脳科学・臨床心理・深層心理学、心理学・精神医学

実験研究で実証された。頭のいい人と悪い人を簡単に発見できるある会話とは

頭がいい人と悪い人の特徴
下記からフォローしてねー!
こんにちわ。
とりしょーです。

 

今回の記事は、頭のいい人の特徴だったり、頭が悪い人の会話をお伝えしようと思います。

あなたのの中で、頭がいい人と頭が悪い人のイメージやそれなりの基準やバイアスがあると思いますが、今日はそれに関係する記事について実験研究が出ているのでその結果を記載しようと思います!

まずは、頭の悪い人の特徴を説明しようと思います。

 

先に結論としていうと頭が悪い人の特徴は、「くくる人」です。

 

Sponsored Links

頭 が悪い 人の会話について

頭頭のいい人の特徴や悪い人の思考

頭の悪い人の特徴を説明しようと思います。

冒頭で申し上げたように、括る(くくる)が頭の悪い人の特徴です。

それは、なぜかというと
複雑なことが理解できないからすぐに”括ってしまう”ためにこうなるの”です。

例えば、日ごろでの事例でいうと、
よく言われるのが、マスコミ関係や新聞記者の方がよくやる戦略で、いろんな場面や複雑な場面とかを勝手におもしろおかしく綴ったり、真実深層を伝えないで、一部編集した情報を利益になるような言い回しで国民に情報伝達をします。

 

頭が悪い人の特徴がある人は嫌いなあなたへ。

頭がいい人 悪い人 診断

実は、頭が悪い人の特徴にはこんな理由があるのです。
それは何かというと、偏見や差別の認知機能が低いことから起きるというデータがあり、それは現実なのです!

人間は何かしらでも、あなたがもっているバイアだったり性別などは、人間が持ってる者では逃れないものがあります。

また、中には自分が正しいと思いたいのと、制裁をして快感を得たいためにやってるような輩がいます。(人格障害などなど、、)

※余談でそういう人に限って、横文字だらけのただ人と人との繋がりで、信頼の蓄積もできない会話をしていたりする特徴があったりします。私から見ても、専門用語ばかり並べてきて、イラっとくるような口調だったりするんですんよね。他にも、知ったかぶり星人ですね。
「他人にナメられたくない」、「カッコよく見られたい」といったプライドの高い人が頭のいいフリをすることです。その本人は気づかず、こういうのって、実は見抜かれていて、頭が悪いことすらに気がつけない可哀想な人っています。
おまけに、こういう人に限って、薄情だったり、責任転嫁を常々繰り返す、信用ならないタイプだったりしますよね。

というようにそういったことが起きるのです。

 
これを深層心理分野でいうと、頭のいいフリをしている=自分を守るために嘘をついてる深層心理があるのです。
だからこそ、自分を保つために、他人を売ったりも普通にしてきくるという高確率でいわれています。
 

頭のいい人がする 特徴

 
頭のいい人がする 特徴ここで頭のいい人がやる特徴お伝えします。
 
それは、実は本当に頭がいい人ほど”馬鹿のフリができる”という特徴ができるということです。
なぜなら、人が馬鹿なフリをできれば、競合の不意を突くこともできますし、他社から「助けてあげたい」と周囲から思わね協力をしてもらいやすいというメリットがあるとのことです。
それは、何より多くの人に「近い存在である」ことを感じさせて、あなたを”親近感を持ってもらえる”というのが強みになるといえます。
 
ここで話は変わりますが、参考文献から、ロンドン大学の論文によるとロンドン大学にて、820人の男女に性格分析とIQテストを行ってもらい、
そこで、「頭がいい人はどんな性格なのか」を調査したそうです。
 
それは、結果として『曖昧さ』『混乱』に耐える能力が強ければ強いほど、IQが高かったということが分かった実験研究結果です。
 
つまり”IQが高い人ほど、混沌(こんとん)・無秩序な状況を受け入れる能力が高かった”ということです。
 
わたしの以前記載した記事でも、メンタル強い人ほどレジリアンスが強いということではなかったでしょうか。
 
ということでとにかく、頭がいい人ほど”複雑な状況を受け入れられる”という特徴があるのです。
 

なぜならこれは、1つの物事に対してあらゆる観点から見て、考慮できるからそうなるようです。
つまり一般の人であれば、混乱な場面やカオスに直面したときは、平常心を失うが、IQが結構高い人は平常心でいられたそうですね。

例題を上げるならば、
皆さんの周りにこういった方はいませんか?

例)昭和の古い考えかたがある人ほど、
「最近の若者はおかしい、、」とか、「ゲームなんかやってるやつはとか、、、、、、」
とか言ってるような、こういった大雑把に括ろうとする人は、1つの情報だけしか考慮ができていないので頭が悪い証拠だといえるかもしれません。

そんな実験研究結果がです。上記を参考に!

 

頭がいいのか診断をしましょう。

頭がいい人、悪い人の特徴

参考文献から頭のいい人は特徴は下記となっています。参考にどうぞ。

  • 知識欲が高く、好奇心が旺盛
  • とっさの機転が利く
  • 企画力、アイデア力、実践力がある
  • 納得させるのが上手
  • コミュニケーション力に長けている
 
しかしそれだけではなく、もっと掘り下げて紹介しよう!3点あるからあなたは当てはまるかチェックしよう!
 

