行動ゆえに失敗しないようにと神経をはって警戒ばかりしてる
  • etc

 

 

 

難しいから「どこか諦めてる。諦めに入り込んでいては、チャンス到来しても気づけずにチャンスを掴めないの繰り返し」それでいて、人間関係のチャンスがきても、この地球での世渡りにおいて止まってしまうなどもですww

とりしょー
とりしょー

ゼロベース行動に夢中なって、わからなくなることもあるかもしれません。

そんなこともあり、不器用と言えばそうかもしれません。ひとまずなかなか地球は難しいですよね(汗)

 

 

そして脳疲労が起こると体全体が疲労したように錯覚になり「眠い、だるい、うつぽっい、情緒不安定。やるべきことがやれなくなる状態」となる。

 

 

それでは次に繊細さんは、人の気持ちに寄り添えるのが武器。そしてHSP気質は、心理学的概念の視点ですについて。

 

 

 

【そろそろ生きにくさの打開策が見つかるかも?】HSP気質もグレーゾーン発達に含まれる

スターシードは見物客 傍観者立場

HSP気質は、心理学的概念の視点。
HSPは、5人に1人いると言われてます。
しかし、HSPでも千差万別。

考察ですがADHD系の特徴強く出ているHSP気質だとか、ASD系の特徴が強く出てるHSP気質だとか、共感覚だとか、感覚過敏だとか心理学的概念ではなく精神医学で見ていった方が生きやすさが軽減していくのではないでしょうか。

 

HSP気質でもいい人多いかと思われますが‥
例えば「うわっ、また余計なこと言ってしまったなわたし…」って後悔する人がいますが、それはADHD傾向で見ていった方が生きやすくするための自分の取扱説明書が出来るかもしれません。他にも、客観視って難しくて常に話を聞く側だと思うHSP気質でも「人というものは疲れるもの」なんて思う人いますが…

 

確かに人の気持ちに影響されやすく、仮に相手が感情のアップダウン激しいことに影響されて疲弊してしまうのはあったり、普通と言われる人からすれば『それだけで疲れるの?』って思われやすいのが繊細さんならではかもしれません。そんな風に思われるる方もいると思いますが、ご自身にも「話が一方的で話が脱線しながら話し続ける」「相手の話をさえぎってしまう」側面もあることに気づかないかたも。
もっというと被害者意識が強いという意味もあるかもしれませんが、ご自身で気遣い上手と思ってながらも、他者から見たら『気遣いのズレがある』『ズレてるからおかしなところで凹んでる』なんてことがあるようだ。

 

 

もしかすると発達系のADHDだとかASD、LD(SLD)の何かしらの特徴によって失敗体験からトラウマになってしまったことで「繊細な人」になってしまったところからみていってもいいかと考察してる。
HSP気質もだんだん範囲が広くなってきては、HSP気質ビジネスだとかで自分軸だとか流行るのも懸念点ではあるのかもしれません。
 
 
「それは時間経ち忘れていて、もともとがこうなの!」っ思う人もいるかもしれない。
それでいて、スピのインナーチャイルド探しだとか、ブロック解除だとか、過去世影響が…いつまで経ってもズレてることに気づけないままスピ難民になっている可能性も否めない。
 
 
 

ということでHSP気質がグレーゾーン発達という領域に入るならば、専門家とか精神科医に尋ねるほうがいいでしょう。よくコミュニケーションで、食い違いが起きやすいとか、ズレているとか、交差するっていうのは、発達系の特徴からきてるようにも考察してます。

 

書店などHSPについての著書が出版されてるのはお見受けられます。
なかなか他の著書だと、解説や体験談の内容ばかりで実践に活かせないのが多かったかもしれません。
そんな時、他の著書と比較しても西脇先生の著書は「かゆい所に手が届くような内容」ですので他の書籍とは違った!感想を持つ方もいるはずです。

 

 

スターシードはスピが好きな人が多い。スピ界隈なので「感情解放ワーク、自分軸、ブロック、潜在意識の浄化、謎のスピ情報」などが流行してますが、ご自身の取扱説明書としても「アセンションを導くプレアデス あなたがどの星から来たのかがわかる!という吉濱さんの著書も合わせるといい↓↓

 

 

 

とりしょー
とりしょー

スピ界隈の多くは、特性にあったアドバイスを出来る人のほうが圧倒的に少ない印象。
行ってしまえば、ふわっとして、薄っぺらくて、大事な部分を矮小化してあげくに一般論で片づけるなど中身のない人が多い。

そろそろ「アセンションやら浄化されます、目覚めましょう!」など都合よく使えるワードで立ち位置をキープしようとするかたが見受けられるので、どんどん信頼はなくっていくでしょう!

 

とりしょー
とりしょー

繊細な人だと人の気持ちに寄り添える。
しかし、霊媒能力がある副作用で邪気をもらいやすいなど対策って大事なんだよねってことで、吉濱さんの情報も合わせるといいでしょう!!!!

 

 

 

生きにくいから「普通を目指さない」ということがあるからこそ自分の軸。人に期待しない!極力最低限をキープしつつうまく…など

 

自分や相手、社会に期待して「ストレスなってない?」ということで、しっくりくるかたも多いと思うので上記の動画から参考にしました! (腑に落ちる!ということ。)

 

「スターシード=発達系」ですね。上記の動画で「人間関係はどう付き合うか?」についてしっかりくるかたも多いでしょう。

 

例えば、ASDのような人でも、イライラしやすい理由が「普通を目指してる」と「期待してる」が根底にあります。つまりのめり込んでしまうとか、変化に弱いからイライラしやすいからお怒りになることも(後に紹介する陰謀絡み系もそうでしょうね)

 

特に自分や相手、社会にも期待しないのがコツというのが上記の動画から腑に落ちるところでした。

 

つまり世の中全体、自分や周囲にも期待するのやめること。
なぜなら自分が作り出していた「完璧主義」で苦しめていた自分を解放されるため。

 

もっというとストレスが溜まるのはなぜか?
それは期待値が高いため(完璧主義(汗))

例えば、陰謀絡み系も重なる側面ありますが、勝手に理想を抱いて文句を言ってるということが彼らにはあるのです…。

 

つまり自分や他人に期待して、その通りにならなければストレスになる。
そう自分が悪いことに気づけない。(メタ認知)

 

そんな時の考えとして「そもそも期待するのをやめる」こと。そうするとストレスが激減するんだよね。

 

更に「相手の承認欲求を満たすことに集中する」こと。
それぐらいがちょうどいい。(しかし、人によってはなかなかこれは難しいかもしれませんが、やってみる価値はあるよね)

 

少なくとも、今までのような余計なストレス以外にも、人間関係が上手くいくとか人間関係のトラブルが減少していくので、そこをポイントとして「世の中の普通とある程度は付き合いながら、普通になりきらない」ことですい。

 

普段は気の合わない人とは付き合わないし、そして無理に行かなきゃならないとこは極力いかない。付き合わない(それでいいのです)

 

そしてスターシードは、ハマりやすいし、真面目かつ信じやすい特徴がある。

 

例えばスターシードがいきやすいジャンルとして、「陰謀、くだらないアセンション話、ゲート商法、ネガティヴ存在がなんちゃら、謎のチャネリング、謎のエネルギーワーク、高いセミナーとか、海底が地震で騒ぐ、食量危機、二酸化炭素、これあれリスク、回避、あれこれ陰謀バイアスメディアバイアス矛盾欠点、頭のいっちゃてるS級、ハートで感じてとか、統合やらワンネスだとか、、」←そういったところで悪くも埋没していくことによって「絶望的になる」のがスターシード。

 

 

例えば、陰謀に多大な時間とエネルギー、お金をつぎ込んだとか、謎のワークでいつまでたっても恩恵が出ないとか、観察力のある言葉の上手い人から説得されやすいだとかで、まぁ騙されやすいとか、詐欺に遭いやすいだろう。

 

 

とりしょー
とりしょー

「普通じゃない自分を受け入れてくれない」人とは極力関わらないという考えも大事ですが自分にないジャンルの人と付き合うのは大事。「そもそも普通にならないといけない理由」がたいしたことないかたも少なくない。そんな意見しかないような感じだからこそスターシードと人間さんは、日常で食い違ったり交差したり、ズレたりしやすいのもあるんだよね。

 

悟った風
謎のエネルギーワークにイラっとした!