1.「コツコツ物事をやれる』つまり、成功者の「成功するまで取り組み続ける」だといえる。

2.『競争心が強い』 つまり、「常に競合を意識し、自分を高めようとする」ということ。

3.『好奇心旺盛』 つまり、「色々な勉強や経験を積み、能力値を上げる」ということ。

この3点がある人は何か成し遂げようとするとき、うまくいく傾向がかなり高いと実験研究結果があるようですね。

 

人種差別や差別主義の原因は”何なのか?”

頭が悪い人 特徴 括る 差別 偏見


頭の悪い人の特徴で、アメリカで人種差別や差別主義の原因は”何なのか?”ということを研究したら、その原因をわかりやすくいうと

”頭が悪い”からとされています。

 

それは結論として、差別主義・偏見が強い人・決めつけが多い人は頭が悪いから差別をする人になってしまうということです。

これは、過去に行われた差別と人間の知性に関する論文を集めて行ったメタ分析とのことです。
心理学の世界で、”差別とは頭が悪いから起きてしまうのではないか。”
ということが昔から言われており、説の正しさがメタ分析により判明したそうです。

それと、差別主義者は頭が悪い確率が非常に高く、多くのデータが偏見や人種差別などの、差別主義から決めつけまでがかなり知性の低さと関連しているということのようです。

調べていくと、
例えば ある研究で行われた、10歳の子供の認知機能や情報処理のスピードなどを計測し、20年後に再テスト行った研究をしました。
その結果、10歳の時に知性が低かった子供は大人になった時に差別主義者や人種や性の差別を持っていたり偏見が強い人になりやすかったということです。
つまり「差別主義の原因は知恵の低さ」ということです。

 
頭が悪い、知性が低いと複雑な物事を分析して深く考えることをせずに、単純にしか捉えることが出来なくなってしまいます。
 

例でいうと、
多いか少ないか、白か黒や、良いか悪いかみたいに、物事を単純に捉えようとする傾向があります。

これは単に頭が悪い人がダメだと言っているわけではなく、例えば、しい環境で育ち教育がしっかり受けられなかったから差別主義を抱えてしまったというような可能性もありますと考えると、
裕福な家庭で育ったのに差別主義な人は本当に頭が悪いという研究もあるのです。

なので、人種でも職業でも、立場でも企業でも、良い人もいればそうでない人もいて、全ての人に良い面もあれば悪い面もあるのです。人間も世の中もこのように複雑なもので簡単に善悪で捉えることはできないものです。

つまり、複雑な物事を理解することができない十分な知性を持っていない人たちが差別は始めるのだということが明らかになっています。

そんな世の中は、「複雑なものだ」という現実から目を背けることで差別主義になってしまうということです。

捉えることができないにも関わらず、頭の悪い人達は知能が低いので、この複雑さを理解することができないわけです。

難しくて、面倒なことなので、まとめて考えた方が楽だと、なのでこの人種はダメだとかこの人種は良いとひとまとめに括って考えてしまうようになるのです。

・よく言われるのが、昔からやっているからこの方法が正しいんだ!
・この考えが全てなんだ!
・足で稼ぐもんだ!

皆さんの周りにも未だに上記ようなこんなことを言ってる人がいる人はいませんか?
その人は、古いバイアスから解放されていないのです。

時代はどんどん変わっていてより、複雑になってきています。

なので、そんな人は時代の複雑さを理解することなく、ふんぞり返っている人達は時代に目を向けていないので頭を使っていません。

もっと言うと、知性が低いから理解ができないというのと、それと並行に同時に面倒なのでエネルギーを節約するためにあまり難しいことは考えずに、自分が昔から持っている思考パターンや複雑性を理解しなくてもいいような極端に特定のルールや自分が既に持っている規範やルールしがみつくのです。

そして気の毒に差別主義になっていくわけです。

差別主義の考え方を持っている団体などは、同様な考えを持っている人に対して惹きつけるのがとてもうまいです。

なぜなら、それは頭を使わなくて楽だからです。

世の中は、「複雑」だということを踏まえた上で色々な考え方があるし、
自分の考えていることが、必ずしも正しいとは限らないわけですから、焦ることなく柔軟な姿勢を持つしかないのを肝に銘じていきましょう。

また、そんな古いバイアスに駆られている人からの
対処方法は、こういったすぐ括る人や古い考えから抜け出せない人だったり、周りにバイアスや偏見や差別が強い人、人に決めつけが強い人がいたとしたら、

 
対処方法は、
「この人は知能が低いんだな」と思い、生暖かく見守ってあげましょうよ

 

まとめ

差別 偏見 頭が悪い 対応方法

ということで、今回の記事は頭のいい人の特徴だったり、頭の悪い人の特徴についての記事でした。

あなたの周りに物事を括る人っていますよね。

それも根拠なく、こっちからすると何んだおじさんみたいな。

括られて方は不愉快ですし、括った方は脳を働かさせていなし、悪循環です。

なので、今回の記事みたく情報得て、時代に伴って進化してはどうでしょうか。

そんな新しい情報を実践など役に立たせてみてはいかがでしょうか。

それでは以上、頭のいい人・悪い人の特徴でした。

タイトルとURLをコピーしました