感情解放ワークで「すっきりという快楽に溺れて」から難しいことが頭に入らくなったり、めんどくさいと思うことが増えたかもしれないと気づいたときに「ブチってキレる」というね。

それでも「美容整形外科の口の上手いカウンセラー」「スピの謎のエネルギーワークと」「高額のセミナー」に対してブチ切れてるんだけどね~~!!!

 

クレオパトラ
クレオパトラ

やはり完璧主義が仇となってしまう。だからスピ界隈で流行る「羽」を引っ張り抜いてやりたい!って吉濱さん達は言ってるわけか!悟ったよ!

 

という感じで、スターシードはキレやすいとしたら、期待してるかもしれません。

 

悟った風

脅威を使うな~!!!

 

 

スターシードは、無理のない範囲で個人主義になるしかないね!www

 

 
 

 

 

 

 

Sponsored Links

スターシードは案外騙されやすいのでは?

どうしてもスターシード=良い発達系(発達障害とか発達障害グレーゾーン、繊細さん)となる。

 

 

頭の中で数的処理が出来ないから算数困難者だったり、漢字がなかなか書けないとかで書字困難者だったり凹凸の違いは多種多様。なので「LD(診断)+ADHD(疑い)」だとか「ADHD(グレーゾーン)+ASD(グレーゾーン)+LD(グレーゾーン)」みたいな人ももしかするといるかもしれませんね。

 

 

もちろんいい面を探せば…
話を聞いていると、ASDであれば研究熱心で架空のヲタクの世界の中心人物いれたり、國學院の渋谷キャンパス通ってた時代なんかは、研究熱心だから図書館で歴史とかの勉強したり、近くの青山学院大学の図書館で本読みにいったりと、専門的なことのその道まっしぐらなところはある。学者かって感じです!

 

 

確かに他の科目は恩恵なかったが、アニメとかフィギュアとか、歴史的なことは専門的レベルだ。だからそれなりの人物になれる!とおもったら難しい。更に人生がうまくいかないから、スピに入って、そこでもトラップが多い。情報のトラップ。

 

それは騙されやすいっていうのもあるかもしれません。
「感覚的な処理」ゆえなとこはあるのだ。つまり「そうだな。」って納得してしまう。

 

例えば、口のうまいカウンセラーに当たると「なんとなくこうだろうな」で感覚的に理解しちゃうため、わかりやすくいえば「悪くも説得されやすい」という。

 

ちなみにこの感覚っていうのが、スピリチュアルでも通づる側面はある。
「感覚的にこうだろうな~」で言ってることはただあるかたも多いと思われます。
もちろん発達系なので、妄想性や統合失調などの関わりがなぜかスピ能力と履き違えてしまいやすい人も少なくないかもしれません。共感覚とスピ能力が一緒だとかね。

 

 

この「感覚的にこうだろうな~」が悪くでると…
陰謀絡み系の餌にもなる。そう!スターシードは信じるか信じないかで信じてしまいやすい側面がある。

 

 

普段は、神経張り詰めて「人よりも防衛をはっていても、なぜか肝心なところでコロッと」と流される。
ある意味で人の見る目がないといえばそうかもしれない。

 

 

そんな感じで、陰謀絡み系なんかは気の小さいメンタル系ですが‥
とは言え・・・「あの人たちの脅威を使った手法に負けるな!」ってことでお伝えしやした~~!

 
 

 

 

スピ界隈のワンネスでもワンレスでもなんでもいいけど、謎のエネルギーワークや高額セミナーために集客目的で脅威で煽るとか言い回しでなんとか出来ると思う人達=ネガティブ存在たちと呼ぶ

スピリチュアルといえば、やたらと「目覚めの時」とか「浄化中です」が多い人がいますが、脅威を使うやり方に対する違和感がある人が出てきてるようですね。

 

言ってしまえば「こう言っとけば。こっちに来る」みたいな感じであなたのためという雰囲気から煽ってきます。そんな彼らは、集客することしか考えてない側面も視野に入れておきましょう。よく統合とかエゴの声が…なんて言ってる人もいるけど、怪しいくさい人はが圧倒的。

 

そしてそもそも陰謀絡み系が手口である「警戒せよ、回避せよ、不正、欠点、矛盾…」だとかの波動の低いことばかりにフォーカスして、ネガティブ見つけるのが得意な人なんかは内面ネガティブかつ自分も抜け目いっぱい抱えてる。そして、何度もそのパターンを繰り返すから頭が悪い傾向がある。

基本的にそういった人は頭がよろしくないので「言い回しで何とかなる」と思う集客クソビジネスとか…中にはグレーゾーンの引き寄せなんかやってるかもしれませんね。

 
 

そして「よく目覚めしょう!」「自分軸」っていってるような人が、自身の集客で不安や恐怖に苛まれてたりと大した自分軸じゃない。そして「過去世が…アセンションが…」でスピで解決しようとする人が多い。だからスピ界隈は、どんどん怪しい臭いものとなる可能性だってありますからね。

 

とりしょー
とりしょー

過去どころか、過去世まで捉われちゃってるかたもいますね!

 

 

そこで何度も言いいます。スターシード=発達障害、発達傾向、繊細人が妥当だと思います。
そうなると「肉体的健康アプローチ」が土台。

 

もっというと、そのための有益情報かつ現状打破、特にASDだとか信じやすいため防衛策を考えて、吉濱さんのサロンがオススメ。

 

つまり現状なんとかしたいなら、変なところいったら無駄に時を過ごすことになります。もっというと、「チャネリング講座学ぶより、聞き上手を学ぶ」ほうが生産的と聞きますが、まさしくその通りだとおもわれます。

「陰謀やら海面が…温暖化で…科学に捉われることが脅威…あれリスク回避せよ警戒せよ、矛盾だ…」など頭のよくないことをよく言ってるかもその人の波動の低さが感覚的にもわかる。

 

暗い情報=集客しやすい。暗い情報=波動が低い。

 

そもそもスピ界隈は怪しいことをやらかすのだから科学的なことに傾きやすい。
そんな怪しいスピ人ほど、いろんな側面は言わない。

 

これからそうした人との認識の違いは多々あるけども、今の目の前のことで現実的にみていくのは大事です。

 

何度もいいます。陰謀絡みというのは、基本的には脅威を使う。ポジショントークになっていく…。そして自分軸って言っておきながらも大した自分軸じゃない!ということ。

SNSなどみたらわかります。スピ人の多くは、まるで試合で競い合ってるように、幻想主張大会が好きですよね。例えば、「インナーチャイルド癒すための3ステップはこちら…」だとか「簡単に自分軸になる方法5選」だとかテキトーですよね。

悟った風
悟った風

この世は幻想だから、科学的なことも幻想だ…(悟った風)なんていう。

 

全然、足元よりもリスクやら回避だとか警戒せよ…警戒せよ…陰謀だ…ばかりではないでしょうか。

 

 

そういった人はこれから「幻想主張大会→幻想主張退会」へとシフトするのです。
大概は、中身が大したなく、集客で悩まされてるのです。また中身はないけど正義は言いたい人だっていますからね。

つまりスピ界隈は汚染されてっているのです。もう5Gがだとか、アセンデットマスターが誰だっていいのです。なぜならこの世は幻想だからで通っちゃうのです。
 

 

毎月浄化が起こる…アセンションに遅れる…雨のたびに浄化…それあなたのカルマです。それも経験です。もっと内面を見つめて~、もっと自分軸で~、潜在意識を浄化して…感情を出し切って癒しましょう~もっとハートで感じて~

 

悟った風

今日は雨だから浄化中。今日は晴れだから浄化中。そして今、目覚めましょう! 感情を味わってください。相手を許せてきます。

 

 

そんな界隈なので、5Gの影響でおかしくなるっていう人が出てきても仕方ありません。

 

 
 

 

【アセンデットマスターサイババ】ライオンゲートによって心身不調だとか、メッセージがきたということでSNSなどで発信してる方が多いよりも

スピ界隈と言えば「テキトー」ですね。
「他やめようよ~~は言うが、陰謀やめようよ~~」はいわないという。

もちろん発言権は自由なので「やめようよ~~」は言える立場でもないけども、つい衝動的に言ってしまうのが「発達障害」あるある~。
 
 
 
そんな陰謀絡み系も発達系なのです。
 
 
 
波動水であの金額だとか、謎のエネルギーワークやら高いセミナーだとか、脅威を使っただとか、量子力学と絡めたなんとかだとか、
 
 
 
 
とは言え、謎のエネルギーワークや高いセミナーへと脅威を使って集客することはレットゾーンですね。
もちろん世間的なことも利用するため「ライオンゲートの波に乗る」ながらも当人たちは大した興味関心もないのです。自分のメリットに繋がるか繋がられないかの見方だけなのです。
 

 

こういったゲート時期になると「よくメッセージがきたよ」「心身不調になったよ」というかたが多いようにも見受けられます。
 
 
 
現実的にみないでいけば、ふわっと原因がわからないままゲートの開け閉めが始まります。
そこで「SNSやYouTube」など通してメッセージを受け取ったこと発信するかたが多数。
 
 
 
とは言え・・・スピと言えば創造主はあなた次第ですw
ライオン出入口には興味関心はありませんが、早速便乗させていただきました。

 

 
メッセージは「こんなことで貧乏になるな!信じるな!」というメッセージ!
そして「アセンデットマスターサイババ」からのメッセージがきました(もちろん冗談です)
 
 
 
 
信じるか信じないかでは信じてしまいやすいかたもいる。
 
そろそろ「信じてはいけない」ことが今追ってきてることかもしれません。
例えば、それがよくわからないエネルギーワークだとか、陰謀や世間的を使った好印象など…そうした人に構う必要ないということ!
 
 
 
逆にいえば、それぐらい一旦何かこれから不景気かつ細分化が来ることがくるかもしれませんね。集客に焦ってくるかもしれませんね。
 
 
 
 
彼らは焦っているので、脅威でも何でも関係ありません。
「陰謀」やら「海底がどうたら」「○○危機」とか言い出してきやすいかもしれませんよ。

 

とりしょー
とりしょー

そして余談ですが、田舎人は「ドクターが神だ!」みたく…これから「UFOが神だ!」となりそうなのが何よりも懸念点!!

 

 

 
ひとまず「 騙されるな!」ってことです。
そもそも集客ばかり気にして、アセンションや目覚めましょうはないんだよね!
 
 
 

 

そして「メディアバイアス」「陰謀バイアス」で自分の好印象目的でやる人。
そういった人に限り「自分軸がなり立っていない」けれども「自分軸」と言ってる可能性は大いにありますぞ!(完全くそビジネスってみんなが言ってるやつですね)

 

 

情報ビジネスはこれからもついて回ってきますが、発見次第そことは縁切りですね。

 

不正欠点、あら捜し、あれよくないこれよくない…闇側がどうたら‥陰謀だの・・・のスタンスの人ですね。

 

 
陰謀絡み系=メンタルヘルス
 
 
 

 

 

 

「創造主はあなた次第!」ということでキングダム王騎将軍からメッセージをもらいました

キングダム王騎将軍からのメッセージだとか、温暖化を使って煽るとか、世間的を使って好印象狙うだとか、自分軸と言っておきながら集客に悩まされているなどの幼稚臭いことは別にして!

 

 

 

そういえば吉濱さんのサロンでいわれる予想が当たってきたではないでしょうか。「自分でパラレル決めるから創造主だよ。」って言ってられなくなってきてるのかもしれませんぞ!

  • 「ネタがなくなってきてる」
  • 「海底どうのこうのがはじまる(自分のポジションのため)」
  • 「etc」

 

許可がないので深くは言えないところはありますが、いろいろありますね。

 

とりしょー
とりしょー

特にスピ界隈は、ネタがないため情報を求めて、ピックアップして自分のほうで出していく!しかし、そこらで転がっている情報だとか、発展もしない引き継がれている古いスピ系ぐらいの適当な情報を流していくため。

これからより細分化にはなっていくだろう。こんな感じだから情報もだせない!という側面あるかもしれませんね。

 

 

 

創造主。つまりあなたがパラレルを決める!と言ってられないようには思えますが、いかがでしょうか。

 

スターシード(特にASD系)は信じるか信じないかで「信じちゃう」ことであれば、こういったコミュニティ入会することで、高額のセミナーとか謎のエネルギーワークだとかに行ってしまう防波堤になってくれる。そして創造主だとかよりも信頼できる人の情報を見てかないとね!

 

 

スピ界隈といえば「主人公として生きてください!」ってことでの創造主が流行。
その影響もあり、たくさんのメッセージを受け取ってるかたが多数。

とりしょー
とりしょー

創造主からのメッセージで~す!ってことでSNSでよく見かける。

 

 

そこまではいいのですが、リーダーなどは、その割に属さないことへの脅威について触れない。
また「アセンションの妨げだとか匂わせておいて、多種多様はほっておいて陰謀やめようよ~は言わない」という。

 

 

これから誰を信用するか!そんなことが始まってくるようにも思えました。

 

 

 

 

スピでも創造主は、テキトーww

毎月浄化だとか、目覚めましょう!だとか、感情を感じ切ってくださいだとか、許しましょう!だとか、陰謀使ってポジショントークだとか、幻想主張ゲームだとか…矮小化してなんとかなるものという頭の悪さだとか…

 

そう!この界隈は「テキトー」なんですよ。
だから気づいてることでテキトースタンスをすでにやっている賢い人だっているのです。

 

 

「自分軸」と言いながら、全然自分らしくなく、案外他人からどう思われるか徹底的な考えの計算ずくめ。
なので統合はない。そして案外多種多様を受け入れずに、ネットの情報に翻弄されるなどそんな次元なのです。

 

 

そんな次元ゆえに「これからも妄想脳内幻想ゲームは気が済むまで延々とやり続けることにしました!」ということで、幻想ゲーム大会を始めました。コントローラーは一つ。

 

 

今回は、ハッキリ言ってこの世的です。
皆さんの西洋の美男美女とか、迎えにきた天使やプレアデスの何々だとかの見た目が~とは異なり、がっかりするほど大したことがないので、それならさっさとこの世的で存在が認められた人にしました!

 

 

そう!創造主は「ンフフフフフフフフッフ」でお馴染みの「キングダム王騎将軍」に決まりました!!

 

 

アセンデットマスターの「キングダム王騎将軍」からのメッセージです。

確かにこの手の存在達は「中華を一つ」にすることはそう簡単ではありませんぞ。
※少し迷った「クロノトリガーのロボ」または「ゼータレティクルのチャネラー」「ゴジラ」からのメッセージを辞めて、キングダム王騎将軍にしました。そして特に三国志時代の前の話なので、敵陣にどう攻め寄るかが大事だとかはおいといて。

 

 

どうやらメッセージは「ついにネタ切れになりましたねっ!」です。そして「役割分担的な縮小」ですね。ってことがこの界隈であるようですね。

 

 

スピ界隈の「天使がこうメッセージきたよ」「天界がこう言ってるよ」「宇宙はこう言ってるよチャネリング」ではない。たくさんの人がやってるガブリエルだとかミカエルからのメッセージだとかそんな次元でもない。

 

とりしょー
とりしょー

もっというと、チャネリングしたとこで大半は抽象的な人生論しか下ろせないから、それならチャネリング講座より聞くフリ上手を覚えた方が世の中楽になれるぜ(アレ、フワッとしてそれぽいこと言うけど、何も役に立たない話が多い説)

 

 

 

そして潜在意識の浄化だとか流行りですが、潜在意識はアカシックレコードとの関わりからみたら、潜在意識の書き換えはない。

 

稀にその人の潜在意識へとアカシックレコードまで読み「過去現在未来」とそこなんでわかるんだ?ってひといるけど、そういうことでしょうか?ひとまず潜在意識の書き換えって本当にあるのかね?ってこと以外にも、顕在意識と潜在意識の一致に対する中で、謎の理論を掲げるひともいるんだよね。これ以上は深くはふれませんがね。

 

 

そしてようやく本題に入ると!!!
アセンデットマスターの「キングダム王騎将軍」からのメッセージです!!!

 

ではなくて…

 

スピ界隈の問題点は、なんだかんだ多種多様は認められないのが問題。
よくスターシードやアセンションのワード使う人でも「環境のせいにしない」を言ってしまう人がいる。
恐らく思考停止と世間的を使ってる側面も否めない。

 

しかし願望実現でも制限不自由を考えて、環境と周囲の理解があれば、継続性得意なASD系は結果を出せる。
そしてADHD系も発想力連想力としてクリエイティブ性が発揮できるなど制限不自由なところを考えていかないならなない。

 

もっというと、制限不自由が徐々に解けてけば、こっちのもんという側面はなかなか言われない。
その割に「自分軸やら感情解放入りましょう」は言及する人が多種多様性までは考えていけないようです。

 

例えば、スターシードを考えるならば、「急な突発的な変更が苦手」だとしたら、合理的配慮などありつつコンピューターを作っちゃうぐらい歴史からみたら強みを活かせる環境設定は大事ですよね。

 

 

どうやら反精神医学とかあるようですが、それは置いておいて。

何のためらいもなくワクワクすることをすれば上手くいく…願えば叶う…って言ったり、根拠なしにアセンション妨げだとか、あとはスピ難民と言われるぐらい今の段階では、科学が脅威ではなく、自分たちのせいでスピが脅威へと変容することをしらずにそれを簡単に発言してしまう人は頭がよくないことがわかりました!とさ。

 

とりしょー
とりしょー

今、そんなところじゃないでしょうって時に、…空気の読めなさとか情緒的なコミニュケーションが欠陥が…ひとまずスターシード=発達系ということで、より精神医学が重宝されそうだね。

 

とりしょー
とりしょー

陰謀絡み系でも、よく五次元ついて言う人いるけど、そもそも行ったことないし、正直胡散臭いだろ。集客だとかで不安や恐怖に苛まれてるだろう!って側面を見逃してはいけません。

 

 

 

 

また「キングダムの王騎将軍」からのメッセージがきました~ww

とりしょー
とりしょー

↑↑w

ということで、メッセージがきました!
そう!創造主は「キングダム王騎将軍」!!!

 

そして「ついにネタ切れになりましたねっ!」と「役割分担的な縮小」ということがある中で…

 

 

次のメッセージは、「そんなことで貧乏になるな!時間無駄にしないほうがいい。信じるな!」ってメッセージです。

 

 

これは陰謀絡み系以外にも、「UFOが神様」になりそうなことを懸念してる。そもそも思い返してほしい。

 

UFOを見たところで「悩みがなんでも解決出来る」「発達凹凸⇒普通人に変容する」「給料が上がる」「公務員になれる」「ギャンブルで儲かる」とか「ワーキングメモリーとか処理速度急に上がるとか、足が速くなる」とは限らない。
※詳しくは吉濱さんのコミュニティで!UFOアプリについてとかUFOラインについての件も楽しいですよね。

 

地球スピなんていうのは、いきなり覚醒するかわからないし、間違った覚醒になるかもしれませんし、それは信じてしまった…思い込んでしまった…という流れもありますからね。

 

 

よく聞きスピ難民となり、特性を早期発見しないまま、かえってっこじらせてしまう方も少なくない。やはり陰謀だとか、何とか危機に備えろ、闇側の存在が‥ネガティブ存在が‥など振り回されてはいけない。

 

そもそもスターシード=発達系なので、現実的視点なしに「過去世に捉われている」「謎のエネルギーワーク」がどうたらなんていうのはありえない。

とりしょー
とりしょー

スピの高いセミナーだとかで遠回りしてしまうのは勿体無い。
つまり打開策に繋がることの機会損失となる。しかしスピの人はそれも経験ですと自己正当かする。オワタ

 

 

 

 

選民意識ではないが、スターシードだから良い発達系という…。

もうその情報はサロンから知ってるよ!というかたもいるかもしれません。
定型発達にはスターシードがほとんどいないと聞きます。
 
 
もちろん選民意識ではないが、スターシードだから「良い発達系+スピ好き」とのことです。
 
 
 
それゆえにスターシードには、過剰共感しがちなかたも多いでしょう。繊細で優しい。しかしどこか騙されやすいという。
 
 
 
恐らく良い発達系だけに、エンパシーと共感といわれるようなことも絡むでしょう。
例えば、
出来る能力として、相手の感情や立場を理解し、共感力。
これは、人間関係など信頼や絆を築く上でとても重要なこと。
 
 
 
HSP気質でも、相手の気持ちに寄り添い、思いやりを持って接することが出来るスキルもあるかもしれません。
 
 
 
とは言え…ASDとなると、相手の感情や立場を理解し、共感力する力が苦手だとか、メタ認知が苦手だとか、中枢結合能力が弱いだとかが特徴とはいえばそう。なのでイメージとは真逆かもしれません。
 
 
 
それでも「スターシード=発達系」という認識は広がりつつある中、確かにいろんな発達系はおる!
 
 

陰謀絡み系も発達系なので、メタ認知弱く、自己正当化強すぎるから前向きにはならないと思ってた人なんかいたり、嘘つきでサイコパスのような特徴があるとか、当たり前にウソをつくだとか、自己中で無責任、利己的で嫉みなんちゃら…周囲はどうでもよくて自分は正しいと思ってる発達系かもしれない(比較的に生きやすい発達系ですね。)
 
 
 
 
よくない発達系なんかは、陰謀絡み系と被る部分があります。
陰謀絡み系は、言い回しでなんとかなると思ってたり、集客のことしか考えていなかったりする。自分軸といいながらリスク回避やら警戒だとかで強迫かかっていたり、偏ったバイアスがあったりとメンタルヘルスな特徴があるほどだ。
 
 
 
応用が利かないからそこでの視点でしか考えれない中枢結合能力の問題があったりしますが、よくない発達系は、それほど生きづらさはないのがある意味だな!ww
 
 
 
とりしょー
とりしょー

もっというと、陰謀絡み系は回避やら警戒、注意だとか察知のするの早いけど、情緒的コミニュケーション苦手とする人多いように見受けられる!恐らく最初に共感を示すだとかは二転三転してもよくわからないだろうね! 

 
 
 
 
 
 
こういった陰謀絡み系=よくない発達系こそ、霊的な世界の体験は多く、見てる世界も低いと考察してる。
 
 
 
 

逆に「謎のエネルギーワーク」や「高いセミナー」を提供する自称スターシードさんは、変に霊能力が高いかつよくない発達系かもしれないです。

 

もっというと・・・こういったタイプの人と一緒になって共演したり、同じ波動でいてる人を違和感にしたいところですね!
 
 
スピで言うところ「波長の法則」といえばそうかもしれないが「その程度ってこと」でその中に自分じゃない自分を演じて仲がいい風で進行しようとする人もいるだろう!
 

 

占い師や大手の美容整形外科でも、口の上手いどっちでも取れる表現スタイルだとか意外にも…
自身の評価を上げるために「陰謀」「メディアバイアス」を使って、あなたのためという流れにして、集客して、高いセミナーだとか謎のエネルギーワークをする陰謀人は、あれはやめて欲しい問題ですね~。

 

とりしょー
とりしょー

誰であろうと追っていた人であっても「何あれ?」ってことでサヨウナラバイバイしましょうね~!w 不安や恐怖で煽った。あれはやめてほしいですね。あと気の小さいおじさんの世間的をつかって好印象とかもね。

 

 
 

という感じで、選民意識ではありませんが「良い発達系=スターシード」となります!

 

とりしょー
とりしょー

そして、みんな違ってみんな良いという割に、どうして社会はみんなと同じことを求めるのか?これからそんなっことばかり言ってきますので、一笑されて終わりますが、社会に合わせた自分の特性を回避しつつ、良い特性を生かしつつ、どうやっていくだとかで、ボチボチやっていきます。

 

 

 

大人しくしていたと思ったら、急に動き出して「隙を狙ってくる」特徴が陰謀絡み系のオッサンたち

 

とりしょー
とりしょー

陰謀絡み系は、病的な意味で繊細です。
一度大人しくしていたと思えば衝動的に「温暖化が~」など言い出して、いい側面は見出さないまま。再び集客活動を始めている。

 

 

ここでは陰謀やらで脅威を使った人を陰謀絡み系と呼んでます。
誠実そうに見せて「不誠実」な姿をいつか見せるであろう。

 

陰謀絡み系というのは衝動的で「クレーマー気質」があり、目や耳など情報を拾いすぎて、やめようよーって始まる感覚過敏なとこもあるかもしれません。敏感で繊細なので強迫がかかってるので、陰謀バイアスに駆られていたり、変なこと言ったりして、コミュニケーション障害的な部分があると考えてます。

 

ちょっと空気が読めない側面があるので、相手がどう思うかは興味はない。そう彼らも発達系の特徴が出ちゃってるかたが見受けられました。

 

 

スターシードのことを考えているよりも、自分のビジネスのために陰謀絡みを使った手口から「謎のエネルギーワーク」「高額セミナー」だとかしか考慮できません。

 

 

本当は、スターシードのことを思うならば、以下の動画の内容を活用するはずだ!

 

 

しかしスターシードためといいながら、ほとんどビジネス目的しか考えていないので、サイコパス性の高いよくない発達障害なんでしょう。